転職コラム

使えない第二新卒の5つの特徴と周りに差をつける秘訣を紹介!

第二新卒は、基礎的なビジネスマナーや仕事遂行力を持ち、将来のポテンシャルを期待される人材として、現在多くの企業から注目を集めています。

しかし、早期離職を繰り返し、市場価値を下げている使えない第二新卒も中には存在します。 そんな企業から使えないと思われる第二新卒には、一定の共通点がありました。

一度企業から使えないと思われると、なかなかマイナスイメージを脱却するのは難しいため、そのような印象を持たれないよう、あらかじめ打てる対策は打ちたいですよね。

本記事では使えない第二新卒の特徴周りに差をつける秘訣をお伝えします。

[template id=”8828″]

使えない第二新卒の5つの特徴

企業から使えないと思われる第二新卒には、共通する特徴がありました。その中で特に重要だと思われる5点をくわしく説明します。

  1. 他責思考で転職理由を企業のせいにしている
  2. 敬語が使えない
  3. 主体的でなく、受け身の姿勢が多い
  4. 諦めるのが早い
  5. 自信過剰か自信がなさすぎる

 

他責思考で転職理由を企業のせいにしている

使えない第二新卒の一つ目の特徴は、他責思考が強いことです。なにか失敗やトラブルが起きた際に、自分を省みることなく「周りの人に問題があるんだ」とまず考えるタイプでもあります。

他責思考の人は、転職理由も企業のせいにする場合が多く、採用担当者からあまり良い印象を持たれません。

もちろん他者に問題がある場合もあるでしょう。だからといって、100%自分に非がないことはかなりのレアケースです。

しかし、他責思考の人は自分を省みる機会が少ないため、起きたことを次に活かしにくくなります。そのような思考では部下の指導もままならないため、成長が遅くなります。

仕事を行う上で失敗やトラブルはつきもの。防げるミスは事前に無くすのが望ましいですが、それでもゼロにするのは難しいですよね。

大事なのは一つ一つの失敗やトラブルから、いかに学びを得るかです。再び同じことを繰り返さないよう自ら内省し、次に活かすことはとても大切になってきます。

 

敬語が使えない

社会に出た以上、ビジネスパーソンとして敬語を使うのは基本中の基本です。しかし、使えない第二新卒は敬語が使えない人が多いです。

いくら相手に敬意を心で払っていたとしても、タメ口ではその誠意は伝わりません。どんな相手に対しても適切な敬語を使える能力は非常に大切です。

敬語を使用する上で、尊敬語と謙譲語がこんがらがってしまうなど、多少おかしな敬語を使ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、相手に敬意は伝わるはずです。若いからこそ大目に見てもらえる可能性が高いでしょう。ただし、それも20代後半まで。

誤った使い方をした敬語はメモするなど、同じ間違いを繰りかえなさいために、日々気をつけていきましょう。

 

主体的でなく、受け身の姿勢が多い

使えない第二新卒は、主体的でなく受け身の姿勢が多いです。「言われたからやる」といった受け身の姿勢では、主体的に行動している人の何倍も仕事を遂行する能力に差をつける可能性があります。

また、そうした受け身の姿勢を最初は多少大目に見てくれていた上司も、変化する気持ちがないと徐々に指導してもらえなくなるかもしれません。そうなると、ますます「この前採用した第二新卒、使えない…」と評判を落とすことにもつながりかねません。

最初から全ての業務を主体的に行うのは難しいかもしれませんが、自分の得意分野からでも主体的に行っていきましょう。

 

諦めるのが早い

使えない第二新卒の特徴として、諦めるのが早いことも挙げられます。ほんのちょっとしたミスをしただけでも「自分はこの仕事向いていないかも…」と諦めが早く、根気強さが足りない傾向にあります。

最初から全てがうまくいけば、誰でも苦労しません。ミスや失敗を重ねて改善していくからこそ、良い仕事につながっていくのです。

諦めるのが早い人はやめ癖がつきやすく、企業からの評価も低くなります。なるべく諦めが早いと悟られないよう、面接はもちろん、日々の仕事でも心がけるようにしましょう。

 

自信過剰か自信がなさすぎる

使えない第二新卒は、自信過剰か自信がなさすぎるなど、自分に対しての評価に偏りがある傾向があります。

自信過剰な場合、自分の力を過信しすぎたり、これまでの経験則で物事を考えてしまいがちです。思い切りの良さは目を見張るものがあるものの、勢いだけでは前に進めない場合もあります。

一方、自信がなさすぎる場合は「どうせ自分は上手くいかない…」とマイナス思考に陥りがちです。

初めて行う仕事が自分に合っているか、ちゃんと成果を出せるのか、しっかり検討するのは大事です。しかし、自分に自信がないことで考えを巡らしているだけであれば、せっかくのチャンスをみすみす見逃すことにもなりかねません。

どうしても自分一人では自分自身の評価が偏りやすくなります。例えば上司や同僚、あるいは転職エージェントなど、第三者から定期的に評価を受けることで、極端な偏りを減らせる可能性が高いです。

 

周りの第二新卒と差をつけて転職を成功させる秘訣

使えない第二新卒というイメージを持たれず、周りの第二新卒と差をつけて転職を成功するにはどんなことをした方がいいのでしょうか? ここでは転職を成功させる3つの秘訣を紹介します。

  1. 現職で成果を残す
  2. キャリアアップに関連する資格取得を行う
  3. 転職エージェントに登録する

 

現職で成果を残す

周りの第二新卒と差をつけて転職を成功させるには、まず現職でしっかり成果を残すことが大切です。

第二新卒の転職活動では、必ず前職での経験が問われることになります。

その際に具体的な成果を採用担当者に提示できる第二新卒は、大きなアドバンテージとなり、ライバルと差をつけられる可能性が高いです。

「売り上げを前年比110%達成した」「新人MVP賞を獲得した」など数値や具体例を活用し、採用担当者がイメージできるような実績を提示できるようにしましょう。

 

キャリアアップに関連する資格取得を行う

キャリアップに関連する資格取得を行うのも、周りの第二新卒と差をつける秘訣の一つです。

社会保険労務士や宅地建物取引士のように、業務に直接関係する資格であれば、採用担当者の目により留まりやすいでしょう。

しかし、仮に業務に直接関係する資格を有していなくても、簿記やTOEICなどはどの仕事を行う上でもタメになる資格だといえます。

簿記によって財務諸表を正確に読み取る力や基礎的な会計知識が身につけば、営業先の調査に大いに役立つでしょう。

最近では、TOEICのスコアが社内におけるステップアップの指標として、例えば管理職は「最低TOEICスコア○○○点」と明示している企業も多くなっています。

資格取得は転職を成功させるだけでなく、入社してからのキャリアアップに大きく役立つ可能性が高いため、スキマ時間を活用して挑戦するのをおすすめします。

 

転職エージェントに登録する

第二新卒が周りに差をつけ転職を成功させるなら、転職エージェントに登録を行うことを強くおすすめします。

早期離職を行なった第二新卒に対し、今後のポテンシャルを期待する企業も多いものの「うちの会社もすぐ辞められないかな」とマイナスイメージを持っている企業も少なくありません。

そんな弱みを抱えている第二新卒であるからこそ、転職エージェントのようなプロと共に二人三脚で転職活動を行うことが大切なのです。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。