無職・フリーター

無職で憂鬱な気分になってしまう理由と8つの乗り越え方

無職になると、なぜ「憂鬱」になるのでしょうか。

理由はいくつか挙げられます。一つは無職そのものによるデメリットです。たとえば収入が入らないとか、就活をしなければならないということが憂鬱に感じられる、面倒臭いと思われるといった点が挙げられます。

もう一つは無職になったため生活リズムが変化し、それによる体調不良によって憂鬱になることがあります。また就活をしない日は一日中家に引きこもることになり、ついネガティブな考えをしてしまうこともあります。

不安が大きく、「早く仕事を見つけなきゃ」と焦る気持ちもあるかと思いますが、派遣やネットビジネスで肩慣らししつつ、気長に取り組んで欲しいと思います。

今は人手不足の時代ですし、よほどのことがなければ仕事はあるはずです。本当に自分に合った生涯取り組める仕事を見つけることをおすすめします。

無職は別に恥ずかしいことでもなんでもありません。あなたが今憂鬱に感じているということは、自分が今無職であることを良くないことであると思っている証拠です。

「まぁいいや、何とかなるだろう」と後先考えず楽観的になっている場合は、憂鬱に感じることはありません。先のことをしっかり考えているからこそ、憂鬱になるわけです。単に、どう行動すればいいのか具体的に分かっていないだけの問題なのです。

それがわかれば、行動できるはず。なので、無職で憂鬱な人は、とりあえずでも「転職エージェント」に登録してみることをおすすめします。無料で「今後どうすればいいのか」を分かりやすくアドバイスしてくれるからです。

[template id=”8763″]

目次
  1. 無職で憂鬱な気分になってしまう理由とは?
  2. 無職で憂鬱になったときの8つの乗り越え方
  3. 無職で憂鬱になったときの気分転換の方法とは?
  4. 無職は自身の価値を信じて、忍耐と諦めない努力と挑戦を!

無職で憂鬱な気分になってしまう理由とは?

なぜ無職になると憂鬱になるのでしょうか?まずは、無職で「憂鬱」な気分になってしまう理由を紹介します。

無職で憂鬱になる理由1.結果が出ないから

自分では一生懸命就職活動をやっているのに、結果が出ないわけです。求人は嘘をつきますし、折角面接しても連絡すらないとか、もうざらにあるんですよ。そうなると社会をどんどん恨むようになっていきます。

勿論、政府がやっている政策が、資本家ばかり可愛がっているのは明白ですが、自分の力ではどうにもならない要件を、社会がなんら補償や支援もしてないとなると、どうしても社会を恨むようになっていきます。

かといって、そうしたうっぷんや恨みあるいは悩みを誰かに打ち明けるような、そういう社会構造でもありません。すぐ自己責任論を展開されるのが解っているので、最後には自分の殻に閉じこもってしまう訳です。

無職で憂鬱になる理由2.時間がどんどん進むから

一日やる事もなく、日にちだけが過ぎ去っていくので一日がとても早いです。そうすると年齢を重ねていき、漠然とした不安に見舞われます。夜は眠れなくなり、不眠症にもなっていきます。これが鬱の始まりになると思います。

生活保護になったりすると、就労支援員が色々催促したり自己努力が足らないなどの、やはり個人を追い詰める人もいます。

当人ではどうにもならないのであって、自分からすれば嘘の求人とか、差別をやめてもらいたいのに自分の意見がなんら社会に反映されない事に、やはり殻に閉じこもるという状態になり負のスパイラルになります。

無職で憂鬱になる理由3.生産的ではないから

無職で憂鬱な気分になってしまう理由は、生産的な生き方が出来てないと思い込むからです。無職でも家事をきちんとやっていたり誰かを助けたりしていると憂鬱にはなりにくいでしょう。

人のためになることを何も出来ていないから憂鬱な気分になってしまうのです。この先自分の人生が終わってしまうのではないかなどと、どんどん悪い方に考えてしまい憂鬱になります。

お金を節約しようと思って家にいることが多くなり、自然と行動範囲が狭まってしまい、そのことによってさらに気が滅入ってきます。

テレビやインターネットを見る時間が増えますが、ネガティブな話題に引き付けられる傾向が増えてきて、ますます悪い方に考えるようになってしまいました。一人で考える時間が増えるので視野が狭くなってしまいがちで、憂鬱になってしまうことが増えるのです。

無職で憂鬱になる理由4.充実感を失うから

私はそれまで就いていた仕事に充実感を覚えていました。一生懸命仕事に取り組んでいましたが、日々のストレスが少しずつ蓄積されていたようです。

そのため職場を離れ自宅療養をすることになり、日々のストレスからは解放されたのですが、その反面、何もしない・出来ない状態が続くことにより、これまでの充実感を失ってしまったように思います。

《誰からも、どこからも自分は必要とされていないのではないか?》との思いから、そうした気持ちになっていくのです。

無職で憂鬱になる理由5.社会に必要とされていないから

私の経験では、収入がないことへの先行きの不安と、「自分が社会から必要とされていないのではないか」という疎外感が大きかったように思います。特に、結婚していたり、家族のいる男性はプレッシャーが大きいはずです。

具体的に憂鬱になったのは、かかりつけの医院で、それまで会社の保険証だったのが国民健康保険に変わった時でした。特に失業して無職になった人はみんな同じ気持ちになると思います。妻や子どもなど扶養家族も保険証が変わるので、とても申し訳ない気持ちなりました。

無職で憂鬱になる理由6.価値がないと感じるから

自分は価値のない人間だと考えてしまうようになるからです。私のように、学生時代の就職活動が上手く行かずに無職になってしまった場合は尚更でしょう。

就職試験を何社も受けているのに内定を一つも獲得することができないと、社会から必要とされていないと考えるようになってしまうのです。そうなると次の就職活動へのモチベーションが下がり、無職期間が長くなってしまいます。

何とか頑張って採用試験を受けたとしても、不採用となるとさらに落ち込み、やはり価値のない人間だと思うようになります。これの繰り返しで憂鬱な状態が長く続いてしまうわけです。

無職で憂鬱になる理由7.自分の居場所がなくなるから

自分の居場所がなくなったと感じるからです。毎日同じ時間に自宅を出て、行く場所があるということが、生活にリズムを与えていたことを、無職になると痛感します。

いつ起床しても良い、いつ食事をしても大丈夫という生活は、多忙でリズムが決まりきっている時には、息抜きになりますが、毎日がそんな生活だと次第に面白みも感じず、居場所がなくなったと感じてしまいます。

居場所が無いと感じると、自分の存在意義まで失ったようで、憂鬱になります。

[template id=”10189″]

無職で憂鬱になったときの8つの乗り越え方

どうすれば無職の憂鬱な気分を払拭できるのでしょうか?ここでは、無職で「憂鬱」になったときの乗り越え方を紹介します。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方1.生活リズムを整える

まずは生活リズムを整えることです。職についていた時と同様に、同じ時刻に起床して、同じ時刻に食事をしているだけで、生活リズムは整ってきます。

特に大切なのが朝食です。腸が動くとお通じが促され、すっきり感を味わうことができます。些細なことのようですが、排泄による爽快感は馬鹿にできません。

無職で生活リズムが乱れてくると、最初に影響が出るのがお通じです。腸を朝早いうちに動かすことが大切です。朝食は一定の時間にとりましょう。

生活リズムが乱れると、身体の方にまずは影響が出ます。中年だと、身体面の変化に引っ張られる形でメンタルが落ちてきます。憂鬱な気分になり、次第に自己肯定感が保てなくなります。無職の時こそ、生活リズムを整えましょう。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方2.図書館に行く

無職にとって、図書館は結構いい所です。本を読んでいると、それなりに時間がつぶせます。空調もきいているので電気代も節約できます。

朝はほかの勤め人と同じ時間に起き、同じ時間に朝食をとりましょう。そして、できれば、毎日のように外出しましょう。

図書館で勉強するも良し、ハローワークに相談に行くもよし。とにかく外部との接触を保つようにしていれば、きっと新しい道が見えてきます。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方3.ボランティア活動をする

無職で憂鬱な気分になったときは誰かのためになることをやってみましょう。お金を得られる得られないは横に置いておいてボランティア活動でもやってみることです。

ボランティア活動を通して人に喜ばれることがどれほど自分を元気にするのか、それがどれほど自分の喜びに変わるのか実感すると良いでしょう。

人のためになることを喜んでやっていると憂鬱になんてなりません。逆にパワーがどんどん体に入ってきますよ。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方4.大げさに考えないこと

まずは必要以上に大袈裟に考えないことです。必要最低限の生活なら今の日本ならば何とかなると腹をくくることです。自分一人で考える時間を減らすことも必要です。

インターネットは他人の意見が見れるように思えますが、実際は自分の考え方を補強する意見を無意識に探していることが多いので、憂鬱な気分のときは思いきって見ない方が良いです。

その代わり、図書館に行って本を読んで、役に立つ知識を増やすなどした方が有効だと思います。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方5.無職を忘れる

無職で「憂鬱だ」と感じた場合は、どのようにすればいいのでしょうか。まず無職であるということを忘れることです。ちょっと難しいかもしれませんが、こういう時こそ外へ出て、見たかった映画を見るとか、欲しかった物を買うようにしてみましょう。

もちろん無職ではなかなかお金を使いたくないものですが、前からほしかった物を1つだけ買うようにすれば、それで気分もリフレッシュできるものです。真面目な人にありがちですが、黙々と就活をこなしているだけでは、気分が塞ぐもととなります。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方6.自分を見つめなおす時間だと捉えること

体調不良で職を失った私は初めて入院しました。その夜、病院の個室のベランダから見上げたお月様と星々。こうして見上げるのは何年ぶりだろう、と思ったものです。

そのくらい遮二無二仕事に打ち込んで、心のゆとりを無くしてしまっていた自分に気付きました。療養生活の中で、これまでの自身の在り方を振り返り、見つめなおすことが出来ました。

こうした療養生活を送っていない方でも、今のこの時を、自分を見つめなおすいい機会であり、いい期間であると前向きに捉えていけば必ず好機はまた訪れると思います。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方7.時間があることを活用する

私はブラック企業でメンタルを壊し退職、1年ほど無職でしたが、「普通の社会人はこんなに自由な時間はないんだ」とポジティブに考えるようにしました。

どうせハローワークに通うくらいしか時間がないのだから、余った時間は遊びに出かけたり、英会話教室に通って自分を高めるなどサラリーマン時代にやりたくてもできないことを満喫しました。

ただ、ダラダラしていると「無職なのに何やってるんだろ」という気持ちになって凹むので、自分が有意義だと感じられること、自分に言い訳できることを目一杯やりましたね。

無職で憂鬱になったときの乗り越え方8.縁がなかっただけ

単に自分と合う企業と巡り合うことができなかっただけ、相手が見る目がなかっただけと考えること。世の中には本当にたくさんの企業があるわけで、自分の受けた企業が偶然自分と合わなかったと考えればいいのです。

そうすれば、憂鬱な気分を乗り越えることができます。誰にでも良い所は必ずあり、それを生かせる企業は存在するはずです。それを見つけることができていないだけなのです。

[template id=”10189″]

無職で憂鬱になったときの気分転換の方法とは?

無職で仕事がなかなか見つからず「憂鬱」になってしまったときはどうすれば良いのでしょうか?ここからは、無職で憂鬱になったときの気分転換の方法を紹介します。

無職で憂鬱になったときの気分転換1.職業訓練に行く

職業訓練というのも一つの手です。一応失業ではなく、学生となりますので、失業保険をもらいながらしっかり勉強できます。ハローワークに行けばパンフレットをもらえるので興味があれば相談してみましょう。

ストレスがたまっているなら、日帰り温泉などでリラックスするのもおすすめです。不思議ですが、仕事してなくても、人間は疲れるんですよね。

無職で憂鬱になったときの気分転換2.外に出る時間を増やす

家から出て外の空気を吸いましょう。庭に出るんじゃなくて近所のコンビニから始めて大きなスーパーで買い物したり大きな公園へ行きましょう。人が多い場所へ行くことによって気分転換が出来ます。

家にいる時間が増えるので、外に出る機会を増やすことです。お金がかからないスポットをいくつか見つけておくのがオススメです。あまり一目を気にしなくてすむような公園や、無料で過ごせる施設などをチェックしておくといいと思います。

たまには外食などもした方が気分転換になります。クーポンなどで安く食べられるお店を探していおくのも良いと思います。またチラシ配りなど、すぐに始められて拘束時間も短いアルバイトをしながら就職活動をすると、多少は収入の足しになり精神が安定するのでオススメです。

無職で憂鬱になったときの気分転換3.アルバイトでも仕事を探す

仕事がなかなか見つからないと、どうしてもあせりがちになります。そのため本来の希望とは違う会社に行き、後悔することにもなりかねません。就活では自分の理想の会社を探しがちで、余計に仕事が見つからないということも多いのです。

もし正社員の口が見つからない時は、アルバイトやパートでもいいので仕事を探すといいでしょう。たとえ不定期採用であっても、それなりの収入はあるはずですから、気分的には前向きになれます。

またこういう仕事は時間の融通が利くので、仕事をしながら就活をすることも可能です。

無職で憂鬱になったときの気分転換4.行動すること

簡単なことで良いので行動をすることを勧めます。といっても、毎日職安に通うというようなことではなく、はじめの段階で精神が少しでも安定するような行動を勧めます。

例えばポイントサイトなどで、1日わずかでもいからお金を稼ぐと、職探しが上手く行かなかった日でも「交通費くらいは稼げた。」と思えて何もやらないよりは気持ちが安定します。

また、目先の仕事に飛び付こうとするとかえって上手くいかないことが多いので、時間がたくさんあることを活かして役にたちそうな勉強をするのもオススメです。

最初は時間つぶしの感覚でも思いがけず仕事につながっていくということもあるからです。一人で思いつめないで、行政サービスやインターネットのサービスなど、日々役に立ちそうな知識を探して活用していくのも大切だと思います。

無職で憂鬱になったときの気分転換5.部屋に引きこもらないこと

無職で仕事が見つからず憂鬱になってしまったときは外に出る時間を増やしましょう。絶対にやってはいけないのが引きこもること。

家に引きこもっているとやる気がどんどん削がれていきますし家族に甘えることに何も感じなくなります。無職になり、次の職を探しても見つからない日々が続いたら、誰でも気持ちは落ち込み憂鬱な気分になっていくものと思います。

先にも述べたように《誰からも、どこからも自分は必要とされていないのではないか?》との気持ちから、ともするとこんな姿を人に見られたくない、と部屋に引きこもりがちになります。

そんな時には、あえて外に出ること。散歩程度で構わないと思います。外の空気に触れ、風を感じ、周りの景色を見渡す。

そうすることで私の場合は幸いにも海の近くに住んでいましたので、よくひとりで海を眺めにいったものです。気分転換には最適でした。

また、趣味があればその趣味に没頭してもいいかも知れません。それであっても、やはり外に出てみることをおすすめします。

無職で憂鬱になったときの気分転換6.割り切ること

不採用は「仕方ないよな」と割り切るしかありませんでした。どのみち採用されたとしても、それが本当に自分に合う仕事かどうかやってみないと分からないので、縁がなかったのだろうと思いました。

また、そういう時は不安になり慌ててハローワークに行って、微妙な求人でも応募したくなるのですが、少し我慢して、思い切って好きなことをやるべきだろうと思います。求職中に一番怖いのは、慌てておかしな企業に引っかかることだと思います。

今は失業保険だけでなく派遣やネットビジネスなど、無職で「しのぎ」はありますし、本当に合った仕事を探すべきだと思います。

無職で憂鬱になったときの気分転換7.自分の好きなことをする

努力をしていれば、いつかは必ず仕事は見つかるはずで、その時の喜びが先延ばしになったとまずは考えるようにしましょう。そうすることで心が軽くなり、明日への活力へとつながります。気分転換としては、自分の好きなことをするのがよいでしょう。

オススメは運動やスポーツです。心だけではなく身体も健康になることができます。特に2人以上で行うものがよいです。コミュニケーションが生まれるからです。

このような気分転換も適度に取り入れていけば、憂鬱に打ち勝つことができ、仕事を見つけることができる可能性がアップすることでしょう。

無職で憂鬱になったときの気分転換8.生産的な行動をする

現在無職で憂鬱を感じているなら人のためになることをしましょう。その時は喜んでやりましょうね・・・眉間にしわを寄せて仕方がないからやっているならやらない方がマシですから。

家族のために出来ること友人のために出来ることを探しましょう。それを探すくらいの時間は充分あるはずですよ。ひとまず自分のことは横に置いておき、周りの人に恩返しするつもりになって行動するのです。

そうすれば、こんな自分での生産的な生き方が出来るんだ!と自信が付きます。自分を大事にすることが出来るようになったらもう大丈夫ですよ。

無職で憂鬱になったときの気分転換9.ハローワークに相談する

無職でも自分で資格試験を受けるための勉強でもしていると、自己否定感はありませんが、いざ就職活動を始めて、なかなか採用されないと、次第にブルーになり、自分という人間が否定されたと感じてしまいます。

仕事がなかなか見つからない時は、ハローワークで詳細に状況を打ち明けて、どうしたら良いのかを相談しましょう。田舎は特にハローワークの紹介が影響力を持つので、ハローワークを利用し尽くすことが大切です。通勤するつもりで毎日通っていれば、結果は付いてきます。

[template id=”10189″]

無職は自身の価値を信じて、忍耐と諦めない努力と挑戦を!

「憂鬱」であるということは、収入の面で不安なのか就活が面倒なのか、はたまた生活リズムが崩れて調子が悪いのかで解決方法が違って来ます。収入の面で不安であるのなら、アルバイトでもいいのですぐ仕事を始めるようにしましょう。

就活が面倒というのは、生活リズムと関係があります。つまり体が怠けるようになってしまい、やる気が起こらなくなるわけです。就業していた頃の生活に戻して行くようにしましょう。

また生活リズムが崩れて体調が悪い時は、精神的なストレスを抱えていることがあります。ひどい時は心療内科を受診してみるといいでしょう。

私の恩師からかつて言われた言葉があります。《金はドブに捨てても金だ!》と。自らの心が希望を失わずに光り輝いてさえいれば、必ず誰かその光を見つけ出してくれるはずです。

決して自身の未来を諦めてはいけません!決して今の環境や境遇に負けない!との強い心が自身の未来を切り開いていくのです。

またこうも言われました。《忍耐とは単に耐え忍ぶという意味ではない。次に打って出るエネルギーを蓄えている時なんだ!》と。そう信じて今この時に更に力をつけ、時を待ち、そしてその時が来たら恐れずひるまず果敢に挑戦していきましょう!

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。