転職コラム

転職の決断に悩む人へ。とりあえず転職活動を始めてみよう

転職の決断に悩む人へ。とりあえず転職活動を始めてみよう

転職したいけど、本当に転職すべきか転職の決断に悩んでしまう…。

あなたは今こういった現状かもしれません。社会人なら誰でも1度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。特に、職場の人間関係や仕事内容で悩んでいる人が多いようです。

あなたも仕事辞めたいけれど、決断できずに悩んでいませんか?仕事辞めると、今まで貰っていた毎月の給料がなくなりますから、生活のことを考えると転職の決断に悩んでしまうのも当然でしょう。

また、「今後どうするか」を考えないうちに仕事辞めてしまうのは勇気が要りますよね。辞めて生活費が足りなくなってしまったら、生活に困窮してしまう恐れもあります。

仕事を辞めたいあなたは、今まさに「転職」について考え始めていることだと思います。転職してしまえば、今の環境から抜け出して新しい場所でやり直すことができます。

そのことが分かっていながら、なかなか転職の決断ができない…。その気持ちは私にも痛いほど分かります。私自身も、「転職したい」と思いながら決断ができず悩みながら働いていました。

転職すれば気持ちもスッキリするはずなのに、6年間勤めた会社を辞めるのはとても勇気がいることで、決断することができませんでした。

「転職に失敗したらどうしよう」
「辞めて今より悪くなったらどうしよう」
「転職が決まらずにお金が尽きてしまったらどうしよう」

このような悩みがあって、転職の決断に迷っていましたね。では、このような悩みとどのように向き合っていけばよいのでしょうか?今転職の決断できなくて悩んでいる方は、今回の記事を参考にしてみてください。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職の決断に悩んでしまうのは何故なのか

転職の決断に悩んでしまうのは何故なのか

転職を考えていても、勇気が出ずに、リスクを考えると転職に躊躇してしまう。このような人が多いと思います。転職して仕事を変えることは、人生においても大きな決断となります。

ガラッと環境が変わってしまうので、決断するのも迷ってしまいますよね。ですから、悩んでしまう自分や、決断できない自分がいるのは仕方がないことなのです。

「転職したい」「でも失敗が怖い」という感情の中で揺れているのかもしれません。あなたが今転職を決断しなかったら、あなたの10年後の未来はどうなっているでしょうか。

転職をしなかった場合に、あなたの将来がどうなっているのかをイメージしてみてください。もし、転職せずに後悔している姿が思い浮かぶなら、すぐに転職の決断をした方が良いでしょう。

あなたの10年後の姿が今の会社でも「悪くはない」のなら、今の会社に続けても良いかもしれません。あなたが転職の決断に悩んでしまうのは、概ね以下のようなものではないでしょうか。

  • 転職の失敗を恐れている
  • 生活費が足りなくなる恐れがある
  • 今の会社にまだ未練がある
  • 新しい環境でやっていけるか不安
  • 周囲からどう思われるかが不安

このような理由があり、転職の決断に悩んでいるはずです。転職には、失敗するリスクもありますよね。全ての人が転職に成功しているわけではありません。

ブラック企業に転職してしまった人もいれば、社風が合わない会社に転職してしまった人もいるでしょう。あなたが良い会社に転職できたとしても、新しい人間関係を構築していかなければいけませんよね。

環境に慣れるのにもある程度の時間がかかりますし、仕事内容に馴染めるかはやってみなくてはわかりません。このように、転職には少なからず「リスク」があるのは真実です。

しかし、そのリスクを受け入れて転職すれば、新しい未来が開ける可能性があるのも事実なのです。「本当に転職を決断して良いのだろうか」あなたはこのように悩んでいますね。

今の会社にまだ未練があって、今の会社でもなんとかやっていけそうなら、現職で頑張るという方法もあります。今の会社にとことん嫌気がさしていたり、新しい場所で頑張りたいというような「転職したい」という気持ちが大きいなら、思い切って転職活動を始めてみましょう。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

本当に転職していいのか迷っている人が取るべき行動を3つ紹介|転職が決断できないときは覚悟を決めよう! この記事では、本当に転職していいのか迷っている方が理解すべきことから、転職を決断できない理由、迷ったときに取るべき行動ま...

転職の決断は悩むのが当たり前

転職の決断は悩むのが当たり前

仕事は1日の中で最も多くの時間を費やすものです。その仕事を変えて転職するというのは、大きな決断力が必要ですよね。転職の決断は、悩むのが当たり前なのです。

転職する人は、必ず不安や悩みを抱えています。人によって悩みの大小はあるかもしれませんが、誰でも何かしらの悩みを持っているものです。

「転職していいのか」というのは、あなた以外の他の誰にも答えを出すことができません。あなたが決断して、本当に転職してみないと、その転職が成功かどうかはわからないのです。

もう一度、あなたの心を見つめ直してみてください。どうしてあなたは転職しようと思ったのですか。そこに何かヒントが隠されているはずです。

今の仕事は、あなたが許容できない部分があるのですよね。上司とソリがわなかったり、仕事のモチベーションがなくなってしまったり、忙しすぎて、肉体の限界だったり…。

あなたが、今の会社から転職しないといけない理由は何でしょうか。新しい仕事に転職できれば、その悩みは解消されますか?

転職の決断は迷わずに行えるということはありません。大いに悩んでください。そして悩んだ末に出した結論なら、自信を持って決断しましょう。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

転職の決断に悩む人へのチェックポイント

転職の決断に悩む人へのチェックポイント

転職を考えた時に、あなたにチェックして欲しいポイントがあります。よく考えて転職の決断をして欲しいからです。転職したのに後悔してしまったら悲しいですよね。

あなたが「本当に転職していいのか」という決断に悩んでいるなら、下記の項目についてじっくり考えてみてください。

 

本当に今の会社を辞めなければいけないのか?

あなたは、本当に今の会社を辞めなければいけないのでしょうか?もし、あなたが上司からパワハラを受けていたり、ブラック企業で働いているなら即座に辞めた方がいいはずです。そのまま会社にいるリスクは計り知れません。

しかし、もしあなたが「なんとなく転職したい」くらいの気持ちなら、今の会社でもう少し頑張ってみても良いのではないでしょうか。

どのような仕事にも、ある程度の辛さは伴います。転職したとしても、辛い気持ちは何かしら出てくるものです。あなたがネガティブな理由で転職したいと考えているなら、転職することでそのネガティブな状態から解放されるのかを真剣に考えてみてください。

転職には、ネガティブなエネルギーだけではなく、ポジティブさも必要になります。「この仕事がやりたい」という気持ちがなければ、転職活動もうまくいかないでしょう。

「転職したい」と考えるきっかけはネガティブな理由でも構いません。しかし、転職活動始めたら、ポジティブなエネルギーを使って前進することが必要になります。

 

辞めた後の生活費は確保できているか

転職を決断できない理由に、「お金」の心配している人がいるかもしれません。生活費が足りなくなってしまったら、生活できないわけですから、心配するのは当然のことです。あなたが転職して次の給料が出るまでは、失業保険とこれまでの貯金で暮らして行かなければいけません。

在職中に転職が決まった方は、空白期間がないので経済的な心配をする必要ありませんが、辞めてから転職活動をしようと思っている人は、少なくとも3ヶ月分の貯金があったほうが安心できるでしょう。

失業保険は、自己都合で辞めてしまうと待機期間が3カ月間あります。その間の貯金として3ヶ月分の生活費を確保しておきましょう。

お金の問題は、転職するかどうかの決断にも関わってきます。お金がないから辞めるに辞められないという人が結構多くいるのです。

転職したいけど生活の不安があって決断できないという人は、まずは生活資金を確保するところから決めてください。月々の支払いは待ってくれません。

生活費だけではなく借金やローンの支払いもしなくてはいけませんから。シビアに計算して、経済的な不安を取り除いておきましょう。

そうでないと、辞めてから後悔することになります。「生活費が底をつきそうだから、もうどこでもいいから転職しよう」なんてことにもなりかねません。

せっかく転職するなら、あなたの希望にあった適職に転職したいはずです。それなのに適当に転職してしまうと、確実に後悔してしまうことになります。ですから、貯金をした上で転職の決断をされた方が気を楽にして転職活動ができるはずです。

 

家族に了解を得ているか

妻や子供がいる人は、転職は自分1人だけの問題ではありませんよね。あなたの転職によって、家族の生活も大きく変わってしまうものです。

今あなたが転職の決断を悩んでいるのは、家族が反対しているからかも知れませんね。妻に反対されて、転職の決断ができずに働き続けている人は、全国に大勢いるでしょう。

家族の反対が怖くて、何も言わずに転職を決めてしまう人もいます。そして事後報告するのですが、その方が家族の反感を買うことになるでしょう。

あなたの転職は、家族にもしっかりと話しておくべきです。迷ってる段階でも、話しておくべきだと思います。「なぜ転職したいのか」「これからどうするのか」という計画を、真剣に説明してください。

もし反対されたら、その時に考えれば良いのです。反対されたとしても、あなたの気持ちが伝われば、いずれ納得してくれるかもしれません。

あなたが、家族を納得させることができないようなら、転職先の面接官を納得させることも難しいのです。まずは家族としっかり話し合って、家族と一緒に転職を決断してください。

▼関連記事

転職するなら家族には相談しておくべき!反対されたら?どのタイミングで報告する?

 

辞めても未練がないか

転職するということは、当然ですが今の会社を辞めることになります。不満があって転職する人が多いわけですから、「転職して良かった」と感じている人は多いです。

しかしその一方で、「辞めるんじゃなかった」と未練を感じている人もいます。あなたは、今の会社を辞めて、本当に未練がないでしょうか。よくよく考えてみてください。今の労働環境は、あなたにとって耐え難いものでしょうか?

「しんどいけど何とかやっていける」という程度なら、もう少し様子をみた方がいいかもしれません。それでも「転職したい」という気持ちが日に日に大きくなっているなら、もう一度「転職して未練がないか」を真剣に考えましょう。

転職すれば、全てが解決するというわけではありません。転職して最初のうちは、新しい環境に慣れることに戸惑ってしまうはずです。仕事も1から覚えなくてはいけないし、人間関係も1から構築する必要があります。

新たな環境に馴染むことができずに、「転職に失敗した」と思い込む人もいます。しかし、最初は誰でもそうなのです。

新しい環境に馴染むまでは辛い感情が出てくるものなのです。あなたが転職しようと考えているなら、そのことを肝に銘じておかなければいけません。

 

上司に「仕事を辞めます」と言い出せなくて悩んでるのか

あなたが転職を悩んでいるのは、上司に「辞めます」と伝えるのが怖いという部分が少しあるのではないでしょうか。上司に退職の意思を伝えるのは、一番勇気がいることですよね。

「仕事を辞めたい」と思いながらも、上司に言い出すことができない。そうしてズルズル働き続けてしまうのです。
上司がどのような反応するか考えると、怖いですよね。案外あっさり受け入れてくれる人もいれば、冷たい態度をとる人もいます。

あなたが転職の決断に悩んでいるなら、退職届を書いてしまったらどうでしょうか。私自身も、転職の決断に悩んでいたときにそうしました。

もちろんすぐに提出するわけではありません。かばんの中に入れておいて、「いつでも辞められるぞ」という気持ちを持っておくのです。

さらに、夜寝る前に、上司に「辞めます」と伝えているイメージトレーニングをしておくとなお良いでしょう。あなたは「転職したい」のですから、上司に退職の意思を伝えることは避けられません。

そうであるならば、上司の機嫌が良いときを見計らって、シンプルに「辞めます」と伝えましょう。この時にすでに転職先が決まっていれば、スムーズに退職まで進んでいくと思います。

あとはしっかりと引き継ぎを行って、なるべく気持ちよく辞められるように配慮しましょう。

 

辞めてからどうするかを考えているか

あなたは転職の決断を悩んでいるのですから、今の仕事辞めて転職しようと考えているはずです。そこで大事なのは辞めてしまった後のことです。

在職中に転職活動をするのか、辞めてから転職活動するのかでも大きな違いがありますよね。とりあえず辞めて、その後に転職活動しようと思っている人もいるでしょう。

その場合でも、具体的に「何ヶ月で転職を決める」と考えておかないと、ズルズル無職期間が延びてしまうかもしれません。

この時に怖いのは、焦って行きたくもない会社に転職してしまうことです。焦り始めると転職活動もうまくいきません。

焦って決めた会社は、良い会社である可能性が少ないからです。一番良いのは、在職中に転職先を決めておくことでしょう。そうすれば、次の会社が決まっていますから、あなたは不安なく仕事を辞めることができます。

しかし、在職中は、転職活動をする時間がなかなか取れませんよね。ですから、転職活動は転職エージェントに登録して行うのが基本になります。

2つほど転職エージェントに登録して、優良な会社の求人をピックアップしていきましょう。辞めてからのシュミレーションはしっかりと決めておくこと大切です。具体的に計画を立てておくと、転職の迷いも晴れていくでしょう。

 

不安があっても辞めたいか

転職には不安がつきものです。転職をすることで今の生活が一変するわけですから、不安になるのは仕方ないことですよね。

その不安と向き合って、それも転職したい人が実際に転職していきます。不安があっても、それでも「今の仕事を辞めて転職したい」という気持ちがあれば、転職の決断を悩むことなくすることができるでしょう。

あなたは何のために今の仕事を辞めて転職したいのですか?やりがいを感じられる仕事に転職したいと思っている人もいるでしょう。

「今よりも良い会社で働きたい」という感情は誰にでもあります。だからこそ、あなたが納得する形で転職の決断をして欲しいのです。

転職が不安なのは、先のことが分からないからだと言えます。未来のことは誰にも分かりません。しかし、転職することによって何かが変わるきっかけになります。

今の時代、1つの会社で定年まで勤め続ける人の方が少なくなりました。転職が当たり前の時代なってきていますから、恐れずに転職してしまえばいいのです。

 

10年後も今の会社で働きたいか

あなたは転職の決断を悩んでいるのですから、まずはこう考えてみましょう。「10年後も今の会社で働きたいですか?」もしこの質問に「ノー」と答えるなら、転職を決断するタイミングだと言えますね。

あなたの未来像が、今の会社でそれなりにやっている姿なら、もう一度転職の決断を考え直してみてください。10年後の姿は、生き生きとしているでしょうか?やりがいを感じながら働くことができているでしょうか?

あなたが転職を考えている原因が取り除れて、気持ち良く働けているならそれに越したことはありません。しかし、「10年後も今の会社で働きたいか」を考えたときに「やっぱり転職したい」と思えたのなら、今すぐ転職活動始めましょう。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

とりあえず転職活動を始めてみたら良い

とりあえず転職活動を始めてみたら良い

転職の決断に悩んでいるなら、とりあえず、転職活動を始めてみましょう。転職活動を始めたからといって、必ずしも転職しなければいけないわけではありません。

どんな求人があるのかを探してみるだけでも、あなたの希望にあった求人が見つかるかもしれませんよ。もしあなたの希望にぴったりと合った求人が見つかったら、そのときに実際に転職を考えればよいでしょう。

あなたが何もせずに今のまま悩み続けているなら、そっちの方が後悔が大きいのではないでしょうか。「転職したい」と悩みながら決断に迷って、何年間も何もしないでいると、条件の良い会社に転職できる可能性がなくなってしまいます。

今のうちから転職活動を始めておけば、良い求人が集まりやすいのです。あなたの将来はあなた自身の行動にかかっています。後悔しないように勇気を振り絞ってください。転職活動しながら考えるという手もアリなのですから。

「転職活動と言っても、具体的には何から始めればいいか分からない」と戸惑う人がいるかもしれません。そんな人は、まずは転職エージェントに登録するところから始めてみてください。

\転職のプロがあなたに合った求人を紹介!/
無料登録をする
リクルートエージェント

※無理な求人紹介はありません。

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。