無職・フリーター

無職で感じる焦りと不安の7つの対処法

あなたは、無職で焦りと不安がありますか?

もちろん、あるでしょう。無職になれば、誰だって焦り、不安になるものです。ですから、無職焦りや不安を感じていることは、「正常なこと」だといえます。

無職のままでいるのは良くない、何とかしなければならないと考えているからこそ、焦りや不安という感情が生まれます。「無職」で焦りと不安があるのは、今の状態から抜け出したい、頑張りたいと思っている証拠なのです。

このように感じている人は、正しいやり方で就職活動を行えば、無職から抜け出すことができます。転職の専門家に相談を受けたり、無職から抜け出した人の体験談を聞いたりして、「自分も大丈夫」「自分も上手くいく」ということを実感することが大切です。

今何もしていないというラッキーな時間を、ゲームやテレビなどで時間を費やすのはとてももったいないことでしょう。無職でいる時間を大切にして、資格などをとったりボランティア活動をしたりして教養を高めたり・新しい体験する方が良い結果に結びつきます。

無職期間を、いつでも働ける状態へもっていくための準備期間として活かしましょう。焦るのも、不安になるのも仕方がありません。自分自身が望む自分の未来像を考えるために自分と向き合って、未来像を設定して、その実現のために行動すること。

人によってスピードは様々です。早く自分の道を見つける人もいれば、迷路のような道を歩いている人もいるでしょう。逆に言えば、悩みながらでも一歩一歩進んでいけば、それが自分の財産になるし力にもなってきます。

ただそうは言っても、なかなか焦りは減らないかもしれません。どうしても焦り・不安が取り除けないなら、スーパー銭湯にでもいってスッキリしてください。

真面目に考えすぎないことです。無職なんてめずらしくありません。ハローワークに行けば、無職の人々があふれているでしょう。

だから、自分を責めたり、考えすぎてどうしようもなくなる必要はありません。あなたにとっても、無職は一時的な休息期間なのですから…。

[template id=”8763″]

無職で焦りと不安が出てくる8つの理由

無職だとどうして焦って不安になるのでしょうか?ここでは、「無職」で焦りと不安が出てくる理由を紹介します。

無職で焦りと不安が出てくる理由1.世間の目が気になるから

無職は、世間からの目が気になります。人様が仕事をしているのに自分はすることがない。何より働いていない。若くて仕事も出来る状況なのに働いていない。家族にも多かれ少なかれ迷惑はかけていますし、自分自身への劣等感、近所や世間の目も気になります。

いつも自分の車が止まっていると、何をしているんだとうわさになります。とても嫌な気分ですごさなければならなくなります。無職になって、周りからの圧を強く感じるようになりました。

無職で焦りと不安が出てくる理由2.経済的な不安があるから

また、現実的に収入が無い状態が続きますので、経済的な不安も募ります。収入が無くて貯金だけでいつまで大丈夫かと不安になるのです。友達は正社員で毎月30万とか稼いでいるのに自分は0円と悲しくなります。

社会に貢献していない自分に嫌悪感を抱いてしまいました。この状況で不安を募らせない人は、余程能力があり、いつでも仕事にありつけるような優秀な人物だと思います。凡人でまともな精神状況の人なら不安、焦りは高まる一方かと思います。

人にはそれぞれ、百人十色のさまざまな環境や状況、事情があるでしょう。しかし、身体的にも、精神的にも何の問題もない状態で無職なのは、まともであればあるほど、気持ちは焦ります。そしてなかなか再就職が決まらない状態は、将来への不安は募り、辛過ぎる状況です。

無職で焦りと不安が出てくる理由3.周りと比べてみじめになるから

無職が焦って不安になるのは、周囲が正社員として働いているからです。ほとんどの人は、高校や大学を卒業した後は正社員として就職して仕事に就きます。それなのに無職でいると、周りと違うことに焦りや不安が出てくるわけです。

世間からの視線が気になりますし、将来のことを考えるだけで怖くなります。他の人は仕事を頑張っているのに、自分は無職ということを考えるだけで苦しくなり、これからどうしようと不安になります。

早く就職しなければと分かっているのですが上手くいかず、焦りが増大していく一方なのです。友人が働いている中で、何もしていない自分自身に対して、「自分はいったい何をやっているんだろう」という気持ちに駆り立てられます。

みんな働いている月曜日から金曜日は非常につらいです。土曜日と日曜日は、みんな休みなのでホッとします。世間と同じ状態にいたいと思うようになります。

何とかしようと思って、月曜から金曜は外のいろんな施設へいって勉強したり、体を鍛えたりしました。毎日活動しているんだという自己満足を得たくなったからです。

無職で焦りと不安が出てくる理由4.将来のビジョンがみえないから

年齢にもよりますが、無職で炒ると将来のビジョンが全く見えてきません。周りの知人が先に行ってしまったと感じるでしょう。特に友人から結婚式の案内状などが来ると余計に惨めな気持ちになってきます。

また親と同居しているため周りの目も気になる。どうしても毎日のように仕事の話をされるため焦ります。かといって、就職するやる気もない自分に幻滅することも不安につながってくるのです。

無職で焦りと不安が出てくる理由5.自分が情けないから

やはり周囲の同世代が仕事で頑張っていたり、結婚したり、持ち家を持ったりして、どんどん遠くへいってしまうということです。それに比べた自分の現状を見たときに、情けなくて、焦って、不安になります。

交際経験も私の場合はなかったので、童貞のまま人生が終わってしまうのか…という、屈辱的な不安感や焦燥感がありました。どんどん社会的落伍者になっていき、親戚からも、「仕事しないの?」と聞かれます。年下のいとこも就職して結婚していき、不安から死にたくなりました。

無職で焦りと不安が出てくる理由6.生活ができないから

私の場合は、生活ができない、という明確なものでした。一人暮らしだったので、家賃や光熱費、食費など生活するにあたっての諸々のお金が必要になります。親に頼る事も出来たのかもしれませんが、会う度に歳を重ねている両親を実感していました。

そのため、頼れないという気持ちと、心配をかけれないという気持ちがあったのです。貯金も減る一方で増える事はありません。生活を営むためには、無職ではいられない…という焦りと不安がありました。

無職で焦りと不安が出てくる理由7.収入がないから

収入がまったくないからです。きちんとした仕事に就いていないと、定期収入がありません。出て行くお金は、定期的なものが少なくありません。水道代、電気料金、ガス代など、毎日の生活を支えるための出費は定期的です。

それを賄う収入が、無職だとありません。雇用されて働かなければ、給料が1銭も入ってこないのは間違いないです。人生設計をするための財産を作れないという不安がありました。早くお金だけがほしいと焦りましたね。

無職で焦りと不安が出てくる理由8.マイナス思考になるから

自分が無価値な人間だと感じて卑屈になるからです。中年になって無職だと、自分の存在価値を失った気分になります。無職になる前に定職に就いていると、自分が職業を通して社会とつながっているという感じを知っているため、不安と焦りが出ます。

無職でいることで世間体なども気になるでしょう。無職期間が長引けば長引くほど、再び就職出来るのかどうかすらわからなくなってきます。もし就職が今後も出来なければとマイナス思考になり、その度に将来に対する不安は増します。

[template id=”10189″]

無職の焦りと不安の7つの対処法

無職でいることの焦りと不安の気持ちへはどう対処すれば良いのでしょうか。ここからは、「無職」の焦りと不安の対処法を紹介します。

無職の焦りと不安の対処法1.働くこと

金銭面で苦しいならば、短期のバイトも良いので「働く」ということです。結局は、働くことが一番不安の解消には効果的でしょう。無職でいると、収入はないですし、周りの目も気になります。

しかし、仕事をすれば、そこそこ収入を得られるので、完全に焦りや不安から解放されることはありませんが、かなり改善されます。

「正社員になろう」という気持ちを忘れないことが前提ですが、まずは心を落ち着かせるために仕事をしてみるということが大切です。そうすれば、精神的に少し余裕を持つことができ、色々考えたり行動に移すことができるようになります。

無職の焦りと不安の対処法2.自分を信じること

自分を信じることです。一時的に短期でバイトをしたとしても、目先の事だけではなく、再就職活動を最優先すること。再就職活動をして再びまともな社会人生活になることを想像しましょう。

当たり前の普通の生活を取り戻そうとしている自分を信じてあげること。自分自身を過度に否定することは避けるべきだと思いました。自分を保ち、負のスパイラルに陥らないようにしなければなりません。

無職の焦りと不安の対処法3.資格の勉強を始める

資格の勉強を始めましょう。遊んでいるのではなく、「勉強しているんだ」という感情を持つことで気持ちを楽にすることができます。

資格はいくら持っていても損はありません。前向きに活動しているという実感が得られるので、就職活動にも好循環が生まれます。

無職の焦りと不安の対処法4.「これからどうしたいか」を考える

無職を理解する事です。漠然とした気持ちは、不安が大きくなりがちになります。無職という事を正面から受け止め、「何故無職なのか」を考えてみてください。

無職という事に対する自分の正直な気持ちと、「これからどうしたい」という事を明確にする事で、焦りや不安な気持ちにきっちり照準を合わせる事ができます。

そうする事により、自分の不透明な部分が少しはクリアにする事ができるでしょう。焦りや不安は無くなる事はないですが、大きなモンスター的なものにはならないと思います。

無職の焦りと不安の対処法5.何かを継続する

社会人になってからの無職は世間からの目も気になるものです。収入もなく、ふとそのことを考えると気分はいいはずありません。その対処法は、無職の間も何か自分でやることを見つけて、それを継続することです。

何もしないでい続けるというのは、楽そうに見えますが実は結構精神的苦痛が伴うと思います。無職で何もしないでいると働く場がない為、怠慢な生活になりやすく、気持ちの張りが出てきません。

部屋の隅々まで掃除をしてみるとか、自己啓発本を何冊かしっかり読んでみるとか、自分で自分を律する行動をとる方が良いでしょう。

私の個人的おすすめは、「ラジオ体操」です。毎朝6時半からおこなえるので、継続すると規則正しい生活になります。

無職の焦りと不安の対処法6.自分の過去を整理すること

履歴書を書いて、自分の過去を整理することです。無職で焦っている時は、自分の「今」にパニックを起こしています。過去を冷静に振り返ることで、現在を見つめる機会を得られるでしょう。

履歴書の中の「志望の動機」「本人希望欄」を書くにあたり、自分の現在と近未来を考えてみてください。どんな会社に面接を依頼するかを絞り込んだら、その会社と自分の現在との接点を考えることが大切です。

それらが文章化されるのが「志望の動機」であり、そこでの生活をイメージした時に出てくるのが「本人希望欄」になります。

無職の焦りと不安の対処法7.就職活動をすること

無職でいる間は、無職でいることの不安と焦りはついてくると思います。無職の脱出方法は、当たり前ですが「就職活動をすること」です。就職活動は、社会との接点を得る最初の一歩になります。

社会と今現在つながっている人が、自分という人間にどんな価値を見出すのかが分かるのもメリットです。たくさん就職活動をして、自分がどこかに必要とされるという感じをつかむことが大切でしょう。

とにかく就職して働く事です。これ以外の解決策はないと思います。根本的な焦りや不安の原因が就職していないこと、働いていないことであればその原因を取り除くしか方法はありません。

その根本原因を排除するには再就職する以外、ありません。面接では人事担当者とのコミュニケーションを大切にすることです。

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。