転職コラム

転職は年齢を重ねるごとに不利になるって本当?転職したいなら早く行動することが大事!

転職は年齢を重ねるごとに不利になるって本当?転職したいなら早く行動することが大事!

「転職は年齢を重ねると不利になる」

このような言葉を、色々なところで耳にしますよね。では、実際には、年齢を重ねてしまうと転職をすることはできないのでしょうか?最初に結論から言いますが、基本的には年齢を重ねた分だけ、転職活動は不利になると考えてください。

つまり、20代よりも30代、30代よりも40代のほうが、転職活動においては不利になりやすいのです。したがって、転職をしたいと考えるのなら、若いうちに転職をしてしまうのが賢い選択と言えるでしょう。

けっこう、時間って早く過ぎてしまうものですよ。例えば、「転職しようかな…」と悩みながら現職を続けてしまい、気付いたら数年経っていたという状況も珍しくないでしょう。

転職をしたいと考えるのなら、若いうちに転職をしてしまうのが賢い選択だと言えます。であるならば、「転職をしようかな…」と、悩むだけではいけないでしょう。

例えば、「転職をしようかな…」と悩みながらでも、求人検索を行うことはできます。このように、具体的な転職活動を行わなくても、将来に向けてできることはあるはずです。ぜひ、将来に向けてできることを実行していって、自分の将来の可能性を導き出していきましょう。

[template id=”8828″]

転職活動においては、若さが大きな武器になる

転職活動においては、若さが大きな武器になる

「若い」というだけで、採用に大きく近づくことができます。やはり、中途採用であるとしても、「若い人を採用したい」と考える会社は多いのです。

「若い」ということは、転職後も長く勤めることができるわけですからね。それだけでも、充分に「若い」ということは評価されやすいのです。また、教育に時間をかけることができるのも、若い人が採用されやすい要因となるでしょう。

20代であれば、確実に「若い」と捉えられることでしょう。つまり、あなたが20代であれば、若さを大きな武器にして、転職活動に挑むことができるということです。また、業界によっては、30代であっても「若い」と見なされることもあります。

ただ、20代よりも30代のほうが、若さで評価されないことは言うまでもありません。したがって、あなたが30代であるのなら、20代に負けないもの(社会人としての実績など)をアピールしていく必要があるでしょう。

 

異職種への転職の場合は、特に若いほうがいい

異職種への転職の場合は、特に若いほうがいい

異職種へ転職をしようと考えている人は、すぐにでも転職活動を進める意気込みを持ってください。異職種へ転職しようと考えた場合、より若さが重要になってくるのです。

反対に、異職種へ転職をしようと考えた場合、「年齢を重ねている」ということが、かなり不利になってしまうことがあります。

異職種へ転職をするということは、全くの未経験の状態で転職をするということですよね。つまり、異職種へ転職する場合は、覚えるべきことがかなりたくさんあるのです。もちろん、戦力になるのにも時間がかかってしまうことでしょう。

「覚えるべきことがたくさんある」のなら、若い人を採用したほうが会社のためになります。また、「戦力になるのにも時間がかかってしまう」のなら、やはり若い人を採用したいと考えるのは自然なことでしょう。

「こんな職種に携わってみたい」などといった気持ちを抱いていませんか。もし、異職種へ転職をしたい気持ちが少しでもあるのなら、「すぐにでも転職活動を進める」という意気込みを持つことが大変重要です。それだけ、異職種への転職においては、若さが重要になってくるのです。

 

職務経歴が大きく評価されると、40代以降で転職できることも

職務経歴が大きく評価されると、40代以降で転職できることも

若い人しか転職できないことはありません。例えば40代や50代であっても、転職を実現している人はたくさんいます。ただし、40代や50代の人が転職をしようと考える場合、若さを武器にすることができない分だけ、職務経歴でアピールをしていかなければいけません。

「現職での実績」「現職での成果」「現職と転職後の類似点」など、さまざまな視点から、職務経歴をアピールしていくことが大切です。

ちなみに、転職エージェントを利用すると、応募書類の添削や面接練習を受けることができるので、職務経歴のアピールの方法も知ることができるでしょう。

書類選考があるのならば、書類選考の段階で、職務経歴をアピールしていかなければいけません。つまり、履歴書と職務経歴書で、職務経歴をアピールしてゆく必要があるのです。仮に、書類選考の段階で、職務経歴をアピールすることができなければ、面接に進むことはできないでしょう。

もちろん、面接においても、職務経歴をアピールしていかなければいけませんね。きちんと、伝えるべきことをまとめてから、面接に挑むことが大切です。

40代以降の転職活動においては、「職務経歴をアピールする」ということが大変重要になってくるのです。ぜひとも、転職エージェントも上手に活用して、採用に近づいていきたいものです。

 

転職を考えているのなら、早めに行動に移すようにしよう

転職を考えているのなら、早めに行動に移すようにしよ

とは言っても、転職活動においては、若いに越したことはありません。もしも、転職を少しでも考えているのなら、早めに行動に移すようにしましょう。

なにかしらの行動をすることで、道は開けていくものですよ。やはり、幸せな転職を実現している人というのは、行動力があるものなのです。

 

気軽に転職活動を始めてみればいい

気軽に転職活動を始めてみればいい

「なんとなく転職してみたい」程度の気持ちであるのなら、気軽に転職活動を始めてみるといいでしょう。例えば、「求人サイトに登録をしてみる」「求人を見てみる」などですね。

「求人サイトに登録をしてみる」「求人を見てみる」だって、立派な転職活動の1つですよ。また、「求人サイトに登録をしてみる」「求人を見てみる」を行うことで、「○○な仕事をしてみたい」など、具体的な方向性が見えてくるかもしれません。

ほとんどの人は、「なんとなく転職してみたい」程度の気持ちですと、行動に移すことができないんですよね。しかし、行動に移すことができなければ、なかなか転職を実現させることはできないでしょう。

「興味のある職種を探す」でも構いません。「ハローワークで相談をしてみる」でも構いません。少しでも転職を考えているのなら、道を開いていくためにもすべきことは必ずあるのです。そして、そんな道を開いていくためにもすべきことを行ってこそ、幸せな転職の実現につながるのです。

 

転職する気がなくなったら、現職に留まればいい

転職する気がなくなったら、現職に留まればいい

仮に、転職をする気がなくなったとしても、現職に留まれば問題ありません。例えば、「やっぱり転職はいいや…」と、転職を諦める人もたくさんいるものですよ。しかし、転職を諦めたとしても、現職に留まれば、路頭に迷うことはないのです。

ただし、現職は続けながら、転職活動を進めるようにしましょう。もしも、退職後に転職活動を進めたのにも関わらず、転職を諦めてしまったら、無職になってしまいますからね。

転職活動を進めるとしても、現職は続けるべきなのです。(ただし、ブラック企業に勤めているなど、例外的に退職後に転職活動を進めるべき場合もあります)

「現職に留まることができる」と考えれば、気を楽にして転職活動を進めることができるはずです。「転職活動に失敗しても、今の仕事を続ければいい!」といった感じにですね。ぜひ、「現職に留まる」という逃げ道があるわけですから、気を楽にして転職活動に挑んでもらいたいものです。

 

内定辞退することだって可能である

内定辞退することだって可能である

転職活動をして、採用をもらったとしても、その採用を断ることだってできます。いわゆる、「内定辞退する」ということですね。決して、転職活動で採用をもらったからといって、必ずしも転職をしなければいけないわけではないのです。

採用をもらってから、じっくりと「本当に転職すべきか」と考えることができます。たとえ、採用をもらったとしても、内定辞退をすることで、今の仕事に留まることだってできるのです。

意外と、「内定辞退できる」ということは、忘れ去られがちなんですよね。しかし、「内定辞退」は決して珍しいことではないのです。

そもそも、転職活動をしていて、同じ時期に2社以上から採用をもらったら、内定辞退せざるを得ませんよね。実際に、会社側は「内定辞退」に慣れているものですよ。ぜひ、「内定辞退できる」ということも心に留めて、気軽に転職活動に挑んでゆきたいものです。

 

「転職をする」と決心したら、具体的な転職活動に移行する

「転職をする」と決心したら、具体的な転職活動に移行する

「転職をする」と決心したのであれば、具体的な転職活動を進めていくべきでしょう。例えば、応募をしたり、面接を受けたりですね。確かに、転職活動は、面倒なことの連続です。私も、転職活動の経験があるのですが、応募書類を作り上げるのが、特に大変だったように思います。

しかし、大変であるとしても、転職活動を進めてゆかなければ、採用をもらうことはできません。面倒な転職活動は、幸せな転職の実現への通り道なのです。

本やネットの情報を参考にしたり、転職エージェントに相談したりして、幸せな転職の実現に突き進んでいきましょう。また、転職活動においては、不採用になっても滅入らないようにしましょうね。おそらく、転職活動では採用よりも不採用のほうが、圧倒的に多いはずです。

たとえ、不採用が続くようなことがあっても、それは自然なことなのです。よく、不採用が続くことに嫌気が差して、転職活動をやめてしまう人がいます。

しかし、先述したように、不採用が続くのは自然なことです。きっと、さらに転職活動を続けることで、採用をもらうことができるはずです。不採用が続くということに対して滅入ることなく、転職活動を続けてゆくことが大切なのです。

 

「明日やればいいや…」という考えは、極力捨てよう

「明日やればいいや…」という考えは、極力捨てよう

「明日やればいいや」という考えが続いてしまうと、かなりの日数がいつの間にか過ぎてしまうものです。これでは、若さを武器にして転職活動をすることに矛盾してしまいますよね。

極端な話ではありますが、今日より明日、明日より明後日のほうが、あなた自身年齢を重ねていることになります。本当に若さを武器にするのなら、「明日やればいいや」という考えは極力捨てるべきなのです。

「明日やればいいや」ではなく、「今日できることは今日やる」という考えをなるべく持つようにしましょう。つまり、「今すべきこと」を、後回しにすることなく、今こなしていくのです。このような考えを持つことで、若さを武器にして転職活動を進めることができるでしょう。

ただし、例外的に「明日やればいいや」を実行していい場合もあります。それは、心身が相当に疲れているときです。例えば、仕事で体が疲れており、早く寝なければいけないのなら、「明日やればいいや」という考えを持つことは大切でしょう。

早く寝なければいけないのにも関わらず、「今日できることは今日やる」という考えを持ってしまうと、身体を壊しかねません。「明日やればいいや」という考えは、『極力』捨てて転職活動に挑むことが大切なのです。

 

転職エージェントに登録をすると、効率よく転職活動を進められる

転職エージェントに登録をすると、効率よく転職活動を進められる

転職活動を進める際には、転職エージェントに登録するようにしましょう。やはり、転職エージェントを利用することで、各段に効率のいい転職活動を進めることができるようになりますよ。

転職エージェントに登録をすることで、面接練習や履歴書・職務経歴書の添削など、さまざまな転職支援を受けることができるでしょう。もちろん、面接を通して「あなたに合っている」と思われる求人を紹介してもらうことだって可能です。

転職エージェントは無料で利用することができるからこそ、気軽な気持ちで登録をしてもらいたいものです。できれば、転職を少しでも考えた段階で、転職エージェントに登録をしておきたいですね。

転職を少ししか考えていない段階であっても、転職エージェントとの面談において、自分の思いを伝えることは充分に可能であるはずです。「転職を少しでも考えた段階で、転職エージェントに登録」という積極的な姿勢こそが、若さを武器にした転職活動にもつながるものですよ。

ちなみに、私も転職エージェントを利用した経験があります。転職活動を始めた最初の段階では、転職エージェントを利用していませんでした。やはり、1人で転職活動を進めると、漠然とした不安が襲ってくるんですよね。そんなときに、転職エージェントに登録をして、すごい安心感を取り戻せた記憶があります。

転職エージェントは、転職を成功へと導いてくれるプロです。そんな、転職エージェントが味方になってくれるわけですから、かなり安心した状態で転職活動に挑むことができるものですよ。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。