転職コラム

「転職すべきかどうか」を誰に相談すべき?10の相談先をあなたに教える!

あなたは現在、転職すべきかどうかを迷っているかもしれませんね。

そのような状態のときは、誰かに相談をしてみたくなることでしょう。しかし、「転職をすべきかどうか」の悩みは、誰に相談すればいいのでしょうか?

誰に相談すべきかわからないと迷っている人もいるはずです。転職を反対されたくないあまりに、ひとりで抱え込んでしまっている人もいるでしょう。

でも、しっかりと周りに目を向けてみると、転職の相談をできる人はたくさんいるものです。そこで今回は、「転職すべきかどうか」を誰に相談すれば良いのか、10の相談先をあなたに紹介します。

[template id=”8828″]

1.『友達』であれば、面と向かって転職すべきかの相談ができるはず

友達であれば、面と向かって自分の気持ちを伝えることができますよね。そのため、友達に転職をすべきかの相談をすれば、さまざまなことを打明けることができるはずです。また、友達であれば、カジュアルな雰囲気のなかで相談をすることもできますね。

例えば、目上の人に相談をするときは、かしこまった雰囲気になりがちです。一方で、友達であれば、遊びのついでなどでも、問題なく相談することができるのではないでしょうか。

気軽ではあるものの、真剣に相談できるのが、友達に相談をする大きなメリットであるはずです。また、友達であれば、LINEや電話などで相談をすることもできますよね。そんな、「いつでもLINEや電話で相談をすることができる」というのも、友達に相談をする大きなメリットであるはずです。

ぜひ、転職に対する今の気持ちを、友達に思いっきり相談してみてください。

2.会社に対する深い悩みは、『同僚』への相談がベスト

その場にいる人にしか理解できない悩みってありますよね。例えば、社会人である場合は、「その会社にいる人にしかわからない悩み」があるかもしれません。そんな、「その会社にいる人にしかわからない悩み」を相談するのなら、やはり同僚がベストでしょう。

言うまでもなく、同僚は同じ会社に所属しているため、「自分の会社に対する悩み」を共感してもらいやすいと考えることができます。また、同僚なわけですから、入社時期は同じですよね。そんな、入社時期が同じ同僚だからこそ、より深く「自分の会社に対する悩み」を共有することができるのではないでしょうか。

「友達と呼べるような同僚」「他愛のない会話を交わす同僚」などがいる場合は、相談をすることができないか、考えてみるといいでしょう。

ただし、同僚に相談をすることで、会社の雰囲気が悪くなることもあるかもしれません。例えば、「同僚に相談をしたら、会社の隅にまで話が広がり、上司から転職について問いただされた」なんて話も聞きますよ。

そのため、同僚に相談しようと考えたのなら、「本当にこの同僚に相談してもいいのか」という点も考えるようにしましょう。

少しでも、「この同僚に相談したらまずいのでは…」と感じたら、相談するのは避けたほうがいいかもしれません。あなたは、現職に留まるという選択肢を取る可能性だってあるわけですから。

もしも、現職に留まるという選択肢を取ったのにも関わらず、会社の雰囲気が悪くなっているとしましょう。この場合、やはり気持ちよく仕事を続けることはできないはずです。

3.信頼のできる『上司』であれば、転職すべきかを相談できるかも…

もちろん、信頼のできる上司も、立派な相談相手になることがあります。やはり、上司も同じ会社で働いているわけですからね。そのため、会社内の悩みは理解してもらいやすいと考えることができるでしょう。

ただし、上司に相談するときも、同僚に相談するときと同じで、「本当にこの上司に相談してもいいのか」という点を考えるようにしましょう。

上司も同じ会社に在籍しているわけですから、上司に相談をすることで、会社の雰囲気が悪くなってしまうこともあるのです。

先述したように、転職を辞めて現職を続ける場合、会社の雰囲気が悪いのは辛いですからね。だからこそ、上司に相談をするときにも、「本当にこの上司に相談してもいいのか」と吟味していきたいのです。

4.あなたを1番に考えてくれる『親』も頼ってみよう

転職をすべきかの相談相手として、忘れてはならないのが、親なのではないでしょうか。親という存在は、あなたのことを1番に考えてくれているものです。そんな、親に相談をすることで、道が開ける場合も多々あるでしょう。

確かに、親に相談をするのは、少々恥ずかしい気がするものです。また、「親には負担をかけたくない」という思いから、親へ相談することをためらってしまう人もいることでしょう。しかし、それでも親に相談してもらいたいのいうのが、私の考えになります。

あなたは、「転職すべきかどうか」について、真剣に悩んでいるんですよね。きっと、子どもが真剣に悩んでいることを知ったら、親としては力になってあげたいと考えるはずです。

別に、親にお金を借りたりと、迷惑をかけようとしているわけではないのです。あなたは、真面目に社会人生活を送り、真面目に「転職をすべきかどうか」について悩んでいるのです。社会人として真剣に悩んでいることであれば、親に相談をしても全く問題がないのではないでしょうか。

また、親はあなたよりも社会人経験が豊富なわけですからね(もしかしたら、あなたの上司よりも社会人経験が豊富であるかもしれません)。あなたのことを1番に考えており、社会人経験も豊富な親ですから、きっと素晴らしいアドバイスをもらえることでしょう。

5.『親戚』に相談をしてみるのもアリ!

周りに、相談に応じてくれそうな親戚がいるのなら、親戚に相談してみるのもアリでしょう。

例えば、祖父や祖母は、親以上に人生経験があるわけですよね。そんな、人生経験が豊富な祖父や祖母に相談をすれば、より素晴らしいアドバイスをもらうことができるかもしれません。

また、年齢の近い親戚であれば、まるで友人に相談をしているように、面と向かって思いを語ることができるかもしれませんね。

案外、相談相手として、「親戚」は忘れがちなんですよね。しかし、親戚に相談をすることで、道が開けることもあるのです。だからこそ、「周りに相談できる親戚がいないか」を確かめてもらいたいと思います。

6.結婚をしているのなら、必ず『家族(妻)』にも相談すべし

あなたが転職をすることで、家族の生活が変わってしまうかもしれません。例えば、転職をして給料が低くなれば、それだけ生活水準も下げなければいけませんよね。また、転職をして勤務地が遠くなれば、子どもの面倒を見る時間が少なくなるかもしれません。

あなたが転職をすることで、家族の生活が変わってしまうかもしれないわけですから、家族にも相談をしておくべきなのです。

また、あなたが転職をすることで、家族の生活が変わらないとしても、相談はきちんとするようにしましょう。やはり、あなたが転職をすることで、妻は不安を抱いてしまいますからね。

「本当に転職先でやっていけるのだろうか」「仕事は忙しくなるのだろうか」と、妻は転職をするあなたに対して、さまざまな不安を抱くものなのです。だからこそ、転職を考えているのなら、家族にきちんと相談をしてもらいたいのです。

「転職をしてもきちんとやっていけること」を伝えて、妻を安心させてあげたいですね。また、「転職すべきかどうか」という悩みを、妻に相談するのもアリでしょう。おそらく、妻はあなたのことを大切に思っているはずです。であるならば、「転職すべきかどうか」の悩みについても、きちんと聞いてくれることでしょう。

7.『交際相手(彼女)』にも、転職すべきかの相談をしておきたい

仮に、結婚を前提に考えている彼女がいるとしましょう。この場合、「転職すべきかどうか」で悩んでいることを彼女に相談するのは、当たり前のことなのではないでしょうか。

結婚を前提に考えている彼女なわけですから、今後生活を共にする可能性は高いですよね。であるならば、生活を左右しかねない「転職について」の相談は、きちんと彼女にすべきなのではないでしょうか。

また、結婚を前提には考えていないとしても、「彼女に転職すべきか」の相談をしてもいいでしょう。きっと、彼女はあなたのことを大切に考えてくれているはずです。あなたが「転職すべきか」と悩んでいるのなら、きちんと相談に応じてくれるでしょう。

8.『ハローワーク』でも、転職すべきか相談することができる

ハローワークに行けば、職業相談を受けることができます。つまり、ハローワークに行っても、「転職すべきかどうか」の相談をすることができるということです。

ハローワークのスタッフは、毎日のように転職希望者にアドバイスをしています。そのため、ハローワークで相談をすることで、第3者の視点からのアドバイスを受けることができるのです。また、ハローワークで相談をすることのメリットとして、「すぐに求人検索ができる」という点が挙げられます。

例えば、ハローワークで相談をしていくうちに、「こんな求人はないのかな」と探してみたくなるとしましょう。この場合、ハローワークで相談をしているわけですから、すぐに求人検索をすることができますよね。

また、ハローワークのスタッフとの面談を重ねると、スタッフによっては、「あなたに合うであろう求人」を勝手に探してくれることもあるものです。

ぜひ、ハローワークは自分の味方であると考えて、「転職すべきか」で悩んでいるのなら、相談をしに行ってもらいたいと思います。

9.『専門機関』に相談してみるのもいい

『専門機関』に相談してみるのもいい

転職を考えてしまう原因が分かっているのなら、専門機関に相談をしてみるのもいいでしょう。

例えば、パワハラが辛くて、転職をすべきか悩んでいるとしましょう。この場合は、パワハラを専門的に扱っている機関を探して相談をすることで、的確なアドバイスを受けることができるはずです。

相談をする際には、「転職を考えていること」もきちんと伝えるようにしていきたいですね。「転職を考えていること」をきちんと伝えることで、あなたの将来に対する具体的なアドバイスをもらうことができることでしょう。

ぜひ、転職を考えてしまう原因がわかっているのなら、相談できる専門機関がないかを確認してみてください。そして、相談できる専門機関があるのなら、積極的に活用することをおすすめいたします。

専門機関であれば、専門的な立場から、アドバイスをもらうことができますからね。やはり、専門機関からのアドバイスは、すごく説得力があり、心強く感じられるでしょう。

10.『転職エージェント』は転職のプロ!転職に関するアドバイスも素晴らしい

転職エージェントもハローワークと同じように、転職のプロであると考えることができます。つまり、転職エージェントも、毎日のように転職希望者の支援をしてきているのです。それだけ、転職支援の実績があるわけですから、転職エージェントは充分に転職のプロであると考えることができるはずです。

ぜひ、転職を少しでも考えているのなら、転職エージェントに登録をするようにしてください。転職エージェントに登録をすることで、転職に関する相談ができるようになります。やはり、転職エージェントは転職に精通しているだけあって、アドバイスもかなり的確であると感じられますよ。

たとえ、転職を決意していなくても、転職エージェントには登録できるので安心してください。つまり、あなたのように、「転職すべきか迷っている」という段階でも、転職エージェントを問題なく利用することができるのです。

実際に、転職エージェントは、あなたのような「転職すべきか迷っている」という人とも、たくさんの面談を重ねてきています。そのため、あなたが転職エージェントに相談をすれば、的確なアドバイスをもらえることは間違いありません。

確かに、転職エージェントに対しては、敷居が高く感じられるかもしれません。しかし、ほとんどの転職エージェントは、ネットから簡単に登録をすることができます。だからこそ、転職を少しでも考えているのなら、気軽に転職エージェントに登録をして、相談をすることをおすすめします。

相談したい内容は、まとめておくようにしよう

誰に相談をする場合であっても、「どのようなことを相談するのか」という点を、きちんとまとめておくようにしましょう。おそらく、「転職すべきか」で迷っている状況ですと、さまざまな考えが頭のなかを巡っているはずです。

では、はたして「さまざまな考えが頭のなかを巡っている」という状態で、うまく自分の思いを相談することができるでしょうか?おそらく、相談中は頭のなかがグチャグチャになってしまい、うまく相談をすることができないはずです。

だからこそ、「転職すべきか」で迷っているのなら、相談したい内容をまとめてから、相談をするようにしてください。

例えば、「相談したい内容」を、紙に箇条書きにしてみてはどうでしょうか。「相談したい内容」が紙に箇条書きになっていれば、相談中に頭のなかがグチャグチャになることはないはずです。また、「相談のし忘れ」も防ぐことができるでしょう。

特に、会社の上司など、目上の人に相談をするときには、「相談内容をまとめる」というのは大変重要なことですよ。せっかく、会社の上司に相談しているのにも関わらず、相談中に頭のなかがグチャグチャになるというのは失礼なことでしょう。

自分自身が的確なアドバイスをもらうためにも、相談をしたい内容は、きちんとまとめておくことが大切なのです。

1人で悩み込むことだけはするな!

「転職をすべきか」ということを、1人で悩み込むことだけはしないでください。現にあなたは、「転職をすべきか」ということで、悩んでいるはずです。

常に悩んでいるのにも関わらず、さらに悩み込んだところで、悩みが解決する可能性は限りなく低いでしょう。つまり、あなたが1人でこれ以上「転職をすべきか」で悩んだところで、「転職をしよう」と決心できる確率はかなり低いのです。

だからこそ、1人で悩み込むことは避けて、誰かに相談をするという行動をとってもらいたいのです。「悩んだときは相談しよう」なんて言葉は、子どもの頃からよく聞いていますよね。実際に、悩んでいたのにも関わらず、誰かに相談をしたことで、悩みが解決したという経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

また、たとえ悩みは解決しないとしても、誰かに相談をすることで、悩みが薄れることは多々あるはずです。だからこそ、「転職すべきか」で悩んでいるときにも、誰かに相談をしてみてください。

あなた以外の人間は、あなたとは全く違う価値観を持っています。だからこそ、相談をすることで、悩みが解決したり、薄れたりするのではないでしょうか。本当にあなたのことを思ってくれている人であれば、喜んで相談に応じてくれるはずで。

周りに相談ができる人がいないか考えてみよう

1人に相談をするよりも、さまざまな人に相談をしていきたいですね。例えば、「友人にも上司にも親にも相談する」といった感じですね。

多くの人に相談をすることで、さまざまな視点から、自分を見つめ直すことができるでしょう。また、多くの人に相談をするということは、いろいろな価値観に触れるということです。やはり、いろいろな価値観に触れたほうが、より道は開けやすいですよ。

また、あなたを直に知っている人に加えて、ハローワークや転職エージェントなど、転職活動に精通している機関にも相談をしていくようにしましょう。

やはり、転職活動に精通している機関なわけですから、転職に関する具体的なアドバイスを受けることができるのです。

探してみると、あなたが相談できる人や機関は、思っているよりもたくさんあるはずです。せっかく、相談できる人や機関がたくさんあるわけですから、利用しない手はないでしょう。

「転職すべきか」の相談をするということは、自分自身の未来を明るくするための行動でもあるのです。もちろん、相談をすることに後ろめたい気持ちを感じてしまう場合もあるかもしれません。しかし、自分自身の未来を明るくするためにも、やはり相談をすることは大切なことなのです。

本当にあなたのことを思ってくれている人であれば、喜んで相談に応じてくれるでしょう。

転職エージェントを活用して、安心感を持って転職活動を進めていこう

転職エージェントに登録をすれば、求人紹介、履歴書や職務経歴書の添削、面接練習など、さまざまな角度から転職支援を受けることができます。決して、転職エージェントは、相談だけを行っているサービスではないのです。

そのため、あなたが本格的に転職活動を進めた後も、転職エージェントを思いっきり活用することができますよ。実際に、「転職しよう」と決意はしても、不安なことはたくさん生じてしまうものです。やはり、転職活動に慣れている人はいないでしょうから、「転職活動に不安を抱く」というのは当たり前のことなのです。

しかし、転職エージェントを利用していれば、そんな転職活動に対する不安を軽減させることができます。転職エージェントに登録をすることで、面接練習など、さまざまな角度から転職支援を受けることができるわけですからね。

また、転職エージェントに登録をしていれば、転職に関する疑問点は、いつでもメールや電話で担当者に聞くことができるでしょう。そんな、「いつでも転職に関する疑問点を聞ける」というのも、転職エージェントに登録する大きなメリットであるはずです。

転職エージェントは、無料で利用することができます。だからこそ、転職を考えているのなら、気軽に転職エージェントに登録をしてもらいたいのです。転職エージェントを利用することで、安心感を持ちながら、転職活動を進めることができるでしょう。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。