無職・フリーター

無職で転職が決まらないときはどうする? 7つの対処法を教えます!

後輩ちゃん
後輩ちゃん
無職で転職が決まらないです…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
落ち込む気持ちはよくわかるよ…。まず転職のプロに相談してみよう…!

無職の期間、焦る気持ちは痛いほど分かります。

私も長い間仕事が決まらずに将来への不安、自分の不甲斐なさなど、いろいろな葛藤で毎日苦しい思いをしていました。

ただし、焦ったり悩んだりしているだけでは、あなたの苦しい状況は何ひとつ変わりません

とにかく少しずつでも行動を起こしていくことが大切です。

まずは転職のプロに相談しましょう。特におすすめはリクルートエージェントです。

転職支援実績No.1のエージェントが納得の内定がもらえるまで、親身になってサポートしてくれます。長引く転職活動もこれで終わりです。

本記事では無職で転職が決まらない理由と、その解決法を紹介します。ぜひ参考にして、あなたのつらい無職の期間に終止符を打ちましょう

今すぐ無職を抜け出すなら
リクルートエージェント
  • まずは転職のプロリクルートエージェントに相談しよう
  • 転職活動が長引くあなたも大丈夫!熟練のコンサルタントがフルサポート
  • 非公開求人は10万件以上あり、納得の転職先が見つかります

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

無職で転職が決まらずに苦しんでいる人へ

後輩ちゃん
後輩ちゃん
無職のままで転職が長引くと焦りますよね…

無職で転職が決まらないと、だんだん気持ちが腐ってきます。そして、無職の状態が普通になってしまいます。

一番よくないのは「何もせずに現実逃避すること」です。一時的に必要かもしれませんが、逃げても、何の解決にもなりません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
とにかく少しずつでも、できることから始めよう

無職のまま、転職が決まらずに苦しんでいる方は、まず転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロが親身になって相談に乗ってくれるので、苦戦しているあなたでもスピーディに、かつ安心して転職活動を進められます。

特に業界No.1の転職支援実績を誇るリクルートエージェントがおすすめです。

一人で抱え込んで限界なら、一度だけでも相談してみると気持ちがだいぶ軽くなりますよ。

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

【業界トップの実力】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

無職でなかなか転職が決まらない理由とは?

後輩ちゃん
後輩ちゃん
なぜ無職になると転職が決まらないんですかね…?

ここでは、転職先が決まらない理由の例をいくつか挙げてみましょう。

  • 労働意欲の低下
  • 明確なビジョンがない
  • 転職先に説明できない
  • プライドが高すぎる
  • 固定観念がある
  • 転職先の大まかな分野が決められていない
  • そもそも転職に乗り気でない
  • 行動力が足りない

労働意欲の低下

無職で転職が決まらない理由には、単に労働意欲が低下してしまったからだと思われます。実際にありがちなことですが、前に働いてた職場の処遇が悪かったケースですね。

仕事量の割には、給料が安かったり休みが中々取れないなど不満を抱いていたケースが挙げられるでしょう。人間ってどうしても楽な方向を選んでしまうので、会社に縛られない生活が長く続くとダラダラとした生活を送ってしまいますよね。

私も、実際に半年近く無収入でダラダラとした生活を送っていたことがありました。浪費をしないで普通に生活すれば10年分くらいの貯金があったので、それがあるから楽に生きたいと気持ちが強まったのが起因してますね。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
本人のやる気度合いが、転職活動に大きく影響してくるんだ。

明確なビジョンがない

前職を辞める際に、次はこういう仕事に就きたい、こういうスキルや資格を活かせるような仕事がしたいといった明確なビジョンをもっているかどうかだと思います。

人間関係や給料などの不平不満でやってられない!と勢いで辞めてしまっては次の仕事も見つけにくいし、面接でも意欲のある発言が出来ずに不採用といった事になってしまいます。

あと無職になってしまう事で生活習慣が乱れがちになってしまい、転職はおろか社会復帰が出来なくなる可能性もあります。

最も多い要因は、現在までの自分の経歴や人生経験を、新たな転職先と絡めて一つの話としてまとめられていないからです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職を早く決めたいと焦り、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」という具合になりはじめると、どこの就職先にも焦点を定めれなくなってしまいますね。

転職先に説明できない

無職である現在の状態が「なぜ」そうなっているのか、転職先に説明がうまくできないことも多く要因に入ります。

無職の期間があっても、学校の中退・不登校といった経験があっても、それに対して採用側が「なるほど。事実を言っている。」と納得のできる説明ができさえすれば、転職は成功します。

もしも筋の通った説明をして、それで採用しない事業者であれば採用されなくて結果的に良かったということになります。

もし虚飾を含んだ説明をして、あなたがそこに就職を成功させていたとしても、その事業者での仕事は決して長続きしません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
いたずらに転職歴を増えてしまい、自信を失わせる結果になるよ。

プライドが高すぎる

無職で、なかなか転職が決まらない理由の大きなものの1つはズバリ、「プライドが高すぎるから」です。

「働く」ということは、「お金をいただく」ということです。そこに「プライドを満たす」という要素が入ってくるとなかなか踏み切るのが難しくなるように思います。

転職するということは、以前になんらかの仕事をしていたということですよね?そして、今、転職が決まらない。ある人は、前の職場よりも、賃金や福利厚生などが「気に入らない」から。そしてある人は、「正社員ではない」「世間的に評価が低い業種だから」転職に踏み切れない。

上記の理由以外では、その業種でやっていけるかどうか自信がない。つまりは、失敗するということを恐れているのではないかと思います。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
多くを望みすぎてプライドが邪魔をしてしまい、転職が決まらないんですね。

固定観念がある

転職が決まらない理由は、以下の原因が考えられます。

  • 年齢が高くなると経験や資格、スキルがない難しくなります。
  • 職種を限定していしまうと難しくなります。例)営業、接客は嫌だなど。
  • 正社員など、条件にこだわりすぎると難しくなります。例)とりあえずは契約社員かでもら、という選択もありとするなど。
  • 希望時間帯もあると思いますが、少し幅を広げると可能性が高くなります。

固定観念にとらわれすぎている場合も多いと思いますので、経験のない職種や経験のない業種にも目を向けることをすると、対象が広がるので、就職できる可能性が高まると思います。

転職先の大まかな分野が決められていない

「何でもいいから広い分野で探してみよう」これもまた1つの手なのかもしれませんが、転職前の労働条件より下げたくないというのが本音のところなはずです。

そういった潜在意識のもとで探していると、どうしても労働条件の理想が高くなりがちで、目に留まる就職先も少なくなるでしょう。

そもそも転職に乗り気でない

働かなければいけないけれども、気力がついてこない…もしかすると、転職前の職場の疲れが抜け切れていなかったり、仕事を再開することに対して不安が残っているかもしれません。

行動力が足りない

少しでも気になる就職先を見つけて、アポを取ったり会社を下調べしてみたりと行動することから始まります。

人それぞれの理由があると思いますが、例えば長期間にわたる無職の期間があると履歴書や面接時において不利であることはまず間違いなしです。転職活動に影響します。

また自分の適性に合った仕事先が見つからない場合はなかなか転職する気にはならないと思います。そして人間関係が一番やっかいだと思います。

今でこそパワハラなど法が整備され始めましたが、前の職場でイジメや上司によるパワハラを受けた場合は精神的に病み、転職にさえ恐怖を覚えてしまうでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
面倒に思うことも、進んで始められなければ見つかるものも見つからないよ。

無職で転職が決まらないときの対処法とは?

ここからは、無職で転職が決まらないときの対処法を具体的に紹介していきましょう。

  • 生活リズムを戻す
  • やりたい仕事を見つける
  • 妥協しないこと
  • 紙に書き出す
  • たくさん応募する
  • 現実的かを確認する
  • 出費を抑える

生活リズムを戻す

転職活動は、本人のやる気が最も大きく影響してくるでしょう。経験上、転職活動が決まらない理由にはダラダラとした生活が長期間続いているからだと思われます。

無職の間は毎日が休日なので、楽な方向へと進むため生活リズムが崩れてしまいますね。そのため、狂ってしまった生活リズムを元通りに直すことが先決ですね。

気がダラダラした状態で就活しても上手く行かないのは明白でしょう。また、応募する時は雇用形態や給与など求める条件を緩めできるだけ多くの企業に応募するようにします。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
職種も含めて範囲を広めれば、案外に早い段階で内定を受けられるかもしれないよ。

やりたい仕事を見つける

まずは、大まかでいいので、自分のやりたい仕事や興味がある分野の仕事を見つけましょう。「自分には無理…」なんて考えは二の次です。

そこから少しでもその分野に関わる仕事を探していきましょう。例えば、人と関わるのが苦手で、機械と向き合う仕事をしたいと決めるとします。そこから、機械と向き合う仕事を探していきます。

修理なのか、組み立てなのか、はたまたシステムエンジニアなのか、プログラマーなのか、選択肢は沢山あります。少しでもやりたい仕事が見つかったのならば、ハローワークや転職サイト、転職エージェントを活用して求人を探しましょう。

もし、気になる会社があり、どうしてもそこで仕事がしたいというところが見つかったならば、会社へ直接話を伺うためのアポを取るのも良いかもしれません。くれぐれも失礼のないようにしっかり準備をして行いましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントにはまれにいい職場があるから、見逃さないようにしよう。

妥協しないこと

自分の行きたい分野、経験を活かせる仕事の専門の求人サイトに登録して仕事を探す、転職エージェントのアドバイザーの支援を受けるといった事をすれば、転職に繋がりやすくなるでしょう。

転職が決まらないからといって、待遇面での希望条件を妥協しすぎてしまわないようにした方が良いです。なぜなら結局妥協して入社したものの、やっぱり思っていたのと違うという風になってしまい、また退職するといった悪循環になりがちだからです。

なかなか転職が決まらなくても、これだけは譲れないという部分は持った方が良いでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分のやりたいことや、将来性を考えて計画的に転職したほうがいいですね。

紙に書き出す

ご自身の経験を洗い出して、好きだったこと、得意だったこと、苦手なこと、嫌いなこと、頑張ったらできること等を具体的に書き出していってください。些細なことで構いません。

時間があるならそれらをグルーピングしてまとめていって、「自分のトリセツ」を作ってみてください。その「自分のトリセツ」と、求人情報ややってみたいと思う仕事と照らし合せてください。

「自分のトリセツ」、やってきたこととつながりがある、延長線上にあると感じられるものがあったら、その会社を候補にして企業情報などを調べていきましょう。

もしも合うものがなければ、知人などに聞いて「こんな仕事はないだろうか」と当たっていくのも良いでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
探しているうちに、良い話が届くケースもあるよ。

たくさん応募する

私はとりあえず自分の中で希望している雇用条件で妥協できるところを考えました。それで何社もとりあえず応募しまくりました。

求人を出しているからと言ってこちらが応募して必ず返信をくれる会社はなかなか少なかったので、とりあえずたくさん応募したのです。

もしくは仮に正社員を応募していて就業がかなり先になりそうで金銭的に厳しい時は、つなぎでほかのバイトをしながら正社員で働くところをゆっくり検討しました。

現実的かを確認する

転職回数が多くなると、その分、新しい人間関係や、新しい仕事内容など、覚えたり、慣れたりする苦労の回数が増えます。出来れば、転職回数は少ない方が負荷が少なくてすみます。

そのためには、自分自身が望む「転職」が現実的であるかどうか、セルフチェックすることが大切だと思います。ポイントは、

  • その興味・関心があるかどうか
  • その仕事を行うのに十分な能力があるかどうか
  • 自分の仕事に対する「価値観」と合致するかどうか

これらの領域が合致する領域が大きければ大きいほど、その求人への満足度は高くなります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
セルフチェックが難しい方は、転職エージェントのアドバイザーに相談するという方法もありますね。

出費を抑える

1.まずは、それが今、どうしても必要なものかを考えて、出費をおさえます。例)趣味の月会費やインターネット関係、定期的にとっているものなど。

2.節約できるものは節約します。例)食費はスーパーの半額弁当を利用する、自炊する、たばこをやめる、など。ただし、食費を削り過ぎて、健康を害することになると本末転倒ですから、その点は気をつけます。

3.他人の話を聞いてみます。例)友達と会って話をする中で、ヒントがあったり、紹介してもらえたり、気力がわいたり、と良いこともあると思います。

無職を長期化させない方法とは?

無職を長期化させないためにはどうすれば良いでしょうか?

ここで、具体的に紹介していきます。

  • 転職エージェントに複数登録する
  • 相談して動く
  • いろんな情報源を駆使する
  • 転職までの計画を立てる
  • 人と接する
  • 生活習慣を整える
  • 最終期限を設ける
  • 怠け癖をつけない

転職エージェントに複数登録する

自分で探すのに限界がある人は転職エージェントに複数登録して、うまく使うのがいいと思います。

転職エージェントを使うなら、自分の中の条件を洗いざらいはっきりしておくことが大事です。通勤に時間をかけたくないだとか、やりたいことがあるけどすぐにはその仕事に就けないなど、希望を話しましょう。

どんな階段を登るとそこへ行けるかを冷静に考えて、分からないことがあったらその場ですぐに調べて、紙に書いたりしても頭が整理されます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントを使えば、効率良く転職活動を進められるよ。

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

相談して動く

無職を長期化させないためには、以下の手段があります。

  • 期待のハードルを下げる
  • ハローワークに相談する
  • 転職サイトエージェントに登録する
  • 短時間・短期のアルバイトをしながら仕事をさがす
  • 過疎の自治体などへの移住を視野に入れる

それ以外にも、信頼できる友人・家族・親戚などへ相談して、客観的なアドバイスをもらいながら、「動く」ことが大事です。

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

いろんな情報源を駆使する

  • ハローワークに通って探し続ける
  • 転職サイトに登録する
  • 転職エージェントに登録して情報をもらう
  • 人脈を使って求職中だと伝え、何か就職口を紹介してもらえないかお願いしてみる

とにかく、情報源を多くして、積極的にどんどん応募、面接、していきましょう。

実際に応募してみないとわからないこともたくさんあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
書いてある条件と違っていたり、今の自分のスキルでは無理だったりすることもあります。まずは転職エージェントに相談するのがベストですね!

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職までの計画を立てる

長期化させない方法は、転職までの計画を立てることです。

転職までの期間をしっかり区切り、そのなかでいつまでに分野を絞り、ここまでに気になる会社をいくつ見つける、などと具体的な計画を立てると、日々の転職活動に計画通り行うという意味合いを持たせることができます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
もともと計画通りに行うのが苦手でも、大体の予定は組んでおこう。

人と接する

無職を長期化させる要因はやはり社会との接点が少なくなり、人と接することが少なくなるからだと思います。そしてネガティブな思考になるのもあると思います。

それだからこそ友人、知人、恥ずかしいかもしれませんが行政の支援を受けるのも大切です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ボランティア活動も良い刺激になりますね。孤立しないようにします。

生活習慣を整える

無職になると一日中時間があるわけなので、生活習慣はきちんとしておくべきです。だらけてしまうと簡単に昼夜逆転生活になってしまい、社会復帰が困難になってしまいます。

朝は何時に起きる、夜は何時に寝るいうのを決めておくと良いと思います。

転職は長期戦だと自分は思っていますが、目標も定めずだらだら行くのは無職を長期化してしまうだけなので、いつまでに転職する!といった確固たる決意も必要です。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
普段の生活にも、転職活動にも張りを持たせる事が重要だよ。

最終期限を設ける

いつまでに決まらないと本当に困るのか、金銭的な面や家族のことなども考慮の上、最初に最終的な期限を設けましょう。

最終期限を設けていれば「もっと自分にとって良い転職先があるのではないか」といった思いに惑わされて、ターゲットの求職先を絞れない、先に進めないといった事態も防ぐことができます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
どの程度の時間を面接などの求職活動前の準備にあてられるかを算出し、しっかりと準備をします。

怠け癖をつけない

無職を長期化させない方法は、怠け癖をつけないことですね。人って、自由な時間が増えてしまうとついつい楽な選択筋を選んでしまいます。

ですので、具体的には転職エージェントに登録してみたり、もし足りないスキルがあればスキルなどを取得できる養成所に通うのも手段ですね。

なるべく、ダラダラした状態に陥らないようにするため、自分を追い込むようにします。また、無職になってしまった理由にはストレスなどの精神的な疲れが原因も。

その場合は、心療クリニックに通うなどして体調をできるだけ万全に回復するように努めます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自ら働き掛けることが必要だよ。

無職でも焦らずに転職を進める方法とは?

無職で転職が決まらずに焦ってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

焦らずに転職を進める方法を紹介します。

  • 自分を過大評価しない
  • 貯金があった方が良い
  • 焦って決めないこと
  • なぜ焦るかを考える
  • 一人で抱えない
  • 生活費を確保する
  • 計画を立てる
  • 客観的に考える

自分を過大評価しない

無職期間が続いてしまうと、どうしても気が焦ってしまいます。一番のポイントは自分を過大評価しすぎない点ですね。

処遇など求める条件が多すぎると次が決まってくれません。妥協点を見つけ、条件を緩めれば案外に見つかったりするものです。

就職が決まらなくて焦ってしまう原因には、お金の面もありますね。その場合は、転職活動に支障がない範囲でアルバイトを見つけるのも一つの手段です。

また、インターネットにはスキルを売買できるサービスもあるので、それを活用するのも良いかもしれません。アルバイトなどで、10万円前半の収入があれば生活できますよ。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
収入があればお金の心配も少なくなるから、就活中でも緊急手段としてアルバイトをするのはアリだよ。

貯金があった方が良い

無職になってしまうとどうしても金銭面での余裕が無くなってしまうので、ある程度の貯金をしてから退職をした方が良いです。転職活動は履歴書、職務経歴書の作成、筆記試験対策、面接対策等と思っている以上に労力を使うので精神的肉体的にも疲弊します。

その中でも当然ながら生活はしていかなければならないので、余裕をもって生活できる位のお金は持っておいて欲しいです。ただでさえ転職活動は大変なのに、金銭面の心配までしないといけないのは焦りに拍車をかけてしまいます。

生活面でゆとりを持たせて、なおかつ自分のやりたい仕事、キャリア面をじっくりと見つめ直し、目標に向かってしっかりと転職対策を行う事が重要だと思います。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職は長期戦だという事を肝に銘じておくべきですね。

焦って決めないこと

まず焦って、妥協して決めても後々後悔する羽目になることが多いです。焦っているときの判断がどれくらいお粗末なものかを知ることです。

普段から、もしこうなったらこうしようと、行動パターンや自分の中での決まり事があるならまだしも、ないのであれば、目先のものに飛びついてしまう可能性があります。

転職が決まった後のことを想像してみてください。転職後、最も大事なことはなんですか。自分がどのように働いている姿が自分にとって望ましいですか。それをイメージしてください。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
焦って決めることは、良くないなと思えるはずだ。

なぜ焦るかを考える

まずなぜ焦るのかを自分の中で考えてみることですね。理由は人それぞれだと思います。例えば、生活が苦しいので焦るとか、周りは就職が決まっているのに自分だけ決まっていなくてあせるとか理由は本当にたくさんあると思います。

私が思うのは仕事が仮にすぐ見つからなかった場合そうなったらどうなるか想像できないから、または就職先が見つからなかった場合の金銭的な解決策が見つからないから焦るんだと思います。

仕事が見つからないのは仕方ないことです。だから仕事が見つからなかったら自分の悩みに応じて解決策を考えれば必ず答えはありますので、それを考えたら焦りはなくなるでしょう。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
焦るとパフォーマンスも下がりますから、もったいないですね。

一人で抱えない

一人で問題を抱え込まないで、公的機関や、それを生業としている会社などの第3者に相談した方がいいと思います。特におすすめなのは、転職エージェントに複数登録してサポートを受けることです。

人によっては、病院のソーシャルワーカーになるかもしれませんね。日本国民には、「納税の義務」「就労の義務」があります。それをサポートしてくれるところをさがしましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
同時に生活リズムを改善し、心身の健康を保ち、体力をつけておくことも大切だ。

生活費を確保する

まず、削れるものは削って、スリムな状態にした上で、月々いくらないと生活が出来ないかを算出して、アルバイトでもパートでも在宅でも、夜の仕事でも、とにかくその生活費を確保する方法を考えます。

ただし、それで疲れすぎてヘトヘトになると、就職先を探す行動が起こせなくなる可能性もあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
なるべく体力と時間を温存しながら、効率的に収入を得る方法を模索してみます。

計画を立てる

周りの人たちが仕事を楽しんでいたり、転職先が見つからないと焦るのは必然的ですが、焦って決めた就職先で自分が活躍できるかどうかをしっかり考えましょう。

一日の半分が仕事時間、と考えると、自分の働きやすい、心から楽しんで頑張れる職場がいいはずですよね。とにかく、自分のための転職活動であるということを忘れてはいけません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ここまでに何をする、という計画をしっかり立てながら転職活動を進めていこう。

客観的に考える

無職で焦る気持ちは良く分かります。しかし焦り過ぎて無理に転職してその職場がまたブラック企業だったり、自分に合わない場合はまた退職でさらにダメージを受けます。

まずは自分にはどの分野が適所なのか客観的に見てみると良いと思います。また資格を取るのも良いと思います。転職活動に有利になりますし、また社会的視野も広がります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
貯金があるなら、少し焦らず冷静になる期間を設けてみてもいいですね。

まとめ:「転職が決まらない…」と無職がツラいならまず転職のプロに相談!

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
一人で抱え込まず、まず相談してみた方がいいですよ!

「転職が決まらない…」「無職がツラい…」と限界を迎える前にまず転職エージェントに相談しましょう

焦って何も手につかなくなったり、苦しい状況に病んでしまったりすると、さらに事態は悪化してしまいます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
無職でも転職のチャンスは十分にあるよ!動き出しは早ければ早いほどいいんだ!

「無職だからいい転職先なんか見つからない…」と肩を落とすのはもったいないです。あなたでも働きやすくて、毎日楽しいと思える会社がきっとあります。

業界トップの求人数を誇るリクルートエージェントに相談すれば、あなたに本当に合った企業が見つかりますよ。

あなたの1年後を明るくするために、今動き出しましょう。応援しています!

\転職支援実績No.1!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。