退職交渉

死ぬほど「仕事が辛い」「会社が嫌だ」と思っているあなたに伝えたい10のこと

死ぬほど「仕事が辛い」「会社が嫌だ」と思っている人に伝えたいこと

「仕事が辛い…」「会社が嫌だ…」

このような気持ちで、毎日足を引きずるように会社に出勤している人がたくさんいます。この記事を読んでいるということは、あなたもそのような気持ちを抱いているはずです。

あなたの気持ちは私もよくわかります。私も、死ぬほど「仕事が辛い」「会社が嫌だ」と思って会社を辞めて転職した経験があるからです。

死ぬほど仕事や会社が辛いのであれば、今すぐにでも仕事を辞めるべきなのではないでしょうか。死ぬほど辛いのなら、すぐにでも対処するべきです。

そのままあなたがその会社で働き続けても、幸せになれる可能性はほとんどありません。転職も視野に入れて、今すぐ行動を起こすことをおすすめします。

しかし、そうは言っても転職には不安を感じてしまうこともあるでしょう。このような理由で辞めて次の仕事が決まるのかなど、悩みはつきません。

この記事では、死ぬほど「仕事が辛い」「会社が嫌だ」と思っているあなたに向けて、私から伝えたい10のことをお話します。

1.あなたと同じような境遇の人はたくさんいる

あなたと同じような境遇の人はたくさんいる

あなたは今、死ぬほど「仕事が辛い」「会社が嫌だ」と思っていますね。

もちろん、死ぬほど辛いわけですから、周りのことなど考える余裕はないのかもしれません。しかし、「あなたと同じような境遇の人はたくさんいる」ということは、れっきとした事実なのです。

つまり、「死ぬほど仕事が辛い」「死ぬほど会社が嫌だ」と思っている人は、たくさんいるということです。

「自分と同じような境遇の人はたくさんいる」ということを理解すると、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

ちなみに、私は過去に、「仕事が辛い人が集まるサークル」のような場所に通っていました…。やはり、「仕事が辛い人が集まるサークル」に、初めて参加しにくる人は、みんな険しい顔をして訪れるんですよね。

しかし、「仕事が辛い人が集まるサークル」には、自分と似たような状況の人がたくさん集まっているわけです。つまり、「仕事が辛い人が集まるサークル」に参加するということは、「自分と同じような境遇の人はたくさんいる」ということを理解することにつながります。

実際に、ほとんどのサークル参加者は、サークル参加の回数が増すに連れて、表情が穏やかになっていったように思います。

「自分と同じような境遇の人はたくさんいる」と理解することが重要であることを、わかっていただけたのではないでしょうか。

もし、行動する気力があるのなら、街中を散歩してみてもいいでしょう。きっと、さまざまな人とすれ違うことができるはずです。

そして、家に帰ったら、「今日すれ違った人のなかにも、自分と同じように苦しみを抱えている人がいたのかもしれない」と考えるのです。きっと、心が少し楽になるはずですよ。

 

2.死ぬほど苦しいのなら、今の仕事は辞めるべき

死ぬほど苦しいのなら、今の仕事は辞めるべき

「死ぬほど仕事が辛い」「死ぬほど会社が嫌だ」など、死ぬほど苦しい状況にいるのなら、今の仕事はすぐにでも辞めるべきでしょう。

確かに、人生を歩んでいれば、「辛い」「嫌」なんて状況は、いくらでも訪れます。そんな、いくらでも訪れる「辛い」「嫌」を迎えるたびに、逃げてしまうのはよくないことでしょう。

しかし、そんな「辛い」「嫌」という状況が、死ぬほど辛い症状を招いてしまうのなら、対処をしなければなりません。

死ぬほど辛いのなら、周りが変わってくれない以上は、自分自身が逃げるべきなのではないでしょうか。

つまり、「死ぬほど仕事が辛い」「死ぬほど会社が嫌だ」と思っているのなら、会社を辞めるべきだと私は考えます。

確かに、仕事を辞めることには、不安が付きまとってしまうものです。しかし、あなたは社会人である以前に、1人の人間なのです。

「生きること」と「仕事」を比べた場合、「生きること」を重要視しなければいけないことは、いうまでもありません。

つまり、死にたいくらいに苦しんでいるのなら、「生きること」という観点から、「自分が何をすべきか」を判断してもらいたいのです。

ほとんどの人は、仕事よりも、生きることのほうが大切であることは、理解しているんですよね。しかし、実際に自分が、死ぬほど苦しい状況のときには、仕事を辞めることに不安を感じてしまうものなのです。

もし、自分と同じ境遇の人がいたら、「死ぬほど苦しくても仕事を続けろ」と言えますか? おそらく、「死ぬほど苦しいのなら、仕事からは離れなさい」と意見するはずです。

この、「死ぬほど苦しいのなら、仕事からは離れなさい」という意見こそが、死ぬほど苦しい人に向けられるべき、客観的意見なのではないでしょうか。

であるならば、あなた自身にも思い切って仕事から離れる選択を取ってもらいたいのです。

 

3.空白期間に対して、大きく悲観的になることはない

空白期間に対して、大きく悲観的になることはない

もちろん、空白期間は、無いに越したことはないでしょう。やはり、転職活動においては、面接官から「空白期間があること」に対して、懸念は抱かれてしまうものですからね。

しかし、あなたは現職が原因で、死ぬほど苦しんでいるのです。「死ぬほど苦しい」とは、「生命の危機的状況」とも捉えることができるのではないでしょうか。

そんな「生命の危機的状況」であるのにも関わらず、空白期間を発生させないために、死ぬほど苦しい現職に留まる必要はありません。

もしかしたら、現職に留まることで、余計にストレスが悪化してしまうかもしれませんよ。私自身、現職が辛いのにも関わらず、無理に仕事を続けてしまい、ストレスが悪化してしまった人々を見てきました。

そして、ストレスが悪化してしまった人々のほとんどは、「すぐにでも仕事を辞めるべきだった」と後悔しているのです。

確かに、空白期間は、転職活動において不利になってしまいます。しかし、転職活動で不利になることを考える前に、生命の危機から打開することを考えましょう。

仮に、空白期間を抱えたなかで転職活動を進めても、前向きな気持ちでいることができれば、きっと幸せな転職につながるものですよ。

 

4.余裕が出てきたら転職活動を行いたい

余裕が出てきたら転職活動を行いたい

現職を辞めてもなお、心が死ぬほど苦しい場合は、すぐ転職活動を進めるべきではありません。この場合、精神科や心療内科などの病院に、通院してみてもいいのかもしれません。

病院に通院することで、精神医学的な観点から、あなたの症状を診断してもらうことができます。また、診察の際には、「死ぬほど苦しくて仕事を辞めたこと」「転職活動ができる精神状態かわからないこと」をきちんと伝えましょう。

先生は、「今から転職活動を進めても問題ないでしょう」と、助言してくれるかもしれません。一方で、「今は転職活動は進めずに休養に専念してください」と、助言されるかもしれません。

先生からの助言は、精神医学的根拠に基づいた、信頼のおけるものであるはずです。したがって、先生からの助言には、きちんと従うようにすべきでしょう。

確かに、「今は転職活動は進めずに休養に専念してください」と先生から助言されると、将来に対して焦ってしまいがちですよね。しかし、「休養に専念すること」と助言されている以上は、きちんと従うべきなのです。

きっと、休養に専念して、通院を重ねるうちに、あなたの症状はよくなってくることでしょう。そして、いずれは、「もう転職活動を進めてもいいですよ」と助言される日が来るはずです。

みんなどうやって仕事を探してるの?求人の見つけ方を全て紹介|年代別に求人の探し方も解説 「みんなどうやって仕事を探してるの?」という疑問は、就活や転職活動を始めようと考えている方が最初にぶつかる壁です。 本記事...

5.転職活動において、焦ることは禁物である

転職活動において、焦ることは禁物である

転職活動を進めると、ほとんどの人は、焦ってしまうように感じます。やはり、転職活動によって、自分の将来が左右されるわけですからね。

追い込まれるような気持ちが、「早く転職先を決めてしまいたい」という思いにさせ、結果的に焦ってしまうのではないかと考えています。

特に、離職中ですと、「早く収入を得なければ…」という思いから、余計に転職活動を焦ってしまいがちです。また、「空白期間を長くしたくない」という思いも、転職活動の焦りへとつながりやすいといえるでしょう。

ただ、「転職活動において、焦ることは禁物である」ということを忘れてはいけません。

確かに、転職活動を焦ることで、早く転職先を見つけることはできるかもしれません。しかし、転職活動を焦ることは、転職活動を曖昧にすることにもつながります。例えば、「適職を見極めきれていなかった」という具合ですね。

転職活動をするからには、長く勤めることのできる転職先を見つけなければいけません。そして、転職先で長く勤めるためには、地に足の着いた転職活動が重要になってくるのです。

▼関連記事

「不安」や「焦り」を解消して上手に転職活動を進めていく方法

地に足の着いた転職活動とは、「適職をきちんと見極める」「働きやすい職場環境を見極める」「ストレスが生じやすい環境を理解する」といった感じでしょうか。

地に足の着いた転職活動を進めることが、転職先で長く勤められる可能性を高めることにつながるのです。反対にいえば、焦るの生じる転職活動は、転職先で長く勤められる可能性を低めかねないとも考えることができますね。

ぜひ、転職後に長く勤めるためにも、そしてより活躍できる職場に転職するためにも、地に足の着いた(焦りのない)転職活動を進めてもらいたいものです。

 

6.「なぜ仕事が死ぬほど苦しくなってしまったのか」ということを理解する

「なぜ仕事が死ぬほど苦しくなってしまったのか」ということを理解する

「人間関係」「仕事内容」「労働時間」などなど、仕事が死ぬほど苦しくなる要因は、人それぞれであるはずです。

転職活動を進める前には、そんな「なぜ仕事が死ぬほど苦しくなってしまったのか」ということを、きちんと理解しておくようにしましょう。

「なぜ仕事が死ぬほど苦しくなってしまったのか」ということを理解することは、「自分が大きなストレスに陥りやすい状況」を理解することにつながります。

この、「自分が大きなストレスに陥りやすい状況」を理解することができれば、転職後に二の舞を踏む可能性を低めることができるのではないでしょうか。

例えば、「労働時間が長くて、死ぬほど苦しくなってしまった」とします。ということは、「自分が大きなストレスに陥りやすい状況」は、「労働時間にある」と考えることができますよね。

この場合は、「労働時間」に特に留意して、転職活動を進めることが大切です。例えば、「残業がない会社」に転職することで、「仕事が死ぬほど辛い」という状況に再び身を置く可能性を低めることができるのではないでしょうか。

 

7.より自分が活躍できる職場を、じっくりと探していきたい

より自分が活躍できる職場を、じっくりと探してゆきたい

また、ほかにもさまざまな角度から、「自分が活躍できる職場」を探していくようにしましょう。

「職種」「通勤時間」「給料」「社員人数」「労働時間」など、転職先に求める条件を、さまざまな角度から考えていくのです。

もちろん、自分の条件を全て満たす転職先とは、なかなかめぐり合うことはできないかもしれません。しかし、自分の条件に近い転職先とは、案外めぐり合えるものですよ。

そのためにも、きちんと転職先に求める条件を、さまざまな角度から考えてもらいたいのです。

▼関連記事

「自分に合う」転職先の探し方・見抜き方6つのポイント

転職で失敗しないための応募企業・転職先の見極め方10のポイント

 

8.前向きな志望動機を考えておく

前向きな志望動機を考えておく

確かに、あなたの転職理由は、「仕事が死ぬほど苦しくて辞めたため」なのかもしれません。しかし、転職したい理由を、正直に「仕事が死ぬほど苦しくて辞めたためです」といっても、採用をもらえることはないでしょう。

履歴書には、「志望動機」を書く欄があります。そして、面接の際にも、ほとんどの確率で、「志望動機」を聞かれるはずです。

もしかしたら、「転職したい理由」や「転職後のビジョン」など、より細かい質問を受けることがあるかもしれません。

この、「志望動機」でネガティブなことを伝えても、不採用になるだけでしょう。したがって、「志望動機」では、ポジティブで前向きなことを伝えることが大切です。

「採用される志望動機」は、ネットや書籍などを参考にしてみるといいですよ。おそらく、ポジティブで前向きな志望動機が浮かばないなかでも、「採用される志望動機」を見つけることができるはずです。

また、転職エージェントを活用してみるのも、1つの手だといえるでしょう。転職エージェントを利用することで、応募書類添削や面接練習を受けることができますからね。「採用される志望動機」も、確実に見つけることができるでしょう。

特に、「絶対に採用されたい」と思える応募企業に対してほど、「採用される志望動機」をきちんと準備できるようにしたいですね。

 

9.空白期間のある理由を、人事担当者にきちんと伝えられるようにする

空白期間のある理由を、人事担当者にきちんと伝えられるようにする

「空白期間に対して、大きく悲観的になることはない」と、先述いたしました。確かに、悲観的になることはありません。しかし、「空白期間のある理由」は、人事担当者にきちんと伝えられるようにしておかなければいけません。

いうまでもなく、人事担当者はあなたの空白期間に対して、疑問を抱くはずです。そして、ほとんどの確率で、人事担当者から空白期間に対しての質問を受けることでしょう。

したがって、空白期間のある理由を、きちんと答えられるようにしておかなければいけないのです。

まずは、応募書類(履歴書・職務経歴書)に、空白期間に対して説得力のある理由を記述したいですね。そして、面接の際には、説得力のある空白期間の理由を、伝えられるようにしましょう。

この、「説得力のある空白期間」を準備することができれば、空白期間があるなかでも、優位に転職活動を進めることができるかもしれません。

▼関連記事

職歴に空白期間(無職・ブランク期間)がある人が転職を成功させるために押さえておきたい7つのポイント

 

10.転職エージェントを活用すると、転職活動は成功しやすい

転職エージェントを活用すると、転職活動は成功しやすい

気軽に転職エージェントを利用しよう

終始1人で転職活動を進めると、どうしても不安になりがちなんですよね。やはり、転職活動を進めても、「本当にこんな転職活動で採用をもらえるのだろうか」と思ってしまうものでしょう。

転職活動とは、いわば未知の世界なわけですからね。そんな、未知の世界である転職活動を、終始1人で進めるのは、大きなストレスにもなりかねません。

そのようなときに、おすすめしたいのが、転職エージェントです。転職エージェントとは、簡単にいえば、「転職支援サービス」といったところでしょうか。

転職エージェントに登録をすることで、「求人紹介」「応募書類添削」「面接練習」「面接アポ代行」「悩み相談」「離職手続きのアドバイス」など、さまざまな角度から転職支援を受けることができます。

つまり、転職エージェントを利用することで、「終始1人で進める転職活動」から逃れることができるのです。

もちろん、転職エージェントは、さまざまな転職希望者の転職を、実現させてきた実績があります。おそらく、あなたのような、死ぬほど会社が辛くて辞めた人の転職成功実績も、豊富であるはずです。

転職エージェントとは、転職のプロとも言い換えることができます。つまり、転職エージェントを利用するということは、「転職のプロの支援を受けながら、転職活動を進める」ということなのです。

 

転職エージェントには、正直に自分の気持ちを伝える

転職エージェントを活用することで、心強い気持ちで転職活動に挑むことができるのは言うまでもありません。

転職エージェントに登録をしたら、最初に面談を受けることになるはずです。この転職エージェントとの面談では、正直に自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

つまり、たとえ自分にとって不利な状況であっても、伝えなければいけない点は、きちんと転職エージェントに伝えるべきなのです。

例えば、面談で「なぜ転職を考えたのですか?」という質問を受けたとしましょう。この場合は、「前職では死ぬほど苦しくて辞めてしまったので…」という具合に、正直に答えるべきなのです。

もちろん、「どのようなことが苦しかったのですか?」「人間関係において辛いことはありましたか?」など、具体的な質問を受けることもあるでしょう。ただ、人に伝えるのが恥ずかしいことであっても、転職エージェントにはきちんと伝えるべきなのです。

例えば、お腹が痛くて、病院に行ったとしましょう。診察の際には、症状を先生に伝えますよね。ここで、恥ずかしがって、曖昧に症状を伝えたら、先生はあなたの症状を確信することができないかもしれません。

仮に、先生があなたの症状を確信できていなかったら、的確な薬が処方されないかもしれません。結果として、あなたの腹痛が、長引いてしまうことだって考えられます。

一方で、正直に症状を伝えていれば、的確な薬が処方され、すぐに腹痛が治った可能性は高いでしょう。

ただ、恥ずかしいという気持ちに負けて、正直に症状を伝えなかった結果、的確な薬が処方されなかった… そして、腹痛の症状は、長引いてしまった…

「正直に伝える」という行動の有無が、その後の結果を左右したわけです。このように考えると、「正直に伝えない」ということが、いかにもったいないことなのか理解できるのではないでしょうか。

転職エージェントとの面談は、先生との診察のようなものです。あなたが、正直に自分の気持ちを伝えなければ、転職エージェントは、「あなたが描く転職」を理解することができません。

反対に、正直に自分の気持ちを伝えることができれば、転職エージェントは「あなたが描く転職」を理解することができ、転職活動の成功へとつながりやすいのです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。