選考対策

めんどくさい職務経歴書を手早く作成するポイントと便利なツール

職務経歴書

転職活動を始めるとさまざまな準備が必要になります。

職務経歴書の作成もそのひとつですが、詳細な経歴を記載しなければならない上、形式が自由であるため、書き方に悩みがちです。

さらに、伝えたい内容を採用担当者に理解してもらうためには、ポイントを絞って分かりやすく作成することが重要になります。

本記事では、職務経歴書が転職に必要な理由を解説し、作成のポイントや楽に作成するためのツールもあわせて紹介します。

転職の採用を左右する受かるための「職務経歴書」作成の3ステップ 職務経歴書は、あなたがどんな経験を積み、どんな実績を上げてきたか、あなたのもっているスキルや知識・ノウハウ、職業人として...

転職に職務経歴書が必要な理由

あなたの経歴や職歴、志望動機が知りたいだけなら履歴書だけでも充分なはずです。

では、なぜ企業は転職時に職務経歴書を必要とするのでしょうか。

  1. 職務経験やスキルを把握するため
  2. 仕事に対する意欲や熱意を知るため
  3. 自己分析能力を知るため

職務経験やスキルを把握するため

職務経歴書は、企業が求めるスキルや実務能力を持っているか、入社後に期待する実績をあげられるかを判断する材料です。

企業は、あなたがこれまでの会社や部署でどのような仕事をし、どのくらいの成果をあげてきたのかといった具体的な内容を知りたいと考えています。

それは、自社のニーズにあった人材を採用するためです。

 

仕事に対する意欲や熱意を知るため

企業は、あなたがどのような働き方をしたいのか、自社に貢献できることは何かを知り、採用を判断します。

自己PRは、企業へ自分を売り込むための重要な要素です。

職務経歴書では、これまでの実績やスキルから、企業は仕事に対する意欲や熱意を把握しようとしています。

【回答例あり】真似するだけ!第二新卒の転職面接でウケる自己PRをする方法転職面接で聞かれることが多い自己PR。第二新卒の転職面接では、求める人物像にマッチするポテンシャルをアピールする必要があります。ベンチャー企業の転職で必ず内定に近づく自己PRのつくり方を、回答例付きで解説。真似するだけで、完成度の高い自己PRをつくることができます。...

自己分析能力を知るため

企業は、職務経歴書からあなたの自己分析能力を評価します。

職務経歴書を作成するには、自分自身の棚卸しが必要です。

そのため職務経歴書を見ることで、自分を客観的に見つめ、強みや能力をきちんと理解しているかが分かります。

自己分析能力が高ければ、企業とのミスマッチが起こりにくくなります。

つまり、自己分析能力を有している人を雇うことは早期離職の防止につながり、企業側としてもメリットです。

自己分析ができれば、企業に自分の強みを最大限に伝え、効果的なアプローチも可能になります。

あなたの転職を成功へと導く「自己分析」3つの目的 転職に成功した人たちに共通しているのは、「自分自身についてよく分かっている」ことです。 「自分は何がやりたいか」が...

めんどくさい職務経歴書を作成する際のポイント

職務経歴書に決まった形式やルールはありませんが、自由すぎても何を書けばいいか悩むところです。

職務経歴書を作成する際に必要な項目や利用したいフォーマット等を紹介します。

  1. 職務経歴書に必要な項目を知る
  2. 作成するフォーマットを選ぶ
  3. 企業が求めることを考える

職務経歴書に必要な項目を知る

職務経歴書は、自分の経歴や実績、スキルをまとめ、企業にアピールするための書類です。

書き方に決まりはありませんが、最低限必要な項目は確認しておいてください。

職務経歴書に書くべき項目
タイトル・氏名・日付 冒頭には「職務経歴書」とタイトルを記入します。提出する日付を記入し、氏名は右詰めで姓と名の間にはスペースを入れます。
職務要約・職務概要 自分のこれまでのキャリアを簡潔にまとめます。あとで記載するくわしい職務経歴を分かりやすくする役割があります。
職務経歴・職務内容 職歴や職務内容、実績等をくわしく記載します。矛盾のない職務経歴を記載することが重要です。
企業概要 勤務中の企業について、社名や企業規模、事業内容等を記載します。
保有資格・スキル 保有している資格や免許、アピールしたい経験やスキル等を記載します。
自己PR これまでの経験で評価されたことや心がけてきたこと等を示し、応募先の企業で貢献できることをアピールします。
志望動機 企業に応募した理由や応募職種を選んだ理由等を記載します。

職務経歴書は、記載されている内容が評価対象となります。

逆にいえば書かれていない内容は評価対象外のため、退職理由や転職理由は必ずしも記載する必要はありません。

担当者にポジティブな印象を与えるためにもあえて書くことは控えます。

ただし、応募企業から指定されたフォーマットがある場合は例外です。

 

作成するフォーマットを選ぶ

職務経歴書のフォーマットにも決められたものはありません。

スタイルは自由なので、レイアウトを自分で考えて作成することも可能です。

しかし、作成する手間や読みやすさなどを考慮すると、フォーマットの活用をおすすめします。

キャリアやアピールポイント等にあわせて、以下の3つのフォーマットから選びましょう。

職務経歴書のフォーマット
逆編年体形式 現在から過去にさかのぼる形式です。自分のキャリアを一覧で示せ、直近の職務内容や実績を強くアピールできます。
編年体形式 古い経歴から時系列にまとめる形式です。キャリアアップの過程を効果的に伝えられます。
キャリア形式 職務経歴を業務内容やプロジェクトごとにまとめる形式です。専門性の高い職種などでは、知識やスキルを伝えやすいメリットがあります。

一般的には、時系列に内容を示す編年体形式が広く用いられています。

サンプルを参考にしながら自分に合った職務経歴書を作成してください。

職務経歴書

20XX年◯月◯日
氏名:〇〇 〇〇

【職務要約】
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

【勤務先企業概要】
式会社〇〇(20XX年◯月~現在)
資本金:〇〇千万円
従業員数:〇〇名
事業内容:〇〇〇〇

【職務経歴】
期間:20XX年◯月~20XX年◯月まで
配属部署:〇〇部
職務内容:〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

期間:20XX年◯月~20XX年◯月まで
配属部署:〇〇部
職務内容:〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

【保有資格】
・◯◯◯◯(20XX年◯月取得)
・◯◯◯◯(20XX年◯月取得)

【自己PR】
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

【志望動機】
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

企業が求めることを考える

企業が知りたいことや求めていることは何かを考えながら職務経歴書を作成します。

企業のニーズを把握するには、求人情報をしっかりと読むことが重要です。

応募資格や仕事内容欄などをチェックし、企業が求めている経験やスキルを読み取ります。

その上で、企業のニーズと重なる自分のキャリアや実績等を具体的に、分かりやすく記載しましょう。

 

めんどくさい職務経歴書を楽に作成するツール

めんどくさい職務経歴書を、できるだけ簡単に作成したいと考えるのも当然でしょう。

職務経歴書の作成に役立つ便利なツールを紹介します。

  1. テンプレートを利用する
  2. 自動作成ツールを利用する

テンプレートを利用する

インターネットで職務経歴書のテンプレートが検索できます。

無料でダウンロードでき、WordやExcelを使用して入力することも可能です。

フォーマット別はもちろん、職種別のテンプレートも選べます。

転職サイトや転職エージェントでもテンプレートが提供されているので登録先を確認してみましょう。

 

自動作成ツールを利用する

初めて職務経歴書を作成する人や内容を考えるのが難しいと感じている人には、自動作成ツールがおすすめです。

体裁を考える必要がなく、ガイドに従って空欄を埋めていくだけで職務経歴書が作成できます。

表示される例文を確認しながら入力できるものもあるので、書く内容に悩んでも安心です。おすすめのツールを紹介します。

(1)りれきしょ君 印刷イメージを確認しながら入力できる作成ツールです。PDFファイルがが作成できるのでホームページから直接送信ができます。

(2)ルーシッド職務経歴書 会員登録は不要、8種類のテンプレートを選んで職務経歴書を作成できます。

基本サービスは無料ですが、有料のプレミアムサービスも選択可能です。

利用後は、個人情報保護のために履歴などが消去されます。

(3)職務経歴書エディター
リクルートエージェントが提供する自動作成ツール、会員登録が必要です。

経験業務に合ったテンプレートを選べ、例文を参考にしながらガイドに沿って入力するだけで職務経歴書が作成できます。

 

めんどくさい職務経歴書の作成は、一度しっかりやれば後が楽

めんどくさい職務経歴書の作成ですが、一度しっかり作りこめさえすれば後がかなり楽になります。

基本的な内容を、転職希望先や希望職種に合わせて、必要箇所のみ更新すればよいからです。

もちろん更新後は全体を通してつじつまが合わない部分がないかなどはチェックしてください。

もし、自分で作成した職務経歴書に不安があるなら、転職エージェントを利用して職務経歴書の添削をしてもらいましょう。

【通過例・フォーマット有】第二新卒の職務経歴書の書き方まとめ|自己PRや職務要約の書き方も紹介第二新卒のための書類選考・職務経歴書対策をテンプレート付きで解説します。書類選考を通過しなければ、面接を受けられないため、万全な体制で選考に望みましょう。 必ず説得力が生まれる自己PRの書き方も紹介しています。...
30代の転職者が書類選考を突破するための履歴書・職務経歴書の書き方 \書類選考は転職のプロに相談!/ 無料登録をする リクルートエージェント 30代で転職しようと思ったあなたが最初に...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。