無職・フリーター

フリーターでいるとヤバい23の理由。一生フリーターでいいの?正社員になるために大切なことを教える

フリーターでいるとヤバイ理由。一生フリーターでいいの?正社員にならないと結婚もできない!

フリーターがヤバいことに、あなたは気付いていますか?

思うような仕事につけなくて、仕方なしにフリーターをしている人もいるかもしれません。同年代の友人たちが社会人として成長していく中で、自分だけが置いてけぼりにされている現実…。

「このままではいけない」と分かっていながら、一歩が踏み出せない状態ではないでしょうか。10年後の自分を想像してみて、「やばい」と思わないフリーターは少ないと思います。

焦っても時間は戻せません。まだ「やり直し」が出来るうちに、しっかりと将来を考えてみてください。フリーターのままでいると、ヤバいのですから。

あなたはまだ間に合います。「やり直そう」「ここから抜け出そう」と思った時が、行動に移すチャンスです。

あなたがフリーターでいるのには、色々な理由があることでしょう。

  • 就活がうまくいかず、そのままフリーターになった…
  • やりたいことが見つからず、バイト生活をしている…
  • フリーターの方が楽だから…

このような事情から、フリーターを続けているのはあなただけではありません。全国にフリーターは大勢います。しかし、フリーターであり続けると、さまざまなリスクが生じることを、あなたは考えたことがありますか?

例えば、フリーターであり続ける以上は、結婚すら難しくなってしまうことでしょう。また、フリーターのまま30代、40代を迎えてしまうと、正社員になることが困難になり、一生低賃金でボーナスや福利厚生もなく悪い条件で働くことになります。

はっきり言って、フリーターでいると、あなたの将来がヤバイのです。もちろん、あなたもフリーターである現状に、危機感を感じていると思います。そうであるならば、一刻も早くフリーターから脱出して正社員を目指すべきでしょう。

今回は、フリーターがヤバい理由とフリーターから正社員になるために大切なことをお伝えします。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

【フリーターを抜け出したい】将来が見えないバイト生活から脱出する方法独立行政法人労働政策研究・研修機構では次のような報告がありました。 正社員になれる割合は、フリーター継続期間が1年を超えると低下してい...
目次
  1. フリーターでいるとヤバい23の理由とは?
  2. フリーターの将来は悲惨なのか?
  3. フリーターから正社員になるために最も大切な10のこと
  4. 転職エージェントにサポートをしてもらおう

フリーターでいるとヤバい23の理由とは?

フリーターでいるとヤバイ理由

まずは、「フリーターでいるとヤバイ理由」を紹介していきます。フリーターであり続けると、たくさんのリスクがあるのです。まずは、そのことをしっかり認識しておきましょう。

フリーターがヤバい理由1.収入が不安定である

正社員とフリーターとを比べた場合、フリーターのほうが格段に収入が不安定であることは言うまでもありません。まず、フリーターの給与形態は時給ですよね。つまり、病気などで仕事を休んでしまったら、その分だけ給料は発生しないということです。

一方で、正社員の給与形態は月給なわけですから、フリーターの時給よりも、かなり安定しています。また、フリーターですと、シフトで働いている人が大半でしょう。このシフトは、今後減らされていく可能性もあります。仮に、今後シフトが減らされてしまったら、やはりその分だけ給料は減ってしまうのです。

フリーターは基本的安定していません。ボーナスが無い事も多いです。保険に入れない場合もありますね。

フリーターがやばいのは、この「安定していない」という理由が大きいです。「労働時間=給料」になる事が多いため、1日の中の労働時間が占める割合が多くなります。

職場によっては労働したくてもシフトの関係上労働時間を増やせない事があります。過労で体調崩した場合、収入になりません。

むしろ過労で体調崩した場合の治療費は、大きな痛手となってしまいます(前述した保険が無い場合さらに相まって痛手となります)。

フリーターの場合、固定給のところが少ないので、給料を増やそうと仕事を増やせば増やすほど、税金の計算に誤差が生じ、年末調整で追加徴税を受けやすいです。

フリーターがヤバいのは、収入も不安定であるということ。フリーターは時給制です。その上、不安定な雇用であるため、収入が大きく変動してしまいます。

確かに、稼ごうと思えば収入を増やせますが、その分長い時間働かなければならないため、体調を崩してしまいがちになります。そして、フリーターは雇用主の都合によって、簡単に辞めさせられてしまう可能性があるのです。

フリーターで税金の支払いがきついと感じた体験談 あなたは、フリーターで「税金の支払いがきつい」と感じていませんか? 所得税・住民税・国民健康保険・国民年金など…。フリータ...

フリーターがヤバい理由2.どんどん正社員になりにくくなる

歳をとれば歳をとるほど、「フリーター→正社員」の転職活動は不利になってしまいます。つまり、フリーターを続ければ続けるほど、歳を取り、転職活動が困難になってしまうということです。

職種や業種によっても異なってきますが、だいたい30歳以降になると、一気に正社員になるのが難しくなると考えてください。特に、フリーターとして働いている仕事内容とは、全く異なる求人に応募をしようと考えている場合には、すぐにでも転職活動を始めるべきでしょう。

フリーターがヤバい理由3.生涯収入が減っていく

正社員に比べてフリーターのほうが、年収は少ない傾向にあります。また、正社員は昇給で年収が徐々に上がっていく一方で、フリーターは年収を上げることができません。

つまり、フリーターを続ければ続けるほど、生涯収入が減っていくということなのです。なかなか、若いうちは、「生涯収入」と聞いても、ピンとこないかもしれません。

「フリーターの生涯収入は約5000万円」というデータがあります。そして、一方で「正社員の生涯収入は約2億円」なのです。

「フリーターの生涯収入=約5000万円・正社員の生涯収入=約2億円」と考えると、フリーターの生涯収入が相当少ないことがわかるでしょう。フリーターは正社員の約4分の1しか、稼げていないわけですから。反対に、「正社員はフリーターの4倍裕福である」とも考えることができます。

フリーターで後悔した5つの理由。今ならまだ正社員になって人生やり直せる! あなたは、フリーターで後悔していますか? 私もフリーターをしていたとき、あなたと同じようにとても後悔していました。そんな後...

フリーターがヤバい理由4.成長できない

フリーターは、指示待ちポジションです。有能なら正社員や、リーダーという役割に抜擢されますが、そうでないと、ズルズルとフリーターのまま成長できません。

フリーターは一見、自由に見えるものです。自分の都合でシフトを決めたり、休むのも躊躇しない。正社員と違って、副業も出来る。責任がないから、その分のストレスもない。

仕事が嫌いでなく、人間関係も悪くなければ、ずっとフリーターで良いと思う人もいるかもしれません。しかし、それは間違いです。人は責任を持って働くとき、成長し、本当の仕事のやり甲斐を知ります。

この人間としての成長がまるでない。「嫌になれば辞めればいい」思考です。

受け身な態度でいると、感覚が鈍くなり、エゴの強い人間になります。一時的なら良いですが、フリーターであり続けるのは危険です。

フリーターがヤバい理由5.将来性がない

フリーターを続けても未来がありません。早く就職しなければ、もっとヤバイ状況に追い込まれてしまいます。昇級がないことことも問題です。

フリーターは、年齢が上がっても年収は上がりません。経験がお金につながらないのが、一番ヤバい点です。

年金がもらえないこと、もらえたとしても少ないこともヤバイですね。フリーターは年金をもらえないことが大半です。

特に最近は、「国民年金保険料を払っていても、自分がその年齢になった時、貰えるかどうかがわからない」という不安感から保険料を納めていない人が増えています。

保険料を納めていなければ、年金は貰えません。高齢になっても、完全に無収入で働かざるを得ないという状況に追い込まれます。

https://www.career-class.com/freeter-end/https://www.career-class.com/freeter-anxiety-fear/

フリーターがヤバい理由6.社会的信用がない

フリーターは、社会的に信用されていません。フリーターの仕事は誰にでもできるものですし、責任の度合いも低いです。

そのため、社会から信用されないのです。社会人と見なしてもらえません。そうなると、ストレスもどんどん溜まり、何も良いことがありません。

フリーターは世間体が悪い。世間の目が冷たい中でフリーターを脱出し生き抜く方法とは? フリーターに向けられる世間の目は冷たいです。はっきり言って、フリーターは世間体が超悪い…。やはり世間的には「フリーターは良くない...

フリーターがヤバい理由7.経歴にならない

フリーターの経験は職歴になりません。

就職の際に評価されることもないでしょう。負う責任が正社員の方と比べ少ないため、人としての経験値が低くなるためです。

時間内労働であるということは、時間越えしそうな仕事を任せることが難しく、結果、どんな人でも出来る簡単な作業を任されることになります。

単純作業は誰だって出来ますし、若くて体力のある学生アルバイターに仕事を奪われる羽目になります。簡単な作業で頭を使わなくなり、ますます高所得者に必要な人間性が失われていきかねません。

どんなに頑張って作業しても時間での報酬です。

気分も上がりません。そしてやる気がどんどん落ちていきます。

転職の採用を左右する受かるための「職務経歴書」作成の3ステップ 職務経歴書は、あなたがどんな経験を積み、どんな実績を上げてきたか、あなたのもっているスキルや知識・ノウハウ、職業人として...

フリーターがヤバい理由8.時間の無駄である

フリーターは一見時間が自由で、好きな仕事を好きな時に選んでできるように見えますが、その実、そんなによい仕事があるわけではありません。東京、大阪のような都会ならまだしも地方都市ではなおさらです。

また結局時給の高い仕事ではなく、安くて誰でもできる仕事に落ち着いてしまうことが多いです。

さらに悪いのは「フリーターだから今はこんなもの」という感覚がついてしまい、他の同年代の人とどれだけ差があるかわからないまま年月が過ぎていってしまいます。

フリーターは無駄な時間なのか?「時間がもったいない」というのは紛れもない事実 フリーターは無駄な時間なのでしょうか? フリーターは無駄とまでは言いませんが、時間がもったいないというのは事実でしょう。フ...

フリーターがヤバい理由9.楽に流れてしまう

まず一番に、フリーターでいると、自分自身が楽な方に流れて行ってしまいます。

言ってしまえばその場限りでなんとかなるから、仕事に対しても責任感が持てないし、人間関係もきちんと向き合うことなくやり過ごして終わりになっていくような感じですね。そういうことを繰り返しているうちに、自分の存在価値そのものが見えなくなっていきました。

フリーターは、責任感が持てない分気楽に見えますが、誰からも必要とされていないような不安定な感情を、常に抱えていくことになっていくと思います。

それも自分自身で自覚がないままに。それってかなりヤバいと感じませんか?

フリーターって楽なの?楽ではあるが大変だった私の体験談を本音で話す! フリーターが「楽」だというのは本当なのでしょうか? フリーターは、簡単な仕事を基本的に任せられるので全く仕事経験がない人で...

フリーターがヤバい理由10.貯金がなくなる

フリーターのときは、実家に身を寄せ、住居や食事は確保できていましたが、それ以外にも、年金や健康保険など、人は生きているだけで、お金がかかると知りました。

フリーターで収入は少なく、貯金をすり減らして行く生活は精神的にも堪えました。また、フリーターには、有り余るほどの時間がありますが、楽しく時間を過ごすにもお金がかかります。

収入が低いフリーターは、将来が見えず不安で、かつ、その時を楽しく過ごすための資金もなく、心はかなり疲弊しました。今は正社員として就職しましたが、フリーターに戻りたいとはまったく思いません。

[template id=”10278″]

フリーターがヤバい理由11.劣等感が生まれる

私は高校卒業後に、進学したい学校や就きたい仕事もなく「自由で気楽そうなカラオケ屋でアルバイトをしたい」
といった、軽い気持ちからフリーターになりました。

もちろん若かったこともあり、出会いもあり、シフトも自由といったメリットもありましたが、やはり将来への不安や焦り、周囲の大学に通う友人や、正社員として働いている友人を見ては、劣等感が常にありましたね。

また、私はその後将来を考えて就職、そこから専門的な資格も取得することができましたが、あのままカラオケのアルバイトを10年続けていたと思うと、30歳を目前にして、何も誇れるものも、強みもなかったと思います。

なにより劣等感、不安、焦りが常に心の中にあるのです。それは年を重ねていくごとに強くなっていたと思います。

フリーターで「劣等感」を感じた3つの体験談。今が変わるチャンスだと考えよう! フリーターをしていると「劣等感」を感じることが多いでしょう。 「正社員の友人と比べてしまう」 「親戚に顔をあわせづらい」...

フリーターがヤバい理由12.正社員との収入格差が大きい

フリーターがヤバい理由は色々とありますが、例えば収入面で言えばどうしても正社員より劣ってしまうのでその点はかなりヤバいと思います。

特に男性の場合は、将来的に結婚などを考えると一定水準以上の収入を求められてしまうものです。フリーターの場合は、それを満たすのがそもそも難しいので、結婚したいと思っても実現するのが困難になってしまいます。

また、当然ですが収入が少ないと貯金などもできなくなってしまうので、老後に備えることができず年齢を重ねていく中で生活が苦しくなってしまいます。

フリーターを長く続けても、就職にあまりプラスにならないどころか年を重ねれば重ねるほど就職が難しくなってしまうでしょう。そういった点を踏まえると、フリーターを続ければ続けるほどヤバい状況に追い込まれてしまうのです。

「正社員は昇給で年収が徐々に上がっていく」と先述いたしました。つまり、正社員として会社に在籍している期間が長ければ長いほど、年収は上がっていくということです。

例えば、「22歳で正社員になったAさん」と「22歳でフリーターになったBさん」がいるとしましょう。もしも、Aさんは40歳まで同じ会社で正社員を続け、Bさんは40歳までフリーターを続けたとしたら、どうなるでしょうか。

AさんとBさんの年収の差は、数百万円単位になる可能性があります。フリーターのあなたにとっては、愕然とする事実でしょう。

しかし、若いうちにフリーターから正社員になることができれば、周りとの収入の差は、そこまで開くことがありません。だからこそ、「正社員になりたい」と思えるのなら、今すぐにでも積極的に就職活動を行うべきなのです。

フリーターがヤバい理由13.40歳以降になると、アルバイト採用すら厳しくなる

ヤバイ理由5.40歳以降になると、アルバイト採用すら厳しくなる

今後、アルバイトは簡単に解雇されてしまうかもしれません。もちろん、現代は人手不足の会社も多いため、そこまでアルバイトが解雇されることはないでしょう。しかし、時代の変化はどのように起こるか分かりません。

仮に、時代の変化によって、アルバイトを多く雇う必要がなくなったら、あなたも簡単に解雇されてしまうかもしれませんよ。

若ければ、解雇されたとしても、簡単にアルバイト採用を目指すことができるでしょう。しかし、40代以降ともなると、アルバイト採用をしてもらうことすら、難しくなってしまいます。

仮に、40代までフリーターを続けて、解雇をされたとしましょう。この場合、40代で新しいアルバイト先がなかなか決まらず、路頭に迷うということにもなりかねません。

特に、これからの時代はロボット・自動化・AIが普及してゆき、労働者が少なくても経営が成り立つ会社が増えてくると考えられます。(最近はレジなんかも自動化されて、レジ打ちバイトが少なくなりましたよね…)

つまり、これからの時代は、アルバイトの人数を減らしていく会社が増えてくるかもしれないのです。だからこそ、正社員になって、不安定な状況から抜け出すことを考えてください。

40代で転職するのは地獄?40代転職で地獄・厳しいと悩んでいる人の実態 20~30代の転職に比べ、40代の転職はハードルが上がるのが実情です。 しかし、経験豊富な即戦力人材として、40代...

フリーターがヤバい理由14.体力的に厳しくなる

今当たり前のようにこなしている仕事が、年齢を重ねることでこなせなくなってしまうかもしれません。

例えば、販売職員のアルバイトをしているとしましょう。若ければ、1日8時間以上動きっぱなしでも、全く問題ないかもしれません。しかし、今後30代40代になるに連れて、あなたの体力は確実に落ちていきます。

体力が落ちていくということは、「できなくなることが増える」ということです。だからこそ、「年齢を重ねることによって、今の仕事をこなせなくなってしまうかもしれない」ということを懸念していかなければいけないのです。

ちなみに、正社員であれば、年齢に見合った仕事が割り振られるものです。40代50代の正社員なんて、当たり前のように存在しますよね。つまり、正社員であれば、40代50代であっても、問題なくこなせる仕事を与えられるものなのです。

もちろん、ブラック企業など例外はあります。ただ、40代50代が普通に所属している会社に入社すれば、やはりあなたが40代50代になったときにも、普通に仕事はこなせていけるものなのです。

フリーターがヤバい理由15.社会人として成長していく楽しみがなくなる

正社員経験がないと実感が湧かないかもしれませんが、「社会人として成長していく楽しみ」というのが確実にあります。

例えば、「仕事を覚えて一人前になる」「給料が上がる」「部下を持つ」などが一例として挙げられるでしょう。もちろん、フリーターであっても、「仕事を覚えて一人前になる」などといった成長の実感はあるかもしれません。

しかし、正社員はフリーターに比べて、責任感を強く感じなければいけない立場にあります。もちろん、難しいこともたくさんありますが、その分だけ「成長していく実感」を強く感じることができるのです。

私の場合は、徐々に売上を上げていくことに、「社会人として成長していく実感」を感じました。フリーター時代には、将来の不安しか頭にありませんでしたが、正社員になって「一人前の社会人」になったという喜びを感じたのです。

正社員は、キツいこともやはりたくさんあります。しかし、それ以上に、徐々に売上を上げていくことや、「給料が上がっていく」という状況もあり、日々やりがいを感じながら働いています。

フリーターがヤバい理由16.友達と遊ぶときに引け目を感じる

今後も、学生時代の友達と遊ぶ機会があることでしょう。もしも、正社員の友達と遊ぶ機会があるとしたら、引け目を感じてしまうことになるかもしれません。正社員の友達と遊ぶということは、社会的ステータスや収入が全く異なる友人と遊ぶということですから。

「同年代の友人であるのにも関わらず、社会的ステータスや収入が全く異なる」ということは、かなり辛いものですよ。もちろん、友達と遊ぶ際には、仕事の話にもなることでしょう。仕事の話をするにしても、自分はフリーターなわけですから、引け目を感じながら接することになってしまいます。

フリーターで悲観的になったときはどうする?10の対処法で就職活動を開始しよう! フリーターで悲観的になっていますね。 フリーターは将来性がなく、毎日漠然とした不安が続いている人もいるでしょう。私もフリー...

フリーターがヤバい理由17.歳相応の遊びができなくなる

収入が上がると、やはり遊び方も変わってきますよね。「旅行で高級ホテルに泊まる」「素敵なバーでお酒を嗜む」など、収入が上がるに連れて、遊びの質を高めることができます。

正社員であれば昇給があるわけですから、年齢を重ねるに連れて、遊びの質も高めることができるでしょう。「正社員であれば、歳相応の遊びができる」ということですね。

一方で、フリーターの場合はどうでしょうか。フリーターですと給料はなかなか上がりませんから、遊びの質も高めることができません。フリーターは貧乏ですから。

例えば、同年代の正社員が、当たり前のように素敵なバーでお酒を嗜むことができるのに、あなたは安い居酒屋でビールしか飲むことができないという状況にもなりかねないのです。

フリーターがヤバい理由18.親戚に顔を見せにくくなる

ヤバイ理由10.親戚に顔を見せにくくなる

正月やお盆になると、親戚の集まりがあるはずです。まだ、20代前半であれば、フリーターであっても、問題なく親戚に顔を出すことはできるでしょう。

ただ、20代後半や30代以降でフリーターをしていると、なかなか親戚に顔を出すのも恥ずかしくなってしまいますよ。特に、同年代の親戚が多い場合は要注意です。

同年代の親戚が正社員として働いているのにも関わらず、自分はフリーターなわけですからね。かなり居心地の悪い親戚の集まりになってしまうはずです。

フリーターが「親不孝」な7つの理由。親に心配されるフリーターから抜け出す方法 フリーターは親不孝なのでしょうか。 親不孝かそうでないかと問われれば、やはり「親不孝」だといえると思います。フリーターであ...

フリーターがヤバい理由19.人生に対して後悔をする

もちろん、前向きな理由があってフリーターをやっているのなら、後悔をすることはないでしょう。(それでも、30歳までには正社員になってもらいたいものですが…)

例えば、「夢を追いかけるためにフリーターをする」などは、前向きな理由の一つですね。このように、前向きな理由であるのなら、自信を持ってフリーターをしてもいいでしょう。

ただ、「なんとなく」「転職活動が面倒だから」など、後ろ向きな理由でフリーターをやっている場合は注意が必要です。やはり、後ろ向きな理由でフリーターをやっていると、将来は人生に対して後悔してしまうでしょう。

「あのとき正社員になっておけば、今ごろは幸せな毎日を送れていたのに…」といった具合にですね。過去に戻ることはできないわけですから、後悔なんて極力したくないですよね。だからこそ、人生に対して後悔をしないためにも、あなたは正社員を目指すべきでしょう。

フリーターがヤバい理由20.冠婚葬祭など、必要経費を支払うことができなくなる

ヤバイ理由12.冠婚葬祭など、必要経費を支払うことができなくなる

例えば、30歳以降になると、周りの友人は結婚をし始めることでしょう。言うまでもなく、結婚式に出席する際には、ご祝儀を支払うことになるはずです。

ただ、フリーターでお金に余裕がないと、ご祝儀を出す余裕すらなくなってしまうかもしれません。せっかくの、おめでたい友達の結婚式であるのにも関わらず、「ご祝儀を出す余裕すらない」というのは、なかなか辛いのではないでしょうか。

 

フリーターがヤバい理由21.25歳以降はモテなくなる

あくまでも、私の感じ方ではあるのですが、「25歳以降になるとフリーターはモテなくなる」と感じています。25歳までであれば、女性側も結婚の意識をしないためか、フリーターであっても問題なく彼女を作ることができると思います。

しかし、25歳以降ともなると、男女交際においては、結婚を求められるものです。結婚を求められる以上、フリーターよりも正社員のほうが恋愛において有利であることは、言うまでもないでしょう。

また、25歳を過ぎたあたりから、自分自身がフリーターであることに、劣等感を感じてしまう人が多くなってきます。やはり、フリーターであることに劣等感を感じてしまうと、好きな女性にアプローチをするのも控えめになってしまいますよね。

25歳以降でもフリーターを続けてしまうと、恋愛を純粋に楽しめなくなってしまうということです。

フリーターの男性が女性にモテない理由とは?モテるための10の行動をあなたに教える! フリーターは、残念ながら女性にモテません。 悲しいことですが、これが現実です。では、なぜフリーターの男性はモテないのでしょ...

フリーターがヤバい理由22.結婚をすることができない

ヤバイ理由14.結婚をすることができない

「フリーターと結婚したい」と考える女性は、ほとんどいないことでしょう。やはり、夫婦生活を送るためには、安定したお金が必要になってきますからね。

おそらく、周りなどを見渡してみても、「フリーターで結婚した」という人は皆無であるはずです。せっかく、生きているのですから、好きな人と結婚したくありませんか。また、子どもを育ててみたくはありませんか。

もし、あなたがフリーターであるのなら、このままだと結婚や子育てをするのは難しいでしょう。ただ、正社員になってしまえば、状況は一転します。つまり、結婚もできるようになりますし、子育てもできるようになるのです。

あなたが、20代や30代であるのなら、まだ間に合います。ぜひ、「結婚」「子育て」をできるようになるためにも、今すぐ正社員を目指してください。

フリーターがヤバい理由23.仮に子どもができてしまったときに焦る…

私の友人は、フリーターであるのにも関わらず、彼女を妊娠させてしまいました。仮に、彼女が妊娠をしたとしても、正社員であるのなら、スムーズに結婚をすることができますよね。

しかし、フリーターであるのにも関わらず、彼女を妊娠させてしまうと、スムーズには結婚をすることはできません。まさか、フリーターをしながら、新婚生活や子育てを行うわけにはいかないでしょう。だからと言って、就職活動を進めたところで、すぐに採用をもらえるとは限りません。

おそらく、フリーターの状態ですと、彼女の親に挨拶をするのにも、かなりのためらいを感じてしまうはずです。実際に、私の友人は、フリーターの状態で彼女を妊娠させてしまい、相当焦っていましたよ。

焦りつつも、なんとか正社員となることができましたが、「もっとじっくりと就職活動をすれば、いい会社に入れたのに…」と後悔しています。

人生においては、予期せぬ出来事が起きてしまうものです。じっくりと転職活動を行えるうちに、きちんと就職活動を行うようにしてください。

【体験談】手取り12万円で一人暮らしの内訳を公開。結婚も貯金も無理だから転職すべし! 正社員なのに、手取り12万円…。 その給料じゃ結婚とか無理でしょ! 同じ職種でも条件がいいとこなんて...

フリーターの将来は悲惨なのか?

将来を見据えて計画的にフリーターをしている人もいるので、必ずしも将来が悲惨だとは限らないと思いますが、私のようにあのまま無計画でフリーターを続けていれば、悲惨なことになっていたと思います。

私はそのアルバイト先では1番年下でしたが、20代後半や30代のアルバイトの方もいらっしゃいました。私と同じように若い頃は軽い気持ちでフリーターをしていたが、ある程度大人になり、本当は正社員として就職したいけれど、何も強みがなく、就職できない。

ただ生活のためにアルバイトをしている…といった方もいましたね。その人たちの将来は、悲惨なものかもしれません。

求人がいくらでもある20代前半の時は、フリーターでも全然問題ないと余裕でいられますが、20代後半になると仕事の選択肢が減ります。

30代になると、正社員は非常に難しくなります。30代になると、実際に面接を受けると、げんなりした口調で「その年齢までどうしてフリーターをしていたの?」と説教交じりに言われます。

もちろん、他に受けているライバルが20前半など若いなら、年齢が高い方はあっさり落とされます。仮にアルバイトで雇ってもらえても、給料は最低賃金です。病気をしても病院に行けません。

フリーターは何かに挑戦するには良いかもしれませんが、挑戦出来るのは体力と時間がある若いうちだけです。年齢を重ねて体力と時間が少なくなってくると、フリーターでいること自体も難しくなってきます。

フリーター暦が長いと正社員にもなれず、八方塞がりになる可能性がすごく高いです。このような悲惨な将来にならないうちに、一刻も早く正社員になることをおすすめします。

フリーターの将来は悲惨?30歳になる前に一刻も早く抜け出そう! フリーターの人生は悲惨なのでしょうか? 今フリーターをしているあなたは、「このままフリーターを続けたら悲惨な人生になるのか...

フリーターから正社員になるために最も大切な10のこと

フリーターから正社員になるにはどうすればいいの?

ここまで、フリーターがヤバい理由を見てきました。結論を言うと、「フリーターでい続けることはあなたの将来を台無しにしてしまう可能性がある」ということです。

あなたは、今が一番若いのですから、一刻も早く正社員を目指すべきなのです。歳を取れば取るほど、正社員になることは難しくなってしまいますから。

そして、周囲の目も一層厳しくなることでしょう。つまり、あなたは今まで以上に生きづらくなってしまうのです。では、フリーターから正社員になるためには、どうすればいいのでしょうか。確かに、就職活動を始めたからといって、簡単に正社員になれるかどうかは分かりませんよね。

しかし、きちんと準備して就職活動を進めていけば、優秀なあなたなら「正社員になる」という目標を実現させることができるはずです。

ここでは、フリーターから正社員になるために最も大切なことをみていきましょう。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

正社員になるために大切なこと1.「早く就職活動をする」という意気込みを持つ

「正社員になりたい」という強い気持ちを持つことです。今働いている職場で、「正社員登用制度」があるか確認してみましょう。

もし正社員登用制度がなくても、「正社員になりたい」という強い気持ちを職場に相談することで、アルバイトから正社員になる道が開けるかもしれません。

とにかく、強い気持ちでいる事が大切だと思います。

若ければ若いほど、正社員になるのは有利になります。そのため、「早く転職活動をする」という意気込みを持つことが何より大事です。

「明日からやればいいや」という考えは捨てましょう。焦って空回りすることはいけませんが、「きちんとした就職活動」を早い段階で進めることを意識してみましょう。

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

正社員になるために大切なこと2.どのような仕事をしたいのか考える

正社員とはいえども、その仕事内容は多岐に渡ります。例えば、「営業職」「事務職」「製造職」などなど、さまざまな職種がこの世にはあるのです。

言うまでもなく、自分に合っている仕事を続けていくことが大切です。仮に、自分に合わない仕事に就いてしまうと、「すぐに辞めてしまう」ということにもなりかねません。せっかく、正社員になったのにも関わらず、「すぐに辞めてしまう」のはもったいないですよね。

正社員として長く勤めていくためにも、「どのような仕事をしたいのか考える」ということは、とても大切なことになります。

あなたの転職を成功へと導く「自己分析」3つの目的 転職に成功した人たちに共通しているのは、「自分自身についてよく分かっている」ことです。 「自分は何がやりたいか」が...

正社員になるために大切なこと3.責任を持つ覚悟

フリーターは、「自分の仕事だけやれば良い」というスタンスの人も多いでしょう。しかし、正社員になると違います。自分の働きが、周りの人や会社、クライアントまで影響を及ぼします。

そういう責任を取るからこその、高い給料、良い待遇が得られるのです。忙しい会社では、プライベートも削られます。

会社の方針は絶対で、嫌なら昇進するか、有能な人を味方につけるだけの社交術が必須です。フリーター慣れしてる人は、まるで会社に全てを捧げてるように見えるでしょうから、初めはシンドイと思います。

しかし、それも始めだけです。皆そのうち、仕事のやり方を学んで今があります。

責任を持つ覚悟さえ出来れば、いずれ自分のやり方で上手く働けるようになります。覚悟を持ち、あきらめないで頑張りましょう。

正社員になるために大切なこと4.行動力

フリーターから正社員となるために最も必要なのは、行動力と今の仕事を頑張ることです。フリーターに慣れてしまうと、正社員になることを諦めてしまいがち。そうなるとずっとフリーターのままです。

とにかく正社員になるために行動すること。自ら仕事を求めて動き出すことがとても重要になります。

今の仕事を頑張るというのは、フリーターとして働いている所で正社員になれる可能性があるからです。

「フリーターだから適当でいいや」と思いながら仕事をしていると、評価はしてもらえません。フリーターだとしても本気で仕事に取り組んでいれば、上司が認めてくれて正社員にしてくれる可能性もあるのです。

正社員になるために大切なこと5.好きなことを見つける

まずは、好きな業種であったり夢中になれる業務でを見つける必要があります。フリーターは、基本的に自分に甘く楽に流れる人が多いものだと思います。

だからこそ「好きこそ物の上手なれ」が重要になってきます。それが第一条件です。

さらに、週5は当たり前で週6入れるなら入ったほうがいいでしょう。単純にやる気を見せれば、社員になりたいんだという熱意を感じるからです。そして仕事は工夫してすべきです。

自分一人に任された仕事でなく、周りの人が作業しやすいような環境を作りつつ仕事をしていく必要があります。

正社員になったら求められるのは定時に上がれるように仕事をさばきつつ、周りの人の仕事も手伝いながら会社全体の裁量を増やしていくのが理想だからです。頭を使いながら働く必要があります。

正社員になるために大切なこと6.向上心

「向上心」も必要なことでしょう。正社員として雇う側として一番怖いのは、入社させてから「仕事はしない、できない、そのわりに文句が多く、指示にもきちんと従えない」といういわゆるお荷物になってしまうことです。

一人そういった人材がいると他にも影響を与えますし、解雇も簡単にはできません。

しかしフリーターのうちから向上心をもって取り組むと、上司の目にもとまり、おそらく正社員となっても上を目指して頑張ってくれるだろうという思いを持ってくれやすくなります。

そしてあまり頻繁に仕事を変えるのもよくありません。上司は「どうせすぐやめるだろう」という意識が強くなって正社員雇用を躊躇するからです。

30代フリーターから就職して正社員になった私の体験談。諦めなければ就職は不可能ではない! 30代フリーターから正社員なれるでしょうか? 私は、フリーターとしてアルバイトで生活していて、気が付いたらもう32歳になっ...

正社員になるために大切なこと7.「フリーターの経験を活かせないか」を考える

フリーターとして携わっている仕事にやりがいを感じているのなら、「それを活かせる仕事はないか」と考えてみましょう。例えば、フリーターとして「調理」をしているのなら、「調理を行う正社員求人に応募をする」といった感じです。

たとえ、フリーターであるとしても、仕事の経験は立派な職務経歴となります。そして、フリーターとして携わっている仕事と同職種の正社員求人からは、やはり採用をもらいやすいものなのです。

フリーターとしてではありますが、せっかくここまで1つの仕事を続けてきたのです。その仕事にやりがいを感じているのなら、ぜひ「それを活かせる仕事」に就くことも検討してみてください。

正社員になるために大切なこと8.フリーターの職務経歴をアピールする

フリーターとして携わっている仕事とは、異なる職種に応募をするとしましょう。この場合も、フリーターとしての職務経歴をアピールしていくことが大切です。

例えば、面接においては、「フリーターとしてどのように仕事に取り組んでいたのか」などを聞かれます。このときに、きちんとフリーターとしての職務経歴をアピールすることができないと、採用をもらうことはできません。

また、「フリーター→正社員」の就職活動であっても、職務経歴書の提出を求められる場合もあります。もしも、職務経歴書を提出することになったら、「フリーターとしての職務経歴」を記述しなければいけません。

いずれにせよ、就職活動を進めるにあたっては、フリーターとしての職務経歴をアピールする機会があるのです。だからこそ、実績や成果などをまとめておき、最大限にフリーターとしての職務経歴をアピールできる準備をしていってください。

職歴が不安定な人は必見。履歴書の書き方のコツ【フリーター・派遣社員編】 フリーターや派遣社員などで職を転々としている人は、いざ転職に向けて履歴書を書こうとすると全体的にスカスカになってしまいがちです。...

正社員になるために大切なこと9.「不採用が当たり前」という気持ちで挑む

就職活動や転職活動においては、不採用は当たり前です。「採用」よりも「不採用」になる確率のほうが高くなることの方が多いでしょう。

よく、不採用が続くことで気持ちが滅入ってしまい、就職活動を諦めてしまう人がいます。しかし、「不採用が続く」ということは当たり前のことなのです。

決して、不採用が続いてしまったからといって、就職活動を諦めるようなことはしないでください。不採用が続くことは当たり前のことであり、きちんと就職活動を行っていけば、あなたならきっと採用をもらうことができるはずです。

転職活動は落ちて当たり前?転職で落ちる原因と落ちて当たり前な転職にならないための対処方法を紹介転職活動で落ちまくると「自分は社会に必要ないのかな・・・」「このまま転職できないのかな・・・」と不安な気持ちになりますよね。 しか...

正社員になるために大切なこと10.仕事の基本を考える

“仕事をしてお金をもらう”その一番基本となる当たり前のことを、しっかりと考えてみてください。

仕事をするということは、「同時に責任も負うこと」です。

もちろんフリーターだからといっていい加減な仕事をしている人ばかりではないと思います。

しかし、やはり正社員になるためにはそれなりの自覚を持たなければ、どこにも採用はされないでしょう。

転職エージェントにサポートをしてもらおう

フリーター向けの就職エージェントに登録すると、採用までサポートをしてもらえる

フリーターから正社員への就職活動にとにかく必要だったのは、やる気と気力、そして、就職活動に踏み切る一歩だったと思います。

履歴書を書いたり、再就職先を探したり、面倒くさい作業は多いですが、その重い腰をあげ、一歩踏み出したことで道が開きました。

フリーターから正社員になるために必要なことは色々とあると思いますが、その中でも最も必要なことは「諦めずに立ち向かう」ことだです。フリーターを長く続けるほど、正社員になろうと思ってもそれがネックになって上手くいかない可能性が高いでしょう。

そこで「自分には無理だ」と諦めてしまうと、その時点で正社員への道が閉ざされてしまいます。

どんな状況でも諦めずに就職活動を続ければ、いずれは正社員になることも可能です。そこに至るためにも、諦めずに立ち向かう姿勢は最も重要になるでしょう。

フリーター転職におすすめTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    転職者成功者のほとんどが利用!

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    フリーターから正社員になりたい人向け

    ハタラクティブ

    詳細を見る

  3. No.3
    履歴書不要な求人が豊富にある!

    就職Shop

    詳細を見る

既卒・フリーターに特化した転職エージェント7選を徹底比較|正社員になるために絶対に使うべき転職エージェント 既卒・フリーターから正社員への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すれば、内定へのサポー...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。