無職・フリーター

無職中の精神状態を健康的に維持するには?無職でも精神的に病まないコツを教える!

無職でも精神的に病まないコツを知りたいと思っていますね?

無職中の精神状態を、健康的に維持するためにはどうすれば良いのでしょうか?無職の間は、精神的に追い詰められて「もうダメだ」「自分には価値がない」など、ネガティブなことを考えてしまいがちです。

その状態には嵌ったままだと、普通の日常生活を送ることも難しくなってしまいます。そうなると再就職さえもままならなくなってしまうでしょう。そこで今回は、無職中の精神状態を健康的に維持するための方法と、無職でも精神的に病まないコツを紹介します。

[template id=”8763″]

目次
  1. 無職の精神状態を健康的に維持するためには?
  2. 無職でも精神的に病まない16のコツ
  3. 無職で精神的に落ち込んでいる人へ

無職の精神状態を健康的に維持するためには?

精神状態を健康的に維持するために、無職期間にすべきことは「規則正しい生活」です。仕事に忙殺されていた時代は、どうしても睡眠時間が十分に確保できなかったり、栄養のある食事をしっかり摂るような余裕がありません。

仕事がない時こそ、規則正しい生活リズムを取り戻すチャンスだと思っています。無職だからといって、夜更かしを続けて昼夜逆転生活をしないことが大切です。

散歩をしたり、ゆっくりした時間を過ごすことに罪悪感を持たず、今は人生の休み時間であり在職中にできなかったことをやるんだと思って行動をしましょう。

きちんとカーテンを開けて朝日を浴びることと、精神的に落ち込んだときは掃除や片付けをして部屋を綺麗に保つと気持ちが少し落ち着くのでおススメします。

[template id=”10189″]

無職でも精神的に病まない16のコツ

ここでは、無職でも精神的に病まないコツを箇条書きで紹介していきます。

無職でも精神的に病まないコツ1.考えないようにする

一番良いのは「考えないこと」です。とにかく今は解き放たれた自由の身であることの幸せだけを考えます。もう先のことは未来の自分に任せるのです。

とりあえず現実逃避と言いますか、失業のことは考えないようにしましょう。考えて落ち込んでも、あまり良い方向に進んでいきませんから。

テレビを見たり、映画を見たり、好きな趣味をして紛らわせることが一番のコツかと思っています。「自分のやってきたことは間違ってない」と、自分で自分の生き方を納得することがメンタルの病まないために必要です。

「考えない」ことを身に付けるには、この本が役に立ちました。

無職でも精神的に病まないコツ2.何かしらの行動をしてみる

次に大事なのは、とにかく自分から行動を起こすことです。ボランティアでも、散歩でも、何でもいいので、自分で考えて体を動かすようにしましょう。

人は、仕事をしていないと、社会に参加していないような気持になりますが、そんなことはありません。自分から何かしらのコミュニティに参加したり、何かの役に立つことをしたり、そうでなくても興味があることを積極的にした方が、気持ちも上を向きます。

無職でも精神的に病まないコツ3.少量のお酒を飲む

それでも不安なときは少しだけお酒を飲みます。無職の間はお酒を少し、それを守りましょう。飲みすぎはダメです。アルコール中毒になってしまったら、目も当てられません。適度に飲むことを守りましょう。

「水曜日と日曜日だけ飲む」
「一日缶ビール2本まで」

など、制限を決めてお酒を飲むことをおすすめします。すると自動で脳に思考停止モードが働きます。

無職でも精神的に病まないコツ4.誰かに相談する

それでも辛いときは周りに相談します。しかし大概「働け」と言われます。ですから、説教をしてくる人ではなく、親身に話を聞いてくれそうな人に相談することが大事です。

信頼できる人に相談してみましょう。できるだけ外の空気を吸うことも大事です。家に閉じこもらずに、家族や友人、元の同僚などと会ったり、誰かと会話することを心がけましょう。

無職でも精神的に病まないコツ5.就職活動をする

一番具体的な方法は、就活することでメンタルを保つことでした。なにも企業に赴いたり面接したりしなくとも、求人サイトを見ているだけで、なんとなく「現実を考えているふり」ができるものです。

無職でも精神的に病まないコツ6.思い切って何もしない

思い切って何もしないこともいい方法です。何もしないというのは、実はとても贅沢なことだといえます。思い切って、心と体を休ませましょう。

無職でも精神的に病まないコツ7.自分を褒める

 

無職でもメンタルを病まないコツは、どんなに些細な事でも良いので1日一回でも自分を褒めることです。例えば「今日はいつもより早起きが出来た!」と思ったら、「早起き出来てえらい!自分もやれば出来るんだ」と思っていくことが大事です。

ただどうしても精神的に落ち込んだり、他人や家族などから現状を指摘されて落ち込むこともあります。そういう時は「人は人、自分は自分」と割り切ることです。就職も縁なのだから、今は縁がなかったのだと思うのが良いと思います。

無職でも精神的に病まないコツ8.前向きに振舞う

メンタルを病まないコツは、毎日の日常生活の中でできるだけ前向きに明るく振舞うことです。精神的に明るく振舞うことを心がければ、心もついてきてメンタルを病まずに済みます。プラス思考が大切です。

ただし、本当に精神的に落ち込んでしまっているときには、逆効果になりかねないので自然にそっと布団の中にずっと入っているのもありだと思います。

私の場合、落ち込んだ気持ちを無理に上げようとすると余計惨めな気分になったので、落ち込んだときは落ち込んで、無理やり自分の気持ちに逆らわないようにしていました。

いつか必ずベッドや布団から出てこれるようになりますので、それまで安静にして横になっている、といった対処法が得策です。布団に入っていれば、落ち込んだ精神状態を受け入れてくれるような気がして、心が楽になります。

無職でも精神的に病まないコツ9.趣味を楽しむ

好きな「趣味」は継続して楽しむことが、無職でもメンタルを病まないコツだと思っています。たとえ現実世界で落ち込んでも、好きな趣味の世界に没頭すれば、少なくともその瞬間だけはリアルを忘れることができます。

一時的にしろ刹那的にしろ、思う存分とにかく自分が楽しいことを全力で楽しめば、それを起爆剤として全体的なメンタルを底上げすることは十分に可能となるでしょう。

いわゆるシーソーの原理と同じように、一方向にだけ重さが掛かってしまっては持ち上がりません。左右で程よいバランスを保ちながら、自分のメンタルと付き合っていく必要があるのだと思っています。

無職でも精神的に病まないコツ10.周りの声を気にしない

周りの人からなんと言われようと、「1度きりの人生、自分のものだから自分の好きに生きて良い」と考えます。何事も遅すぎるという事はありません。

「今は心身ともに休める時なのだ」と思って、自分にとって納得ができるタイミングでチャンスに飛び込めるように、しっかりと休息を取りましょう。

無職でも精神的に病まないコツ11.人と比べない

家にこもってSNSなどをつい見てしまったりして、他人の人生と比べたりしないようにします。自分の人生が1番大切です。より良い人生にできるのは自分自身しかいません。

他人と比べてもしょうがないのです。自分の人生に集中しましょう。

無職でも精神的に病まないコツ12.旅行に行ってみる

また仕事を始めると長期休暇は中々取りづらいので、絶好のチャンスだと思って行きたい所に行ってみてください。近場でも遠くでも、旅行にいったり観光したりすることで新しい発見があったり、興味を惹かれるものに出会うかもしれないからです。

旅先で出会う人とのふれあいも、刺激的で気分転換になり良いと思います。

無職でも精神的に病まないコツ13.ハローワークに行く

ハローワークに行ったり、求職者の集まるセミナーに行ったりしましょう。

それぞれの境遇は様々かと思いますが、「今現在の状況を同じくした人達がいる」と思うだけで、自分だけが無職で孤立しているという漠然とした不安感は少なくなると思います。

無職でも精神的に病まないコツ14.落ちても「もっといい仕事が見つかる」と思う

無職になった事情は人によって色々ですが、私の場合は、職場の労働環境が悪く仕事を辞めました。

その時の自分の状況や立場をなるべく前向きに捉え、たとえ面接でダメだったとしても「仕事を辞めなければよかった」とは考えないように、「これからもっといい仕事を見つける」と思うようにしましたね。

無職でも精神的に病まないコツ15.副業をやってみる

無職でいると、まったく社会活動ができていない自分に自己嫌悪感を抱いてしまいます。そこでおすすめなのが、副業をすることです。無職の有り余る時間を活用してみましょう。

副業をしておけば、一応これで「何かしら前進している」とはいえると思います。相手に「どれくらい稼げたの?」と聞かれても適当に答えればいい。月5000円でも副業で稼げていると、気分的に前向きになれます。

無職でも精神的に病まないコツ16.図書館に行く

図書館へ行くこともおすすめです。仕事に追われて忙しく働いている時は、ゆっくり読書する時間も中々とれません。今の無職期間を有効に活用するため読書をしてみてはいかかでしょう。

図書館ですと、購入するより気楽に読めますし、静かな図書館に行くと気持ちが落ち着きます。日頃経験できないような冒険物や、ファンタジーをよんでみたり、貴重な体験ができるはずです。

机と椅子があって勉強ができる図書館もありますので、資格の勉強などをしてスキルアップを図るのも良いでしょう。

[template id=”10189″]

無職で精神的に落ち込んでいる人へ

ここでは、無職で精神的に落ち込んでいる人へ向けてメッセージをお伝えします。

1.無職期間だからこそできることをしよう

せっかく無職になったのですから、無職期間だからこそできることをしてみましょう。無職期間だからこそ出来ることは好きなだけ寝たり、図書館に行って勉強することだと思います。

また、仕事を離れてゆったりした期間を過ごしていると在職中はめまぐるしく時間が過ぎ去っていたのに、時間もゆっくりと流れていくのが分かります。

その期間で疲れていた心を癒したり、普段はしないような例えば美術館に行ったりという行動をしても面白いでしょう。改めてじっくりと自分を見つめ直すことが出来て、次の活動にもつながるので、ゆっくり考えるのはとても良いことです。

気分が乗ってきたら、時間をかけてやるようなことにチャレンジするといいと思います。例えば、絵を描いてみたり、普段気になっていたけど読まなかった本を読んでみたり、映画を観たりなど…。

また、隅々まで部屋の掃除をするのもおすすめです。無職の場合、仕事をしていないわけですから、お金はなくても自由な時間がたくさんあります。そのため、お金のかからない趣味に没頭することができるでしょう。

2.無職なら読書がおすすめ!

1番お金のかからない趣味と言えば、読書です。古本屋で小説を一冊100円で買えば、人にもよりますが4時間近く楽しい時間が過ごせます。100円で4時間も楽しめる、という趣味はなかなかないのではないでしょうか。

もっといえば図書館に行けば、無料で読書が楽しめます。たくさんある本の中から気に入ったものを選び、浴びるように朝から晩まで読書という楽しい趣味を満喫することができます。

3.無職の人にぜひ読んでほしいおすすめの本

無職の人にぜひ読んでほしい、おすすめの本をさいごに紹介します。

もしかしたら「知っている」という人も多いと思いますが、「夢をかなえるゾウ」という本です。


主人公のサラリーマンが上手くいかない仕事終わりに気休めにビールを飲み、「美味いなー。このために生きてるなー。でもこんなつもりじゃなかったんだよな…」とつぶやいたことがきっかけで、大阪弁で話すインドの神、ガネーシャが現れます。

ガネーシャは言います。「今の自分を変えたいん?せやったらワイの言うこと聞いといた方がええで。ワイは今まで、スティーブ・ジョブズ君やら松下幸之助ちゃんやら色んな人間にアドバイスをしたきたモンやから。」と。

いろんな人生の教訓を教えてくれる本で、無職の人にもきっと役立つ本だと思います。私も実際にこの本を読んだのは「無職」のときでした。ユーモアもあり、笑いながら読み進めていくうちに、確かに大切なことを教わることができます。

自己啓発の本を多数読んでも何も結局変われていない主人公がズバズバと指摘される様子は、自分が言われているようで痛いところをつかれる思いです。

そんなダメダメ主人公でもガネーシャの課題をひとつずつこなしていけば成長できる、そんな内容に、とても励まされる本になっています。ドラマ化もされた本ですが、簡単な文体で大阪弁の話し言葉のリズムがよく、リラックスした状態でどんどん読めてしまいます。

ドラマの方も少し内容がアレンジされていますが、とても面白い内容になっており、原作もさすがです。私はこの本がきっかけで、無職から脱出し今も充実した人生を送れていると思います。とても素晴らしい本なので、ぜひ手にとってみてくださいね。

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。