転職エージェント

SaaSへの転職におすすめのエージェント5選!評判や成功させるポイントについて紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
SaaS企業への転職を考えているんだけど、実際に何をどう対策すればいいのかわかりません。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
SaaS企業は求職者の中でも人気が高くて、倍率も高い傾向にあるんだ。だからこそ、親身になって転職を支援してくれる転職エージェントを活用することが大切だよ。

SaaS業界は現在急成長中である業界の一つです。スキルアップやキャリアパスがしやすい環境のため、多くの求職者がSaaS業界への転職を考えています。

しかし、SaaS業界は優秀な人材が集まりやすく、倍率が高い傾向にあります。よって、SaaS企業への転職には、求職者をサポートしてくれる転職エージェントの利用が欠かせません。

本記事では、おすすめの転職エージェントやSaaS企業に転職する際の注意点について詳しく解説します。

本記事でわかること
  • SaaS企業への転職におすすめの転職エージェント
  • SaaS企業に転職する際の注意点
  • SaaS市場の実情

SaaS企業への転職を成功させたい方は、ハイクラス向けでSaaS企業の求人も多く取り扱っている「ビズリーチ」から利用してみましょう。

ビズリーチでは、優秀なヘッドハンターが転職活動を支援してくれます。スカウト制で自分で案件探しをしなくてもよいため、今の仕事が忙しい方にもおすすめです。

ビズリーチ

\ハイクラス求人が豊富!/
無料登録をする
(公式サイト)

SaaS企業への転職におすすめのエージェント5選|各エージェントの評判について紹介

SaaS企業への転職をより効率的に進めたいのであれば、転職エージェントの活用が必須です。一般的な転職エージェントよりも少しハイクラスなエージェントやSaaS企業に特化したエージェントを選ぶことをおすすめします。

ここでは、SaaS企業向けのおすすめ転職エージェントを5つ紹介していきます。

SaaS企業への転職におすすめのエージェント

年収・キャリアアップが実現可能「ビズリーチ」

エージェント名 ビズリーチ
おすすめ度
料金 ・無料コース
・タレント会員:3,278円(30日間)
・ハイクラス会員:5,478円(30日間)
求人数 公開求人:84,847件
非公開求人:不明
(2022年11月18日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代 20〜40代
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
得意分野 IT / Web / メーカー / 営業
公式HP https://www.bizreach.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社ビズリーチ
拠点 東京都渋谷区
渋谷2丁目15-1
渋谷クロスタワー
12F
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
  • 登録するだけでスカウトが届く
  • 一定基準を満たしたヘッドハンターに相談できる
  • 年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1以上を占める

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントです。登録時に職務経歴書を記入し、企業からのスカウトを待ちます。SaaS企業の求人も数多く存在し、希望条件にあった求人を見つけやすいという特徴があります。

また、ビズリーチは求人の質の高さが魅力です。年収1,000万円以上の求人も数多く存在します。年収アップを目的に転職したい方に適した転職エージェントといえます。

ビズリーチに寄せられている口コミは次のとおりです。

良い口コミ女性

Aさん

様々なエージェントとの接点が同時に持てる

2019/02/10

通常の転職サイトと異なり、特定の担当者ではなく複数のエージェントからコンタクトが来ます。 特に個人または少人数で人材斡旋業を手掛けているエージェントからたくさん案件の紹介があります。

引用:みん評

良い口コミ男性

Bさん

マッチング率が高い

2018/11/20

今まで仕事で培ってきたスキルを次の仕事でも活かしたかったので、マッチング率が高いと評判の転職サイトに登録しました。 登録時に作成した職務経歴をベースに企業側からスカウトメールが届く仕組みなので、いかに完成度の高い職務経歴書を書くかが肝要だと思います。

引用:みん評

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
年収・キャリアアップを実現したい方は、ビズリーチを利用しましょう。

\ハイクラス求人が豊富/
無料登録をする
(公式サイト)

【体験談】ビズリーチの口コミ評判が最悪というのは嘘!ハイクラス転職なら市場価値が測れるビズリーチ ビズリーチはハイクラス転職を目指す人にうってつけな転職サービスです。 特に年収600万円以上を目指す人に支持されていま...

SaaS企業特化の転職エージェント「SaaS Agent」

引用:SaaS Agent
エージェント名 SaaS Agent
おすすめ度
料金 無料
求人数 非公開
対象年代 20〜40代
対応エリア 全国
オンライン面談
得意分野 SaaS業界の転職
公式HP https://saas.anysalez.com/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社ガイアコ
ミュニケーションズ
拠点 東京都千代田区
紀尾井町4−1
新紀尾井町ビル3F
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無 ×
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
  • SaaS企業特化型の転職エージェント
  • 独自のルートで入手した求人を取り扱っている
  • SaaS領域に強いキャリアアドバイザーが在籍している

SaaS Agentは、SaaSに関するマーケティングや営業、バックオフィスに強い転職エージェントです。SaaSの領域に特化しているだけあって、他にはない推薦ルートや非公開求人を数多く確保しています。

SaaS Agentのキャリアアドバイザーは、皆SaaS企業に勤めた経験があります。

他ではなかなか聞けない現場の話や必要なスキルについて詳しく教えてくれるため、業種未経験者でも安心して利用可能です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
SaaS Agentでは、業種未経験者向けの求人も多く取り扱っているよ。

SaaSベンチャーへの転職におすすめ「マーキャリNEXT CAREER」

エージェント名 マーキャリNEXT CAREER
おすすめ度
料金 無料
求人数 非公開
対象年代 20〜30代
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
得意分野 SaaS企業・ITベンチャー企業
公式HP https://next.mar-cari.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社
エムエム総研
拠点 東京都新宿区
新宿6丁目
27−56
新宿スクエア 5F
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無 ×
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
  • デジタルセールスへの転職に強い
  • 丁寧なヒアリングでキャリアの棚卸しをサポートする
  • ベンチャー企業・スタートアップ企業との太いパイプがある

マーキャリNEXT CAREERもSaaSやITに特化した転職エージェントです。中でも、ベンチャー企業の転職に強い点が特徴的です。

また、マーキャリNEXT CAREERは業種未経験者の育成に力をいれており、2017年には業種未経験者を営業やマーケターのプロへと育成するサービスを開始しています。

そのため、スキルを身につけてSaaS業界にチャレンジしたい方におすすめです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
2022年現在では国内大手企業を中心にSaaS・IT企業の営業職を100名以上輩出しています。

初めての転職でも安心のサポート体制「マイナビエージェント」

エージェント名 マイナビエージェント
おすすめ度
料金 無料
求人数 非公開
対象年代 20〜30代
対応エリア 全国
オンライン面談 あり
得意分野 若手の転職
公式HP https://mynavi-agent.jp/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社マイナビ
拠点 東京都千代田区
一ツ橋一丁目
1番1号
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無 ×
連絡手段 電話・メール
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
  • 20代・30代の転職支援に強い
  • 転職回数および年代に合わせた転職支援を実施
  • 希望条件に合った求人を提案してもらいやすい

マイナビエージェントは、2020~2021年にかけて20代の転職エージェント満足度No.1の転職エージェントです。転職者への徹底したサポートに定評があります。

SaaS領域の転職に詳しいキャリアアドバイザーも在籍しており、マイナビエージェントでは応募書類の添削や面接対策などさまざまな支援を受けることが可能です。

下記は、マイナビエージェントに寄せられている口コミの一部です。

良い口コミ男性

Cさん

親身に相談に乗って頂き、希望の転職先へ転職できました。

大手転職エージェントでしたし安心感がありました。前職の知識や技術を活かした転職先を探していましたが、相談に親身になって乗って頂けましたし、候補企業も幅広くピックアップして頂き、ミスマッチがないように配慮して頂けたのが印象的です。また、前職での悩みや転職に至った経緯などをしっかりとヒアリングした上で転職先を提案していイタダケタことも大きかったです。

引用:みん評

良い口コミ男性

Dさん

親身に相談に乗って頂き、希望の転職先へ転職できました。

こちらの希望を親身になって考えてくださり、さらに担当の方の判断で確認しきれないほどの転職案をだしてくださりました。一人で考えこむ、ということがほとんどなく、まさに二人三脚。他社の意見を聞くことができるのが、こんなにも心強いものだとは、使用する前には考えもせず、とても助かりました。 転職が終わった後のサポートもとても良く、気持ちよくキャリアアップすることができました。

引用:みん評

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職そのものが初めての人や、SaaS以外の業種も視野に入れている方に特におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

\丁寧なサポートが持ち味/
無料登録をする
(公式サイト)

マイナビエージェントの口コミ・評判を解説|実際の利用者の体験談 マイナビエージェントは、20代30代の転職において絶大なる人気を獲得しています。20代、30代前半の方は絶対に登録すべき転職...

豊富な求人数と実績「リクルートエージェント」

エージェント名 リクルートエージェント
おすすめ度
料金 無料
求人数 公開求人:306,855件
非公開求人:279,528
(2022年11月18日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代 全年代
対応エリア 全国/海外
オンライン面談 あり
得意分野 ほぼ全業界網羅
公式HP https://www.r-agent.com/
さらに詳細を見る
運営会社名 株式会社リクルート
拠点 札幌・仙台・宇都宮
さいたま・千葉
西東京・横浜・東京
京都・大阪・神戸
岡山・広島・福岡
書類添削の有無
面接対策の有無
スカウト機能の有無
連絡手段 メール・電話
求人数
サポートの質
スピード感
対応地域
利用者満足度
非公開求人数
年収UP率
サポート実績
  • 業界最大級の非公開求人を保有している
  • 独自に分析した業界・企業情報を共有してもらえる
  • 転職支援実績豊富なキャリアアドバイザーに相談できる

リクルートエージェントは求人数が業界でもトップクラスの転職エージェントです。他のエージェントではカバーしていないような珍しい求人も取り扱っています。

SaaS特化型のエージェントで自分に合った求人に出会えていない方は、リクルートエージェントに登録しましょう。

また、SaaSやIT企業に転職したい人向けのオンラインセミナーやイベントを数多く開催しています。転職に1人で不安を抱えている方にもおすすめです。

下記では、リクルートエージェントに寄せられている口コミを2つ挙げます。

良い口コミ男性

Eさん

親身になって転職をサポートしてもらえる

他の転職エージェントもいろいろ見てまわったのですが、リクルートエージェントがいちばんシンプルかつ分かりやすくまた求人数が多く知名度も高いので信頼できると思って登録しました。転職活動ははじめてなのですが紹介してくれる求人が思っていたより多く幅広いので自分にあったものの選択の幅が広がり良かったです。私の場合担当者が親身になってサポートしてくれて対応も自分にあっていたしお互いに信頼感がありました。比較的スムーズにことが進み希望する職場に転職できました。

引用:みん評

良い口コミ男性

Fさん

遠隔地でも電話での模擬面接対応で無事に内定ゲット!!

やはり圧倒的な知名度にひかれて登録をしました。登録してからのレスポンスも早く、最初のインタビューから求人紹介・選考過程での状況ヒアリングやアドバイザリー・内定後のフォローアップまでメール、電話ともに気持ちのよい対応をしていただけました。私が支部の存在しない遠隔地に在住だったため、実際にオフィスでの対面は難しく、メールと電話での対応に終始しましたが、選考が進んで模擬面接(想定させる質問への対処方法アドバイス)も丁寧にご対応いただけたことが、実際の面接時の自信にもつながり最終的に内定をいただけたと感謝しております。

引用:みん評

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

SaaS企業への転職希望者がエージェントの選ぶときのポイント

SaaS企業への転職希望者がエージェントの選ぶときのポイント

SaaS企業への転職を成功させるためには、使用するエージェントをしっかり見極めることが大切です。ここでは、エージェントを選ぶときのポイントについて解説します。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
3つのポイントを理解して、自分に合った転職エージェントを選ぼう。

SaaS企業の転職に強いエージェントを選ぶ

SaaS企業へ転職に特化している転職エージェントを選ぶか、SaaS企業の求人を豊富に取り扱っている転職エージェントを使用しましょう。

SaaS特化のサービスは下記2つがおすすめです。

SaaS特化ではなくてSaaS企業の求人を豊富に取り揃えているサービスもあります。それが下記3つのエージェントです。

3つのサービスはどれもSaaSの求人を豊富に取り扱っています。大手ならでは繋がりをもっているため、特化型のエージェントにもないようなSaaS企業の求人を取り扱っているでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
特化型、総合型どちらも併用して利用しよう!

求人掲載数を確認する

求人掲載数の多さは、転職エージェントを選ぶ上で大切なポイントです。転職エージェントで確認できる求人数が多ければ多いほど、仕事の選択肢は広がります。

ハイクラス向けのエージェントやSaaS特化型のエージェントは、そのエージェントでのみ応募できる求人や非公開求人を保有していることが多くあります。

特に、非公開求人の数は転職エージェントによって大きく異なる傾向です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
非公開求人の多くは、一般公開されている求人よりも待遇が恵まれているよ。総求人数だけでなく、非公開求人の数もチェックしよう。

転職サポート内容の充実さを確認する

転職エージェントを選ぶ際は、サポート内容が充実しているかどうかをチェックすることも必要です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
例えば、在籍しているキャリアアドバイザーの実績、書類添削・面接対策の有無などでサポート内容の充実度を推しはかれます。

他には、求職者向けのセミナーやイベントを頻繁に開催している転職エージェントもサポートが充実していると判断できるでしょう。

サポートが充実している転職エージェントを選ぶと、万全な状態で選考に臨めるため、内定獲得につながりやすくなります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
各転職エージェントのサポート内容は、公式HPで確認できるよ。

SaaS企業へ転職するメリット

SaaS企業へ転職するメリット

近年若者の転職先として、SaaS企業は人気が高まっている傾向にあります。「SaaS企業へ転職したい」となんとなく考えている方は、SaaS企業へ転職するメリットを知っておくことが大切です。

SaaS企業へ転職するメリットは、次のとおりです。

ここからは、SaaS企業へ転職する3つのメリットを詳しく解説します。

成長市場で働ける

未来のある成長市場で働ける点は、SaaS企業へ転職するメリットです。SaaS市場は2020年から2050年までの30年間で10倍成長するといわれています。

オンライン化が急加速していることが、SaaS企業の成長を早めている要因の一つです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
近年ではスタートアップ企業もSaaS市場に多く参入しているよ。

SaaS企業ではクラウドサーバー上のソフトウェアを提供するため、企業がゼロからシステムを開発する手間やコストがかかりません。よって、デジタル化が必要な企業との親和性が高いといえます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
SaaSの需要がに伴い、今後はより求人数が増加するでしょう。

スキルアップがしやすい

スキルアップがしやすい点も、SaaS企業へ転職するメリットとして挙げられます。

SaaS企業ではマーケティングの各段階における数値を明確にし、最終的な売り上げを向上させるために「THE MODEL」を採用しています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
THE MODELとは、それぞれの部署が分業・連携することでマーケティングの効果を最大化させる仕組みのことです。

一般的にSaaS企業の社員は数年ごとに上記4つの部署を回るように異動します。

THE MODELで分担される4つの部署
  • マーケティング(潜在顧客の獲得)
  • インサイドセールス(見込み客の育成)
  • フィールドセールス(商談管理・受注)
  • カスタマーサクセス(活用支援・契約継続)
後輩ちゃん
後輩ちゃん
異動を通してあらゆる分野の経験を積める仕組みだから、ビジネスの経験値と視野を広げられるんだね。

今後のキャリアの選択肢が広がる

SaaS企業に勤めていた方は別業界でも活躍できるkSIerやWeb業界・人材業界・広告業界などへの転職も選択肢のひとつ。

例えば、営業から別ポジションへのキャリアパスの例としては、下記の3つが挙げられます。

営業からのキャリアパスの一例
  • カスタマーサクセス
  • 企画
  • マーケティング
後輩ちゃん
後輩ちゃん
最初は営業として入社したとしても、SaaS企業では多職種へのキャリアパスもしやすい環境にあるんだね。

SaaS企業へ転職する際の注意点

SaaS企業へ転職する際の注意点

SaaS企業への転職は難易度が高く、業界に関する知識が乏しいと転職に失敗する可能性が高くなります。

SaaS企業へ転職したい方は、次のような注意点があることを知っておきましょう。

変化が激しい市場のため企業理解が必要

SaaS業界は新しい業界であるため、市場によって企業の環境変化が起きやすいことを覚えておきましょう。

希望する事業や業務があって入社したとしても、途中で組織の方針や方向性が変わったり、注力する業務内容が変わったりすることもあります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
変化の多いSaaS業界に身を投じるのであれば、常に柔軟に対応できる力を持ち合わせることが必要だよ。

ITスキルは転職に必須

SaaS業界で生きていくには、最低限のITスキルが求められます。

例えば、コミュニケーションツールであるChatworkやSlackが使えることは大前提です。資料作りにはWordやExcel、PowerPointといったOfficeも使いこなさなくてはいけません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
営業担当であれば、顧客の抱える課題を解決する際にITに関する知識が必要です。

正確で豊富な知識を活用し、顧客にとって適切なサービスを提案できれば、長期的な契約が期待できます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ChatworkやOfficeだけではなく、新しいITツールにも抵抗なく対応できる力を身につけることが重要だね。

倍率が高いため対策が重要

SaaS業界は求職者からの人気が高いため、競争が激しい業界です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
よって、正しい対策をしなければなかなか転職が成功しません。

そこで、効率的に転職を成功させる手段として、転職エージェントの活用が挙げられます。

転職エージェントには、転職のプロとも呼ばれるキャリアアドバイザーが在籍しており、転職業界の最新情報や採用傾向を共有してくれます。

近年ではSaaS業界に特化したエージェントも台頭してきました。SaaS業界ならではの職務経歴書の書き方や面接への挑み方についてアドバイスしてくれます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職エージェントではキャリアアドバイザーからサポートが受けられるから、自分だけで対策するよりも効率的に転職活動が進められるね。

SaaSとは?

SaaSとは?

SaaS(サース)とはクラウドサーバーにあるソフトウェアを、インターネットを経由して利用できるサービスのことです。

従来の買い切り型のソフトウェアサービスと異なり、SaaSプロダクトは利用者側で必要なライセンス数・機能などを選びやすいという特徴があります。
SaaSプロダクトは1か月あたり数千円で利用できるサービスがほとんどで、導入する企業は増えている状況です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
他にも、インターネットが使用できる環境であれば、どこでも利用できる点がSaaSの魅力です。

SaaSに該当するソフトウェアサービスとして、次のようなものが挙げられます。

SaaSの一例
  • ChatWork(ChatWork株式会社)
  • freee会計(freee株式会社)
  • Zoom Meetings(Zoom Video Communications)
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
これらのソフウェアサービスは、個人・法人を問わず広く取り入れられており、SaaSの需要は今後も高まると予測されています。

SaaS企業で就ける主な職種

SaaS企業で就ける主な職種

SaaS企業で就ける主な職種について紹介します。どの職種においても、ITスキルは必要不可欠です。

SaaS企業で就ける主な職種3つ

営業

SaaS企業でも他の企業と同様に営業が必要です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
SaaS企業の営業には、インサイドセールスとフィールドセールスがあります。

インサイドセールスは非対面の内勤営業のことです。特にSaaS企業では、マーケターが集めた見込み客に対して商談の機会を創出したり、見込み客のニーズを引き出したりします。

フィールドセールスは従来の訪問営業のことです。ただ、飛び込み営業ではなく、インサイドセールスで得た情報を上手く使いこなして制約までつなげます。

エンジニア

エンジニアはSaaS企業の要ともいえる業種です。サービスを継続的に改善し顧客満足度を維持・改善していくことが主な仕事です。

そのため、開発フェーズでは保守性の高さやコードの可読性などが高いレベルで求められます。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、チームのリーダーとして新しいビジョンを描きつつ、ユーザー視点で物事を進めていくことが重要です。

SaaSは比較的新しいサービスであるため、プロジェクトの進行を務めるプロジェクトマネージャーの存在は欠かせません。

プロジェクトの一連の流れを追ったり、他社のサービスにも注視したりしながら、今市場が何を求めているのかを考えます。

SaaS市場の実情

SaaS市場の実情

日本国内のSaaS市場は、2020年を境に急成長しています。2021年12月に公開された「SaaS業界レポート2021」によると、2025年にはSaaS全体の市場規模が1.5兆円を超える予想です。

その成長予想から国内のSaaS企業は、マーケティング特化型サービスや建築、システム構築などの幅広い分野に対応できるサービスを展開し始めています。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
一方、海外の市場では日本以上にSaaSが重要視されており、シェアを拡大しています。

ただ、クラウドが目新しいという時代は終わり、SaaS市場ではサービス自体に付加価値がなければ自然淘汰されてしまうフェーズに突入しているのも事実です。

SaaS企業への転職難易度

SaaS企業への転職難易度

SaaS企業では、ITに関する基礎知識はもちろん職種によっては応用知識も求められます。求められるスキルはハイレベルで、SaaS企業への転職難易度は高い状況です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
SaaS企業のなかには、求職者の能力の良し悪しを書類選考だけで判断する企業も多くあります。

個人で転職活動を進めるよりも、第三者目線で求職者を引き出すサポートをする転職エージェントを利用したほうが、SaaS企業への転職を効率よく進められます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職エージェントを利用すれば、SaaS市場の転職に詳しいキャリアアドバイザーと力を合わせて転職活動を進められるよ。

転職エージェントを使用してSaaS企業への転職を成功させよう

SaaS企業は転職市場でも応募者が多く、人気が高い傾向にあります。そのため、自己流の対策ではなかなか転職成功に結びつきません。

SaaS企業への転職を成功させたい方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが親身になって転職支援をしてくれます。職務経歴書の書き方や面接への対策のアドバイスも受けることが可能です。

SaaS企業に詳しいキャリアアドバイザーが在籍する転職エージェントを選べば、業界の転職事情・採用されるためにどのような対策が必要なのかを具体的に教えてもらえます。

SaaS企業への転職を効率的に成功させたいなら、ハイクラス特化のビズリーチへの登録がおすすめです。SaaS求人を含め年収600万オーバーの優良求人が揃っているので、この機会に登録しておきましょう。

\ハイクラス求人が豊富!/
ビズリーチ
無料登録する

ABOUT ME
緒方 透也
キャリアクラスの執筆を担当しています。製造業からIT業界へ異業種の転職、県外への転職を経験しました。転職関連のライティングは、これまでに100記事以上携わっています。実体験を踏まえて、読者に有益な情報をお届けします。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。