転職コラム

【最新版】半導体エンジニアを辞めたい理由は?おすすめの転職先や転職エージェントを紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
つらくて、仕事辞めたいです……
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
色々大変だよね、転職を考えてみてはどうかな?

経済的な影響を受けて、国内の企業景気も落ちこみ、辞めたいくらい苦しむ半導体エンジニアも多いでしょう。もし半導体メーカーから転職するなら、リクルートエージェントメイテックネクストといった転職エージェントの利用がおすすめです。

本記事では半導体エンジニアが辞めたいと考える理由や、おすすめの転職先、効率的な転職活動を進めるためのポイントやエージェント選びについてまとめました。

仕事を辞めた後が不安なら
リクルートエージェント
  • まずは転職のプロリクルートエージェントに相談しよう
  • 経験豊富なコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれます
  • 利用者の8割が転職成功!辞めても再就職しやすいので安心です

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

半導体エンジニアを辞めたい主な理由

半導体エンジニアを辞めたい主な理由

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
仕事を辞めたい理由は、いろいろあるんだよ。

国内外での開発競争により半導体メーカーは経営不安、請け負う仕事の製造納期がきついなど半導体エンジニアをとりまく状況は複雑です。半導体エンジニアを辞めたい技術者の主な理由について、紹介していきます。

  • 業務量が多く労働時間が長い
  • 日本の半導体市場の将来性が不安
  • 半導体エンジニアは人手不足なので仕事が多く回ってくる
  • 年収が作業量と見合っていない

業務量が多く労働時間が長い

特殊スキルである半導体エンジニアは、多くの工程を一人で請け負うことが多いです。納期が差し迫っているときには残業も当然のようにあり、生活も不規則であることからプライベートな時間を作ることができません。

ただ責任と期待のみが高まり、休みもないので疲労が積み重なる負のスパイラルになる可能性が高いです。結果として、いまの職場から転職を考えるという状況が増えつつあります。

日本の半導体市場の将来性が不安


以前は高いシェア率を誇っていた日本の半導体産業は、他アジア圏でのシェアが増大していることにより、低迷の道をたどっています。

納期に苦しみ、ようやく納品をしても、以前ほどの利益が生れず先行きを不安視する声が多いです。特に、中小企業は価格競争で苦しみ、負担が重くのしかかっています。

外資系半導体メーカーの参入もあるため、さらに日本の半導体は衰退する可能性があります。そのため、安定した職種に切り替えようとする動きは仕方ないでしょう。

半導体エンジニアは人手不足なので仕事が多く回ってくる


出典:経済産業省

半導体メーカーの経営的に不安はあるものの、半導体に関する仕事は増えていく傾向にあります。また経済産業省の資料によると、半導体エンジニアの数は十分ではないといえます。

半導体エンジニアの仕事は増えていますが、エンジニアの数が少ないので、必然的に1人あたりの仕事量が多いのが現状です。

代わりがいない状態での仕事の連続は、エンジニアの肉体的・精神的両方できついでしょう。

年収が作業量と見合っていない

仕事に費やす時間のわりに、年収が少ないともらす半導体エンジニアも多くいます。固定給で働く社員であったり、利益が価格競争で削られている企業に勤めていたりするケースに多いです。

収入が少ない状態で作業量が多く休みもないとなると、家庭をもつ半導体エンジニアにとっては死活問題といえるでしょう。思いきって転職し、違う職場に勤める方が収入や勤務時間でメリットが大きいと感じるようです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ただ仕事が大変だけじゃないんだ…

他業界の半導体エンジニアのニーズは高まっている

他業界の半導体エンジニアのニーズは高まっている

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
いまの職場以外だったら、状況がよくなるかもしれないよ。

半導体メーカーで仕事をすることで苦境に立たされている半導体エンジニアですが、他の業界からは熱い視線が注がれています。

ネット機能やAIを導入した自社独自のIot端末開発を狙っている企業は医療や自動車会社など続々と増えています。

半導体をメーカーから購入するのではなく、自社エンジニアとして半導体エンジニアを囲い込むことに魅力を感じているようです。この動きを理解しておけば、良い条件で辞めたい環境から脱出できる可能性が広がります。

半導体エンジニアを辞めたい人におすすめの転職先

半導体エンジニアを辞めたい人におすすめの転職先

半導体が必要となるシステムや製品も多いため、半導体エンジニアから転職する選択肢は多くあります。転職理由に合わせた転職先のポイントについて説明していきます。

今の職場が嫌で半導体エンジニアを辞めたい人

半導体エンジニアという仕事に満足しており、純粋に職場が原因での転職ならば、同じ仕事ができる海外メーカーを選ぶという手があります。日本の国内シェアに参入を考える海外企業からすれば、知識と経験がある日本人スタッフは好条件で就職できる可能性が高いです。

国内メーカーより資本や設備が充実していることが多く、海外半導体メーカーでの業務はやりがいがあります。また、半導体が必要になる家電メーカーへの転職も手堅いといえるでしょう。

半導体エンジニアの仕事内容が嫌で辞めたい人

職場環境ではなく、半導体エンジニアの仕事そのものに意欲が持てない場合は、エンジニア職が向いていない可能性もあります。これまで未経験だった職種をチョイスする方がいいでしょう。

例えば、営業職やクリエイティブ職など半導体エンジニアの仕事から大きく変えてみることをおすすめします。パーツを組み合わせたり連動させたりする半導体の知識は、営業マンに求められる商品説明やモノづくりの具体案作成にも役立つはずです。

半導体エンジニアが転職先を選ぶ時のポイント

半導体エンジニアが転職先を選ぶ時のポイント

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職は先に情報集めが大事だよ。

せっかく転職ができたとしても、同じような状況になってしまうと意味がありません。半導体エンジニアとして転職する場合の、考えるべきポイントを紹介します。

  • 労働時間の問題がクリアできているか
  • 現状と比べて待遇が良くなるか
  • 具体的な作業内容が明確か

労働時間の問題がクリアできているか

転職活動を行う際には労働時間についてはしっかり情報を求めた方が良いでしょう。仕事を続けていくと年齢的なことから、体力や気力も衰えてきます。無理を続けることは難しいので、環境にこだわることが重要です。

適正な業務時間や明確なシフト体制など、過剰な業務にならない保証や確認が大切になります。

現状と比べて待遇が良くなるか


出典:doda

待遇や給与といった条件を、数字や肩書など具体的な条件で検討することが大事です。

一般的に半導体エンジニアの年収は500万円代前半となります。これまでの年収と平均年収を照らし合わせて、転職先について考えることがポイントです。半導体エンジニアとして転職する場合は、海外メーカーを選ぶのも一つの手になります。ニーズが高いため、条件が良くなる見込みが高いです。

具体的な作業内容が明確か

半導体エンジニアの仕事は、多くの役割を担うポジションです。そのため、他スタッフや別の部署が担当するような業務をすべて一人で抱えてしまうリスクもあります。結果としてオーバースペックになり、仕事への意欲を失いがちです。

転職を行う前に、携わる作業内容について確認が必要です。転職しても、結局これまでの半導体エンジニアと作業内容が変わらないとしたら、あまり転職した意味がなくなります。

勢いで転職せずに、具体的な情報調べが不可欠です。

半導体エンジニアが転職を成功させるためのコツ

半導体エンジニアが転職を成功させるためのコツ

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職で失敗したくないよ。どうすればいいの?

違う職種ではなく、半導体エンジニアとして転職を考える方も多いでしょう。これまでより条件や待遇が良く、働きやすい職場選びが求められます。

転職を成功させるポイントについて解説していきます。

  • 専門的なスキルを活かせる転職先を見つける
  • 転職のプロに相談する
  • 転職のプロに相談する

専門的なスキルを活かせる転職先を見つける

半導体エンジニアとしての強みは、なんといっても半導体に関する専門性が高いスキルと知識です。多くの製品製造や販売を行う企業にとっては欠かせない人材です。

転職する先で扱っている製品やシステムに半導体の品質が大きく影響するかが判断する目安といえるでしょう。日本国内のエンジニアは不足しているので、半導体エンジニアはありがたい存在です。

転職のプロに相談する

一人で求人情報を集めたり、転職を検討する企業の情報を調べたりするのは難しいです。しかし、転職エージェントに登録すれば、自分にあった求人紹介してくれたり、選考対策をしてくれたりするので、かなり効率的に転職活動を進められます。

そのため、今の仕事が忙しい人でも、転職活動を上手く進めることができるのです。

 

半導体エンジニアは未経験の業界への転職は難しい?

転職エージェントを利用すれば、未経験の業界に転職すること自体は難しくありません。まず転職する場合はエージェントのサポートを受けた方が良いでしょう。

転職を成功させた実績が高い転職エージェントであれば、個々に合わせた転職方法や企業についてアドバイスが受けられます。

専門職である半導体エンジニアの経験は、未経験でも優遇される場合もあります。

半導体エンジニアからの転職におすすめの転職エージェント  

経験豊富な転職エージェントに相談すると、具体的に何をすればいいかが分かります。転職を成功させるためにおすすめの転職エージェントを2つ紹介します。

特徴や違いをチェックして、転職活動にお役立てください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
どこも実績があるところで、転職のプロがいるんだよ。

転職実績No. 1「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

メディアでもCMを見聞きすることが多い「リクルートエージェント」は実績豊富な転職エージェントの有力候補です。転職アドバイザーが、希望者それぞれのスキルに沿った求人を紹介してくれます。

リクルートが独自に分析した業界・企業情報を提供してくれるだけではなく、転職にかかわる手厚いサポートが期待できるでしょう。

知名度の高さから、転職サービス業界最大級の求人数であり、半導体エンジニアの経験や適性と相性の良い企業とマッチする可能性大です。

転職や就職活動に欠かせないエントリーシートの記入方法や、面接時に求められるポイントまで具体的なアドバイスがあります。

未経験なことで不安もある転職ですが、成功に関するノウハウをたくさん持つ「リクルートエージェント」であれば、安心です。

\転職実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

エンジニアの転職に特化「メイテックネクスト」

各企業の内情を踏まえたアドバイスが受けられるので、半導体エンジニアから手堅くエンジニア系の転職を考えるのであれば、まず候補に挙げたいエージェントが「メイテックネクスト」です。

「メイテックネクスト」は、エンジニア専門の転職支援では業界NO.1の求人数を誇っています。エンジニア転職に特化しているプロがキャリア分析をするため、半導体エンジニアからの転職でも間違いなく力になってくれる転職エージェントです。

知名度の高い大手企業や勢いのある中小企業など多くと取引実績があります。

半導体エンジニアの仕事は長時間で不規則なため、面談が受けにくいという場合もあります。しかし、メイテックネクストは土日祝日にも対応してくれるなどサポートは万全です。

転職エージェントを利用して半導体エンジニアから転職しよう!

半導体エンジニアが転職する場合の考えるべきポイントや、半導体エンジニアにおすすめの転職エージェントを紹介しました。

現在の半導体エンジニアを辞めたい理由は様々ですが、半導体エンジニアのニーズや知識、適性をうまく活用することが転職成功に必要です。

実績あるエージェントであれば、効率的に転職を進めることができます。半導体エンジニアから転職する際には、まず実績No.1のリクルートエージェントに登録しましょう!

\転職実績No.1/
無料登録をする
リクルートエージェント

編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。