転職コラム

転職したいけどどうしたらいいかわからない人の転職活動の進め方

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職したいと考えていますが、何から始めればいいのか分かりません…。
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
まずは行動あるのみだよ。転職活動の進め方をおさえて、1つずつ取り組もう。

転職活動の進め方や、どこから手をつけていいのかわからず、結局転職を諦めてしまう人もいるかもしれません。しかし、最初から転職活動を効率的に進めたり、転職活動をスムーズに進めていける人はいないです。

どうしたら良いかわからない人はとりあえず転職エージェントへ登録しましょう。完全無料で利用ができるのに、優良な求人の紹介や面接対策や書類対策まで行ってくれます。

転職初心者に対しては、どういう流れで転職を進めていくべきか、キャリアドバイザーがわかりやすく説明してくれます。

頭で悩んでいるだけでは何も始まりません。まずは転職エージェントへの登録を済ませましょう!

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    業界最大級の求人数!転職者の約8割が利用

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    ビズリーチ
    ハイクラス向け!年収UPしたい方におすすめ

    ビズリーチ

    詳細を見る

  3. No.3
    マイナビエージェント
    20代に強い!未経験が可能な求人も豊富!

    マイナビエージェント

    詳細を見る

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職が初めてなら転職実績No.1のリクルートエージェントに登録しておけば間違いありません。転職エージェントは複数登録可能なので、リクルートエージェントに登録したからといって別のエージェントに登録できないわけではないので安心してください。

\一人で悩まず気軽に相談!/
無料登録をする
リクルートエージェント

 

転職活動の基本的な流れ

転職活動の基本的な流れ
転職をしたことがない人にとっては、転職活動の流れがわからないですよね。この章では転職活動の基本的な流れを解説していきます。
転職活動の基本的な流れは下記のとおりです。

ステップ⓪ 転職エージェントに登録する

まずは何かをする前に転職エージェントに登録しましょう!転職エージェントに登録すれば、今後の転職活動の流れである一連のサポートを受けれます。

求人の紹介、自己分析のサポート(面談にて)、書類対策、面接対策、日程調整、年収の交渉などなどすべて転職エージェントが行ってくれます。全部自分で行っていたら時間も足りないですし、十分な選考対策ができず内定はもらえないでしょう。

0ステップ目としてまずは転職エージェントは必須になります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントは必須です!リクルートエージェントは転職成功者のほとんどが利用しているから安心です!

\転職に成功したいなら必須!/
無料登録をする
リクルートエージェント

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント
    業界最大級の求人数!転職者の約8割が利用

    リクルートエージェント

    詳細を見る

  2. No.2
    ビズリーチ
    ハイクラス向け!年収UPしたい方におすすめ

    ビズリーチ

    詳細を見る

  3. No.3
    マイナビエージェント
    20代に強い!未経験が可能な求人も豊富!

    マイナビエージェント

    詳細を見る

ステップ① 自己分析で自分を知る

1つ目のステップは、自己分析で自分を知ることです。

自分の強みややりたいこと、今後のキャリアプランなどを考えないまま「良さそうな求人がある!」と飛びついて転職活動を進めていては、うまくいきません。

まずは自分のことを振り返って考え、転職において大切にしたいことを整理するようにしましょう。整理する観点は以下です。

  • 業界・仕事内容
  • 給与
  • 勤務地
  • 労働時間
  • 社風

このような観点から、希望する条件の企業を選ぶようにしましょう。

転職において大切にしたいことを整理したら、自分自身のことも整理するようにしましょう。転職においては、自分自身の強みや特徴を理解し、面接官にしっかり伝えることが必要です。

  • これまでの仕事の経験
  • 今後やりたいこと
  • 自分のキャリア観

じっくり自己分析をすることで上記の観点を整理することで、面接対策にもつながります。

とはいえ、自己分析をしようにも、どうすればいいのかわからない、うまく強みがわからない、こうした悩みもありますよね。

そうした場合は、「リクナビNEXT」のグッドポイント診断を活用することをおすすめします。

リクナビNEXTでは、会員登録をするとグッドポイント診断を無料で受けることができます。グッドポイント診断では、下記のように18項目の強身の中からあなたの強みを5つ知ることができます。

グッドポイント診断

次のような質問に回答していくことで、あなたの強みを診断することができます。

質問

回答を終えると、下記のような診断結果が出ます。

診断結果
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自己分析の結果を受けて、自分の強みにあう求人にそのまま応募することもできるから便利だよ。

\ 大手企業からオファーが届く /
無料登録する
リクナビNEXT

ステップ② 幅広く求人情報を集める

自己分析をし、自分の強みや志望する会社の軸・転職理由を明確にできたら、幅広く求人情報を集めましょう。

求人情報を集める情報源は、

  • ハローワーク
  • 求人雑誌
  • 新聞の求人広告欄
  • インターネット
  • 転職エージェント

などがあります。

この中でも、最も効率よく求人数を多く集めることができるのはインターネットです。求人雑誌や新聞の求人広告欄など紙媒体ではスペースが限られており、得られる情報もインターネットほど多くありません。

その点、インターネット上にはそれこそ無数の求人情報が転がっていますので、希望の仕事を効率的に探すことができます。

ただし、情報が膨大すぎるため、むやみに探しても自分の目当ての求人情報にたどりつくのは難しいかもしれません。

そのため、下記のような転職サイトを利用することで、効率的に求人情報を探すことができます。

  • リクナビNEXT
  • マイナビ転職
  • en転職

特にリクナビNEXTでは50,000件以上もの求人件数が掲載されており、全国各地の求人情報が網羅されているので、希望に合った求人を探しやすいので、迷ったらまずはリクナビNEXTに登録するようにしましょう。

\ 大手企業からオファーが届く /
無料登録する
リクナビNEXT

転職サイトから求人を探している中で、思ったように自分の希望する求人が見つからないのであれば、転職エージェントを活用するようにしましょう。転職エージェントでは、一般応募がまだスタートしていない企業や競合他社を配慮して水面下で採用活動をする企業、求人広告を使用せずに採用活動をしたい企業の求人が集まっています。

インターネット上では見ることができない「非公開求人」が転職エージェントは多く取り扱っており、あなたに合った転職先を紹介してくれます。

求人紹介以外にも、書類選考や面接対策、面接のスケジュール調整、内定後の年収交渉など、転職活動をサポートしてくれます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントは無料で利用できるから、登録しておこう。
おすすめの転職エージェント

ステップ③ 応募書類を準備する

求人情報を見ていき、情報が集まりましたら、応募書類の準備していきましょう。

求人へ応募する際には履歴書と職務経歴書を用意し、企業にアピールする必要があります。

採用活動において、企業の採用担当の方は実に膨大な数の書類を読みます。応募書類の数が多いと、面接担当の方は1つ1つじっくり時間をかけて応募書類を読み込む時間がありません。そのため、あなたの強みやアピールポイントを整理して作成する必要があります。

ほとんどの会社が面接をする前に書類選考を行いますので、まずは書類選考を突破しなくてはなりません。書類選考を突破するための職務経歴書に入れておきたいポイントは下記です。

  • 職務要約
  • 職務経歴
  • 活かせる知識・スキル・経験
  • 資格
  • 語学力
  • 自己PR

これらのポイントを抑えることで、自分の強みやアピールポイントをもれなくアピールすることができ、面接側にとって雇うメリットを提示しやすくなります。

上記の観点から、あなたの「売り込み」ポイントを整理するようにしましょう。

また、履歴書には顔写真を見せる必要がありますが、顔写真の撮影はできるだけお金をかけて手抜きをしないようにしましょう。日々大量の応募書類を受け付ける中で、真っ先に見るのは、実は顔写真です。

顔写真はあなたの第一印象とつながるため、書類選考を突破するためには顔写真をしっかりすることが必要です。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
できれば自動証明写真機で撮影するのではなく、スタジオなどに行ってプロのカメラマンに撮影してもらった方が良いですね。

\書類対策もしてくれる!/
無料登録をする
リクルートエージェント

ステップ④ 面接対策をする

応募書類を作成したら、面接対策を行いましょう。ここでは、実際の面接においてよく聞かれる質問を紹介していきます。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • これまでの職歴
  • 前職での実績
  • 職場ではどのような人と言われるか
  • 何かに向かって努力した経験
  • 上記の質問から、何を学んだか
  • 転職・退職理由
  • 前(今)の会社に入社を決めた理由
  • 現在の仕事や会社に対する不満
  • 不満を解消するための具体的な行動
  • 志望理由
  • 転職先に最も求めること
  • 将来の夢
  • 10年後のキャリアプラン
  • 希望年収
  • 残業や休日出勤について
  • 転職活動の状況
  • 入社後にチャレンジしたい仕事
  • 自分の能力をどう活かせるか
  • 他に受けている会社について
  • 転勤もありえるが問題ないか
  • 仕事で大切にしていること
  • 最近関心のあるニュース
  • マネジメント経験があるか
  • 部下と接する際のポイント
  • 職務経歴にブランクがある理由
  • 転職回数が多い理由
  • なぜこの業界を志望するのか
  • 失敗経験・挫折経験はあるか
  • 当社の理念やビジョンについて
  • 大企業ではない当社を選ぶ理由

上記のような質問は、転職の面接時によく聞かれることです。

大別すると、

  • 自己紹介・自己PR
  • 転職・退職理由
  • 志望動機
  • スキル、能力、経験
  • 勤務条件
  • キャリアプランや目標
  • 自社の事業内容
  • 逆質問

これらの質問が来ることを想定し、事前に受け答えの内容を用意しておく必要があります。転職活動の最初に自己分析を行いますが、自己分析で考えた内容が、この受け答えにも活きてきます。

これまでどのような経験を積み、どのような業務を行い、どのようなスキルを身に付けたか、そのうえでどのような強みがあるのか、1つずつ整理します。

これらの経験を受けて、「今後どのようなキャリアプランを描いていきたいのか」「どのように働いていきたいのか」「どのような業界でどのように仕事をしたいのか」も明確にしておくようにしましょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
自己分析の結果が明確であるほど、面接時に様々な質問が来た際にもブレずに返答しやすくなるよ。

\転職エージェントの力を借りよう!/
無料登録をする
リクルートエージェント

ステップ⑤ 実際に面接をする

書類選考を突破し、面接につながれば、いよいよ面接本番です。事前に用意した想定問答をもとに、面接に臨むようにしましょう。

面接の準備も大切ですが、身だしなみも必ず整えましょう。

  • スーツにシワがないか
  • シャツにアイロンがかかっているか
  • 靴がきれいに磨かれているか
  • ネクタイが曲がっていないか
  • 髪型は清潔感があるか
  • ヒゲや鼻毛などの処理が出来ているか

面接においては、第一印象は極めて重要です。第一印象で面接官にマイナスの印象を与えてしまうともったいないですよね。身だしなみは整えてから面接に向かうようにしましょう。

また、面接時間に遅れないように、余裕を持って会社に到着するようにスケジュールを立てるようにしましょう。

面接時間に遅刻してしまうと、面接官に悪い印象を持たれてしまいます。どれだけ面接の内容が良くても、「時間にルーズな人」という印象を持たれただけで落とされてしまうこともありますので、注意が必要です。

前日には以下のように持ち物や面接会場までのルートなども必ずチェックしてください。

  • 最寄駅から会社までのアクセス
  • 電車の時刻表
  • 職務経歴書などのコピー
  • 筆記用具
  • 印鑑

これらの準備をした上で、面接本番においては以下の心構えを意識するようにしましょう。

  • 相手の目を見て会話する
  • 質問に対しては、結論ファーストで、明瞭に簡潔に回答する
  • 過去より未来をアピールする
  • 積極的な印象を与える
  • わからない質問に対しては、素直に「わかりません」と伝える
  • 熱意を持って、一生懸命伝える

面接とは、雇いたい企業と働きたいあなたとの真剣勝負です。真剣勝負の場においては、相手の迫力に負けず自信を持って受け答えする必要があります。相手の目を見て、自信のある目をして会話をすることで、面接官に良い印象を与えることができます。

受け答えについても、質問に対しては結論から話すようにしましょう。結論から話すことで、相手が聞きたいことをストレートに返すことができるの、面接官は「この人とコミュニケーションがとりやすい」とポジティブな評価をしてくれます。

また、アピールする場とはいえ、過去の実績を自慢げに話すのは、印象がよくありません。実績は事実であるものの、あくまでも過去の話です。今後の未来のことを相手に伝えることで、積極的な姿勢を評価してもらえます。

面接の場での質問は、想定外の内容を聞かれることもあります。もしわからないことがあれば、知ったかぶりをせずに素直に「わかりません」と伝えた方が面接官に好印象を与えます。知ったかぶりをして回答してしまうと、かえってマイナスの評価を与えかねません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
熱意を持って、一生懸命にアピールする姿勢が面接官の心に響くんだ。一生懸命さを忘れずに面接に臨むようにしよう。

ステップ⑥ 内定通知をもらう

面接を受けて、企業がぜひ当社で働いてほしいとなると、晴れて内定通知をもらうことができます。おめでとうございます!

内定通知をもらったら、先方企業と具体的な条件の交渉をします。条件交渉をする上では、こちら側の要求を押し通そうとするのではなく、企業側の条件や要望を受け止めるようにしましょう。そのうえで、希望条件がある場合には、「なぜその条件を希望するのか」を論理的に伝えるようにすると、条件交渉がスムーズにいきます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
とはいっても、初めての転職活動ですと、企業と条件交渉を進めることはとても難しいと思います。内定通知にて出された条件を飲む形が多くなるのではないでしょうか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントを活用している場合であれば、内定後の条件交渉を積極的に行ってくれる可能性があるよ。

転職エージェントは年収×35%程度の手数料を企業からもらうため、年収交渉によって入社時の年収が上がれば、それだけ売上成績が上がるからです。

特にリクルートなど企業とのパイプが強く、条件交渉を含めた転職支援実績が豊富なエージェントでは、条件交渉を積極的に行ってくれるので、より良い条件で働きたい方はぜひエージェントの力を借りましょう。

条件交渉の他にも、内定を出された後には企業と会話する機会があります。この機会を活用して、入社前の不安点や疑問点を解消していくようにしましょう。

たとえば、

  • 転勤はどれくらいの頻度であるのか
  • 平均残業時間はどれくらいか
  • 実際、どのような人が活躍しやすいのか

など、実際に入社してみないとわかりづらい部分をクリアにすることで、不安なく転職先に移ることができます。

ステップ⑦ 今の会社に退職届を出す

内定通知をもらい、条件交渉を終えて内定を承諾したら、最後に今の会社に退職届を出します。

上司の方に退職の旨を伝えるのは勇気がいることかもしれませんが、次の職場に移るためには必ず通る道なので、勇気を持って上司の方に伝えましょう。

上司に退職する旨を伝えたあとは、

  • いつ退職するのか
  • 有給消化をいつから開始するのか
  • いつまでに業務を引き継ぐのか

を明確にし、退職手続きに入ります。

退職時には、とくに業務の引継ぎを大切にしましょう。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉あるように、会社を去る際には業務を引き継ぎ相手の方が混乱なくスムーズにあなたが担当していた業務を進められるようにしましょう。

業務の引継ぎをしっかりしないと、今の会社で思わぬトラブルに見舞われてしまい、スムーズに退職することができないかもしれません。退職する時に、後ろ指をさされるような辞め方は、嫌ですよね?

また、ノートパソコンや会社携帯、IDカード、不要な名刺、制服など、会社から貸与されていた備品は期日までに必ず返却するように心がけましょう。

退職までに備品を返却しておかないと、退職後に再度前の会社に足を運んで返却しなくてはならず、とても手間がかかります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
退職手続きを完了したら、いよいよ次の職場で新しいキャリアが始まるよ。

\転職を成功させたいなら登録!/
無料登録をする
リクルートエージェント

エージェントとともに転職活動を開始

エージェントとともに転職活動を開始

転職活動を成功させるには、転職エージェントの力を借りるのが一番の近道です。

転職のプロにサポートしてもらう

転職するなら、スムーズに効率よく転職活動を進めていきたいですよね。しかし、最初は「何から手を付ければいいのかわからない」のは当たり前ですし、そのせいで転職へのモチベーションが下がってしまうのはもったいないことです。

ですから、自分で全ての転職活動を行うのではなく、転職をサポートしてくれる転職エージェントの力を借りることをおすすめします。転職エージェントであれば、ゼロからでもしっかりとサポートしてくれますよ。

転職エージェントの利用は無料ですから、まずは登録してみてください。転職エージェントは、さまざまな転職に関するサポートをおこなってくれる心強い味方です。

あなたが「転職したいけどどうしたらいいかわからない」という状態でも、しっかりとサポートしてくれるので安心してください。転職エージェントは、過去にも何千・何万人という転職者を成功へと導いてきました。その実績があるため、あなたも強力なサポートを受けることができるのです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
では、どのような転職エージェントを選べばいいのでしょうか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントにも大手から中小までさまざまあり、サポート体制や求人の質も色々だよ。自分が満足できるサポート体制が整った転職エージェントを選ぼう。

「転職したいけどどうしたらいいかわからない」という人は、まずは大手の転職エージェントに登録するところから始めています。大手の転職エージェントならば、サポート体制も整っていますし、非公開求人の数も多く、質の高い求人が揃っているからです。

転職エージェントで最大手は、

の2つです。この2つに登録しておけば、とりあえず間違いがないでしょう。どちらも登録することで非公開求人を紹介される数も増えますし、サポート体制もしっかりと整います。あまり多くの転職エージェントに登録してしまうと、求人の質を担保できないので、まずはリクルートエージェントとdodaに登録することから始めましょう。

\ 転職支援実績No.1 /
無料登録をする
(リクルートエージェント)

転職の希望をまとめておこう

あなたが転職エージェントに登録すると、まずはキャリアカウンセリングを受けることになるでしょう。その際に、あなたがどのような業界・職種に行きたいのか、どのような条件の会社に入りたいのかをヒアリングしてくれます。

あなたが転職エージェントに希望をしっかりと伝えることで、あなたに合った求人を転職エージェントが紹介してくれますから、あなたの転職で希望する条件を、紙に書き出してまとめておきましょう。

紙にまとめておくことで、あなたの頭の中を整理できますし、要点を絞って転職エージェントに伝えることができます。あなたには、転職にあたりどのような希望がありますか?

  • 残業が少ない会社ですか?
  • 年間休日が120日以上の会社ですか?
  • 今の会社よりも給料が高い会社ですか?
後輩ちゃん
後輩ちゃん
まずは希望をまとめて、どのような会社に入社したいのか、ぼんやりとでもイメージを持っておくことが大切ですね。

わからないことは何でも聞こう

転職エージェントに登録すれば、一人ではなく「サポートしてくれる誰か」がいる状態になり、安心感を得ることができると思います。

転職エージェントは、あなたの転職を導いてくれる水先案内人ですから、わからないことがあれば、気軽に何でも質問してみましょう。少しの疑問でも、聞いてみることが大事です。

転職活動は、わからないことだらけで当然なのですから、遠慮せずにガンガン聞いて転職エージェントを使い倒してください。「あんまり聞き過ぎると悪いかな」などと思わないことが、転職を成功させるコツです。

あなたが転職エージェントにたくさん質問をしていれば、あなたのことは担当エージェントの印象に残るでしょう。沢山質問するということは、転職への意欲が高いということですから、良質な求人が入ったときに、真っ先にあなたの顔が思い浮かぶはずです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職エージェントにはわからないことを何でも聞いて、自分のアピールにつなげよう。

不安を解消しよう

転職活動では、「どうしたらいいかわからない」といった不安も出てくるでしょう。たとえば、

  • 本当にこのまま転職していいのか?
  • 在職中の転職活動の注意点は?
  • 面接スケジュールの調整はどうすればいい?
  • 年収交渉はやってくれるの?

など、さまざまな疑問が沸いてくると思います。そのような不安があれば、転職エージェントに気軽に相談するようにしましょう。あなたが不安を抱えたまま転職活動を進めてしまうと、面接でも力を発揮できないからです。

転職エージェントは、あなたの転職をサポートすることが仕事なのですから、気を使わずにどんどん質問していってください。不安を潰していくことで、冷静に「転職」を見つめ直すことができます。

転職を見つめ直した結果、「今の会社に残る」という選択をすることになるかもしれません。そうなったとしても、自分の本当の結論が導き出せたのだから、それで良いのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
行きたくない会社に行くようなことはやめよう。きちんと理由を言えば、転職エージェントも分かってくれるよ。

自分で考えることも大切

転職エージェントを使えば、あなたの希望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、応募書類の添削や面接セミナーまで受けることができます。

まさに、転職において至れり尽くせりだと言えるでしょう。しかし、全てを転職エージェントに任せて、あなたはただ待っているだけ…という状態になるのではなく、しっかりと自分でも考えるようにしてください。

  • 何故転職するのか
  • あなたの強みは何なのか
  • どのような仕事をしたいのか
  • 将来、どうなっていたいのか

これらのことをきちんと考えておくことで、転職活動も良いものに変化していくはずです。もしもあなたが、自分の強みがわからないという場合は、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」をやってみることをおすすめします。

「グッドポイント診断」では、簡単な質問に答えていくだけで、あなたの強みを分析して教えてくれるのです。無料でできますし、よく当たるのでやっておいて損はありません。

グッドポイント診断は、リクナビNEXTに登録することで受けられますから、さっそく登録してみてくださいね。

\ 自己分析が手軽にできる /
無料登録する
(公式サイト)

転職活動に関するよくある質問

転職活動に関するよくある質問

ここでは、転職活動に関するよくある質問を紹介していきます。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

在籍中と退職後の転職活動は違う?

今の仕事を続けながら転職活動をする場合と、退職してから転職活動をする場合では大きな違いがあります。

まず今の仕事を続けながら転職活動をするメリットには下記があげられます。

  • 給料をもらえるので、経済的な不安を感じない
  • 最悪転職活動に失敗しても、働く場所がある
  • 離職期間が無いため、面接時にマイナス評価を受けない

一方、在籍中の転職活動のデメリットは下記です。

  • 働きながらの転職活動のため、時間を作りにくい、スケジュール調整が難しい
  • 求人の情報収集や書類選考対策、面接対策などをする時間が少ない
  • 退職交渉や業務引継ぎが難航し、求人企業が求めるタイミングで入社できない可能性がある

働きながら転職活動をするメリットは、何といっても経済的な不安を抱えずにすむ点です。今の仕事があるため、最悪転職活動に失敗したとしても今の職場で働き続ける、という選択を取ることができます。そのため、精神的な余裕を持った上で転職活動に臨むことができます。

一方、働きながらの転職活動になるため、企業との面接スケジュールの調整が難しくなったり、書類選考対策や面接対策などの多くの時間を割くことができない点はデメリットになります。

次に、退職してからの転職活動について見ていきましょう。

退職してから転職活動をするメリットは、

  • 時間が多くあるため、転職活動対策の準備を入念に行える
  • 面接スケジュールを柔軟に対応できる
  • 急募求人においては有利に働くことがある

点にあります。

一方、退職後に転職活動をするデメリットは、

  • 転職活動が長引き無職期間が長くなると、転職において不利になる
  • 経済的な焦りから、妥協で就職先を決めてしまう可能性がある

です。

退職してからの転職活動においては、転職活動の準備に多くの時間を割くことができるので、書類選考対策や面接対策を入念に行えることがメリットになります。また、スケジュール調整を柔軟にすることができ、急募求人においては有利に働くことがあります。

一方、転職活動が長引き、ブランクの期間が長くなってしまうと、転職活動において不利になってしまいます。また、経済的に余裕がなくなると、精神的にもダメージを負うことになります。精神的な余裕がなくなると、面接においてもうまく受け答えができなくなったり、焦りから妥協して就職先を選んでしまうことにもなります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職活動は精神的に余裕を持って行う必要があるよ。したがって、在職中に転職活動を進めていく方がベターだね。

退職理由がネガティブ理由だった場合の伝え方は?

退職理由がネガティブな理由の場合、どのように面接官に伝えればいいのか悩みますよね。

転職を考えるからには、恐らく何かしら不満なと思います。かといって、不満をそのままストレートに伝えてしまっては、面接官にとって悪印象を与えてしまうかもしれません。

できるだけ臨機応変に対応しながら、なるべくポジティブな言い回しをしていくことで、ネガティブな要素が出ないようにしましょう。

よくあるネガティブな理由と、ポジティブな言い回しについて紹介していきます。

「社内の人間関係が悪い」という理由で転職活動をする場合は、

  • 周囲と連携しながら、チームワークを活かして働きたい
  • 周囲と意思疎通をしながら働きたい

といった言い回しをすればポジティブに聞こえます。

「社長がワンマン」である場合は、

  • 社長と同じ目標を持って、1つのベクトルに進んでいきたい
  • 周囲のアイデアが活かされる環境で働きたい

と伝えるようにしましょう。

ノルマが厳しすぎる場合は、

  • 長期間、顧客に寄り添った営業をしたい
  • 顧客と長い信頼関係を構築していきたい
  • じっくり腰を据えて取引したい

と伝えると、ネガティブには聞こえません。

サービス残業が多すぎる場合は、

  • 効率的に仕事を進めて成果をあげたい
  • 成果を適切に評価してくれる環境で働きたい

と伝えるようにします。

会社が遠すぎて通勤が大変な場合は、

  • より近い職場に転職し、仕事に打ち込みたい
  • 地域密着型の企業で働きたい
  • 通勤分の時間を仕事にあてたい

と伝えると、印象が悪くなりません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ネガティブな理由もなるべくポジティブな言い回しになるように意識してみます。

スキル不足や未経験の場合はどうしたら?

スキル不足や未経験の場合は、希望の仕事と今の仕事との共通点を洗い出し、今の仕事の経験が希望の仕事においても活かせるという点をアピールし、面接官の方にあなたの未来に可能性を感じてもらうようにしましょう。

特に20代の転職活動の場合、スキルや経験が不足しているということはよくあります。それでも、20代~30代前半までの若年層の方であれば、あなたのポテンシャルを評価し採用してくれるケースも多くあります。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
ポテンシャルを評価してもらうために、これまでの業務経験と希望する仕事との共通点を見つけ、「この能力が活かせる」ということをアピールする必要がありますね。

また、今の仕事の経験を活かせるという部分だけでなく、不足している経験や知識をどう早急に習得していくのか、自分なりのプランを考えるようにしましょう。

たとえば専門知識が必要な仕事に就きたい場合は、現在関連する資格の勉強を進めており、資格取得に向けて動いている、という点を面接官に伝えましょう。

他にも、業務に関係する書籍を読んだり、セミナーや勉強会に参加し知識習得に向けた活動をしていることなども、有効なアピールになります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
不足している知識やスキルを早急に身に付ける意志がある、という点を面接官にアピールできれば、面接において大きなマイナス要素にはならないよ。

新卒で入った会社を辞めたいけど続けるべき?

大学を卒業し、せっかく大変な就職活動を経て今の会社に入社したのに辞めてしまうのはもったいないのでは、という不安もよく聞きます。

特に新卒で入社してまだ1年もたっていない場合は、早期に転職に不安を感じますよね。

新卒の方が今の仕事を辞めたい理由としては、

  • 思っていた仕事とは違った
  • やりがいを感じられない
  • 飲み会が辛い
  • 仕事についていけない
  • 社風が合わない

といったものがあげられます。

新卒の方が今の仕事を辞めたいと考えたときは、以下の点を考えるようにしてください。

  • 新入社員は、仕事ができなくて当たり前
  • 今辞めると、これまでの時間が無駄になってしまう
  • 誰か相談できる相手はいないか

新人の方は、これまで働いたことがないので、仕事ができなくて当然です。今あなたを教育してくれている先輩や上司の方も、最初は新入社員でした。彼ら・彼女らが新人の時に完璧に仕事ができていたのかと言われると、そんなことは決してありません。当然、うまく仕事が出来ない期間を経て、今のように成長しているのです。

今仕事を辞めてしまうと、これまで教えてもらったことや経験がすべて0になり、新たなスタートになってしまいます。スキルや知識が未熟のまま転職活動をしなくてはいけなくなるため、転職においては不利になりやすいです。

まずは周囲に気持ちや悩みを共有できる相談相手がいないか探すようにしましょう。上司や先輩の方なら、自分が新人時代に苦労したことや乗り越え方など、有効なアドバイスをしてくれます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
それでもどうしても辞めたい場合は、覚悟を決めて退職しよう。勤務期間が短いため転職活動では不利になりますが、自分の人生を決めるのは自分自身だ。

年齢を重ねると転職は不利になる?

転職活動においては、若い人の方が有利である、という点は事実です。特に異業種や未経験職種への転職をする場合は、業務経験がないため、ポテンシャルを重視されやすくなります。ポテンシャルを重視されるとなると、たとえば同じスキルであれば30代の方よりも20代の人の方が優先的に採用されやすいです。

異業種や未経験職種に転職するということは、新しく覚えることがたくさんあります。企業にとって戦力化されるにも、多くの時間がかかります。多くの時間がかかるため、若い人を採用して育成していったほうが、企業にとっては合理的なのです。

そのため、転職活動を進めるにあたって、特に未経験の仕事に挑戦したい場合は年齢が若いうちに挑戦すべきです。若いうちに転職に挑戦すれば、それだけ転職成功の可能性も高まります。

一方、同業種・同職種での転職であれば、必ずしも若い人が有利になるとは限りません。同じ業界・同じ仕事内容であれば、年齢よりもその方の実績を見られ、即戦力して働いてもらえるのか、が重要となります。特にマネジメント経験がある方は、どの企業にとっても魅力的にうつるので、年齢を重ねた人でも採用される可能性は十分あります。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
年齢を重ねた上でも転職をしたい場合は、同業種や同職種の求人を狙おう。マネジメント経験や専門知識など、即戦力となるための要素をアピールすることで、転職成功に近づくよ。

本当に転職すべきかどうか悩んでる

本当に転職すべきかどうか悩んでいるという声もよく聞きます。今の仕事や職場に不満を抱えながらも本当に辞めてしまってもいいのか、そのように不安に感じることもありますよね。

以下に該当する場合は、転職して新しいキャリアを歩んだ方が、今後の自分のためになります。

  • サービス残業が当たり前で、長時間労働が常態化している
  • 給料が低い・昇給しない
  • 離職率が高く、いつも人手不足である
  • 実績を正当に評価してもらえない
  • 現状に満足せず、どんどんチャレンジをしていきたい
  • 今の会社ではキャリアアップが見込めない

このような会社に勤めている場合、今のままでは自分の望むような働き方を実現することができません。

長時間労働が常態化している会社では、健康を損なうリスクやメンタルにダメージを負うリスク、生産性を大きく下げるリスクがあります。また、実績を正当に評価してもらえず、いつまでたっても給料が低いままで昇給しない場合は、転職を決断すべきといえます。

また、今の会社に不満はないものの、現状に満足せずどんどん新しいチャレンジをしていきたい、にも関わらず今の会社では新しいチャレンジが難しい、といった場合も転職を決断すべきです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
今の仕事を自信を持ってやり切ったと言えるなら、成功体験が自信になっているので、新しい環境で成果をあげる可能性が高そうですね

退職を伝えるためのコツはある?

転職することが決まって、いざ退職する旨を上司の方に伝えるにあたって、どのように伝えればいいか悩むかと思います。

退職を伝えるにあたっては、

  • 退職を伝えるタイミング
  • 雰囲気作り
  • 勢い

が大切になります。

退職を伝えるタイミングは、

  • ランチ後など、食事後
  • 次の日が休日
  • 忙しくない時期
  • 自分の退社時間が近く、上司が忙しくなさそうな時
  • 早朝など、まだ周囲の人がいない時

上記のようなタイミングであれば、上司の方も退職の話を受け入れてくれやすいです。

退職を切り出す前には、事前にそれとなく雰囲気を作っておく必要があります。上司や同僚の方とは必要以上の関係やコミュニケーションを取らず、会話を最小限にするようにしましょう。なおかつ、業務遂行においては悪影響が出ないように工夫しましょう。

そして、退職の意志を伝える際には勢いも大切になります。明確に退職の意志を示さないと、なあなあに済ませられる可能性があるからです。上司の方に時間をもらう際には、事前に退職の意志を伝えてから時間をもらってもいいかもしれません。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
話し合いの場では、「なぜ退職したいのか」と聞かれるので、「やりたいことが見つかった」「新しくチャレンジしたいことがある」などと伝えるようにしよう。

転職のプロの力を借りれば、スムーズに転職できる

最初にも言いましたが、「転職したいけどどうしたらいいかわからない人」は、転職のプロの力を借りてください。転職のプロとは、すなわち転職エージェントのことです。

困難な転職活動を乗り切るためにも、転職エージェントに相談して自己分析や選考対策を効率よく行いましょう。

\転職活動するならまず登録!/
無料登録をする
リクルートエージェント

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ブランク・空白期間に何もしていない人が転職を成功させる方法を解説|面接での答えや履歴書の書き方は? ブランク期間(空白期間)に何もしていないという方は、「転職活動で不利になるのでは」と不安になっていませんか。 また...
みんなどうやって仕事を探してるの?求人の見つけ方を全て紹介|年代別に求人の探し方も解説 「みんなどうやって仕事を探してるの?」という疑問は、就活や転職活動を始めようと考えている方が最初にぶつかる壁です。 本記事...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。