無職・フリーター

無職になって落ち込んでしまったときの6つの対処法

あなたは、無職になって落ち込んでいませんか?

無職になってしまったら、落ち込むのも仕方ありません。他の人と比べると、自分はダメな人間だと責めてしまいますよね。「社会に貢献できておらず、価値のない人間」だとさえ考えてしまうでしょう。しかし、その落ち込みを解消する方法は確かにあります。

無職期間があるのは当たり前です。多くの人が、人生で一度は無職になることがあるのではないしょうか?海外ではジョブホッピングという感覚で、無職の期間が普通にあるものです。いまどき、転職やギャップイヤー等は常識的な行動ともいえます。

多少の落ち込みがあっても、これからの時代には必ず現れる時間であることと考えましょう。また、無職は一生続くわけではありません。「むしろ濃密な無職期間を過ごしているのだ」というくらいの気持ちで過ごすことをおすすめします。

様々な価値観をうけて自分の価値観を広げる上では、無職期間がむしろ必要である期間です。へこむというのではなく、胸を張りましょう。

無職は、自分に向き合っている時間であることを認識すれば、あなたは前に進んでいけますよ。今回は、無職で精神的に落ち込む理由と、無職で落ち込んだときの対処法を紹介していきます。

[template id=”8763″]

無職で精神的に落ち込む3つの理由とは?

無職になると、どうして落ち込んでしまうのでしょうか?ここでは、無職で精神的に「落ち込む」理由を紹介していきます。

無職で精神的に落ち込む理由1.理想の自分とのギャップ

無職で落ち込むのは、理想の自分とのギャップです。「他人やかつての自分は当たり前のようにできたのに、今はできない」…それが精神的に凹む理由でしょう。

無職の自分と比較して、当たり前に働いている人を見ると、無職の自分がとても惨めに思えてきます。それが毎日続く事で、小さな無気力感が大きなものになるのです。そして、落ち込んだ上体が当たり前のようになってしまいます。

無職で精神的に落ち込む理由2.収入がないこと

無職で精神的に落ち込む一番の理由は、収入がなくなることです。収入が無くなり生活できるか不安になります。働いていた時は毎月決まった日にお金が入ってくるという安定感がありました。

無職になって当たり前ですが収入がなくなり、今後の生活が不安でたまらなくなり落ち込みます。会社に勤めていたときは、何も考えずにコンビニに立ち寄り、好きなものを好きなだけ買っていました。

ところが無職になると、お金がありませんので、コンビニで買い物をすることはできません。アパートの家賃や光熱費など、生活費も切り詰めなければなりません。毎日が節約となります。

その結果、とてもみじめな気持ちになり、精神的にかなり落ち込んでしまいます。貯えが多少あれば、必要品は購入しても問題ないはずでしょう。ですが、それでも後ろめたさを感じることが多くなります。

また、無収入に付随して、周りの人が働いているのに自分は何もしていないと自分を責めがちです。自分自身も世間的にも、収入が価値を決めてしまう風潮もあると思います。

無職で精神的に落ち込む理由3.価値のない人間だと考えるから

自分は能力が低く、価値のない人間だと考えてしまうからです。ほとんどの人は、高校や大学卒業した後は就職します。それが本人の希望通りではなかったとしても、どこかしらから内定を獲得し、正社員として働き始めます。

そして、辛いことがあっても踏ん張りながら働き続ける人がほとんどです。転職が一般的になってきたとはいえ、いざ自分が無職になると落ち込んでしまいます。

「ドロップアウトしてしまった」「レールからはずれてしまった」という意識が大きくなるでしょう。無職となってしまったために、ひどく落ち込み、精神的にやられてしまうのです。

[template id=”10189″]

【体験談】無職になって一番落ち込んだことは?

個人的に、無職になって一番落ち込んだポイントは、外の人との関わりが無くなることです。色々な人と話すことがストレスでもあったはずなのですが、話せなくなることが段々とストレスになっていきます。その後、ネットを通じて人と話をすると案外同じ無職の人が居て安心しました。

しかし、その間にリアルの人との会話が非常に億劫になり、口数が減り、ますます外の世界との関りが無くなります。そして、まず3か月くらいすると仕事をしていないことで、非常に焦りを感じるようになりました。その後1年くらいすると自分でもわかるくらいの精神的な異常さが出ます。

非常に攻撃的になりますし、焦燥感も非常に強くなります。周りのみんな、同世代から取り残され、置いていかれた感じ、そして社会的地位のなさ…。家から出れない場合は、社会との繋がりのなさなどで落ち込みました。

そして実家に戻っていたので、家族、特に父親や祖父母の目、そして親戚、いとこの目などいろいろ気になり、落ち込みましたね。

私は、「もう無理だ」と感じたときに、複数の転職エージェントに同時に登録し一気に就職活動をして、再就職を果たしました。恐らくあのまま続いていたら、精神が病んでいたのかもしれません。

[template id=”10189″]

無職で落ち込んだときの6つの対処法は?

どうすれば、無職の落ち込みから抜け出せるのでしょうか?ここからは、「無職」で落ち込んだときの対処法を紹介します。

無職で落ち込んだときの対処法1.1日1日を大切にする

1日1日を大切にすることです。食事、身なり、掃除、洗濯などを、毎日行います。当たり前のことを行うだけでいいのです。起床時間と就寝時間も、それなりの時間にします。

他人と会うことを躊躇してはいけません。職業を聞かれても、今休職中です、または求職中です、とだけ伝えればいいのです。大抵の人はそれ以上聞いてきませんし、もしかしたら求人に関する情報をくれるかもしれません。

無職で落ち込んだときの対処法2.普段できなかったことをする

普段できなかったことをしましょう。例えば読書や新しいレシピ開拓などです。おすすめは整理整頓ですね。書籍や衣類、小物類など、不要なものを整理します。

そうすると家の中がすっきりし、また頭の中もすっきりして、何かいいアイデアが浮かんでくるかもしれません。持ち物を整頓することで、自分を見つめ直す良い機会になります。

無職で落ち込んだときの対処法3.無職でいる期間を決める

無職でいる期間を決めます。目標で構いません。この期間は次へのステップとすると決めれば、迷うことはありません。もちろん、自己啓発や技能習得に励みます。今は沈む時期なんだと自分で納得しましょう。

人間にはサイクルがあって、うまくいくときはいく、いかないときはいかないと理解するのです。「今の自分はうまくいかない時期だから、焦らず落ち着いて一つ一つの問題を解決しよう」と思って、落ち込む状態から抜け出します。

無職で落ち込んだときの対処法4.無職でも人生が終わるわけではない

無職になったからといって、人生が終わるわけではないと考えることです。確かに、無職でいることは良いことではありません。しかし、世の中には不本意ながら無職になってしまうという人はたくさんいます。

そして、中にはそこから頑張って就職できたという人もたくさんいるでしょう。そのような人から話を聞いたり、経験談を調べたりするのがオススメです。これによって、少しだけ元気が出てきます。

まだまだ打つ手はあるし、何とかなると考えることができるようになります。成功者の本やYouTubeを参考にしてみましょう。

彼らの経験談の中には、自分と同じように苦しんだ時期を経験してる人達がいるはずです。その経験を参考にさせてもらい、問題が起きた時への対抗策を考えます。

無職で落ち込んだときの対処法5.無職はチャンスと考えること

無職で落ち込むというのは逆にチャンスであり、無職の内にしかできないことにあえて挑戦できる時間であると捉えるべきだと思います。人生の中で無職である期間は短く、人によっては勿論長い場合もありますが、おのおのに必要な時間です。

新しいことにチャレンジしたり、今までのご自分の職務経歴を振り返ってみたり、働きすぎた場合は休養期間として活用することも大事でしょう。さまざまな会社に応募し続けること。

今の内にしかできないことをやってみることで、落ち込みを解消できます。酒を飲んだり、買い物をしたりといった行動でも一瞬は発散できますよね。

しかし、そうしてしまうと、本来の就職活動からは遠くなります。何かへの挑戦が「自分は努力しているから大丈夫」という免罪符になるでしょう。

無職で落ち込んだときの対処法6.やりたいことを徹底的にやること

無職で落ち込んだときは、自分が今一番やりたいことを考えることで立ち直ることができます。無職になれば、働いているときと違って、いろいろなことを考える時間はたくさんあるでしょう。まずは落ち着いてやりたいことをしっかり考える時間にあてます。

紙に書き出しても良いし、パソコンでメモ帳を立ち上げて打ち込んでも構いません。とにかくやりたいことだけを考えて書き出し、それに優先順位をつけていきます。そして、やりたいことを徹底的にやるのです。

[template id=”10189″]

無職で落ち込んでいるあなたへ伝えたい3つのこと

ここでは、今現在無職で「落ち込んでいる」あなたへ伝えたいことを紹介します。

無職で落ち込んでいるあなたへ1.ポジティブな要素に目を向ける

できるだけポジティブな要素に目を向けるようにしましょう。このまま無職でいるとお金のことで大変になるとか、将来真っ暗だとか、ネガティブことばかり考えてしまうのも無理はありません。

しかし、頭の中がネガティブなことに支配されてしまうと、行動することができなくなってしまいます。そのため、なるべくポジティブなことを考えるようにしましょう。「就職すればこんな良いことがある」と考えるようにするのです。

これだけで気持ちが前向きになり、良い結果が出やすくなるでしょう。そう言っても、落ち込んだ気持ちを無理に上げようとしてもうまくいかず、逆に悪化することがあります。好きなことを気晴らしでおこない、ちょっとでも気持ちを上向きにして次のステップへ進んでくださいね。

無職で落ち込んでいるあなたへ2.今が全てではない

今が全てではありません。「のどもと過ぎれば熱さ忘れる」と言いますよね。今の苦しい状況も、いつかは解決されるのです。

無職になると、今その瞬間だけが全てと思い込み、必要以上に落ち込んでしまいます。忘れてしまいがちですが、この世界には多くの仕事があり、多くの人がいるでしょう。

今が無職で落ち込んでも、あなたにはいくらでも選択肢があります。前に進んでいくことができるのだと、信じてください。

無職で落ち込んでいるあなたへ3.腹をくくること

歳は関係ない、と言いたいところですが、やはり就職には年齢が響いてきます。私も若いときに夢破れ、そこからずっと無職で引きこもっていました。落ち込む理由は様々ですし、無職である理由も様々だと思います。

しかしある程度のところで「腹をくくる」ことしかありません。とにかく出来そうな仕事の求人から見てみる。貰える給料の金額で、意外とテンションも上って、そのまま面接までいける、ということもありますよ。

例え無職でなかな就職が決まらなくても、絶対に焦らないでください。焦って変なところに就職してしまうと、後で碌なことになりません。

せっかく次のことを考える時間はたくさんあるのですから、自分のやりたいこと、これからのことを落ち着いて考えてほしいと思います。

自分の納得のいく求人が出たら、しっかり準備して真剣に受けてください。なかなか職が決まらないからと言って、絶対に妥協しないで、自分が本当にやりたいことをやるための就職活動をしましょう。

[template id=”10189″]

[template id=”8758″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。