転職コラム

転職者必見!面接で「退職理由」を聞かれた時の受け答え方を知ろう

転職者必見!退職理由を聞かれた時の受け答え方を知ろう

転職を決意してからするべき事はいろいろですが、面接対策もしっかりと行う必要があります。

ここでは転職希望者が面接時に必ず聞かれる「転職を決めたのはどうしてですか?」「退職理由をお聞かせください」という質問についてどのように受け答えするといいのか見ていく事にしましょう。

\無料で選考対策してくれる!/
無料登録をする
リクルートエージェント

退職理由をアピールの材料にしよう

退職理由をアピールの材料にしよう

短期間で転職することを気にしすぎるあまり、応募企業でやりたいことをうまく伝えられず、採用されないというケースがあります。

退職理由は、応募企業でやりたいこと、前職や現職ではできなかったが応募企業ではできること等を、志望動機と結びつけて説明するようにしましょう。

入社する前に描いているものと仕事内容が違っていた、人間関係がうまくいかない、待遇が悪い、労働条件が厳しい等の理由が正直なところかもしれないが、「~が嫌だから」といった退職理由では、採用担当者は自社でも同様の問題が起きる可能性があると考えます。

あなたには、転職を考える何らかのきっかけあったはずです。社内における問題であっても、前向きに捉えて今後のキャリアプランを考えるようにしましょう。

最初は、「~が嫌だから」ということがきっかけでも構いません。そのことをチャンスと捉えて、本当にやりたいことを再度見つめなおしてみることが大切です。

やりたいことが見えてくれば、退職理由はまさに夢や目標を実現させるために転職するという内容になります。ただし、やりたいことが応募企業で実現できることが前提になるので注意が必要です。

 

退職したいと思うことは、応募者一人ひとりの気持ちの問題であり、懲戒解雇になった、会社が潰れたなど事実が明確なものでなければ、前向きな気持ちに置き換えて説明しても偽りの回答にはなりません。

退職や転職は決して後ろめたいことではありません。むしろ夢を実現し自分を高く売っていくためには必要な手段の一つなのですから、退職理由を簡潔に説明し、面接では今後の将来について多くの時間を割くように意識しましょう。

人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの? 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相...

面接官は少しの事で辞めるような人ではないか気になっている

少しの事で辞めるような人ではないか気になっている

面接官は自己都合による退職の理由を聞いてきます。志望動機と並んで必ず聞かれると言ってもいいくらいの定番の質問になります。

その第一の目的としては長い間勤務してくれる人を選びたいからです。

まずその応募者の行動特性からどの程度の事柄が転職を考える要因になるのか見定める狙いがあります。小さい事でも自分に都合が悪い事ならすぐに辞めるのではないか、と推測するのです。

同時に応募者の仕事への期待を探って、自社とどの程度合うのかその度合いを探る事も目的です。

応募者が転職により獲得しようとしているものがもしも自社では実現できない、と判断するなら採用しても勤続は難しいだろうと面接担当者は思うのです。

一般的に言われるように、前の職場の経営方針や上司のやり方に対しての不満、職場での人間関係の苦労、また残業が多いなどの待遇面での不満を理由にしてはいけません。

とはいえ、実際にはよくある理由なのです。なぜならどの会社も似たような状況があるからです。

人間関係が原因で仕事を辞めたい人が幸せな転職をするための10の方法 人間関係が原因で、転職を考えている人も多いことでしょう。 人間関係が原因で転職活動をする場合、転職活動そのものを大切にする...

面接担当者の立場としては自社の状況が応募者の許容できる範囲の中にあるのか、判断しにくいのです。そのため「なぜ、当社でも同じ事が起きないと言えるのですか?」などと突っ込んで質問してくる事もあります。

それに面接担当者からすると、応募者が自分が勤めていた会社について不満をぶちまける事に対して不快な印象を持つのです。

人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの? 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相...

退職理由の伝え方

退職理由の伝え方

短期間で辞めた時

短期間で辞めた時、採用担当者は自社でもすぐに辞めてしまうのではと考えます。労働条件や仕事内容が違っていた等の理由ですぐに辞めた場合は、無理やり隠すのではなく正直に説明しても問題ありません。

注意したいことは前職の企業が悪いという批判的な内容ではなく、自分の方向性とマッチングしなかった等、やりたいことの実現を基軸にして説明しましょう。

転職する際は、応募企業において同様の問題がないか求人要綱を十分チェックしたうえで回答するようにしたいものです。

短期間で辞めると転職に不利になるから数年でも頑張るべきかという相談を受けますが、数年頑張ってもやりたいことの方向性が違い、経験やスキルが今後に役立たないならば、数年先でも数ヶ月でも、あまり変わりません。

むしろやりたいことのスキルを習得する時期が遅れることの方が問題です。

採用担当者が短期間と捉える印象はさまざまであり、3年を短期間と感じる採用担当者もいれば、十分な期間と感じる採用担当者もいます。

大切なことは、やりたいことを後回しにせず、現在できるベストな方法を選択するようにしましょう。

 

正社員を狙い転職を希望する時

正社員を狙い転職を希望する時

正社員を希望する人が注意したいポイントは派遣スタッフや契約社員であった事の問題点を強調し過ぎないようにする事です。

派遣労働や有期雇用契約にもそれなりのメリットがあるのです。

それに、本人が了解して働いてきたのですからその雇用形態の問題点だけを退職理由にしても説得力に欠けます。

そればかりか「身勝手で自分の事しか考えない人」「権利意識が強くて不満が多い人」と判断されかねません。

したがって前職で思っていたデメリットを話すよりは正社員として安定した環境で仕事に専心したい、幅広い役割にも対応して長い期間勤務する事で成長し、より高い経験をしたいという未来に向けての目標に焦点を当てて答えるようにするといいです。

 

会社の将来が期待できないから転職を希望する時

会社の将来が期待できないから転職を希望する時

退職理由を聞く理由は応募者の職業観や仕事への取り組み姿勢、転職意欲の強さなどを確認する目的もあります。

気を付けるべき事は例えば会社の将来性が不安だから退職を決めた、という時でも自分自身がその組織の一員であった事を棚に上げて被害者のような答え方をしてしまわない事です。マイナスの評価をされます。

生活ができないくらいの給料カットがあったり、給与の遅配などがあったなどという事でもない限り、会社の経営状況を退職の理由として挙げるのはやめておく方がいいでしょう。

面接官によっては「では、当社の将来が不安でない根拠はありますか?」などと切り返してくる可能性があります。基本的には会社に由来する転職理由は評価の際にはマイナスになると言えます。

ですから、キャリアプランや将来の目標などを掲げてアピールするといいです。また今は在職をしたままで就職活動をする人が多いです。

面接担当者は内定後に辞退される事を防ぐ目的で、そのような応募者の転職意欲が本当かどうかをチェックしようとします。

在職中の身で転職活動をする人は、その点に気をつけて決意が本物である事を面接官に納得してもらえるように考えておきましょう。

 

ステップアップを目指したい時

ステップアップを目指したい時

よく使う答えが「ステップアップを図るため」という受け答えです。応募者自身は前向きな姿勢を見せているつもりになりますが、それだけでは退職の理由にはならないです。

ステップアップを目指す事は前の職場でもできたはずなのです。

面接官によっては「前の職場では評価が低かったのかな?」と思う人もいます。その意味ではキャリアップというフレーズも同じ事です。

それを防ぐためには前の職場にはなかった応募先の特性に触れて、それを介してキャリアアップをしたい、と告げる事です。

応募先の特性とはどういうことか言えば、例えば全職場とは違う業務内容、取扱商品、活かす事ができなかった技術や資格、もしくは応募先の経営体制であれば実現できる目標などになります。

そのような特性と具体的に示す事ができれば、回答にも説得力が出てきます。

【面接官に使える例文付き】第二新卒での採用確率を高める退職理由の伝え方 第二新卒が面接を受けるときに面接官から注目される「退職理由」。 せっかく採用してもすぐに退職されては時間と労力とお金のムダ...

まとめ

まとめ

転職理由を聞かれた時の答え方のポイントをまとめると、前の職場の不満や問題点を退職理由にしてしまうと、リスクがあるという事。

それから、応募先で実現できる未来の目標に焦点を当てて伝えるようにする事です。

なぜ転職するのか、転職において譲れない条件は何か、どのような仕事に就きたいのか、どのような会社へ転職したいのか。自分の希望をはっきりさせることで、やみくもにではなく、目的をもって転職活動を進めていくことができるでしょう。

転職を成功させたいあなたへ。超簡単「転職活動の進め方マニュアル」 あなたの転職活動、うまくいっていますか? 「いったい何から手を付ければ良いのかわからない」 「どうすれば、転職活動がうま...

とは言え、転職をすることはとても大変な作業です。情報の渦の中から応募したい企業を見つけるだけでもかなりの時間が必要ですし、職務経歴書を完全に仕上げるのには数日はかかります。

仕事をしながら転職活動をする場合、会社にバレないように内密におこなう必要がありますし、夜遅く帰宅して求人を探すのはとても疲れる作業です。

働きながら(在職中の)転職活動!会社にばれずに転職を成功させる5つの秘策会社を退職するときは、「円満退職せよ」とはよく言われる言葉です。 しかし、結婚して寿退社するとか、親の家業を継ぐと言ったやむを得な...

そんななかで、時間と労力をかけずに転職を成功させるには、一体どのようにすれば良いのでしょうか?

やはり、解決策は「転職のプロ」である転職エージェントを活用することです。

\無料で選考対策してくれる!/
無料登録をする
リクルートエージェント

人間関係が辛くて仕事を辞めたいあなたへ。退職理由が「人間関係」では転職でマイナス評価になるの? 会社を辞める理由として最も多いのが「人間関係」です。一度悪くなった人間関係を修復するのは困難で、こちらから歩み寄っても相...
【面接官に使える例文付き】第二新卒での採用確率を高める退職理由の伝え方 第二新卒が面接を受けるときに面接官から注目される「退職理由」。 せっかく採用してもすぐに退職されては時間と労力とお金のムダ...
【試す価値あり】引き止められない退職理由3選!上司からの引き止め対処法も解説 「勤めてみたら自分が考えていた仕事と違う……」そんな経験はありませんか? 転職するなら会社に退職の意思表示をしなけ...
円満退職につながる「おすすめの退職理由」と「伝え方の例」 「会社を辞めるときは、円満退職せよ」とよく言われます。 あなたが会社を辞めるのは、現在の仕事が自分に合わないと思われたのか...
仕事を飛ぶ方法とその後どうなるかを解説【体験談】仕事をばっくれた友人の末路…|正社員をばっくれた体験談あり本記事では、正社員をばっくれた友人が使った手法を紹介します。友人は、問題もリスクもなく退職したので、参考にしてみてください。ちなみに友人は、再就職も成功させています。...
ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。