転職コラム

50代からの再就職は難しい?ミドル世代の転職事情や、転職を成功させるポイントを解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
50代の方再就職って難しいんですか?。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
結論、他の世代に比べて50代からの再就職は困難だと言われています。しかし、転職エージェントを利用すれば、再就職を効果的に進められる可能性が高くなります。

この記事では、ミドル世代の転職事情・50代の再就職が難しい理由・再就職しやすい業種・50代からの再就職を成功させるポイントなどを紹介します。

\50代の再就職におすすめ!/
無料登録をする
リクルートエージェント

【現実】50代は再就職が難しい?ミドル世代の転職事情

【現実】50代は再就職が難しい?ミドル世代の転職事情

50代は定年を控えている世代になることから、再就職が難しいと言われています。50代で再就職を目指す方は、下記で挙げるミドル世代の転職事情を知っておきましょう。

  • 50代からの再就職は年々増加傾向にある
  • 50代の転職活動は想定より長引きやすい
  • 50代は他の年代より転職入職率が低い

ここからは、3つの項目について詳しく紹介します。

50代からの再就職は年々増加傾向にある

50代からの再就職は、年々増加傾向にあります。総務省統計局が2021年に公表した「労働力調査」を見ると、2011年から2021年までの10年間で45〜54歳は0.7ポイント、55〜65歳は0.8ポイントも転職者比率がアップしています。

15〜24歳および25〜34歳は転職者比率こそ高いものの、2011年から2021年までの10年間で0.1〜0.3ポイント、転職者比率が下がっています。
(出典:総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
今後は、少子高齢化の影響で20代・30代の働き手が減少するため、50代からの再就職・転職が今よりも盛んになるでしょう。

50代の転職活動は想定より長引きやすい

50代の転職活動は、想定よりも長引きやすいと言われています。

「ミドルの転職」が実施した調査では、世代が高くなるにつれて転職活動期間が長くなるという結果が出ています。実際に、50代で転職した54%の方が転職活動を始めてから入社までに半年以上かかっている傾向です。
(出典:ミドルの転職「「転職活動期間」について(2018年版)」

転職活動期間は3か月程度が平均だと言われていますが、50代の場合は転職先が決まるまでに半年以上かかるケースが多いことを知っておきましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「転職活動を短期間で終わらせたいから」と妥協して転職先を選ぶと、後悔しやすくなるため注意してください。

50代は他の年代より転職入職率が低い

50代の転職入職率は他の世代よりも低くなっています。厚生労働省が2019年に発表した「雇用動向調査結果の概況」を見ると、転職入職率は男女どちらも20〜24歳をピークに55〜59歳まで微減し続けています。

20〜24歳と50〜54歳の転職入職率を比較すると、50〜54歳のほうが男性で8.6ポイント、女性で7.8ポイント低い結果です。55〜59歳になると、50〜54歳より1ポイントずつ男女どちらも下がっています。
(出典:厚生労働省「-2019 年(令和元年)雇用動向調査結果の概況-」

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職入職率を見てわかるように、50代の転職は20代などの若者に比べて難易度が高くなることを知っておきましょう。

50代の再就職ができないと言われる主な理由

50代の再就職ができないと言われる主な理由

50代で再就職できないと言われる理由は、下記の2つが挙げられます。

  • 求人の年齢と自分の年齢とが合わない
  • 希望する種類・内容の仕事がない

転職市場では、20代・30代向けの求人が多く、50代向けの求人が少ない傾向です。そのため、「求人の対象年齢と自分の年齢が合わない」と感じる50代は一定数存在します。

50代で再就職する場合、スキル・経験がなければ希望する種類・内容の仕事を見つけにくい傾向です。50代で再就職したい方は、仕事内容もしくは福利厚生面のどちらかを妥協して就職先を選ぶ必要があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ただし、経験・実績が豊富な50代であれば転職市場での需要が高く、希望条件に合う就職先を見つけられる可能性が高くなります。

\50代の再就職におすすめ!/
無料登録をする
リクルートエージェント

50代からの再就職で失敗してしまう人の特徴

50代からの再就職で失敗してしまう人の特徴

50代からの再就職で失敗する方には、次のような特徴が見られます。

  • 自身の強みや市場価値を把握できていない
  • 企業に求める条件が厳しい

ここからは、2つの項目について詳しく紹介します。

自身の強みや市場価値を把握できていない

自分の強みや市場価値を把握できていない50代は、再就職で失敗しやすいという特徴があります。履歴書や面接で自分をどのようにアピールすべきかわからず、採用担当者に自分を採用する魅力を十分に伝えられません。

自分の強みや市場価値が把握できていない方は、キャリアの棚卸しから始めてみましょう。キャリアの棚卸しでは、「どのような経験・実績があるのか」などを振り返り、自分の強み・価値を見出します。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「自分の魅力がわからない」という方は、転職エージェントの力を借りながら、キャリアの棚卸しと再就職活動に取り組むことがおすすめです。

企業に求める条件が厳しい

企業に求める条件が厳しい50代も、再就職先がなかなか決まりません。転職市場では50代の需要が低く、突出したスキル・実績がなければ、不採用になるケースが多くあります。

そのため、「年収〇〇万円以上」「年間休日130日以上」「福利厚生充実」など、企業に求める条件が厳しいと、再就職に失敗しやすくなるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
企業に対してある程度の条件を求めることは問題ありませんが、再就職を目指す50代は妥協できるポイントを絞ることが大切です。
50代の転職が決まらない原因を解説|50代の転職活動はどのくらい決まらないのが当たり前? 50代の転職でなかなか転職先が決まらないのは年齢のせいだと諦めていませんか? 実は、50代の転職にはいくつかのポイントがあ...

50代からの再就職で転職しやすい業種【未経験の男性・女性でも可能】

50代からの再就職で転職しやすい業種【未経験の男性・女性でも可能】

業種によっては、年齢に関わらず就職しやすいという特徴があります。再就職を機にキャリアチェンジをしたい50代は、次で挙げる業種がおすすめです。

  • 介護・福祉系
  • 接客・サービス系
  • 警備員・交通誘導

上記で挙げた業種は、性別を問わず未経験者でも就職しやすいという特徴があります。ここからは、3つの業種について紹介します。

介護・福祉系

介護・福祉系は、少子高齢化に伴い需要が高まっている業種です。人手不足に悩んでいる施設が多く、介護・福祉経験のない50代でも比較的転職しやすくなっています。

実務経験を積みながら資格取得にもチャレンジできるため、キャリアアップを目指すことも可能です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
近年は、介護・福祉を対象とした処遇改善が進められており、施設によっては日本の平均年収以上の収入を得られる場合もあります。

接客・サービス系

接客・サービス系は、年齢不問としている求人が多く、50代でも再就職しやすい業種です。営業職の経験がある方は、接客・サービス系に通用するスキルが多いため、即戦力になれる可能性があります。

就職先にもよりますが、50代で接客・サービス系に就く場合、お客さんに寄り添った落ち着いた接客が期待されます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
傾聴力などを磨いておくと、若手スタッフにはできない活躍ができるでしょう。

警備員・交通誘導

警備員・交通誘導は、年齢に関係なく活躍できる業種として知られています。求人数が安定しており、再就職先として警備員・交通誘導を選ぶ50代は少なくありません。

警備員・交通誘導では、特別なスキルが求められることは少なく、体力のある方が好まれます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「スポーツをしていた」「工場などの現場で働いていた」などの経験がある方は、警備員・交通誘導を選ぶと持ち前の体力を活かした仕事ができるでしょう。
50代女性におすすめの未経験でも挑戦できる仕事を紹介|資格なし・定年のない仕事とは? 「50代で新しい仕事を見つけたい」「未経験女性でもできる仕事を見つけたい」と思っている50代女性は多くいます。ただ、未経験で仕事...

企業が50代の人材を採用する評価ポイント

企業が50代の人材を採用する評価ポイント

企業では、次で挙げるポイントを評価して50代の人材を採用します。

  • 専門性なスキル
  • コミュニケーション能力
  • マネジメントスキル

ここからは、50代の再就職で評価されやすい3つのポイントについて詳しく紹介します。

専門性なスキル

企業が50代の人材を採用する場合、専門性のあるスキルを有しているのかに着目します。20代・30代の人材を採用するときとは異なり、50代の人材には即戦力になることが求められるためです。

特に、大手企業などの従業員数が多い企業では、50代を募集する際に「何らかの専門性のあるスキルを有していること」を必須項目として挙げている傾向です。

企業では、「自分の力を発揮してもらいたい」という思いから50代の人材に専門性のあるスキルを求めます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
資格を取得したり講習を受講したりしている場合は、積極的にアピールしましょう。

コミュニケーション能力

50代の人材に対して、仕事に関するスキルだけでなく、コミュニケーション能力を求める企業は少なくありません。なぜなら、採用した50代の人材が職場に馴染めるのかを企業では懸念しているためです。

50代は他の世代よりも社会人経験が豊富で、人によっては「仕事の進め方を指図されたくない」「プライドが高く高圧的な態度になる」など、周囲と打ち解けられないケースが見られます。

50代の再就職で採用してもらえる可能性を上げるためには、前職で同僚・後輩と円滑にコミュニケーションを取りながら仕事をしてきたことを伝える必要があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
コミュニケーション能力は、面接時の受け答えでもチェックされていることを忘れないでください。

マネジメントスキル

企業が50代の人材を採用する場合、一般職ではなく管理職候補として採用したいと考えているケースもあるため、マネジメントスキルも求められます。

特に、中小企業やベンチャー企業など、若手を育成できる人材が少ない企業では、50代を採用する際にマネジメントスキルを必須項目に挙げているケースが珍しくありません。

仕事での実績・経験が豊富なだけでなく、マネジメントスキルがある50代は、年齢に関係なくさまざまな企業で求められます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
部下を育成したり、社内教育に携わったりした経験がある場合は、マネジメントスキルを有していることを積極的にアピールしましょう。

\50代の再就職におすすめ!/
無料登録をする
リクルートエージェント

50代からの転職がすぐに決まる人の特徴

50代からの転職がすぐに決まる人の特徴

50代からの転職がすぐに決まる方には、次のような特徴があります。

  • 自己分析ができている
  • 評価されやすいポイントをアピールできている
  • マッチした求人を見つけられている

以下では、3つの特徴について紹介します。

自己分析ができている

50代でも、自己分析ができている方は、転職先がすぐに決まりやすい傾向です。

自己分析ができていれば、自分が活躍できる職種・業界から転職先を見つけられます。企業側が求める人材と自分がマッチングしやすく、面接を何度も受ける必要がなくなります。

自己分析をする際は、「今まで力を入れて取り組んできたこと」「苦労したこと」「楽しかったこと」などを多面的に見ながら深掘りすることが大切です。3つの項目を深く掘り下げると、自分の本質に気づけるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
一人で自己分析がうまくできない場合は、家族・知人などに相談すると、自分では気づけなかった強みなどを知るきっかけになります。

評価されやすいポイントをアピールできている

転職を希望する50代の中でも、評価されやすいポイントをアピールできている方は、転職先がスムーズに決まりやすいと言われています。

「50代の人材を求めている」とひと口に言っても、企業によって評価するポイントは異なります。例えば、職場内の調和を求めている企業に対して、実績は申し分ないものの、コミュニケーション能力が乏しい方は採用されにくいでしょう。

転職がすぐに決まる方は、企業調査を徹底的に行った上で、採用担当者に評価されやすい部分をアピールします。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
短期間で転職を実現したい方は、企業が50代の人材を採用するときに何を重要視しているのかを、求人情報・企業の公式サイトから把握しましょう。
50代の転職が決まらない原因を解説|50代の転職活動はどのくらい決まらないのが当たり前? 50代の転職でなかなか転職先が決まらないのは年齢のせいだと諦めていませんか? 実は、50代の転職にはいくつかのポイントがあ...

マッチした求人を見つけられている

自分とマッチした求人を見つけられる方は、年齢を問わず転職先が短期間で決まります。自分にマッチした求人を見つけるには、希望条件を絞った上で求人情報を調べる方法がおすすめです。

転職サイトや転職エージェントでは、年収・働き方・業種などを細かく設定して求人情報を調べられます。

50代であれば、ミドルクラスおよびハイクラス向けの転職サイトや転職エージェントを利用すると、自分とマッチした求人が見つけやすいでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
一方で、ハローワークは20代・30代向けの求人が多く、50代にマッチする求人が少ないことを知っておいてください。
50代からの転職ですぐに決まる人の特徴は?50代転職の厳しい現実を踏まえて解説 この記事では、50代の転職事情から、50代の転職ですぐに決まる人・決まらない人の特徴、50代の転職を成功させるコツまでを...

50代からの再就職を成功させるためのポイント

50代からの再就職を成功させるためのポイント

50代からの再就職を成功させるためのポイントは、次のとおりです。

  • 自身のアピールポイントを整理する
  • ミドル人材の転職適したサービスを利用する
  • 転職のプロに相談する

ここからは、3つの再就職を成功させるポイントについて詳しく紹介します。

自身のアピールポイントを整理する

50代からの再就職を成功させるためには、自分のアピールポイントを整理することが大切です。履歴書や面接でこれまでの経験・実績を羅列するだけでは、自分の強みが何なのか採用担当者に伝わりにくくなります。

自分のアピールポイントを整理する際は、特に伝えたいアピールポイントを3つ程度用意して詳しく説明しましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
経験・実績が多いことは魅力になりますが、50代には情報を端的かつ詳細に伝えるコミュニケーション能力も必要です。

ミドル人材の転職に適したサービスを利用する

ミドル人材の転職に適したサービスを利用することも、50代の再就職を成功させるポイントになります。

一般的には、20代・30代向けの求人よりも、経験・スキルが求められる50代向けの求人は少ない傾向です。50代は、20代・30代が利用するサービスで求人を探すと、自分に合う求人をなかなか見つけられません。

50代からの再就職には、「ミドル転職」や「ハイキャリア転職」などと記載されているサービスの利用がおすすめです。

ミドル・ハイキャリア向けのサービスでは、50代に適した求人を数多く取り扱っているほか、長期間にわたって転職支援をするという特徴があります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
「ミドル 転職エージェント」「ハイキャリア 転職エージェント」などと検索すると、ミドル人材の転職に適したサービスを見つけられます。

転職のプロに相談する

50代からの再就職を成功させる方法として、転職にプロに相談することも有効です。転職のプロに相談すると、キャリアの棚卸し・将来のビジョン・自分に合った転職活動の進め方などを一緒に考えてもらえます。

転職のプロに相談したい方は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントには、キャリアコンサルタントが在籍しており、業界・職種に特化した相談も可能です。

「再就職したいものの今後のキャリアが浮かばない」という方は、転職のプロに相談すると不安・悩みが解消されるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職サイトには、キャリアコンサルタントがいないため、相談できないことを知っておいてください。

\50代の再就職におすすめ!/
無料登録をする
リクルートエージェント

50代からの再就職なら「リクルートエージェント」に登録しよう!

リクルートエージェント

50代からの再就職を検討している方は、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

リクルートエージェントには、実績豊富なキャリアアドバイザーがスキルに適した求人を紹介する環境が整えられています。親身になってサポートしてもらえるため、リクルートエージェントは年齢を問わず人気です。

リクルートエージェントでは、独自に分析した業界・企業情報を利用者に提供するサポートも実施しています。個人で業界・企業調査するだけでは知り得なかった情報を得られることも多く、転職活動を有利に進めることが可能です。

他にも、リクルートエージェントには、業界最大級の求人数を有しているという特徴があります。そのため、相性の良い企業とマッチングしやすく、再就職が難しいと言われる50代でも自分に合った企業と出会える可能性が高いでしょう。

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の実績を誇っています。転職希望者から人気を博している転職エージェントを利用したい方は、リクルートエージェントに登録しましょう。

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...
50代からの転職におすすめの転職エージェント9選|女性も転職できる?転職エージェントを徹底比較 世間では「50代での転職は厳しい」とたまに言われることがあり、50代で転職することに不安を抱いている方も多いでしょう。 し...

リクルートエージェントを利用して50代からの再就職を成功させよう!

50代からの再就職は、難しいと言われることが一般的です。人によっては、再就職までに半年以上かかるケースが珍しくありません。再就職を成功させたい50代は、自分のアピールポイントを整理したり、転職エージェントを利用したりすることがおすすめです。

転職エージェントの一つであるリクルートエージェントは、業界最大級の求人数を有しているだけでなく、独自に分析した業界・企業情報を提供するサポートを実施しています。

再就職が難しいと言われる50代にも、マッチングした企業と出会える可能性が高いため、「再就職を有利に進めたい」という方は、リクルートエージェントを利用しましょう。

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

ハイクラスの50代におすすめの転職エージェント5選|ハイクラス50代の転職事情とは? ハイクラスの50代であれば、年収も質も高い求人が多いリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。 しかし、50代のハイクラ...
ABOUT ME
緒方 透也
キャリアクラスの執筆を担当しています。製造業からIT業界へ異業種の転職、県外への転職を経験しました。転職関連のライティングは、これまでに100記事以上携わっています。実体験を踏まえて、読者に有益な情報をお届けします。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。