転職コラム

転職して3ヶ月で会社を辞めても再転職できるのか?退職前に考えるべき3つのこと

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職して3ヶ月ですが、会社を辞めたいです……。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職活動の大変さを思い出すと、落ち込みたくもなるよね。再転職もできるから検討しよう!

転職というのは、成功する人もいれば、失敗してしまう人もいます。最初の3ヶ月ですでに「会社を辞めたい」と思っているということは、その転職は失敗だった可能性が高いでしょう。

とはいえ、まだ3ヶ月ですから、ひと呼吸おいて、本当に転職が失敗だったのかを見極める必要があるはずです。

ただ、どうしても耐えられない場合は、あなたが我慢する必要はありません。いちど再転職はできるか転職のプロに相談しましょう。

おすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントです。

「辞めてやる!」と勢いだけで辞めてしまうのではなく、本当に3ヶ月で今の会社を辞めていいのか3ヶ月で会社を辞めて再就職は大丈夫なのかを一緒に考えていきましょう。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

【結論】転職して3か月で会社を辞めても再転職できる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職して3か月で辞めても再転職できるの?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
結論、再転職できる!でも、辞める前に確認すべきポイントがあるから押さえておこう

結論、転職して3か月で会社を辞めても再転職することはできます

ただ、会社を辞める前に考えておくべきこと、円満退社のポイントなどを押さえることが必要です。

ポイントを逃せば再転職がうまくいかず、後味の悪い退社となるリスクがあります。

転職3か月での再転職が気になる人は、いちど転職のプロに相談してみましょう。特に、おすすめはリクルートエージェントです。

また、円満退社して再転職を成功させたいなら、エージェントの利用は必須といえます。

転職にリスクはありますが、転職の相談にリスクはありません。転職したばかりでの再転職を成功させた実例もあるのでぜひ一度見てみましょう!

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

転職後の3ヶ月間は一番大変な時期

転職直後というのは、新しい環境に馴染むために、社員の顔と名前を覚えたり、仕事を覚えるための努力をしなければいけません。転職してから3ヶ月目までの期間というのは、一番大変な時期なのです。

職場環境や仕事に慣れるまでは、絶対にミスをしてしまうし、雰囲気についていけないと感じることも多いでしょう。

また、転職では新卒で入社するのとは違って、同期もいないし、丁寧な入社研修などほぼありません。いきなり現場に出てOJTで教わっていくことが多いはずです。たくさんの社員の性格やクセを読み取るには時間がかかり、人間関係に溶け込むのも、ものすごく大変です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
何をどうすればいいか、どう行動すればいいかも分からないし、すぐに効率的な動きもできるはずがありません…。

転職してから3ヶ月間は「研修期間」という形をとっている会社も多いでしょう。その研修期間というのは、会社のことを早く知ってもらうために、業務マニュアルや会社の風土など、いろいろなことを超特急で覚えなければいけない時期になります。

つまり、3ヶ月で「会社を辞めたい」と思ってしまうくらい、圧縮された期間を過ごさなければいけないということなのです。ですから、最初の3ヶ月がとてもしんどいのは当然で、その時期を越えると、仕事に慣れてきて楽になってくる傾向があります。

3ヶ月で会社を辞めてしまっては、これまでの苦労が水の泡になってしまう可能性もあるでしょう。多かれ少なかれ、転職すれば仕事に対して抱いていたイメージとの差はありますし、すんなり仕事を覚えたり、人間関係を構築するなんてことはできません。

転職先に慣れるようになる期間は、早く見積もっても半年~1年はかかるのが一般的です。ただし、中には「そんなことは分かっているよ……!でも本当に無理でもう辞めたいんだ!」という人もいるでしょう。

転職して3ヶ月で会社を辞めたくなる理由

転職してからの3ヶ月間は、一番大変な時期だというのは、先述した通りです。

しかし、そのことが分かっていながらも「どうしても辞めたい」というケースもあるでしょう。例えば、

  • 人手不足…実際の仕事においては、業務量と人数が見合っておらず、常に忙しい
  • 超体育会系気質、パワハラ…上下関係に厳しく、常に怒号が飛び交う環境だと、入社後にわかった
  • 長時間労働、サービス残業など、激務…当たり前のように長時間労働やサービス残業を強要され、入社時に提示された労働条件とは異なる
  • 仕事を一切教えてくれない環境…上司や同僚との相性が合わず、仕事を一切教えてもらえないため、仕事を進めることができない

など、このような環境で今後この会社でやっていけるはずがない」と感じられる場合は、早期に退職を決断した方が、あなた自身のためです。

転職後3ヶ月で辞めるということは、次の再就職にも影響してくる決断であることは確かですが、「この会社は無理だ…」と本能で感じ取っているならば、退職する勇気を持ってください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
その会社で転職3ヶ月の壁を乗り越えたとしても、その先に待っている環境は過酷なものに違いないね。

3ヶ月以内の退職、法的には問題ない

3ヶ月以内に退職し転職することは、法的には問題ありません。「退職するまで〇年働かなくてはいけない」などといった法律がないためです。

しかし、3ヶ月以内で退職してしまうと、転職をする際には不利になる点は忘れないでください。 あまりにも短期間で退職してしまうと、

  • 人間関係にトラブルがあったのかな?
  • 仕事でうまくいかなくなるとすぐに辞めてしまう、忍耐力のない人なのかな?

と、マイナスの印象を企業側にもたれてしまうからです。

下記の記事は入社1年目~3年目の離職率をまとめた統計です。

厚生労働省|新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移

こちらのグラフは入社1~3年目の離職率を表していますが、中学卒の方は約40%、高校卒と短大卒の方で約20%、大学卒の方で約10%もの方が、入社1年以内で退職しています。

正社員と派遣社員・契約社員での違い

正社員と派遣社員・契約社員では、退職しても良い時期が違います。

正社員の方は、原則いつでも退職することが可能です。期間の定めの無い雇用契約を結んでいるためです。無期限の雇用契約を結んでいるということは、裏を返せばいつ辞めても問題ない、ということです。

一方、派遣社員や契約社員の方はそうではありません。

派遣社員や契約社員の方が1年以内に退職できるのは、「やむを得ない」場合のみです。

やむを得ない場合とは、具体的には

  • 業務内容の法令違反や契約違反
  • パワハラやいじめなど
  • 本人の心身の病気により就業ができない

などが挙げられます。

それ以外の場合による退職は、当事者の一方の過失によって退職となる事由が生じた場合は、損害賠償を請求できる、と民法628条で規定されています。

つまり、自分都合の一方的な理由で契約期間を終えずに退職する場合は、損害賠償を請求される可能性がある、ということです。

1年以上の契約を結んでいる会社に1年以上勤務している場合は、契約途中であっても退職の意向を伝えて辞めることが労働基準法第137条にて認められています。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
正社員と派遣社員・契約社員とでは、退職しても法的に問題がない時期が異ななるんですね。
正社員・契約社員・派遣社員の違いとは?知っておくべき特徴と正社員になる方法 働き方が多様化し、正社員以外の雇用形態で働く非正規社員の数も増えてきました。 再就職にあたっては、正社員へのこだわ...

理想は1年以上働いてからが望ましい

派遣社員や契約社員の方は、よほどのことが無い限り1年以内に退職することは認められていないため、退職するならば1年以上働いてからにしましょう。

一方、正社員においても、1年以上働いてから退職することが望ましいです。なぜなら、1年未満で退職した場合は、転職活動において、前職の在籍期間が短いことを敬遠され、転職活動に不利になるからです。

入社して1年未満で辞めてしまうと、スキルや業務知識などが身に付かないまま退職することになってしまいます。採用を考える企業側の視点で考えると、ある程度のスキルや業務知識が無い状態で退職された方を採用するメリットは少ないです。

また、失業保険の観点からも、1年以上働いてから退職することが望ましいと言えます。

通常、雇用保険に加入していた期間が1年以上あることが失業保険を受け取れる条件です。リストラによる雇用契約の解除や介護・出産・育児等家庭の事情など、特定理由離職者に当てはまる場合でも、最低6ヶ月雇用保険に加入していなくてはなりません。

つまり、一般の退職理由の場合は1年、特定の理由の場合は6ヶ月間、会社に勤めていないと、せっかく受け取ることができる失業保険の受給対象とならないのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
理想としては、1年以上働いてから退職することが望ましいよ。
「契約社員」「派遣社員」でも失業保険をしっかりもらう方法 「契約社員」は全国に100万人~200万人いると言われています。 また、労働者派遣法の度重なる改正によって、いまで...

転職後3ヶ月で会社を辞める前に考えておくべき4つのこと

転職して3ヶ月で退職する前に考えておいたほうがいい4つのことがあります。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

【完全版】試用期間中に退職したい人が押さえるポイントや退職の流れ 今や86.9%(*)の企業が導入している試用期間。企業側が採用者の適性や人間性を見極める試用期間は、おおよそ3〜6ヶ月程度設けら...

今の会社の就業規則を確認する

今の会社の就業規則は、会社を辞める前に確認しておくべきです。

特に派遣や契約社員として働いている方は就業規則の確認は必須です。ほとんどの場合、派遣社員や契約社員の方は、契約期間内に退職する事を法律においても禁止しています。

その一方で、企業によっては、雇用契約期間内においても退職の意志を伝えることで退職が可能であることを就業規則に記載しているところもあります。

正社員の方が退職するにあたっても、法律上は退職したい日の14日前までに退職する意向を伝えれば退職できるのですが、就業規則上では1ヶ月前までに退職の旨を伝えなさい、と規定している企業もあります。

就業規則を確認しておかないと、いざ退職したいと考えた時に、思うようなタイミングで退職ができなかったり、最悪の場合損害賠償請求をされてしまう可能性もあります

後輩ちゃん
後輩ちゃん
今の会社の就業規則を確認し、退職したい場合はいつまでに退職の意向を伝えれば良いのかを確認してみます。

本当に辞めていいのかをもう一度考える

せっかく転職して入社できた会社です。入社3ヶ月で辞めてしまうのは、正直もったいないことだと言えるでしょう。

しかし、「どうしても辞めたい」という状況は、誰にだってあります。たとえ周囲から「3ヶ月で辞めるなんてもったいない!」と言われても、本人が嫌なのだからしょうがありません。

働くのはあなたなのですから、ご自身の気持ちが一番大事なのです。

ただし、転職して3ヶ月で会社を辞めるということは、今までの経歴に傷をつけることでもあります。すなわち、後の転職活動で不利になってしまうということです。

ですから、退職の決断は慎重に行うべきですし、勢いで会社を辞めるのではなく、もう一度冷静になって判断することが大切でしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
基本的には、3ヶ月で退職すれば、次の転職活動が厳しくなると覚えておこう。
入社1年目で会社を辞めていいの?多くの人が上司や同僚との人間関係に悩んでいる 「会社に入ったらとりあえず3年はがんばれ」と言われますが、新しい会社に入社して1年未満で退職してしまうという人も増えてき...

一時的な感情で辞めようとしていないかを考える

転職して3ヶ月で会社を辞めるかどうかを決めるのは、あなた自身です。しかし、「辞めたい」という気持ちが一時的なものかどうかは、冷静に判断する必要があります。

何度も書きますが、転職してからの3ヶ月間というのは、最も過酷な期間です。その時期を乗り越えていけば、だんだんと仕事の要領も掴めてきて、社内の人間関係にも慣れてきます。

時間が過ぎるとともに、会社に馴染んでいき、円滑に仕事ができるようになってくるのです。「会社を辞めたい」という悩みが、続けることで解消できる悩みであるならば、今の会社を続けるという選択肢も視野に入れてみてください。

いずれにせよ、自分の進退を決めるのは自分です。プラスになる決断を下しましょう。

無論、ブラック企業パワハラセクハラ長時間労働サービス残業があるような会社は、即やめたほうがいいです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
無理して働き続けると、取り返しのつかない精神的ダメージを受けてしまう可能性がありますね。
終わってる会社の特徴13選|当てはまったら即終了!未来がない会社は手遅れになる前に転職しよう未来がない会社に在籍していると、自分の将来が危険です。そこで今回は、未来がない会社の特徴を10つピックアップしました。2〜3つでも当てはまっていたらアウトです。...

転職先を見つけてから退職できないかを考える

3ヶ月で会社を辞めてしまうと、次の再就職が厳しいものになるのは間違いありません。なかなか転職先が決まらず、長期間の転職活動を余儀なくされる可能性もあるでしょう。

したがって、できることなら転職先を確保してから退職することをおすすめします。在職中に転職先が見つかれば、経済的な心配もありませんし、精神的な余裕も生まれるはずです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職先を見つけてから退職できないかをじっくりと考えてみみよう。

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職活動は在職中?それとも退職してから?どっちがいいの? 「在職中に転職活動をした方がいいのか、それとも退職後のほうがいいのか…」 転職をしようと考えた場合、転職活動を進めなければ...

転職して3ヶ月で会社を辞める自分を責めないこと

会社を辞めることを決断したとしても、「3ヶ月で会社を辞めて、次が見つかるかな…」という懸念が、あなたにはあるはずです。

もちろん、転職活動が不利になることは間違いありません。短期で離職してしまうと、採用担当者から「ウチの会社に入っても、すぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまうでしょう。

転職先がなかなか決まらず、自己嫌悪に陥ってしまう可能性もあるかもしれません。また、現在3ヶ月目で「会社を辞めたい」と思っている自分に対し、情けなさや恥ずかしさを感じることもあるでしょう。

しかし、自分を責めることは止めてください。自分を責めてもなにもなりませんし、暗い顔をしていたら転職活動もうまくいきません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
一度「反省」したらOKだよ。次の転職に向けて、前向きに第一歩を踏み出そう。

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

自分を責めないで…!明日から仕事に行きたくないときに試してほしい5つの対処方法 仕事をしていると、さまざまなトラブルが発生し、ストレスを抱えますよね。 特に業務量が多かったり、上司や先輩からパワハラのよ...

転職して3ヶ月で会社を辞めることは珍しいことではない

転職して3ヶ月で会社を辞めてしまう人は、少なからずいます。「試用期間」はそのためにありますし、会社があなたを見極めるのと同時に、あなたも会社を見極める期間なのです。

3ヶ月で辞めたからといって、それで人生終わりになるわけではありません。むしろ、あなたは今「辞めたい」と感じているのですから、辞めることで心は晴れて楽になるでしょう。

おそらく「次の会社が決まるだろうか…」「次の会社は、いい会社に転職できるだろうか…」という不安が一番大きいかもしれません。

結論からいうと、大丈夫です。今は人手が不足しているため、転職は非常に活性化して「売り手市場」の状態です。転職するなら、今がチャンスとも言えるでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
3ヶ月で会社を辞めることは、珍しいことでも何でもないよ。

自分に合わない会社に付き合うような暇はないですし、あなたが「辞めたい」と判断したのであれば、早く見切りをつけてやり直すべきです。

逆に、無理して働き続けたとしても、最悪の場合「うつ病」になって退職に追い込まれてしまう可能性もあります。一度精神的な病気になると、社会復帰するまでに数年間を要しますし、完全に元通り元気になることは難しい病気です。

また、心療内科・精神科にかかると、生命保険や家のローンなどを組むことができなくなります。そのような社会的な制約を受けてしまう可能性があるのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分の体と心を守る意味でも、「3ヶ月で会社を辞める」という決断は良い判断になる可能性もありますね

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイント

3ヶ月以内に退職することは珍しくない一方で、退職するにあたってポイントを押さえておかないと、会社に残る人から白い目で見られたり、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。

立つ鳥跡を濁さず、退職の意志を伝えて退職の動きを取るときにこそ、適切な行動を取るようにしましょう。3ヶ月以内でも円満に退職するための以下のポイントについて、ここでは解説していきます。

退職を決めた後に大切になるのが、会社に残る人たちへの礼節をわきまえ、仁義・筋を通すことです。筋を通さずに、半ば強引に退職の動きを取ってしまうと、周囲から非難されたり反発されたりすることになり、気持ちよく会社を去ることができません。

ここから紹介するポイントは、円満退社するために、退職を決めた時からぜひ意識しておきましょう。

メールや電話でなく直接口頭で伝える

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイントの1つ目は、メールや電話でなく直接口頭で伝えることです。

退職の意志を伝えることは、伝えるあなたにとっても大切である一方、聞く側である上司の方にも大切なことです。そんな大切なことを、メールや電話だけで一方的に伝えられたとしたら、上司はどのように思うでしょうか?

おそらく、

  • 「なんでこんな大切なことをメールや電話だけで済まそうとするの?」
  • 「礼儀がなっていない」
  • 「あいつは逃げ出した」

などと、怒りの感情も生まれますし、あなたに対して良いイメージは持ちませんよね。3ヶ月という短い期間ではありますが、仕事を教えてくれたり、お世話になった部分もあるかと思います。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
最後だからこそ、退職という大切なことは、メールや電話ではなく直接顔を合わせて口頭で伝えるようにします。

前向きな理由を伝える

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイントの2つ目は、前向きな理由を伝えることです。

今の職場を辞める際に、本当の理由は今の職場への不満だったとしても、退職理由を前向きに伝えるようにしましょう。

退職理由を今の職場への不満として伝えてしまうと、

  • 上司や周囲の方から反感を買う
  • 今の職場の不満点を改善するから残ってほしい

のリアクションを取られてしまう可能性があり、退職しづらくなります。

そのため、円満に退職するためには、

  • 職場の人たちにお世話になり、感謝している
  • 本当にやりたい仕事が見つかり、挑戦したい
  • 今の職場で学んだことを、次の職場でも活かして活躍したい

などを伝えてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
前向きな理由を伝えて退職しよう。
円満退職につながる「おすすめの退職理由」と「伝え方の例」 「会社を辞めるときは、円満退職せよ」とよく言われます。 あなたが会社を辞めるのは、現在の仕事が自分に合わないと思われたのか...
【試す価値あり】引き止められない退職理由3選!上司からの引き止め対処法も解説 「勤めてみたら自分が考えていた仕事と違う……」そんな経験はありませんか? 転職するなら会社に退職の意思表示をしなけ...

業務の引き継ぎをきちんとする

3ヶ月以内でも円満退社するためのポイントの3つ目は、業務の引継ぎをきちんとすることです。

業務の引継ぎをきちんとしておかないと、会社に残ってあなたの業務の後任担当の方が何をすればいいのかわからなくなり、業務に支障が出てしまいます。後任担当の方が仕事を進めづらくなり、あなたに対してマイナスの感情を抱きます。

あなたが新卒の方であればともかく、今の会社に中途採用で入社されていた場合、引継ぎをしっかり行わないと、社会人としての最低限のマナーも守れない人、社会人としての品位に欠ける人などのレッテルを貼られます。

引継ぎをきめ細やかに、わかりやすく行うと、後任担当からも感謝され、周囲からも友好的にとらえてもらえます。友好的にとらえてくれることで、円満に退職しやすくなります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
業務の引継ぎをしっかり行うことで、円満退職につながりますね。
【すっきり退職】退職日までの気まずい辛い期間の上手な過ごし方と引き継ぎのコツ 上司に退職を伝えてから退職日までは、本当に辛い期間ですよね。 退職の意思を伝えたからといって、明日から会社に行かな...

転職エージェントを活用しよう

あなたが転職して3ヶ月目で会社を辞めたくなっている現状は、とても辛いことに違いありません。「やっぱり転職せずに、前の会社にいた方が良かったのかな……」と、後悔の念すら湧いているかもしれませんね。

しかし、最初にも書きましたが、転職後3ヶ月間が一番大変な時期なのです。ですから、仕事も人間関係も慣れていた以前の会社が、良い環境に見えてくるのも仕方がないことでしょう。

もちろん、あなたが転職した理由は、会社に対する不満だったはずです。不満がなければ転職は考えませんから。

しかし、前の会社には、戻ることが難しいはずです。そして、今の会社も辞めてしまいたいと思うならば、新しい会社に転職するしかありません。

ただし、次に転職する会社では「3ヶ月で辞めたい」と思わないように、会社選びはしっかりと見極める必要があるでしょう。また環境が悪い会社に転職してしまっては、元も子もありません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
では、一体どうすれば環境の良い会社を選ぶことができるのでしょうか。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職のプロである、転職エージェントを活用しよう。

転職エージェントを活用すれば、膨大なデータから離職率や労働時間などを見極め、優良企業をあなたに紹介してくれます。

また、転職エージェントを活用することで、「3ヶ月で退職」という不利な状況であっても、職務経歴書や面接で武器になるような実践的なアドバイスをもらうことができます。

正直、3ヶ月で退職したあなたには、転職エージェント「リクルートエージェント」を使うのがおすすめです。

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職エージェントおすすめ25選【皆使ってる】内定欲しい方必見|使ってわかった必要性と特徴を徹底比較!転職活動の心強いパートナーになってくれるのが転職エージェントです。上手く活用すれば内定までの距離がグッと短くなります。しかし、転職エージェントの数が多く、転職者にとって何が最適な転職エージェントかは見極めにくいところ。そこで、実際に使って分かったおすすめ転職エージェントを紹介します。...

まとめ:転職3か月で辞めたいなら転職のプロに相談しよう!

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職3か月でも再転職はできるんですね!

転職して3か月でも会社を辞めて再転職することはできます。

ただし、3か月で転職することに多少のリスクがあると知っておくことは必要です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職のメリットとデメリットをしっかり吟味して辞めるか決めよう!

「正直、自分が本当に再転職できるかなんてわからないよ…」と不安なら、とりあえず転職エージェントに相談しましょう。特におすすめはリクルートエージェントです。

転職にリスクはありますが、転職のプロに相談することにリスクはありません。迷ってるなら相談してみるべきです

会社がどうしても耐えられないあなたが一歩踏みだし、よりよい環境ではたらけることをお祈りしています。

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

転職してすぐ辞めるのは悪いこと?転職に失敗したら考えたい今後のこと 転職してすぐに「辞めたい」と考える人もいるでしょう。 大変な思いをして転職を果たした会社なのに、どうしても自分に合っていな...
ブラック企業に転職してしまったらすぐに辞めるべき!ブラック企業で得られるものは何もない ブラック企業に転職してしまったら、人生まで真っ暗になってしまうかもしれません。 最初に結論を言いますが、転職先がブラック企...
【完全版】試用期間中に退職したい人が押さえるポイントや退職の流れ 今や86.9%(*)の企業が導入している試用期間。企業側が採用者の適性や人間性を見極める試用期間は、おおよそ3〜6ヶ月程度設けら...
20代で転職を繰り返す人の末路とは?20代で転職を繰り返しても不利にならないようする方法を徹底解説 転職を繰り返すと選考で不利になると言われることもあり、転職回数に悩む方は多いでしょう。 しかし、転職を繰り返した回...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。