無職・フリーター

無職の転職活動に疲れたときの8つの対処法と転職成功の秘訣を伝える

あなたは今、「無職の転職活動に疲れた…」と感じていませんか?

疲れてしまったら、1度休んでみてください。あなたが焦ってしまう気持ちはわかります。この世の中生活していく上で、どうしてもお金は必要になってきますから。お金がなければ食べられない、家賃も払えない。そしてどんどん自分の価値を下げてしまう考えになってしまうでしょう。

ですが、今は休む時だと思っていっそ1度ゆっくりするというのも大事なことです。これから先ずっと働くかもしれない会社を、焦った状態の頭で決めてしって後々後悔してしまっては、元も子もありません。この機会に今まで出来なかった事をしてみたりするのも、大事なことでしょう。

疲れた時には少し休んで、自分を大事にしてください。疲れているということは、頑張っている証拠でもあるのです。転職活動がうまく行かない時は、休みの日を作ることです。毎日のように活動しているよりも、週に2回くらい休みを作って、気分転換をした方がいいこともあります。

できるだけ無料で、またはあまり高くない料金で利用できる施設などで、のんびり骨休めをするのもいいでしょう。なぜ疲れるのかというと、転職のことばかり考えてしまうからなのです。

また1人でいるよりも、友人などといた方が気が紛れるので、積極的に友達と会うのもいいでしょう。そして、気持ちが落ち着いて、転職活動を再開する気になったら、一気に転職してしまいましょう。

疲れたときの対処法と転職成功の秘訣を読みたい場合は「無職で転職活動に疲れたときの8つの対処法」と「無職の転職活動を成功させる5つの秘訣」からチェックしてみてください。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

無職になって辛い7つのこと

無職になると、何故こんなにも辛くなるのでしょうか?収入がなくなること、周囲の人たちの目、主にこの二つが辛いことでしょう。

収入がなくなることによって、日常生活に支障をきたすことは容易に想像できることです。人付き合いであったり、衣食住であったりと神経質になってしまい心に余裕がなくなってしまいます。

もう一方、周囲の人たちの目は「実際に冷たい目で見られる」こと、「自分で自分にレッテルを貼ってしまう」ことなどがんじがらめのような辛さがあります。

特に後者は自分ではままならないもどかしさややりきれなさがあるでしょう。ここからは、無職になって一番辛いことをさらに詳しく紹介していきます。

  1. 社会から必要とされていないと感じたこと
  2. 能力が低い人間だと考えてしまうこと
  3. 収入が得られないこと
  4. 家族に対しての罪悪感
  5. お金がないこと
  6. 社会的地位を失うこと
  7. 友人やパートナーと仕事の話ができないこと

 

社会から必要とされていないと感じたこと

無職になって辛かったことは、自分が社会から必要とされていないと感じた事です。

やりたいことが見つからない、職に就いても周りに馴染めず仕事が続かない、1日家族以外とは口をきかない、ゴロゴロして生活が乱れ、まるで自分が社会のゴミのような感覚に陥るのは辛かったです。

能力が低い人間だと考えてしまうこと

自分は能力が低い人間だと考えてしまうことです。これがとても辛かったです。多くの人は、無職ではありません。それなのにも関わらず、無職になってしまいました。無職になるとお金に入ってこないだけではなく、社会に貢献もしていないことになります。

周りの人は仕事を頑張っているのに、自分は仕事をしていないのです。どうしてこのようになってしまったのだろうと考えれば考えるほど辛くなります。

自分は能力が低いから無職になってしまったと自分を責めるようになり、生きる活力も失われてしまうでしょう。

収入が得られないこと

無職になって一番辛いのは、収入が得られないことでしょう。仕事をしていれば、当然収入が得られますが、無職だと一切収入が入らず、精神的なプレッシャーがとても大きいです。

夜も満足に寝れず、お金がないので心も貧しくなっていき、精神的にも不安定になることがあります。また、お金がないので、友人と飲みに出かけたりしにくくなるのも辛いところです。やはり、無職で辛いのは、お金がないことによる、精神的なプレッシャーやストレスでしょう。

私自身も、無職で収入が途絶え、一日も早く転職して収入を得ようと必死に転職活動をしていた時があります。しかし、応募した会社全て不採用になりました。お金が無い現実と収入を得ないといけないという焦り、なかなか採用されない現実が、無職で転職活動に疲れてしまう理由だと思います。

家族に対しての罪悪感

家族に対しての罪悪感がある事が1番辛かった事です。大学まで卒業させてもらってやっと就職した企業を辞めてしまうという罪悪感が強くありました。

また私の場合は寮生活から実家暮しになり、無職で住ませてもらったりご飯を食べさせてもらったりする事に情けなさを感じていました。

今までは自分1人でなんとかなっていた金銭面で家族から支援を受けてしまうという、情けない自分へのマイナスな感情がどんどん膨れ上がっていき日々が辛かったです。

両親に心配をかけることも、辛いことでしょう。仕事を辞めた後は勝手に気まずくて自分から連絡をすることは無くなっていましたが、届いたメールを読むたびに、心配をかけている自分が嫌になり、その状況が続いたことがとても辛かったです。

お金がないこと

1番辛かったのはやはりお金がないことです。貯金少ししかない状態で無職になってしまいましたので遊びに行く事はもちろん出来ませんでしたし、欲しいものも買えずやりたい事も出来ず、毎日悶々としていました。お金がないと心の余裕もどんどんなくなっていきました。

ある程度お金を貯めた状態から仕事を辞め、転職活動を始めたのですが、やはり収入が無く減っていく一方なのでお金を下ろすたびに残高を見るのが辛かったです。

いつの間にかこんな額まで減ってる・・!となることが多々ありました。衣食住のすべてにおいてお金がかかり、貯金がどんどん減っていった事が辛いです。

食費などは少し我慢すると抑える事は可能でしたが、住居費や税金についてはどうにもならず、特に電気・ガス・水道費については振り込みにしていましたが、どんどん減っていきました。通帳の残金確認に行く時は怖くてしかたがありませんでした。

社会的地位を失うこと

無職になって辛かったことはたくさんあります。地方に住んでいるので、無職になり家に居ることが増えた時は、仕事を辞めたのではないか?などと、色々噂されました。それが嫌だったので、無職になったと正直に話しました。

あと、社会的地位を失った喪失感が大きかったです。今までの肩書やキャリアが、無職になったとたんに無くなりました。人も離れていき、交流もなくなっていきました。最も辛かったのは収入です。

今まで定期的に入っていたお金が入らなくなるのは大変つらかったです。

友人やパートナーと仕事の話ができないこと

友達と飲みに行ったり、家で晩酌中に多少なりとも出る仕事の話。ずっと仕事の話をしているわけではないので、気にならない方は気にならないと思います。

でも、私の場合は「無職の状態」を自分自身で改めて確認してしまい、なんだか地味に辛かったです。

[template id=”10189″]

無職の転職活動に疲れてしまう9つの理由

無職になると、転職活動に疲れてしまうのは何故でしょうか?ここからは、無職で転職活動に疲れてしまう理由を詳しく紹介していきます。

  1. 嫌気が差してくるから
  2. なかなか結果が出ないから
  3. なかなか採用されないから
  4. 努力が報われないから
  5. ストレスがかかるから
  6. 先が見えないから
  7. 制限がかかるから
  8. 希望の仕事が見つからないから
  9. やる気が維持できないから

 

嫌気が差してくるから

やりたいことが見つからずも生活のため仕方なく転職活動をすると、志望動機を考えるのが疲れるでしょう。また、転職歴が多く、履歴書がぼろぼろの場合、少しでも見映えよくするのも時間がかかり、せっかく時間を掛けて作成しても、なかなか採用にならず嫌気が指します。

面接で自分を偽り演技を刷るのもエネルギーを消耗しますが、何度も面接で落とされると、そんなに必要とされないんだという現実を見せつけられるのはキツイです。

なかなか結果が出ないから

頑張ってもなかなか結果が出ないからです。仕事をしている人が転職活動をする場合は、たいてい上手くいきます。実績があるからです。

それに対し、無職はイメージが悪いです。この人はどうして無職になったのだろうと企業の採用担当の人に思われてしまうわけです。そのため、無職の転職活動はそう簡単にはいかないのです。

なかなか結果が出せないため、もうダメなのではないのかと精神的に疲弊してしまいます。

なかなか採用されないから

無職で転職活動に疲れてしまう理由は、なかなか採用されないことにあるでしょう。無職だと、その分ブランクができるので、採用担当者からマイナスに見られることがあります。

面接でうまく受け答えできないと、不採用になってしまいます。いくら転職活動をしても、なかなか採用されないとなると、転職活動に疲れてしまうことがあるのです。

また、転職活動で面接を受けるにしても、電車移動をしてお金がかかり、また疲れてしまうことになります。

努力が報われないから

何社も履歴書を送って面接までこぎ着けてもなかなか採用されないという、努力が報われない状態が続くことが転職活動に疲れてしまう理由だと思います。

どんなに頭を捻って考えた内容でも、1度も面接で全て否定されてしまうような感覚は、自分の努力の否定をされてしまっていると思い込んでしまうことにつながるでしょう。

また、何回も手書きで履歴書を書き上げる集中力は何時間も続くものではありません。ミスが許されない履歴書を何枚も用意する事で頭も疲れてしまいます。

ストレスがかかるから

早く仕事を決めなければいけないという焦りから、手当たり次第に色々な会社に応募しました。ネットを使って探したり、職業案内所に行ったり、友人に何か仕事はないか聞いてみたり色々な事をしましたね。

ですが、やはりそんなに簡単に条件に合う仕事が見つかるはずもなく、生活の為の仕事のはずが仕事を探す為の毎日になっていきました。

実家暮らしでしたので、親に迷惑をかけている罪悪感や、「まだ見つからないの?」という言葉にストレスを感じてしまい、毎日朝が来るのが苦痛でした。

先が見えないから

転職活動をしていて一番困るのが、先が見えないということです。会社を辞める前にうまく内定をもらえるといいのですが、なかなかそうは行かないこともあります。

そのためあちこち面接に行き、しかもうまく行かなかったということにもなりかねません。特に転職サイトなどに登録せず、自力でハローワークなどで仕事を探していると、そうなることもあります。

自分に本当に合った転職先、仕事というのは、意外に自分だけで探すのは難しいもので、その結果ストレスがたまったりもします。

制限がかかるから

無職になると、資金源がありませんので、転職活動にも制限がかかることが多いです。交通費など考慮してしまったり、軌道に乗るまでの経費、生活費などで頭を痛めて気疲れしてしまいました。

中々思うような求人が見つけられず苦心しました。介護に関しては理解が得られにくいこともあり、「もっと自分が頑張ればいいだけではないだろうか」と自分自身を追い詰めてしまいがちです。

どちらも積もり積もって、堂々巡りのように疲労が蓄積していってしまいます。

希望の仕事が見つからないから

ハローワークに行ってましたが、なかなか自分の希望する仕事に出会えませんでした。ハローワークの担当の人とも顔見知りのようになりましたが、思ったような仕事には巡り合えませんでした。

仕事内容が希望だったとしても、給与が低かったり、職場が遠かったり、制約が厳しすぎたりと仕事を探すのに苦労しました。ハローワークに通っている様な感じで、行き来するだけでも疲れましたが、仕事が決まらない事にもストレスが溜まります。

やる気が維持できないから

無職の転職活動は、やる気の維持が大切ですが、それが一番疲れる原因だと思います。やらなきゃいけない、やるぞ!と思っていても、その気持ちを維持することはめちゃくちゃ体力と気力が必要になってきます。

私は転職活動初期はやる気の方が強く、楽しささえ感じていました。毎日アプリや転職サイトをチェックして、会社を比較して、口コミを調べてみたり。

しかし、少し過ぎたあたりから「仕事が見つかるのだろうか」という焦りやプレッシャー・不安が、メンタル面へ静かに大ダメージを与えてきました。

その積もり積もったダメージが無視できなくなった時、やる気よりも疲れが前面に出てきてしまい、私は一度転職活動を中断しました。負の感情に負けない、やる気を保ち続けることにとても疲れてしまったからです。

無職で転職活動に疲れたときの8つの対処法

無職で転職活動に疲れてしまったときは、どうすれば良いのでしょうか?ここでは、無職で転職活動に疲れた時の対処法を紹介していきます。

  1. 息抜きの方法を見つける
  2. 一度休んでみる
  3. リフレッシュ休暇を作る
  4. ストレス発散方法を見つけること
  5. 自分を追い詰めないこと
  6. 開き直ること
  7. 自由な時間を楽しむこと
  8. 疲れないようにすること

 

息抜きの方法を見つける

無職から抜け出すために転職活動を頑張るのはとても大事なことです。しかし、頑張り過ぎるのもあまり良くありません。自分を壊してしまう可能性があるからです。

体力だけではなく精神的に疲れてしまい、どうしようもない状態になってしまうかもしれません。こうなるのを避けるためには、自分なりの息抜きの方法を見つけることが大事です。

疲れた時にリラックスすることで、また頑張ろうという気持ちになることができます。何をするかは人によるので、何でも大丈夫です。スポーツでも良いですし、音楽を聴くこと、カラオケに行くことなど、自分に合った方法を見つけるようにしましょう。

私の場合は、山登りが趣味なので、山に登って気分転換します。山頂から下界を見下ろすと、普段では見られない景色に癒されます。体を動かすことで自分の中で淀んでいたものが浄化されるような気がしてリフレッシュできます。乱れた体内時計もリセットできます。

一度休んでみる

無職で転職活動に疲れた時は、一度休むことも大切です。もし、実家暮らしや貯金などで、ある程度お金にゆとりがあるのであれば、一度転職活動を中断して休むのも良いでしょう。

無理して疲れたまま転職活動を続けても、良い結果が得られない可能性があります。疲れた時は、あえて転職活動から距離を置いて、リラックスすること、気分転換することも大事です。あまり煮詰めると、頭も働かず、良いパフォーマンスができないことがあります。

リフレッシュ休暇を作る

完全に転職活動から離れてリフレッシュできる休日を作ることが疲れた時の対処方法となります。疲れてしまったら疲れを取る事に集中することが大切です。

1日眠ってみたり、ドライブしてみたり、読書や映画鑑賞をしたり等自分がリフレッシュできることを目一杯することで精神的な疲労が飛んでいってしまうと思います。

無職なのに遊んでる暇なんてない!と思ってしまうところではありますが、休まなければ精神力も持ちません。総合的に見て休むことは非常に大切なことであると認識をすることも、大事だと思います。

ストレス発散方法を見つけること

とにかく自分なりのストレス発散方法を見つけることです。幸い時間はたっぷりありましたので、私はまず今まで出来なかった掃除をしました。部屋が綺麗になっていく過程を見るのは楽しかったですし、部屋が綺麗になる事で心にも余裕が生まれました。

お金はないので遊びには行けませんでしたが、読みかけだった本を読んでみたり公園に行って体を動かしてみたり、仕事をしている時にはなかなか出来なかった事をいくつもやりました。とにかく1度転職活動から気持ちを離してみることで、私は辛い時を乗り越えました。

自分を追い詰めないこと

自分で自分を追い詰めない事が一番です。複雑で多岐にわたる現代社会です。働き方にも注目され、様々な企業で取り組まれていることです。

こうしなければならない、こうでなくてはいけない、と思いつめ、だから自分はダメなんだ、と思い込むことは悪循環で前向きになれません。

現状を見つめつつ、「しょうがない」と割り切ることも大切です。焦っていても良いことはありませんから、腹を括って「出来る事」を再確認し、「出来ない事」を割り切りましょう。

開き直ること

会社を辞めて無職状態で転職活動に疲れた時の対処法ですが、開き直る事でしょう。2日から3日でも良いので、転職活動は休んでゆっくりする事です。あわててもそんなに良い仕事が見つからない事を学習しました。

その時に行かなければ見つからないという小さな考えではなく、そのうちに見つかるというような考えで精神的な面を落ち着かせていた方が良いと思います。

一日中ゴロゴロするのも良いですし、いままでできなかった事をするのも良いでしょう。働き始めたら簡単に長期の休みは取れないわけですから、長期休暇だと思って生活する事も良いと思います。

自由な時間を楽しむこと

自由な時間を思いっきり楽しむことです。Youtubeを見たりゲームをしたり、どこかに出かけたり。自分のやりたいことをやれるだけやってやること。一日中寝ていても構いません。とにかく転職のことを忘れる時間を確保することが大事だと思います。

実際に私は転職活動を中断していた時、ちょっと遠くに旅行に行ったり、都内のカフェを巡ってみたり、1日中映画を見たりと好きなように過ごしました。その間も転職エージェントからのメールは届きます。

それを見た時、求人が無くなることがない、という不安を払拭することができ、気持ちに余裕を持てました。せっかく時間があるのですから、自分が楽しむための時間を作ることが転職活動に疲れたときに有効だと思います。

疲れないようにすること

以前、会社が倒産して解雇となり、無職で転職活動をしました。無職で必死に転職活動を行ったのですが全て不採用で精神的に参り、焦りからブラック企業に転職し、散々な目に遭いました。

その反省から、無職で転職活動をする時は焦らないようにというか、疲れないように心がけています。無職での転職活動中はお金の心配をするので、在宅でできる副業を合間にして、収入を得ました。副業が意外に気晴らしになり、疲れも和らぎました。

[template id=”10189″]

無職の転職活動を成功させる5つの秘訣

無職の転職活動を成功させるには、どうすれば良いのでしょうか?ここからは、無職の転職活動を成功させる秘訣を紹介します。

  1. 諦めないこと
  2. 煮詰めすぎないこと
  3. ハードルを下げること
  4. 焦らないこと
  5. やりたくない業務内容は選ばないこと

 

諦めないこと

無職の転職活動を成功させるためには、やはり諦めないことです。どうしても成果が得られないと、塞ぎ込みネガティブになりやすいです。しかし、諦めずに行動し続ければ、必ずや成果が現れるでしょう。

また、ただ動くだけではなく、対策を練ることも大事です。どうすれば企業に採用してもらえるのか、魅力的な人材に見せるためには、どのように自己アピールすれば良いのか、対策を練ることも大事です。転職活動は、行動力と対策を練ることで、打破することができます。

何回履歴書が通らなくても、何回面接に落ちてしまっても諦めずに応募し続けて常に対応策を練って本番に全力で挑むことが転職活動の成功の秘訣だと思います。

これだけ受けても採用されない自分はダメな人間だと思い込まずに、次に受ける企業こそは私の良さを分かってくれる企業であると前向きな心を持ち続けていくことがとても大切になります。

煮詰めすぎないこと

無職の転職活動で疲れてしまったら、あまり煮詰め過ぎないことです。一度転職活動から離れて、冷静に状況を見直してみましょう。客観的に見るようにすれば、今後どうしていけば良いかの方向性が見えてくることがあります。

また、転職活動を行ったことがある経験者からアドバイスをもらうことも大切です。そして、最初からネガティブに考えないこと。無職であろうと、本人の努力や行動力次第で、転職活動が成功する可能性は十分にあるのです。

疲れたら休んでいい、ということを忘れないで欲しいです。疲れた頭ではいいアイディアも浮かびませんし、モチベーションは下がっていく一方です。しばらく頑張って疲れたら1日思いっきり休む日を設けてスッキリした頭で計画的に転職活動をして言って欲しいと思います。

力み過ぎてもいい結果は出すことは出来ません。適度に力を抜いて全力で挑む時に備えていく考え方を見失わないようにしていっていただきたいです。

ハードルを下げること

自分の中のハードルを下げる事です。転職活動に行き詰まると自分にマイナスのレッテルを貼り、他の人は出来ているのにと周囲と比較してしまいハードルを上げてしまうこともあるでしょう。

すぐに飛びつくといやいやながら仕事をする事になりやすいので、良く調べたうえで転職すべきです。ただ、なかなか自分の希望するような仕事は見つけられない事が多いので、ある程度の期間見つからなかったら、少しグレードを下げて、転職すべきでしょう。友達への相談も悪くないと思います。

マイナスな状況下では、自己採点が厳しくなってしまいがちです。ですが自分の価値はそのような事では決まりません。どのような状況にあっても、自分の特性というものは必ずあります。マイナスの中からどのように行動するかが大切で、面接官もその点を注視されることが多いのです。

採用する側もポジティブな人材にはポジティブな印象を持ちます。まずは「無職からの転職」という困難な問題に対処しているのだと発想を転換し、自分に自信を持ってください。

焦らないこと

焦らないことです。私は、転職活動がうまくいかず、収入もなく、精神的に追い詰められ、判断力がかなり低下してしまいました。そして、スカウトされたブラック企業に入社し、良くない物件を不動産屋さんから借りてしまい、ストレスで病気になりました。

無職で転職活動をすると、焦りがかなりあると思います。自分に合った企業は必ずあると信じ、焦って変な選択をしないのが、成功させる秘訣だと思います。ハローワークの無料カウンセリングや職業訓練などで資格を取るなど、ハローワークを上手に活用されるのもよいと思います。

無職というレッテルは、思ったよりも自尊心を傷つけますし、周りの目も痛いです。ですが、そこで焦ってもその気持ちは周りにも伝わり、なかなかいい仕事に出会えなくなります。

適当に転職しても後々また苦労するのは自分です。それならばいっそゆっくりと、自分に合う仕事を見つけようという頭でいて、また同じ事の繰り返しにならないようにする方が効率的でしょう。

やりたくない業務内容は選ばないこと

条件も大事ですが、1日の大半を職場で過ごすため、自分が絶対やりたくない業務内容は選ばないこと、ほんの少しでも今までの経験を活かせること、興味を持てることなど、自分の事をよく理解することが重要だと思います。

自分の力だけで成功させようとは思わないことです。無職の人が転職活動を成功させるのは大変困難であります。普通の人でも大変なのに、無職の場合はもっともっと難しくなります。そのため、自分一人で何とかしようとせず、専門の人に頼ることがとても大事になります。

具体的には、転職エージェントに登録することをおすすめします。プロの人は色々な人を見てきているので、有意義なアドバイスをもらうことができるでしょう。

今まで自分が気づかなかったことに気づくきっかけにもなるので、積極的に利用するようにしましょう。そうすれば、成功する可能性がグッと高くなります。

転職活動の成功には、まず転職エージェントに登録すること、そして時々休みを作ることです。転職エージェントに登録することのメリットは、向こうから良質な求人を紹介してもらえるという点です。

履歴書の書き方などもアドバイスしてくれるので、1人で色々やるよりも、転職が成功する率は高くなります。この2つを実行するだけで、思いがけないほど転職がうまくいくはずです。

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。