転職コラム

転職活動に諦めと疲れを感じているあなたに伝えたいこと

転職活動に諦めと疲れを感じているあなたに伝えたいこと

転職活動に諦めと疲れを感じてしまうと、「どうすればいいんだろう」と悩んでしまいがちです。しかし、転職活動に諦めと疲れを感じているからといって、転職活動を諦めてもいいのでしょうか?

今回の記事では、転職活動に諦めと疲れを感じている人に伝えたいことを紹介します。ぜひこの記事を読んで、今後の行動に役立ててみてください。

[template id=”8828″]

転職活動に諦めと疲れを感じている人は、ほかにもたくさんいる

転職活動に諦めと疲れを感じている人は、ほかにもたくさんいる

転職活動に諦めと疲れを感じてしまうと、将来に対しても不安な気持ちを感じてしまいますよね。しかし、転職活動に諦めと疲れを感じている人は、あなた以外にもたくさんいるということを忘れないでください。

つまり、転職活動に諦めと疲れを感じているとしても、それは決して珍しいことでは無いのです。

「転職活動に諦めと疲れを感じている人は、ほかにもたくさんいる」ということを理解できれば、少しは今の状況に対して前向きになることができるはずです。

実際に、諦めと疲れを感じている人はたくさんいますが、転職活動の進め方を改善してみることで、多くの人は採用を得ることに成功していますよ。

だからこそ、今の状況を悲観的に思うのではなく、「転職活動の進めかたを改善して、採用をもらえるように心がけよう」という気持ちになってもらいたいのです。

 

転職活動の進め方を間違うと、諦めや疲れを感じがちになる

転職活動の進め方を間違うと、諦めや疲れを感じがちになる

転職活動に諦めや疲れを感じている人の多くは、転職活動の進め方が間違っているものです。つまり、転職活動の進めかたが間違っているがゆえに、不採用の連続となってしまい、諦めや疲れを感じてしまっているということです。

転職活動の進め方が間違っているわけですから、なかなか採用をもらえないのは当たり前ですよね。

転職活動の進め方が間違っている場合の解決策は、「正しい転職活動を進め方を実行する」に尽きるでしょう。

▼関連記事

転職を成功させたいあなたへ。超簡単「転職活動の進め方マニュアル」

書籍やネットの情報を参考にすることで、ある程度は「正しい転職活動の進めかた」の情報は手に入るはずです。それに加えて、ハローワークや転職エージェントなどで、相談をしてみるといいでしょう。

ハローワークや転職エージェントのスタッフは、転職のプロです。つまり、ハローワークや転職エージェントのスタッフは、正しい転職活動の進め方を熟知しているのです。

ハローワークや転職エージェントのもとで転職活動を進めると、「正しい転職活動」に対して自信を持って取り組むことができるでしょう。

 

ただし、転職活動においては不採用が当たり前である

ただし、転職活動においては不採用が当たり前である

おそらく、転職活動においては、不採用のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。だからこそ、少々不採用が続いたくらいで、転職活動に諦めと疲れを感じてもらいたくないのです。

転職活動において、少々不採用が続いてしまったときには、「たまたま採用とは縁がなかった」と割り切ることが大切です。それでも、めげることなく転職活動を続ければ、きっと幸せな転職を実現させることができるでしょう。

ただし、数十社も連続で不採用が続いてしまった場合には、あなた側になにかしらの問題がある場合があります。このようなときには、ハローワークや転職エージェントのスタッフを頼って、「どうすれば採用をもらえるのか」を一緒に考えていきたいですね。

 

一旦、転職活動を休憩してみるのも1つの手

一旦、転職活動を休憩してみるのも1つの手

転職活動で忙しくなってしまったために、転職活動に諦めと疲れを感じてしまうこともあります。この場合は、少しだけ転職活動を休憩してみるのも1つの手でしょう。

本当に転職をしたいのであれば、少し休憩することで、心機一転して再び転職活動に挑むことができるはずです。ただし、再び転職活動を頑張りすぎてしまうと、やはり再び「転職活動に諦めと疲れを感じる」という状況になりかねません。

そのため、転職活動を再開する際には、「適度な休憩」を取り入れるなど、「転職活動が嫌にならない工夫」をしてみるといいでしょう。

 

「転職を考えている理由」をきちんとまとめる

「転職を考えている理由」をきちんとまとめる

転職活動を進める際には、「転職を考えている理由」をきちんとまとめるようにしてください。おそらく、ほとんどの面接では、「なぜ転職を考えているのですか?」と聞かれるはずです。そんなときに、「転職を考えている理由」がきちんとまとまっていれば、適格な答えを伝えることができますよね。

つまり、転職活動に諦めや疲れを感じることなく、スムーズに採用を得るためには、「転職を考えている理由」をきちんと伝えることが大切なのです。

「転職を考えている理由」の作りかたは、書籍やネットで調べることができます。さらに、それに加えてハローワークや転職エージェントを利用することで、より企業ウケする「転職を考えている理由」を導き出すことができるでしょう。

「転職を考えている理由」をまとめることができたら、何度か声に出して読んでみましょう。

声に出して読むことで、実際の面接で「転職を考えている理由」を答えるときに、スムーズに答えることができるはずです。

 

志望動機をきちんとまとめる

志望動機をきちんとまとめる

また、志望動機をまとめるということも、転職活動をうまく進めるうえでは、大変重要なことになります。

「志望動機を教えてください」は、面接で聞かれる質問の代表例とも言えますよね。それだけ、志望動機は採用を得るためには、重要なことなのです。

また、ほとんどの履歴書には、志望動機を書く欄がありますよね。言うまでもなく、書類選考のある会社は、「履歴書の志望動機」がうまくまとまっていない人を、採用することは稀でしょう。

意外と、転職活動において、志望動機がまとまっている人は少ないものですよ。だからこそ、きちんと志望動機をまとめることで、一気にほかの転職希望者と差をつけることができるのです。

もちろん、書籍やネットで調べることで、ある程度の志望動機を用意することはできます。しかし、やはり志望動機を作る際には、ハローワークや転職エージェントも利用してもらいたいのです。

志望動機は、今までの経歴・本人の性格・将来ビジョンなどで、個々それぞれ大きく変わってきますからね。だからこそ、あなたを客観的に見ることのできる、「ハローワークや転職エージェントのスタッフ」と一緒に、志望動機を作ってもらいたいのです。

 

履歴書と職務経歴書では最大限にアピールをする

履歴書と職務経歴書では最大限にアピールをする

「面接で頑張ればいいから、応募書類は適当に書こう」という気持ちではいけません。例えば、書類選考のある会社は、応募書類がいい加減なものですと、面接に進むことができないでしょう。

また、書類選考がない会社だとしても、履歴書と職務経歴書は面接前に提出しますよね。そして、面接前に提出した履歴書と職務経歴書の内容をもとに、「面接の質問」が行われるはずです。

面接においては、応募者はほとんど受身でしょう。応募企業の面接官が質問をして、応募者がそれに答えるわけですからね。つまり、いくらアピールをしたい点があるとしても、「アピールしたい点に関する質問」を受けることができなければ、アピールをすることはできないのです。

だからこそ、履歴書と職務経歴書では、最大限にアピールをするように心がけていきたいですね。

「履歴書と職務経歴書の内容で、採否が決定する」くらいの気持ちで、応募書類を作ってみてはどうでしょうか。そのようにすれば、履歴書と職務経歴書で、最大限のアピールをすることができるはずです。

また、「履歴書と職務経歴書の内容で、採否が決定する」という気持ちで応募書類を作ることができれば、仮に不採用になったとしても、後悔を感じることはないものですよ。

▼関連記事

転職で書類選考の通過率を今よりも200%上げる方法

 

面接練習をきちんと行う

面接練習をきちんと行う

また、転職活動を成功させるうえでは、面接も大変重要になってきます。たとえ、素晴らしい応募書類を提出することができたとしても、面接で失敗をしてしまうと、採用をもらうことはできませんからね。

面接前日には、面接練習を行うことをおすすめいたします。例えば、「面接で想定される質問」がたくさん紹介されているような本も、書店に行けばたくさん見つけることができるでしょう。また、ネットを活用しても、「面接で想定される質問」を見つけることができるはずです。

▼関連記事

これで受かる!転職の面接合格率を80%以上に上げる方法

ただし、そんな本やネットの「面接で想定される質問」に加えて、転職エージェントなどの面接練習も受けるようにしてください。

本やネットの「面接で想定される質問」は役には立ちますが、「面接会場の緊張した場」を再現することはできませんからね。一方で、転職エージェントなどの面接練習を受ければ、「面接会場の緊張した場」を再現した面接練習を受けることができます。

転職エージェントなどの面接練習を受けつつ、前日など直前に本やネットを活用することで、より面接を優位に進めることができるはずです。

 

面接では「うまく答える」を意識しすぎないほうがいい

面接では「うまく答える」を意識しすぎないほうがいい 

面接においては、「うまく答えよう」と意識しすぎると、緊張してしまう傾向にあります。ここまで当記事を読んでいただいた人であれば、「転職エージェントとの面接練習」「面接前日の本やネットによる面接練習」の、大切さを理解してもらえたはずです。

そんな、「転職エージェントとの面接練習」「面接前日の本やネットによる面接練習」を行っているのなら、自信を持って面接に挑んでもらいたいのです。

友達との会話で、頻繁に言葉に詰まる人はいないでしょう。一方で、面接などのかしこまった場では、多くの人が頻繁に言葉に詰まってしまいます。やはり、「うまく答えよう」という意識が、頻繁に言葉を詰まらせてしまっているのではないでしょうか。

実際に私も、就職活動の面接の際には、うまく答えることができず困っていたものです。そんなとき、ある知人から、「面接官のことを優しい先輩だと思ってみなさい」と言われました。

優しい先輩との会話においては、敬語や礼儀は大切ですが、頻繁には言葉に詰まりませんよね。実際に私は、面接官のことを優しい先輩だと思い、「敬語や礼儀を大切にしつつ、頻繁に言葉に詰まらない受け答え」に成功することができました。

ぜひ、面接で「うまく答えられない」と感じている人は、面接官のことを「優しい先輩」だと思ってみてください。

 

同職種へ応募をすると、採用されやすい

同職種へ応募をすると、採用されやすい

異職種への転職を考えている人もいることでしょう。しかし、異職種への転職活動は、なかなか採用されにくく、諦めと疲れにつながりがちです。

「転職活動においては、極力諦めと疲れを感じたくない」と考えるのなら、同職種への転職活動をおすすめいたします。

「未経験者」よりも、「経験者」を採用したいと考えるのは当たり前です。だからこそ、同職種への転職活動は、採用につながりやすいのです。

▼関連記事

同業種・同職種への転職を希望する場合の12のポイント|転職成功の秘訣

どうしても異職種へ転職をしたい場合は、資格や知識の習得を目指してみてはどうでしょうか。例えば、異職種への転職であるとしても、仕事に役立つ資格が履歴書に書かれていると、優位に転職活動を進めることができますよね。

また、「○○について勉強中」「○○検定合格に向けて勉強中」など、知識を習得していることをアピールすることでも、採用されやすい状況をつくることができるでしょう。

 

転職エージェントを利用すると、転職活動は成功しやすい

転職エージェントを利用すると、転職活動は成功しやすい

正しい転職活動を進めているつもりでも、「本当にこれで採用を得られるのか」などと、不安になりがちですよね。

1人で転職活動を進めるということは、自分で全てを決めてゆかなければいけないということですからね。やはり、転職活動は慣れない活動であるわけですから、自分で全て決めてゆくという状況は避けるべきだと言えるでしょう。

そこで、おすすめしたいサービスが、転職エージェントになります。転職エージェントに登録をすれば、転職エージェントのスタッフが、あなたを転職成功へと導いてくれます。つまり、転職エージェントに登録をするということは、自分で全て決めていくという状況からの打開につながるのです。

例えば、転職エージェントに登録をすることで、転職に関するさまざまな相談をすることができます。なかなか慣れることのできない転職活動において、転職に関する相談をできるというのは、大きなメリットなのではないでしょうか。

また、ほかにも転職エージェントに登録をすることで、求人紹介・応募書類添削・面接練習など、さまざまな角度から、転職に関するサービスを受けることができます。

応募求人の選択や応募書類の作成などは、1人で行おうとすると、やはり不安になってしまいますよね。一方で、転職エージェントに登録をすれば、さまざまな角度から転職に関するサービスを受けることができるので、安心して転職活動に挑むことができるのです。

ほとんどの転職エージェントは、全てのサービスを無料で受けることができます。だからこそ、転職を考え始めた段階から、気軽に転職エージェントに登録をしてもらいたいものです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。