転職コラム

転職したいけどめんどくさい人が今すぐ行うべき理由と簡単に成功させるポイント

「もうこんな時間? まだ全然仕事が終わってない。今日も残業か…」
「転職したいのに、忙しすぎて考える余裕がない…」

仕事に追われて忙しい日常を過ごしていると、転職する気持ちがあっても、めんどくさい気持ちが優位になりがちですよね。

しかしめんどくさいと転職を先送りしていると、年収アップや手厚い福利厚生が手に入るチャンスを逃すばかりか、いつの間にか転職できない年齢になっていることも。

少しでも「転職したい!」と考えている場合は、早いうちに転職活動を行うのがおすすめです。

本記事ではめんどくさい転職を簡単に成功させる秘訣を中心に、転職を行うべき2つのポイントをお伝えします。

[template id=”8828″]

転職がめんどくさいと感じる理由

いつかは転職がしたいと思っているものの、いざ実際に行動に移す人が少ないのはなぜでしょうか? そこには転職を行うにあたり、めんどくさいと感じるさまざまな理由がありました。

  1. 職務履歴書などの書類作成や自己分析
  2. 企業や業界分析に必要な情報収集
  3. 面接の調整
  4. 現職での業務引き継ぎや上司・同僚からの引き止め

 

職務経歴書などの書類作成や自己分析

一つ目は、転職活動を行うにあたり職務履歴書といった書類作成や、自己PR・志望動機を明確にするために必要な自己分析が挙げられます。

ただでさえ仕事をしながら忙しい合間を縫って行わなければならない転職活動ですが、職務履歴書は履歴書と異なり、応募企業に即したフォーマットで記載する必要があります。

それにくわえて前職の実務経験を振り返り、自己PRや志望動機を考える自己分析は簡単に終わるものではありません。

心の底では転職したい気持ちがあるものの、日々の疲れも相まって、こうした準備の手間から「転職はめんどくさいから、今のままでいいか…」と考える人も少なくないのです。

 

企業や業界分析に必要な情報収集

二つ目は、企業や業界分析に必要な情報取集を行わなければならない点です。

中途採用の転職となると、新卒の時とは異なり、実績や即戦力として活躍できるかが求められています。今までのキャリアを振り返り、より良い会社に転職するには応募企業はもちろん、業界分析は必須といえ、様々な情報収集を行う必要があります。

しかし、企業や業界分析に必要な情報収集自体、すぐに完結できるものではありません。裏を返すと、やろうと思えばいくらでもできる部分でもあります。特に実務経験があるからこそ、転職先企業の将来性や待遇など、さまざまな点が気になるかもしれません。

情報収集していくうちに会社のイヤな部分が見える可能性も。特に一人で転職活動を行っていると、そうしたマイナスな情報に引っ張られやすく、結果的に転職がめんどくさくなる可能性が高くなるといえるでしょう。

 

面接の調整

転職がめんどくさくなる理由として、面接の調整も挙げられます。転職活動は仕事をしながら行っている人が大半であり、なかなか日中は都合がつけられません。

やっと土日あるいは全日休・半休をもらい面接を受けようと思っても、トラブルが発生し面接を再度調整してもらう必要がある場合もあるでしょう。

このように、転職活動は限られた時間の中で面接を調整しなければならない上、現職の影響を受けやすい特徴があります。

なかなか面接の調整ができない場合が続くと、転職がめんどくさいなと感じる人はどうしても増えてしまいやすいのです。

 

現職での業務引き継ぎや上司・同僚からの引き止め

四つ目の理由は、現職での業務引き継ぎや上司・同僚からの引き止めがある点です。

退職するにあたり、今までの業務を誰かに引き継ぐ必要があります。その際にマニュアルを作成したり、時間を割いて説明したりする手間がどうしてもかかってしまいます。

また退職意思を伝えると、上司・同僚から引き止めがある場合も少なくありません。いくら転職したい意思が固くても、実際に上司や同僚から面と向かって引き止められると「転職せずにもう少しこの会社で頑張ろうかな…」と情に流されがちになるのが人間というもの。

業務引き継ぎの手間や情に流され、転職活動自体をめんどくさく感じ、やめてしまう人も多いのです。

【試す価値あり】引き止められない退職理由3選!上司からの引き止め対処法も解説

 

めんどくさくても転職は行うべき2つのポイント

忙しい合間を縫って行う必要のある転職活動だからこそ、めんどくさいと感じやすいもの。しかし、いくらめんどくさいと思っても、転職はなるべく早めに行うのがおすすめです。今回は転職を行うべきポイントを2つにしぼってお伝えします。

  1. 30代後半以降の転職はハードルが高い
  2. 年収アップや手厚い福利厚生が期待できる

 

30代後半以降の転職はハードルが高い

一つ目の転職を行うべきポイントとして、30代後半以降は転職のハードルが高まる点が挙げられます。

年を重ねれば重ねるだけ、転職で求められるキャリアやスキルは高くなります。30代後半以降ではその特徴が顕著であり、よほど高いスキルや管理職経験を有しない限り転職は難しいでしょう。

特に今まで転職経験がない人は、現職企業の風土に染まっていると考えられ、柔軟性がない人材だととらえかねられません。

今勤めている企業に満足できず、いずれ転職を考えている人は、なるべく早めに転職活動を行うことをおすすめします。

転職回数が多い30代のための転職活動を成功させる3つの秘訣

 

年収アップや手厚い福利厚生が期待できる

めんどくさくても早めに転職をおすすめするのは、年収アップや手厚い福利厚生が期待できるからでもあります。

給与の水準は業界によってある程度決められています。仮に高いスキルを有していても、自分の業界がそこまで高い給与水準でない場合、なかなか高い年収は望みにくいものです。

たとえばファッション業界より、金融や不動産といった業界でWEBマーケティングを行う方が、基本給が高い傾向にあるため、同じ業種であっても高い給与が期待できます。

また高い水準の年収を支払う会社は、福利厚生が手厚い場合も多く、職場環境も良好である可能性が高いです。

高収入が全てではないにせよ、せっかく高い年収を得られるスキルを有しているのであれば、めんどくさいと転職をしないのはもったいないでしょう。

一度高い年収を得られれば、その後のキャリアも高い年収がベースとなるため、ステップアップのためにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

めんどくさい転職を簡単に成功させる秘訣

書類作成から自己分析、情報収集とたくさんやるべきことがある転職活動。

そんなめんどくさい転職を簡単に成功させるには、転職サイトと転職エージェントの両サービスを活用し、効率的に行っていくのが秘訣です。

  1. 転職サイト:2サイト登録で充分!
  2. 転職エージェント:プロと二人三脚で大幅に負担が減らせる

 

転職サイト:2サイト登録で充分!

転職をなるべく簡単に成功させるには、転職サイトの登録は2サイトで充分です。あまりにもたくさんの転職サイトを登録しても、逆に情報が多すぎて取捨選択がしにくくなってしまいます。

転職サイトは転職先を見つける場の一つとしてとらえ、自分の希望に合う企業の情報を集めるようにしましょう。スカウト機能のついた転職サイトに登録しておけば、自動的に希望に合った転職先が見つけやすいのでおすすめです。

転職サイトを見る余裕がないという人であれば、スカウトを待つだけでも良いでしょう。

転職サイト登録はバレる?会社バレ対策と転職エージェントとの違いを解説!

 

転職エージェントを活用:プロと二人三脚で大幅に負担が減らせる

めんどくさい転職をなるべく早く、簡単に成功させたいなら、転職エージェントをフル活用しましょう。

転職エージェントでは、めんどくさいと敬遠しがちな書類添削から面接対策、企業分析まで、手厚いサポートが充実しています。

ついつい一人だけで行うとめんどくさいと思いがちですが、転職エージェントのようなプロと共に転職活動を行うことで、最短距離で無駄なく、最適な転職が行いやすいでしょう。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。