転職コラム

高卒でできる仕事の特徴とは?おすすめ6職種を紹介!

高卒でできる仕事といえば、限られた職種しかないと考えられがちです。

しかし、営業職やプログラマーなど大卒者と同じ職種に就き、同等の収入や待遇を得ている人もいます。

このように高卒できる仕事はたくさんあり、仕事を選ぶ場合はさまざまなポイントを押さえる必要があります。

本記事では高卒でできる仕事の特徴おすすめする6職種について説明します。

[template id=”8828″]

高卒でできる仕事の特徴

まずは高卒でできる仕事の特徴を見ていきましょう。高卒でできる仕事には、主に以下の2点の特徴があります。

  1. 学歴が問われない仕事
  2. 人手不足が深刻な仕事

学歴が問われない仕事

高卒でできる仕事は、学歴が問われない仕事があげられます。

確かに金融やコンサル業界など、特定の業界では大卒・専門卒以上の学歴が求められることが多いです。

しかし、運送業や販売業などは、学歴不問の仕事も多く存在します。

最近ではITの進展により、WebエンジニアやWebデザイナーなど、IT業界でも学歴を問わず働ける仕事が増えています。

視野を広く持つことで、高卒者でもできる仕事を見つけられる可能性が高いため、さまざまな業界を調べていきましょう。

 

人手不足が深刻な仕事

人手不足が深刻な仕事も、高卒でできる仕事です。

こうした仕事では、慢性的な人手不足から、高卒でも即戦力として働ける環境が整っている場合が多いです。

人手不足が深刻な仕事は、言い換えると人の移り変わりが激しい業界だといえ、長く勤務すれば早い段階で昇進できる可能性が高いでしょう。

 

高卒でできる、おすすめの仕事6種

では、高卒でできるおすすめの仕事はどのような業種・職種があるのでしょうか。高卒でも年収アップが期待できる仕事もありますので、ぜひチェックしてみてください。

  1. 営業職
  2. 事務職
  3. 販売・サービス業
  4. 介護・福祉職
  5. プログラマー
  6. ドライバー

営業職

営業職は実力主義の傾向が顕著であり、数字が最優先となる仕事です。

そのため、学歴不問の求人も多く、高卒者にも可能性が広がっています。

具体的には、保険会社や自動車販売会社、食品メーカーなどで営業職の求人が募集されていることが多いです。

営業は自社の商品やサービスを外部にアピールし、売り上げに貢献する仕事あり、企業の最前線に立つ「花形職業」として扱われることが多いです。

会社によっては、成果により給料が大きくプラスされるインセンティブ制度を導入している場合もあります。

営業職に向いているのは、明るくエネルギッシュで、人当たりが良いタイプ。営業先を獲得する!といった、野心溢れる人が向いている職業です。

そのため対人関係が苦手、人見知りする、静かにコツコツと働きたいという人には、あまり向いていないといえるでしょう。

 

事務職

事務職は事務作業のほか、電話対応や来客対応を任されることもあり、縁の下の力持ちとして営業職などを支える仕事です。

コツコツ仕事に取り組みたい人に向いている仕事だといえます。

事務職にはさまざまな部署があり、総務・経理から営業事務など業務内容は幅広く存在します。

パソコンを駆使した表作成や計算などを行う作業もあるため、ワードやエクセルの基本的な操作は行えるようにしておきましょう。

ワードやエクセルの資格を取得しておけばなお良いです。

 

販売・サービス業

販売・サービス業といった接客業は、実力主義の傾向が強く、高卒でもできる仕事です。

具体的にはホテルのフロントやショップ店員・受付、飲食店店員などがあげられます。

販売・サービス業は人とコミュニケーションを取るのが好きであり、明るくホスピタリティに溢れる人に向いています。

ただし、販売・サービス業の働き方はシフト制が多く、働く曜日や時間が不規則になる可能性が高いため注意しましょう。

 

介護・福祉職

介護や福祉職は、人手不足が深刻で需要がなくならない仕事であることから、高卒におすすめできる仕事です。

介護・福祉職は専門的スキルや資格が求められ、キャリアアップや長期的に働くことを考えている人にとってもおすすめできる仕事です。

就業先によっては無資格から入社し、仕事をしながら資格取得が目指せます。

資格を取得すれば仕事の幅が広がり、さまざまな業務を経験できるので、より収入が上がりやすくなります。

しかし、介護・福祉職は長時間労働や夜勤が必要な就業先もあり、それら耐えうる体力やタフさが求められています。

 

プログラマー

プログラマーは学歴よりも実務能力を重視される傾向が高いといわれており、高卒者におすすめの仕事です。

プログラマーと聞くと「専門的な知識が必要で難しそう」といった印象を抱く人も少なくありません。

しかし最近では、初心者でも理解しやすい教材やスクールも増えており、以前よりプログラミング学習の環境は充実しています。

プログラマーは平均年収も高めで、汎用的なスキルが身につき、将来的に独立・フリーランスや起業といった夢を叶えやすい仕事であるため、一度視野に入れてみるのも良いでしょう。

高卒でもプログラマーは目指せる?スクールと転職エージェントを併用すれば大丈夫!

ドライバー

トラックドライバーやタクシー運転手、バス運転手などドライバー職は、学歴不問の求人が多く、高卒でできる仕事の一つです。

これらドライバー職では、学歴よりも運転歴が重要視されることが多く、やる気や体力に自信がある人であれば、高卒でも充分に活躍できる環境が広がっています。

くわえて、トラックドライバーを始めとした運送業界は、人手不足が叫ばれていることが多く、実際に求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。

このような背景から、高卒の人材を積極的に採用する企業も多いと推測され、高卒の人におすすめの仕事です。

 

高卒で良い仕事を探す上での3つのポイント

高卒でもできて、なおかつ条件などが良い仕事を探すためには、以下の3つのポイントを押さえていきましょう。

  1. 固定概念にとらわれすぎない
  2. 積極的に情報収集を行う
  3. 転職エージェントに登録する

固定概念にとらわれすぎない

高卒でも条件の良い仕事を探すには、まずは固定観念にとらわれず、さまざまな選択肢を視野に入れる必要があります。

社会経験が少なけば、業界や職種の実情を知らないのは当然です。しかし、思い込みや人のうわさだけで仕事選びをしては、チャンスを逃す可能性が高いです。

最近では、AIやIT技術の普及や、社会変化により、学歴よりも実力が重要視される風潮が増えてきています。

また、一旦入ったら定年まで同じ会社に勤めるといった終身雇用制度も崩れつつありますが、これは決して悲観的なことではありません。

なぜなら従来よりも実力が評価されやすく、副業や転職活動、つまりキャリアや収入をあげるチャンスが増えることを意味するからです。

このような状況の中、以前は高卒者が就けなかった仕事でも、実力さえあればチャレンジできる機会が増えています。

ぜひ固定概念にとらわれすぎず、さまざまな選択肢を視野に入れ仕事を探していきましょう。

 

積極的に情報収集を行う

仕事を探す時は、なるべくたくさんの情報を集めるように心がけましょう。企業の公式HPなどのほかにも、Openworkといった企業の匿名口コミサイトを活用するのもおすすめです。

また、企業の説明会に参加するのも得策です。最近ではオンライン上で企業説明会を行う企業も増えており、移動する労力やコストをかけず、気軽に参加しやすくなっています。

安心して仕事に就くために、企業のメリット・デメリットの両方をできるだけ把握するよう、さまざまな角度から情報収集を行っていきましょう。

 

転職エージェントに登録する

高卒でも条件の良い仕事を探すには、転職エージェントと一緒に転職活動を行うのが近道です。転職エージェントに登録すると、未公開の求人を紹介してもらえる可能性も。

またエージェントによっては、企業に交渉してあなた自身を売り込んでくれる場合もあるでしょう。このように転職エージェントを活用することによって、スピーディーかつ効果的に転職活動が行えます。

[template id=”4402″]

ABOUT ME
大島大地
福岡県出身。法政大学卒業後、国内大手電子部品メーカーへ新卒入社。法人営業として、国内大手電気メーカーに携わる。その後、従業員数十名規模のWeb企業にてSEO・Webディレクション業務に従事。2021年2月にウェブココル株式会社に最高執行責任者(COO)として就任し、現在に至る。大手からベンチャー企業に転職した経験を活かして、転職情報を届けています。
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。