転職コラム

給料が安いから会社を辞めたい。給料が低くて悩むなら転職すべき本当の理由

給料が低い(少ない)から会社を辞めたいのはアリなのか?転職することで給料は上がる?

給料が安い…少ない…。もっと給料上げてくれ!

このように悩んでいる人は大勢いるでしょう。給料が少ないと、仕事に対するモチベーションも低下してしまいますよね。仕事というのは、生活を維持するため…つまり、お金のためにやっている部分が大きいからです。

何年も勤めているのに給料が上がらなかったり、一生懸命働いているのにカツカツの生活ならば、会社に対して不満が溜まるのは当然のことでしょう。給料は、働く上でとても重要なものなのですから。

給料が安くて不満ならば、転職して給料を上げるという手段も考えられます。今の会社に見切りをつけて、給料アップが見込める福利厚生の充実した会社へ転職するのです。よく、給料の不満が原因で転職したら失敗するという話も聞きますが、必ずしもそういうわけではありません。

転職に際して、しっかりと準備をすれば給料に満足できる会社へ転職することは可能です。そうは言っても、すぐに会社を辞められるかと言ったら、なかなかそうはいかないのも現実でしょう。「本当に転職先が決まるのか」「今より給料が安くなったらどうしよう」そのような懸念があり、転職することを躊躇してしまうかもしれません。

そこで今回は、給料が安くて転職するのはアリなのか?ということと、給料が安くて仕事を辞めたいあなたが転職する際に注意するポイントをお伝えします。

[template id=”8828″]

給料が安いから転職するのはアリ?

給料が安い(少ない)から転職するのはアリ?

給料が安すぎる…これからも給料が上がらないなら、いっそのこと会社を辞めてやる…!そう考えている人も多いはずです。では、給料が低いことが原因で会社を辞めるのはアリなのでしょうか?

リクナビNEXTの調査によると、「給料が低いこと」を退職理由に上げている人が約12%で、厚生労働省の調査では、「給与等収入が少なかった」という項目は退職理由として第1位になっています。

参照:雇用動向調査結果

つまり、「給料が安いから会社を辞めたい」と考えるのは、あなただけが悩んでいる問題ではないということですね。やはり、生きていく以上お金は大切ですから、あなたがそう考えてしまうのも決しておかしなことではありません。

一生懸命働いているのに満足できる給料をもらえていない今の生活では正直ギリギリだ将来のことが不安だというならば、何かしらの手段を講じなければいけません。今の会社にいて、将来的に給料が上がって行く見込みがあるのなら、今の現状も受け入れることもできるかもしれませんが、そうでないのならば、ずっと給料は低いままです。

黙っていても給料は増えないでしょう。もし今の会社であなたの働きに見合った給料をもらえていないなら、転職することで給料を上げることができるかもしれません。

給料の高い/低いは、会社によって変わってきますし、業種や職種によっても変わってきます。しっかりと見極めて転職活動をすることで、あなたが満足する水準の給料を得ることができるでしょう。

▼関連記事

あなたの給料の手取りが低い理由と今よりもっと高収入の会社に転職できる方法

 

給料が低くて悩むなら転職すべきである

給料が低くて悩むなら転職すべきである

給料が低い会社で働いていると、さまざまな不安が湧いてくるでしょう。生活費が足りない低い給料では結婚できない子供の教育費老後の不安…など、考えればキリがありませんね。はっきり言って、給料が安いにもかかわらず、その現状から動かないでいると、ますます生活は苦しくなります。

不満を持ったまま今の会社にいると、気付いたときには転職が難しい年齢になっていたということもあります。転職するなら、早いうちに決断した方があなたの人生にとっても有益なのです。あなたが我慢して今の会社で居続けることで、将来的に大きなリスクを背負ってしまう可能性があります。

 

給料が安いと生活が苦しいまま人生を過ごすことになる

給料が低いと、まさに「働けど働けど猶わが生活(暮らし)楽にならざりぢっと手を見る」状態になってしまいますね。正社員として働いているのに、生活が厳しい…。そんな人が増えてきています。

お金がないから色んなことを我慢して生きていかなければいけなくなります。結婚していれば、奥さんや子供にまで、その苦労を背負わせることになってしまうのです。

  • 気軽に旅行に行くことができない
  • 欲しいものを買うのにも躊躇する
  • 生活必需品さえ買うのを渋ってしまう
  • 常に安いものを探し求める生活
  • 飲み会などの交際費もキツイと感じる
  • 給料が低いため仕事のモチベーションがあがらない

このように、給料が低いと豊かな生活を送ることができません。生活の向上を目指すならば、節約するだけでは実現できないでしょう。今の給料ではやっていけないのですから、給料を上げる手段を講じなければなりません。

もしもあなたが仕事で実績を残しているのに給料が上がらないのであれば、会社から正当な評価を受けていないということになります。やる気やモチベーションも下がりますし、不満も溜まってしまいますよね。

先輩や上司の給料や生活を知っているなら、それが未来のあなたの姿です。そのままでいいというなら何も言いませんが、そこに恐怖を覚えるのであれば、今すぐ転職を考えた方がいいでしょう。

給料が上がることで、生活の質が向上します。そして、あなたの仕事に対するモチベーションも上がり、仕事で結果を残し、評価される。このようなポジティブなサイクルが生まれます。今のあなたの悩みは、正当にあなたのことを評価してくれる企業へ転職して、給料を上げることで一気に解決されるのです。

 

給料が低いと貯金もできず、老後に暮らしていけない

給料が安いために、まったく貯金ができないという人もいるでしょう。生活費だけでカツカツで、貯金までお金を回す余裕がないのです。今はそれで何とかやっていけるかもしれませんが、将来を考えた場合、不安になってしまうのは間違いありません。

働き手である現役世代は、今後、年金だけでは暮らしていけなくなる可能性があります。また、年金支給年齢も引き伸ばされ、「年金に頼らずに働け!」とムチを打たれている状態になるかもしれません。しかし、歳を取れば病気のリスクもありますし、健康な状態で働ける人は限られてくるでしょう。

さまざまなリスクに備えて、十分な貯金がないと、老後の生活が破断してしまうのです。今の会社で働き続けて定年を迎えたとき、あなたには経済的な余裕ができているでしょうか?生活するためだけに働いて、結局貧乏のままでは悲しすぎませんか?

今よりも待遇の良い会社は、たくさんあるのですから、勇気をもって転職活動を始めることをおすすめします。あなたの将来は、あなた自身で守らなければいけないのです。

▼関連記事

手取り18万円なら転職を考えた方が良い理由。将来性がないブラック企業の可能性も

 

辞めたいのにズルズルと辞められない状況に陥ってしまうかもしれない

あなたが「給料が安くて不満だから会社を辞めたい」と考えていても、本当に心を決めて決断しない限りは、ズルズルと会社に居続けることになるかもしれません。

  • 給料は安いけど、働いていればとりあえず給料が出る
  • 転職活動をする時間が取れない
  • 転職はしたいけど、転職活動がめんどくさい

このような気持ちから、不満をかかえながらも辞められない状態で働いている人も多いのです。また、上司に退職を言い出すのが怖い、自分が抜けると仕事が回らなくなるなど、さまざまな事情で辞めることを戸惑う人もいます。

退職したいと上司に伝えると、「今抜けるなんて、社会人としての常識に欠けている!」「周りに迷惑をかけて何とも思わないのか!」と、高圧的に説教してくる上司もいます。しかし、退職すると決めているならば、臆することはありません。

あなたに今必要なのは、決断する力です。ズルズルと今の会社にいても、泥船に乗っているようなもので、将来的には溺れてしまうかもしれません。

会社に多少の迷惑をかけることは事実かもしれませんが、いつでも辞める権利はあなたにあります。従業員に不満を覚えさせる会社が悪いのですから、堂々と転職すればいいのです。

しかし、多くの人にとって、仕事を辞めてから転職活動をするのにはリスクが伴います。失業保険がもらえる期間は数ヵ月ですし、自己都合退職ですと待機期間が定められており、金銭的な不安が常についてまわるでしょう。

ですから、転職活動は在職中におこなうのがベストです。在職中に転職先が決まれば、リスクを背負うことなく転職することができますから。働きながらの転職活動は難しいと感じる人は、以下の記事を参考にしてみてください。

▼関連記事

働きながら(在職中の)転職活動!会社にばれずに転職を成功させる5つの秘策

 

残業や休日出勤を増やせば給料が上がるが健康や生活を害する

給料を上げる手段として、残業や休日出勤を増やすことを考える人もいるでしょう。残業や休日出勤をすれば、多少は給料の手取り額を増やすことができるはずです。しかし、それとともに犠牲にしなければいけないことが出てきます。

家族がいるならば、家族との時間が取れませんし、家でも疲れた顔を見せることになります。残業ばかりだと疲労が抜けませんよね。それに、プライベートな時間を犠牲にしてまで残業や休日出勤をしても、給料に少し色が付く程度でしょう。基本給が低いのですから、それをベースにした支給額も低くなります。

定年まで残業を続けるつもりですか?健康や生活を考えたとき、残業で給料を上げるのは恒常的な解決策にはなりません。残業はスキルが身につくような性質なものではありませんから、年齢だけ無駄に重ねて体を壊せば、路頭に迷うハメにもなる可能性もあります。

  • 家に帰れば深夜近く、家族と一緒にご飯も食べられない
  • 家族はすでに寝ているので起こさないように静かに動く
  • 週末も疲れて昼まで寝ているので妻から不満な顔をされる
  • 仕事ばかりなので基本的な生活がおろそかになる

給料を上げるために残業や休日出勤をしているのに、大きくバランスを崩してしまう…こんなのって悲しすぎませんか?疲労やストレスが蓄積されれば、病気に繋がるリスクさえあります。また、中小企業だと残業代が出ない企業もあるでしょう。もしくは、「みなし残業制度」や「22時以降の残業代支給」など、一部しか支給されない会社も存在しています。

あなたがそのような企業に勤めているならば、すぐにでも転職を考えましょう。残業代が出ないのにこき使われるのは、冷静に考えて我慢ならないはずですから。転職エージェントを活用して、福利厚生の整った優良企業へ転職することをおすすめします。

 

給料が安くて仕事を辞めたいあなたが転職する際に注意するポイント

給料が安くて仕事を辞めたいあなたが転職する際に注意するポイント

「給料が低いから転職したい」このように考えている人はあなただけではありません。多くの人がこの悩みを抱え、実際に給料が上がる会社への転職を果たしています。あなたも、給料が上がる会社へ転職したいはずです。

そのためには守るべき注意点がいくつかあります。ここからは、あなたが転職する際に注意すべきポイントを紹介していきます。

 

勢いだけで転職先を選ばないこと

給料を上げるための転職活動をしていると、給料を上げることだけに集中してしまい、給料は高いが労働環境が悪かったり、年収が多くても離職率が高いような会社に入社することにもなりかねません。

慎重に転職活動を進めていく必要があるのです。勢いだけで転職してしまうと、転職に失敗する可能性が高まってしまいます。あなたは前職と比べて、給料が高く満足できる会社を求めているはずです。給料が高くても残業が多くて長時間働く必要があったり、休日出勤ばかりでプライベートな時間が取れない会社は避けたいでしょう。

そのような会社は、基本的に仕事がキツく、長時間勤務になる傾向があります。また、仕事がキツイため人間関係もギスギスしている職場になりやすいです。あなたがどのような面を重視しているかをしっかりと吟味して、慎重に転職先を選びましょう。

 

将来性を考えて転職先を選ぶ

その業界、職種に将来性があるかどうかも重要です。10年後・20年後には衰退しているような業界では、給料面でも期待はできないでしょう。ですから、将来性を考えて転職先を選ぶ必要があります。また、あなた自身が、やる気をもってその職種のスキルを伸ばしていけるのか、ということも重要です。

「給料が高いから」「手当が充実しているから」「福利厚生が整っているから」という理由だけで、興味がない業界の会社を選んでしまうと、あなたの本当にやりたいことができなくなる可能性があります。将来性というのは、あなたが興味をもって成長していき、軸となる高いスキルを身につけられるかということも含まれるのです。

あなたが努力を継続できる仕事で長く働き、スキルを高めていくことが、結果的に給料を上げることにつながります。高年収と謳っている会社にすぐに飛びつくのではなく、長期的な視点で考えて会社選びをおこなってください。

▼関連記事

将来性がない会社の特徴とは?辞めた方がいいの…?

 

今転職しなければ一生後悔することになるかもしれない

給料が低くて不満があるのに、我慢して働き続けることは、あなたにとって最適な方法だとは言えません。今の会社で働いても低レベルな生活で一生を過ごしていかなければいけないからです。

あなたも、それを望んでいるわけではないでしょう。もっと給料がもらえる会社で、満足して働きたいと思っているはずです。転職することに対して、勇気や決断が必要なことも理解できます。不安や迷いも当然あるでしょう。

しかし、今転職しなければ、あなたは一生後悔することになるかもしれません。転職によって、無駄な残業が減りり、休日出勤がなくなり、プライベートな時間が増える…それなのに、給料が上がるような転職は可能なのです。

あなたが現在、不満をかかえながら働いているなら、勇気をもって転職活動を始めてください。未来のあなたを決定づけるのは、あなたの今の行動なのですから。

▼関連記事

会社を辞めたいのに転職する勇気が出ない人へ贈る20の言葉

 

転職エージェントを活用する

給料が低い人が、転職で給料を上げるために最も効率的な方法が、転職エージェントを活用することです。あなたは、給料を上げると同時に、ブラック企業や職場環境の悪い会社は避けたいでしょう。「給料が上がればきつい仕事でも我慢できる」という人は別ですが、多くの人は福利厚生の良い優良企業に転職したいはずです。

しかし、そのような企業を見極めるには、自分ひとりの力では難しいのが現実と言えます。何故なら、求人票を見るだけでは、社内の詳しい内部事情までは把握することができないからです。

自分ひとりだけで転職活動を進めてしまうと、良い会社だと感じて入社してみたら、ひどいパワハラがあったり精神的にキツい仕事で、すぐに辞めてしまった…という結果にもなりかねません。そうなると、給料を上げるどころか、転職そのものが難しくなり、非正規社員として働かざるを得なくなることもあります。

そのような事態を避けるためにも、転職エージェントを利用するのは必須なのです。転職エージェントは離職率や長時間労働の有無だけでなく、企業の内部事情までデータとして把握しているため、あなたの希望にあった企業を紹介することができます。

給料アップを目指すなら、面接の際に給与交渉をするという方法もありますが、入社を決める面接の場面でうまく給与交渉ができる人は少ないでしょう。給与交渉についても、転職エージェントがあなたの代理で請け負ってくれます。

また、転職エージェントを活用すれば、求人には載っていない情報を教えてくれたり、企業に連絡して実態の裏取りをしてくれるので、あなたは安心して転職活動を進めていけるでしょう。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。