無職・フリーター

無職の時こそ図書館に行くべき8つの理由。無職の”友”は図書館で決まり!

図書館は無職の友です。

「無職の時こそ「図書館」に行くべきだ」と私はあなたに声を大にして言いたい。

無職の時は、お金を使うのをついためらってしまいますよね?そのような時は図書館を活用してみましょう。図書館は無料で使えますし、無職が何時間いても何も言われることはありません。

図書館は自分の世界を広げてくれる、しかも無料で行ける無職の穴場スポットです。世界中のありとあらゆる本があり、そこにはさまざまな人たちの人生観や価値観を綴った本がたくさんあります。人間誰だって無職の時は不安になるものです。

ネガティブでマイナスな傾向に陥りやすいですが、そんな時こそ、自分の世界を広げる充電期間なのだと思って、図書館を利用することをおすすめします。

また、図書館の本から得たインスピレーションや知識がきっかけで、人生が変わることもあるかもしれません。たかが図書館、されど図書館。時間がある時にこそ、図書館に行ってみましょう。

[template id=”8763″]

無職の時こそ図書館に行くべき理由とは?

家にいて鬱々とするよりも図書館で過ごした方が断然オススメです。図書館で本を借りると期間内に必ず返却する必要があるので、外へ出る理由ができます。

無職のときは生活リズムが崩れやすいので、そういった生活のサイクルを作る意味でも良いでしょう。そして無料でたくさんの本が読めるので、新しい知識を得たりヒントを得ることも出来ます。

また資格取得の勉強などに打ち込むこともできます。家でやるよりはずっと集中できるはずです。図書館はいろいろな可能性がある場所なのでぜひ活用してほしいです。ぜひ、無職のときこそ図書館に行きましょう。

 

無職が図書館に行くべき理由1.外に出る理由になるから

まず第一に上げられるのが、外に出る理由になるということです。無職でいることでマイナス、ネガティブになりやすい要因として、家にこもりきりになることが上げられます。

図書館に行くことを理由にして外に出るだけで、少しは気分が前向きになることもしばしばです。もうひとつの理由としては、ネット環境があったり、コンセントが無料で使えるという点ですね。

また、夏だと冷房、冬だと暖房も効いているので、電気代節約という点でも、無職にとってはありがたいメリットがあります。

 

無職が図書館に行くべき理由2.知識が深まるから

本を読むことによって、知識が深まります。自分で探して得た知識は、覚えようとする限りはそれが無駄になることはありません。

例えば財産であれば、つい買い物や必要経費などで使ってしまうことは多いです。ところが知識は忘れないようにしようと思えば、自然と覚えるようになります。覚えた知識で自分の生活を豊かにすることができるのであれば、図書館の利用は人生を豊かにするでしょう。

いろいろな部分に応用がきくため、実践することで楽しくなるかもしれません。自分を見つめなおすきっかけにしたり、見えていなかったもの発見を探すということが図書館に行くべき理由です。

 

無職が図書館に行くべき理由3.他人の姿を見ることができるから

無職こそ図書館に行くべき理由は、無職で他人とあまり関わらなくなった人は特に会話はしなくても、他人の姿を見ることがとても大事だからです。

無料で本を読みに図書館に行く途中で、外の空気に触れ、周りの人の服装や雰囲気を見て、今はこんな季節だとか、こういう服を着た人が多いとか、時代に置いていかれることを少しでも阻止することができるでしょう。

 

無職が図書館に行くべき理由4.無料だから

無職のときはやはりお金が減ることが一番怖いことです。だからと言って家に閉じこもってばかりになるのもよくありません。そこで図書館を活用すると良い外出先になるでしょう。

図書館は無料で使うことができます。雑誌は最新号が置いてあるので、購読していた雑誌を仕事をやめて読めなくなった場合でも読み続けることもできますよ。またDVDやCDも置いてあるので、お金をかけずに娯楽を楽しむこともできます。

無職だからといって今まで楽しんでいた娯楽から遠ざかると、想像以上に気が滅入ることもあるでしょう。そんな時は無料で使える図書館がおすすめです。

 

無職が図書館に行くべき理由5.一番理にかなった行動だから

無職の時は、図書館で興味のある本や自分に将来的に役立つビジネス本などを読むのがおすすめです。そうすることで、実際に働きだした時の自分に役立つ情報を無料で得ることができます。

図書館ではなく本を実際に購入して読むという人もいると思いますが、当然ですが無職の時は収入がありません。このことを考えると、やはり無料で有益な情報のつまった本を読むことができる図書館を利用するということは、無職の人に対し、まさに理にかなった行動だからです。

 

無職が図書館に行くべき理由6.日課を作った方が良いから

無職のときこそ日課を作ったほうが良いからです。無職になると、何時に起きても何時に寝ても良い生活が始まります。そう聞くと「なんていい生活だ!毎日自由でうらやましい」と思われるかもしれません。

しかし、いつ何をしても良い生活を続けるのは、よほど自己管理ができている人でもなければ、すぐにだらけてしまいます。だらけて楽しいのは最初の数日だけです。すぐに暇を持て余すようになります。

そこで、暇つぶしのため図書館に行くと良いです。図書館への行き帰りは良い運動にもなります。図書館は本だけでなく、雑誌・新聞・CD・DVDなど娯楽の宝庫です。それらが全て無料で楽しめます。いくら時間があっても足らないほど在庫があります。

 

無職が図書館に行くべき理由7.罪悪感が生まれないから

図書館は「無職である」ことへの罪悪感が生まれません。和やかでのんびりした空気に包まれていると、自分もその中に身をゆだねてゆっくりしていこうと思えます。世の中は、忙しく働いている人だけが全てではないことを知ります。

こんなにもゆっくりとした時間が流れているところもあるのだと知ることができるでしょう。まず無職であることをとがめられず、周りの視線を気にせずに本に集中することができるという部分があげられます。

周りにいる人も、自分の読みたい本を読んでいるので、周りの人なんて気にしていません。そして、とにかく図書館にある本は無料で読むことができるという点も無職にとっての魅力です。

無職は収入がありませんから、できるだけお金をかけずに過ごしたいという考えを持ちますが、図書館はお金がかからず、いつまでも(開館時間中は)いることができます。

 

無職が図書館に行くべき理由8.時間があるから

無職こそ図書館に行ったした方が良い理由は、時間があるからです。働いている人はその時間を仕事に費やしているので、読みたい本があったり勉強がしたくても寝る間を惜しんでやっている人などもいるくらいです。

それほど時間がなくなってしまいますが、無職であれば本を読む時間は確保しやすいと思います。そして、そこから得られる知識で、何か職につけるかもしれませんし、または自分で何かビジネスをしようと言うきっかけにつながる可能性もあるからです。

無職の時ほど勉強できる時間が沢山あります。1日中本読んでも良い位の時間が確保できます。図書館の良い点は、誰にも邪魔されず1人で読書できることです。

そして冷暖房完備ですのでいつ行っても快適です。無職にとって、こんな良い公共施設はないと思います。使わない手はないでしょう。

また、本を読むと頭の回転が速くなります。頭は使わないと回転が悪くなってしまいますので、どんどん本を読んで回転を良くした方が良いと思います。図書館は本がいっぱいありますので読み切れない位ですが、数日間かけて読むと知識が深まるでしょう。

[template id=”10189″]

 

無職にとって図書館が居心地が良いのはなぜなのか?

図書館は公共の場でありながら人と過剰に関わりを持たなくてもよいので、静かに自分の考えをまとめたり、資格の勉強をしたり、自分の思う時間を過ごすことができます。

マナーが大切な場ですので、自分の気持ちも引き締まりますし、ある程度の人との距離があるので後ろめたさなどを感じることがありません。

このように、図書館は無職にとって居心地の良い場所であることはいうまでもありません。ここでは、無職にとって図書館が居心地が良い理由を紹介します。

 

無職に図書館が居心地が良い理由1.無料で得した気分になるから

図書館が居心地いいのは、無料で好きなだけいられるからだけではありません。日頃読まないジャンルの本が豊富にあるので、それだけでも何か得した気分になれるというメリットがあります。借りて読むのもいいし、館内で読むのもいいでしょう。

広い空間の中で本を読むのは、とりわけ贅沢な気持ちになれるものです。就活でストレスを感じる時には、図書館という空間の中で自分を解放してあげましょう。最近の図書館はインテリアにも工夫があり、その点でも非日常的な喜びを感じられます。

静かで、無理に話さなくてもいいこと。無職でも誰も気にしません。冷暖房完備なので光熱費が浮きます。いろいろな席があり、ちょっと本を読んだり、じっくり机で本を重ねて勉強することもできます。ほとんどお金がかからないので、毎日来てもいいでしょう。

 

無職に図書館が居心地が良い理由2.時間をつぶすことができるから

時間を少しでもつぶすことができるという点が魅力でしょう。空調が効いていて、人が適度にいるので静かに時間を過ごすことができます。暇つぶしで利用することができるので、まずは時間を使う場合に最適です。

飲み物についてはお金がないと利用できないところもありますが、小銭があるのであれば飲食スペースで食べることもできるでしょう。

もちろん飲食目的の場合はマナーを守る必要はありますが、私が利用している図書館は飲食スペースがついていて軽食を購入するついでにそこを利用することで、軽食をお供に本を読みながら時間を費やすことができます。

また、図書館まで出かけることでそれ自体が気分転換になります。閉じこもりがちな人間にとっては、外の世界を知るということがなによりもストレス解消に役立つでしょう。ですので、図書館は地域を支える存在なのだろうと思います。

 

無職に図書館が居心地が良い理由3.他人が気にならない環境だから

無職でいることで、やっぱり人の目というものが自然に気になってきます。別に他人は私のことなんてひとつも気にしていないし、本人がただそれを重く受け止めているだけなんでしょうが、無職でいると無性に自分の存在が嫌になるときがあるんです。

図書館にいれば、ただ静かな空間の中にいる風景の一部になれると思います。カフェと違い、しゃべっている人もほとんどいません。

ほとんどの人たちが本を読んでいたり、調べものに集中しているので、他人の話していることや自分に対しての目を気にすることは、ほとんどないでしょう。そういった面で、無職にとって図書館は居心地がいいと感じる場所だと思います。

図書館にはいろいろな人達がいます。学生もいればお年寄りも子連れの人もいます。多種多様な人がいるのが普通ですので、他の人がどんな人かをいちいち気にする人はいません。

そのため周りを気にせずに過ごすことができます。また朝から夜まで開いている時間いっぱい居たとしても文句を言われることもありません。

施設によっては庭があったり食堂があったりすることもあります。そういった設備がないところでも椅子はたくさん用意されているのでゆっくり過ごるはずです。

 

無職に図書館が居心地が良い理由4.肩身が狭くないから

冷暖房完備で肉体的な居心地がとてもいいのは当然です。それに合わせて他の来館者も身なりが良い人ばかりでないところが良いところでしょう。

無職で身なりにそんなに気を使えない人でも、肩身が狭い思いをせずに長居できる環境で居心地がいいと思います。椅子やテーブルもたくさんあるので座るところには困りません。

基本的には静かにしておかないといけないところないので、周りの会話が気になって、その内容で一喜一憂することはほぼないです。

また、平日などは特に仕事をしている人は来ないので空いています。仕事をしている人を見て心理状態に影響を受けることはありません。

本を読む分には堂々としていていいですし、携帯を触っていようが寝ていようが基本的にうるさくさえしなければ職員に注意されることはないでしょう。このように、図書館では、無職であることをとがめられません。

 

無職に図書館が居心地が良い理由5.和やかでのんびりしているから

平日の図書館へ行ったことがある人ならわかるでしょう。来館者は定年退職したご老人でいっぱいです。たまに若い女性がいるなと思うと、妊娠中もしくは育児中のママさんたちです。

夏休みや冬休みの期間中は、自由研究中の子どもや受験勉強中の子どもたちが大勢います。来たときから同じソファに座ってずっと眠っているご老人や、絵本の読み聞かせをするママたち、勉強中の子どもたちはとても静かです。

ご老人・ママ・子どものいる図書館は和やかでのんびりしていて、とても居心地が良いでしょう。

[template id=”10189″]

 

無職にとっての「図書館の魅力」とは?

無職にとってはやはり、無料という点が最大の魅力です。無料なのに、人気の新刊の本が読めます。さらに冷暖房完備、充電もし放題というのも、家の光熱費の節約になるでしょう。

誰も話しかけてこないですし、「長居しないで」と催促してくる人も、干渉してくる人もいません。ただただ自己の世界に集中できます。

また、無職の時の図書館の魅力は時間や人の目を気にせずに長時間過ごせること。喫茶店などではお金もかるうえ長い時間ずっといるのは難しいです。その点、図書館は開館時間中ずっといることもできます。そして図書館はいろいろな目的に使えるのも魅力です。

本を読むのはもちろん、書類を書いたり勉強をしたりもできます。視聴覚ブースで映画を見たり音楽を聴いたりもできます。無料でこれだけのことが出来るというのは素晴らしいと思います。

読みたい本がない場合、リクエストすることで購入してくれたり、他の図書館から取り寄せてくれたりするのもありがたい。

また、図書館とは、本を借りたり読んだりするだけの空間ではありません。新聞も読めるし、調べ物もできます。特に大規模な図書館になると、過去のデータを見ることもでき、専門的な資料も置いてあったりするでしょう。

その意味では単なる時間つぶしではなく、勉強の場にもなるのです。それから多少大きな図書館の場合、中に喫茶コーナーがあります。特に読みたい本とか調べたい物がなくても、そこで一息入れることもできます。

それはちょっと高いという時は、自販機で飲み物を買って、図書館の周囲にあるベンチなどで過ごしてもいいでしょう。図書館は無料で、家とは別の世界が持てる、無職にとっては大変魅力的な空間なのです。

[template id=”10189″]

 

無職が図書館で読むべき本とは?

図書館には直接就職に役立つような本がたくさんあります。例えば資格取得や法律の本や自分が新しく行きたい業界についての本などです。

しかしそれ以外にもオススメしたい本があります。それは自己啓発コーナーです。無職のときは不安になったり、人生を改めて考えたりする時間も増えます。そういった時は、自己啓発コーナーに行くと、いろいろなヒントがみつかると思います。

闇雲に動くよりは、そういった本からヒントを得て動く方が、方向性が定まって結果が出やすいということもあります。自己啓発といったジャンルなら、就職へのやる気を奮い立たせることができるでしょう。

またこのような就職に直結するような本ではなく、自分が癒しを求めているという方は、癒し系の本もいいと思います。できるだけ自分のストレスを軽減するジャンルがおすすめです。

ストレスがたまっているのであれば、漫画や写真集などといったリラックスしやすいジャンルのものを借りるのが良いと思います。まずは、落ち着いた気分で読めるようにしておくことが重要です。

また、就活ということでビジネス関係の本を読むのもいいのですが、文学とか歴史、あるいは美術関係の本などもいいでしょう。あくまでもリフレッシュしたいのであれば、自分が読んで楽しい物を読むのが一番です。

また図書館によっては、雑誌のバックナンバーが過去1年分くらい保管されていますので、好きなジャンルの雑誌を読んで時間をつぶすという方法もあります。

いろいろ悩んでしまう人は現実逃避の小説や写真集などもおすすめです。時間がある場合は、あえて読んだことのないジャンルの本を読んでみると新しい発見があるのではないでしょうか。

偉人の伝記もおすすめです。「こんな偉い人が、恵まれない状況の中で苦労しているのか」と知ると少し元気になります。

個人的にはダイヤモンド社から出版されている「東大教授が教えるやばい日本史」は面白かったですね。図書館でゆっくりとした時間が流れていることを知ったら、別の時代の流れも知りましょう。

学校では偉大な人物だと習ったはずの人も、この本の中ではただの変態ばかりです。変態だからこそ、歴史に名を残すような功績をあげることができたのかもしれません。「みんな違って、みんないい」とどこかで聞いたようなセリフをきっと思い出すでしょう。

[template id=”10189″]

 

無職なら図書館に行こう!

とにかく図書館なら、お金をかけずに過ごすことが出来て本も読めます。そしてこの時間を通じ、さらに自分の今後へとつなげることができるでしょう。無職で辛い時期こそ、この時間を図書館での贅沢な時間に変えてみることをおすすめします。

だって就職したら、このような時間を取ること自体無理がありますからね。ここまで贅沢に図書館で過ごすことができる時間は、無職である今だからこそできることなのです。

そう考えると、無職で辛いという気持ちから、無職でラッキーという気持ちにも切り替えることができますし、無料で本をたくさん読めるという図書館の良さを利用して、次の自分へとお金をかけずにつなげることができますよ。

まずは自分を取り戻しましょう。静かな図書館のような場所で自分の良いところを考えてみることです。自分と同じような境遇の人が主人公の本があるかもしれません。不安や苦しみの解決法が書いてある本もあります。

気軽に出勤する感覚で図書館に通うのもいいと思います。一人でいても誰も気にしないのでゆっくり過ごしてみてください。今、無職で苦しんでいる時間はきっと将来役に立つときがくるのではないでしょうか。

図書館で過ごすことは無職である時間を無駄にせず、少しでも自分の糧にできます。普段あなたが感じているような息苦しさを、図書館で感じることはまずありません。なぜなら図書館に来ている人たちは、みんな自由だからです。

自分の好きな本を手に取り読むこともあれば、読まずにずっと寝ている人も大勢います。今あなたが「無職」で苦しんでいたとしても、その悩みのヒントを本からは得られるかは分かりません。

しかし、確実に言えることがひとつあります。それは図書館に来ている人たちが自由であるように、あなた自身も自由だということです。自分以外の自由な人たちを見ると、苦しみを別の角度から見ることができます。実際にそれを体験するために、ぜひ、図書館に行ってみてください。

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報
杉田【編集者】

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

FOLLOW
TwitterFacebookInstagram
キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。