転職エージェント

リクルートエージェントと面談したくない時は無視して大丈夫?面談なしの転職サイトを紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
リクルートエージェントに登録していますが、面談を受けたくありません。その場合は、面談を受けなくても大丈夫でしょうか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
リクルートエージェントの面談は、必ず受ける必要はありません。面談が不要な場合は、事前に連絡すれば断ることもできるよ。

リクルートエージェントを利用する際は、面談を受けたのちに求人紹介・書類添削などのサービスを受けることが一般的です。そのため、面談は絶対に受ける必要があると思っている方もいるでしょう。

この記事では、リクルートエージェントの面談を受けなくてもいいのか・面談がない転職サイトなどを紹介します。

本記事をまとめると
  • リクルートエージェントの面談は、面談予約担当者に連絡すると断ることができる。
  • 結論、キャリアアドバイザーとの面談が嫌いなら、転職エージェントではなく転職サイトを活用しよう。
  • 転職サイトを利用する際は、優良企業からスカウトされる可能性があるdodaがおすすめ。
doda

\優良求人を多数掲載/
公式HPを見る
(求人情報)

リクルートエージェントで面談したくないがそれでも問題ないのか?

リクルートエージェントで面談したくないがそれでも問題ないのか?

リクルートエージェントの面談は、絶対に受ける必要はありません。実際にリクルートエージェントのQ&Aでは、面談の実施なく利用できることが記載されています。

マイページ「Personal Desktop」の開設とログインをしていただければ、
キャリアアドバイザーとの面談実施なく、求人の検索・閲覧や、ご応募が可能です。
※Personal Desktopは、サービスエントリー後に、Eメールにて開設のご案内を差し上げております。
※現時点では面談不要で、求人検索のみ希望される場合、その旨を面談予約担当にお知らせください。

引用:リクルートエージェント

面談が不要な場合は、面談予約担当者に「面談が不要で求人検索のみを利用したいこと」を伝える必要があります。

面談が不要な旨を伝えずにリクルートエージェントを利用すると、面談の日程調整に関する連絡が届きます。キャリアアドバイザーに迷惑をかけるため、面談が不要なことは必ず連絡しましょう。

リクルートエージェントの評判を見る

転職エージェントと面談をしたほうがいい理由

転職エージェントと面談をしたほうがいい理由

転職エージェントと面談をしたほうがいいと言われる理由は、下記の3つが挙げられます。

  • 手厚いサポートを受けられるから
  • 自分に合った仕事を紹介してもらえるから
  • 好条件の求人を見逃さずに済むから

「自分に合う企業を選定してほしい」「キャリアアドバイザーからアドバイスを受けたい」という方は、面談を受けたほうがよいでしょう。

ここからは、転職エージェントと面談をしたほうがいい3つの理由について詳しく紹介します。

手厚いサポートを受けられるから

転職エージェントの面談を受けると、手厚いサポートが受けられます。キャリアアドバイザーを通して受けられるサポートは、下記の通りです。

サポートの一例
  • 求人・キャリアプランの提案
  • ES・履歴書などの添削
  • 面接対策

転職エージェントの面談を受けると、転職を有利に進められます。実際に「長く勤められる企業に出会えた」「前職より年収がアップした」という方が多くいます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
希望条件に合った企業に転職したい方は、面談を受けて手厚いサポートのもとで転職活動を進めることがおすすめです。

自分に合った仕事を紹介してもらえるから

自分に合った仕事を紹介してもらいやすくなることも、転職エージェントの面談を受けるべき理由の一つです。面談では、利用者の希望条件を聞くだけでなく、キャリア・スキルの棚卸しも行います。

そのため、転職エージェントと面談をすると自力で仕事を探すよりも、自分の適性に合った仕事に出会える可能性が高くなります。

面談を受けたことで、新たに自分に合う仕事を見つけられるケースが珍しくありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職するジャンルが決まっていない方は、キャリアビジョンを明確にするためにも、面談を受けることをおすすめします。

好条件の求人を見逃さずに済むから

転職エージェントの面談を受けると、好条件の求人を見逃さずに済みます。面談をすると転職したい熱意がキャリアドバイザーに伝わりやすく、優先的に好条件の求人を紹介してもらいやすくなるためです。

一方、面談を受けないと個人ですべての求人情報を調べる必要があり、好条件の求人を見逃す可能性が高くなります。

転職を成功させるためには、好条件の求人の中から厳選して応募することが大切です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職の成功率を上げたい方は、転職エージェントの力を借りて好条件の求人を見逃さないようにしましょう。

リクルートエージェントで面談をしなくても良い理由

リクルートエージェントで面談をしなくても良い理由

リクルートエージェントで面談をしなくても良い理由は、下記の通りです。

  • 自分のペースで転職活動できるから
  • 面談に時間を割く必要がなくなるから
  • しつこい電話やメールを相手しなくて済むから

以下では、面談をしなくても良い3つの理由について紹介します。

自分のペースで転職活動できるから

リクルートエージェントの面談を受けると、自分のペースで転職活動できない恐れがあります。転職する段取りなどを、キャリアアドバイザーの都合で決められるケースが珍しくありません。

また、利用する転職エージェントや担当のキャリアアドバイザーによっては、転職を無理に薦めてくる可能性も見られます。

そのため、半年後・一年後など、転職を長期的に考えている方は面談を無理に受ける必要はないでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自分のペースで転職活動をしたい方は、どのようなペースで次の職場を見つけたいのかをキャリアアドバイザーに伝えることが大切です。

面談に時間を割く必要がなくなるから

スキル・経験が豊富な方は、面談に時間を割く必要がありません。転職市場で売り手側にまわりやすく、面談を受けなくても転職に成功する可能性があります。

そのため、面談に時間を割かなくても、好条件の企業・希望条件に合う企業などに転職できるケースが見られます。また、スカウト型の転職サービスを利用している場合、企業からオファーを受けて転職が決まることもあるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
面談を受けなくても、転職に成功した方は数多く存在します。面談に時間を割きたくない方は、企業研究・面接対策などに力を入れることがおすすめです。

しつこい電話やメールを相手しなくて済むから

面談を受けず一定期間が経つとサポート期間が終了するため、しつこい電話やメールの相手をしなくて済みます。

一方、面談を受けると求人紹介・書類作成のフェーズに入ることから、数日おきに電話やメールが届く傾向です。

例えば、仕事を続けながら転職活動を進めている方に電話やメールがしつこく届くと、職場に転職を考えていることがバレる恐れがあります。また、しつこい電話やメールが原因でストレスを感じる方が少なくありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職する際は、面談が必要なのかを精査した上で受けることが大切だよ。

リクルートエージェントで面談したくない人が取るべき行動

リクルートエージェントで面談したくない人が取るべき行動

リクルートエージェントで面談したくない方は、下記の行動を取ることがおすすめです。

  • リモート面談をする
  • 電話面談・メールで相談する
  • 転職サイトを活用する

対面する面談が苦手な方は、リモート面談・電話面談・メールでの相談がおすすめです。一方で、面談を一切受けたくない方は、転職サイトを活用するとよいでしょう。

下記では、面談したくない方が取るべき3つの行動について詳しく紹介します。

リモート面談をする

リクルートエージェントのオフィスで面談を受けたくない方は、リモート面談を依頼しましょう。対面による面談が必須というルールはありません。

リクルートエージェントの拠点は、都市部を中心に16か所あるのみです。地方に住んでいる方も、リモート面談であれば転職のアドバイスを手軽に受けられます。

また、対面だと紹介された求人を断りづらいですが、リモートだと断りやすいというメリットもあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
近年は新型コロナウイルスの感染拡大の観点からも、リモート面談をするほうがよいでしょう。

電話面談・メールで相談する

時間がない方は、手軽にできる電話面談・メールでの相談がおすすめです。

しかし、電話面談は自分や相手の表情・熱意が伝わりにくいという特徴があります。そのため、電話面談をするのであればリモート面談を受けるほうが効率的です。

メールでの相談は、レスポンスに時間がかかることから、多くの質問をしたい場合は向きません。1〜3個程度の質問しかない場合に、メールでの相談は適しています。

転職サイトを活用する

リクルートエージェントの面談を受けたくない方は、転職サイトを活用しましょう。転職サイトであれば、キャリアアドバイザーによる面談がありません。

そのため、自分のペースで求人を比較したり、企業に応募したりすることができます。どのような面談も受けたくない方は、転職エージェントではなく転職サイトの活用がおすすめです。

面談したくない人におすすめ転職サイトを紹介

面談したくない人におすすめ転職サイトを紹介

面談したくない方は、下記の転職サイトがおすすめです。

おすすめの転職サイト
  • doda
  • マイナビ転職

ここからは、doda・マイナビ転職の特徴を詳しく紹介します。

doda|転職者満足度No.1・スカウトサービスで登録だけで面談せずに求人受け取り可能

doda引用:doda
エージェント名 doda
求人数 約160,000件
オンライン面談 あり(エージェントサービス・パートナーエージェントサービス)
公式HP https://doda.jp/

dodaは、「エージェントサービス」「スカウトサービス」「パートナーエージェントサービス」の3サービスを展開している転職サイトです。

スカウトサービスは、企業から直接オファーを受けられるサービスとなっており、面談がありません。仕事が忙しく求人が見れない方でも、転職活動を効率よく進められます。

また、スカウトサービスは名前・住所などの個人情報が非公開、かつ特定の企業をブロックできます。そのため、勤めている企業に転職活動をしていることがバレる心配はありません。

面談を受けたくないだけでなく、周囲に転職活動していることを隠したい方は、dodaの利用をおすすめします。

\優良求人を多数掲載/
無料登録をする
(公式サイト)

【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...

マイナビ転職|20代の転職に強いスカウト機能付き

エージェント名 マイナビ転職
求人数 約17,000件
オンライン面談 なし
公式HP https://tenshoku.mynavi.jp/

マイナビ転職は、株式会社マイナビが運営する転職サイトの一つです。主に、20〜30代の転職に強く、利用者の半数以上が35歳未満となっています。

マイナビ転職は、転職エージェントではなく転職サイトです。面談は一切ないため、転職エージェントとの面談を控えたい方に適しています。

また、WEB履歴書を登録すると、マイナビ転職で求人募集している企業からスカウトを受けられます。スカウトを受けると、書類選考が免除になるケースが多く、転職活動を有利に進めることが可能です。

面談を受けずに優良企業と出会いたい方は、マイナビ転職に登録しておきましょう。

\20〜30代向けの求人多数/
無料登録をする
(公式サイト)

間違えてリクルートエージェントに登録した時の退会手続き

間違えてリクルートエージェントに登録した時の退会手続き

間違えてリクルートエージェントに登録した際は、退会手続きをすれば登録をキャンセルできます。下記は、リクルートエージェントを退会する手続きの手順です。

  1. 転職支援サービス退会(キャンセル)フォームから退会手続きへ進む
  2. 必要事項を記載して「同意して次へ」を押す
  3. 必要事項に不備がなければ「この内容で送信する」を押して退会完了

上記の方法以外に、担当のキャリアアドバイザーに退会する旨を伝える方法でも、退会手続きを進められます。

登録時に入力した個人情報は、一定期間を経過したのちに破棄されるため、利用者が何らかの措置を取る必要はありません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
登録したまま放置すると、面談の日程調整に関する連絡が届きます。間違えてリクルートエージェントに登録した際は、早めに退会手続きを済ませましょう。

リクルートエージェントで面談したくない時によくある質問

リクルートエージェントで面談したくない時によくある質問

リクルートエージェントで面談したくないときによくある質問は、下記の2つです。

  • リクルートエージェントからの電話やメールは無視しても大丈夫ですか?
  • 1度退会してもリクルートエージェントに登録し直すことはできますか?

ここからは、2つの質問について詳しく回答します。

リクルートエージェントからの電話やメールは無視しても大丈夫ですか?

リクルートエージェントからの電話やメールは、無視しても大丈夫です。実際に、リクルートエージェントをはじめ、転職エージェントからの電話やメールを無視する利用者は一定数存在します。

電話やメールを無視したからといって、退会処分になることはありません。また、リクルートエージェント以外にも、良い転職エージェントはたくさんあります。

リクルートエージェントが合わないのであれば、例えば、マイナビエージェントパソナキャリアなど、別の転職エージェントの利用を検討することをおすすめします。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
リクルートエージェントを使う機会がないのであれば、退会しても問題ないでしょう。

1度退会してもリクルートエージェントに登録し直すことはできますか?

1度退会しても、リクルートエージェントに登録し直すことは可能です。登録し直すだけであれば、「転職サービスに申し込む(無料)」から必要事項を記載するだけで、リクルートエージェントを再び利用できます。

前回の登録から5年以内であれば、過去の情報を引き継いでリクルートエージェントを利用できます。

前回の登録情報を使いたい場合は、ヘルプページの「前回の登録情報を利用して、再登録できますか?」という質問から手続き可能です。

リクルートエージェントで面談をしたくないなら転職サイトがおすすめ

リクルートエージェントで面談をしたくないなら転職サイトがおすすめ

リクルートエージェントの面談は、無理して受ける必要はありません。面談が不要な旨をリクルートエージェント側に伝えれば、電話やメールで面談の日程に関する連絡が来なくなります。

転職活動をする際に、面談が不要な方は転職エージェントではなく転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトの一つdodaは、スカウトサービスを提供しており、企業から直接オファーが届きます。優良企業とマッチングできる可能性があるため、面談を受けず転職を成功させたい方は、dodaに登録しましょう。

\優良求人を多数掲載/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...
【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?第二新卒で使ったボクが徹底調査してみた業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...
おすすめの転職求人サイトランキングを公開|年代別・業種別のおすすめ転職サイト解説|女性におすすめの転職サイトも紹介 転職を考えたなら、転職求人サイトまたは転職エージェントの利用がおすすめです。求人数が豊富、ジャンルに特化したサイトなど、...