転職コラム

転職先が決まらない20代の特徴と陥りやすいワナ

後輩ちゃん
後輩ちゃん
転職先が全然決まらないよ…
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
20代が陥りやすい罠にはまってるかもしれないね…。転職のプロにまず相談だ!

転職活動を始めて3ヶ月経つけど、仕事が決まらない……」とお悩みの方いらっしゃいますよね。

正直、転職先が3か月以上も決まらないなら要注意です。

そのまま一人で転職活動を進めると、1年後も決まらないリスクがあります。

今すぐ転職活動を終えたいなら転職エージェントに相談しましょう。特に20代転職に強いリクルートエージェントがおすすめです。

本記事では、仕事が決まらない20代の特徴や陥りやすいワナを中心に、転職活動を成功させる方法をお伝えします。

長引く転職活動に今すぐ”終止符”を打ちましょう

今すぐ転職活動を終えたい人へ
  • 20代で転職活動が3か月以上なら要注意!
  • そのままだと決まらないリスクも…
  • 20代転職ならリクルートエージェントがおすすめ
  • 長引く転職活動に今すぐ”終止符”が打てる!

\20代転職に最も強い!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

20代の転職期間は3ヶ月が目安

20代の転職期間は3ヶ月が目安

厚生労働省の調査(*)によると、20代で転職活動までに要した期間は以下のような結果が出ています。

1ヶ月未満 19.3%
1ヶ月〜3ヶ月未満 29.5%
3ヶ月〜6ヶ月未満 15.0%

上記から分かるように、20代の約半数が3ヶ月未満で転職活動を終えています。

希望条件などによって多少は異なるものの、上記から20代の転職期間は、おおよそ3ヶ月程度が目安だといえるでしょう。

もし「3ヶ月間転職活動をしているけど、選考中の企業がない……」という場合は、時間がかかりすぎているといえます。

(*)平成 27 年転職者実態調査の概況

次の仕事が決まらない20代の3つの特徴

次の仕事が決まらない20代の3つの特徴

ポテンシャルややる気などが重要視されている新卒採用。入社後の教育に力を入れている会社も多いです。

それに対して転職活動では、業務経験者やビジネススキルが備わっている人が採用されやすい特徴があります。

企業は中途入社者に対し、基本的には即戦力を求める傾向が強いのです。

そのため20代の転職活動では、ポテンシャルはもちろん、ビジネスパーソンとしての信頼度の高さも求められます。

新卒採用の時には大目に見られていたマナーや振る舞いなども、転職活動では厳しく見られます。

3ヶ月以上転職活動をしていても、なかなか仕事が決まらない20代には主に3つの特徴があります。

  1. 自己分析が不十分
  2. 企業研究を十分にせず面接に臨んでいる
  3. 社会人としてのマナーや振る舞いが不十分

自己分析が不十分

自己分析があいまいで不十分だと、自分の強みや適性をしっかりアピールすることが難しく、仕事が決まりにくい傾向にあります。

採用側の立場に立って考えてみましょう。

自己分析が不十分な応募者には「結局この人は何ができるんだろう?」と疑問点が残り、あまり採用したいと思わないですよね。

このような疑問を採用側に思わせることで、場合によっては「仕事ができない人」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。

自分の強みや適性はもちろん、誰しもこれまでの経験から得られた学びを持っているものです。

しっかりと自己分析を行うことで、アピールにつなげていきましょう。

企業研究を充分せず面接に臨んでいる

企業研究を充分にせず面接に臨んでいる場合も、仕事が決まりにくい20代の特徴です。

企業研究を行うことで、企業の事業内容だけでなく、どのような人材を求めているのかも把握できます。

ある程度社会人経験を積んだ30代以降のビジネスパーソンであれば、企業研究の重要性を理解している人が多い傾向にあります。

しかし、20代は日々の仕事に追われながらの転職活動で、時間に余裕がなくなりがちに。

そのため、結果的に新卒の頃と比べ、20代は企業研究が十分でないまま面接に臨んでいる人が多いのです。

企業の理念や求める人物像はもちろん、企業の沿革や事業内容を把握しておくことで、面接で志望度の高さをアピールできるでしょう。

面接官への好印象にもつながるため、しっかり企業研究を行なった上で面接に臨んでください。

社会人としてのマナーや振る舞いが不十分

社会人としてのマナーや振る舞いが不自然であったり、配慮がないと見受けられる20代も、仕事が決まりにくい特徴があります。

具体的には以下のような場合、社会人としてのマナーや振る舞いが不十分だと判断される可能性が高いです。

  • 正しい敬語が使えない
  • 語尾を伸ばした喋り方をする
  • 扉の開け閉めが雑
  • 着ているスーツに汚れがある

面接といったフォーマルな場で社会人にふさわしくないマナーや振る舞いをする人には、なかなか信頼感を抱きにくく、採用から遠ざかってしまいます。

意外と盲点なのが身だしなみです。

つい面接で伝えることばかりに気を取られて、清潔感のない身だしなみになっていませんか?

特に接客業や営業職など、人との関わりが多い職種や客先におもむく職種では、マナーや振る舞いにくわえ、身だしなみも注意深く見られているため、気をつけましょう。

\長引く転職活動に終止符を!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職したいけどスキルのない20代は転職できる?スキルなしの20代が今すぐやるべきことを解説 「転職したいけれどスキルがない」と悩む20代は多いです。しかし、20代の転職にスキルは必須ではありません。 特別な...

仕事が決まらない20代が陥りがちな2つのワナ

仕事が決まらない20代が陥りがちな2つのワナ

仕事が決まらない20代の中には、間違った方法で転職活動をしている人がいます。

ここでは、仕事が決まらない20代が陥りやすい、2つのワナについて説明します。

  1. 転職サイトにたくさん登録する
  2. ハローワークだけを頼りにしている

転職サイトにたくさん登録する

仕事が決まらない20代は「求人をできる限り多めに見て、応募数を増やした方がいい」と考えている人も多く、たくさんの転職サイトに登録をしがちです。

中には5サイト以上に登録している人もいます。

おまけに複数の転職サイトの登録しながら、ハローワークといった就職支援機関を使っている場合もあります。

このようなワナに陥っている人は、確かにエントリー数は多いものの、それぞれの応募に対して熱量も相対的に低くなりやすく、結果的にどの企業からも採用されないケースが多いのです。

安易に応募数だけ増やしても、採用してもらえるとは限りません。

転職サイトの登録は2社、せいぜい3社に抑え、エントリーの質を高めていきましょう。

\20代転職ならココで完結!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

転職サイトは使わないほうがいい人の特徴を紹介|転職サイトよりも転職エージェントを利用すべき! 転職をする際に、転職サイトもしくは転職エージェントを利用する方は多くいるでしょう。本記事では、転職サイトを使わないほうが...

ハローワークだけを頼りにしている

仕事が決まらない20代の中には「仕事探しといえば、ハローワークを利用しておけばいい」と、ハローワークだけを頼りに転職活動をしているケースがあります。

もちろんハローワークは頼れる公的な就職支援機関ですが、あくまで数多ある仕事探しのうちの一つにすぎません。

また、公的な支援機関で無料で使えるゆえ、企業側や条件の質も幅が大きく、良い条件の転職情報を見つけるのは大変です。

最近ではハローワーク以外にも転職を支援するサービスが豊富にあります。

ハローワークだけを頼りに転職活動をするのは得策とはいえないでしょう。

特に20代の場合は転職活動が初めての人が大半です。

転職活動は就職活動とはまた違った戦略や傾向があるため、ハローワーク以外の転職支援サービスも活用しながら、総合的に行うのがおすすめです。

\20代転職ならココで完結!/
リクルートエージェント
公式HPを見る

ハローワークのメリット・デメリットは?ハロワのブラック企業求人にだまされないで優良企業へ転職する方法 ハローワークで転職先を探していますか? 失業者がハローワークを利用することは、最も身近な転職活動の方法だといえます。失業保...

【仕事が決まらない20代必見】プロと一緒に転職を成功させよう

20代の転職期間は3ヶ月程度が目安だと説明しましたが、もしそれ以上の時間がかかっている場合は、プロと一緒に転職活動をすることをおすすめします。

このまま自分一人だけで転職活動を行っていても、応募企業からは率直なフィードバックは受けにくく、同じ結果が続いてしまうかもしれません。

転職支援に定評のあるキャリアカンセラーや、転職エージェントなど、プロとともに転職活動を行うことで成功確率を高められます

以下で20代が使うべき転職エージェントを4つ紹介します。

  • リクルートエージェント
  • for Woman
  • doda
  • マイナビジョブ20’s

ご自身に合った転職エージェントを選んで一度相談してみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント【公式HP】https://www.r-agent.com/

名前 リクルート・エージェント
公式HP https://www.r-agent.com/
特徴 転職支援実績No.1
求人数最大級
年間47万人がリクルートエージェントで転職成功
求人数 約30万件
拠点 札幌・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・西東京・横浜・東京・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡
オンライン面談

リクルートエージェントとは、リクルート社が運営する転職エージェントサービスです。

転職エージェント業界では最大手であり、転職支援実績では毎年No.1を誇ります。

これまで47万人が転職を成功させていることもあり、ノウハウの蓄積も業界最大級です。

過去の膨大なデータや転職支援経験に基づいた的確なアドバイスが受けられ、幅広い希望にこたえられる多数の求人があります。

普通では出会えない非公開求人が紹介してもらえるのも魅力です。

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

【体験談】リクルートエージェントの評判、口コミは?第二新卒のボクが使い倒した理由転職エージェントのなかでも最大手のリクルートエージェント。実際の口コミや評判を見ると悪いも見つかります。実際に筆者が利用した体験談と、利用者の口コミを徹底調査。ほかの転職エージェントと「第二新卒可」「未経験可」の求人数の比較もしてみました。実態を調査してピッタリな転職エージェントを見つけましょう。...

for Woman

for Woman

名前 for Woman
公式HP https://for-woman.jp/
特徴 女性特化の転職エージェント
女性のライフステージに合わせたキャリアアドバイス
出産、子育て経験のあるキャリアアドバイザーが在籍
求人数
拠点 東京
オンライン面談

for Womanは、女性特化の転職エージェントです。結婚や出産、子育てなどライフステージに合わせて働き方を変えたい女性におすすめします。

女性目線のキャリアアドバイスが欲しい方は、for Womanのキャリアカウンセリングに申し込みましょう。「仕事も子育ても、おしゃれも諦めない」という気持ちを応援してくれます。

for Womanの社長は、女性です。しかも、国家資格であるキャリアコンサルタントを保有しています。出産、子育て経験があるため、働く先輩ママとしてのアドバイスも可能です。

\女性特化の転職エージェント/
for Woman
公式HPを見る

doda

doda【公式HP】https://doda.jp/

名前 doda
公式HP https://doda.jp/
特徴 業界大手
ベンチャー企業の求人が意外にある
きめ細かいサポート
求人数 約10万件
拠点 札幌 ・仙台・東京・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
オンライン面談 電話面談可

dodaとは、パーソル社が運営する転職エージェントです。

転職サイトの規模は、業界トップのリクルートエージェントに次ぐ第2位で、公開求人数は約10万件と超大手に匹敵します。

豊富な求人数と業界最大級の会社ということもあり、転職活動へのノウハウもかなり蓄積されているので、さまざまなケースを想定した対策が可能です。

\無料で使えるコンテンツ多数!/
doda転職
公式HPを見る

【使えない?】dodaの転職支援サービスの口コミ評判は?実際に利用した方の体験談を紹介業界大手の転職サービスのdodaエージェント。実際の口コミや評判、使ってみて分かった体験談をご紹介。あわせてdodaの強み・弱みを分析し、dodaを使うべき人の特徴についてもご紹介しています。...

マイナビジョブ20’s

【公式HP】https://mynavi-job20s.jp/

名前 マイナビジョブ20’s
おすすめ度
特徴 第二新卒が欲しい企業のみ
第二新卒専門のサポート
大手傘下の安心感
オンライン面談 電話面談可
公式HP https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sとは、新卒就活でも有名なマイナビが運営する第二新卒・既卒の特化型転職エージェントです。

転職業界だけでなく、新卒採用の第一線で関わってきたからこそ分かる若手人材へのサポート力を活かしたサービスが人気を博しています。

特化型エージェントなので、すべての求人が「第二新卒歓迎」です。

求人段階で企業とのミスマッチが少ないため、効率的に転職活動を進められます。

\第二新卒特化で一番おすすめ!/
マイナビジョブ20’s
公式HPを見る

【第二新卒の味方】マイナビジョブ20'sの評判、口コミは?第二新卒へのサポート力が魅力の転職エージェント第二新卒特化型エージェントとして有名な「マイナビジョブ20's」の評判、口コミを体験談付きで紹介しています。質の高いキャリアコンサルタントや無料で受けられる適性診断は評価が高いですが、実際の評判や口コミは?また、そのほか大手エージェントと求人数も比較。ほかと比べてどうなのかを調査しています。...

まとめ

ここまで、仕事が決まらない20代の特徴や陥りやすい罠、長引く転職活動を抜け出す方法をお伝えしました。

結論、20代で転職活動が3か月以上なら、今すぐ転職エージェントに相談しましょう

20代の転職に特化したエージェントを頼れば、20代だからこそ転職しやすい求人を、あなたに合わせて紹介してくれます。

また、求人紹介だけでなく、書類添削・面接対策・企業との選考スケジュール調整・給与交渉まですべてサポートしてくれるので、初めての方でも安心です。

転職エージェントで迷ったらまず、リクルートエージェントをおすすめします。

今すぐ使い始めれば、長引く転職活動を一気に短縮できるはずです。少しでも気になった方はぜひ一度相談してみましょう。

\業界No.1の求人数と転職実績/
リクルートエージェント
公式HPを見る

おすすめランキングTOP3

  1. No.1
    リクルートエージェント

    転職成功者の8割が利用
    大手の転職エージェント!

    転職実績No.1!

    詳細を見る

  2. No.2
    doda

    IT・WEB系求人に強い
    スカウトサービスもあり!

    求人数No.2!

    詳細を見る

  3. No.3
    パソナキャリア

    寄り添ったサポート
    全年代におすすめ!

    顧客満足度No.1!

    詳細を見る

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。