転職コラム

ワーママの転職が難しいと言われる理由を3つを解説|転職後に後悔しないためには?

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ワーママの転職に関して徹底解説していきます!

勤務時間や場所など、働き方にさまざまな制限があるワーママの皆さん。転職したくても「ワーママを受け入れてくれる企業は少ないよね」と諦めていませんか?

本記事では、仕事と子育てを両立したいワーママにおすすめの転職方法や転職のタイミングなどを解説します。

「子どもや自分のために働き方を変えたい」「ワーママでもキャリアップしたい」と考えている方は最後まで必見です!

\ワーママに合う求人が見つかる/
リクルートエージェント
(公式サイト)

ワーママの転職が難しいと言われている理由とは?

ワーママの転職が難しいと言われている理由とは?

ワーママの転職が難しいと言われている理由は、主に以下の3つです。1つ1つ深掘りして見ていきましょう。

ワーママの転職が難しいと言われている理由

子育てと仕事で忙しすぎて転職活動の時間が作れない

朝と夕方以降は子育て、日中は仕事に追われるワーママは、なかなか転職活動に充てる時間を捻出できません。

自己分析をしたり、志望動機を熟考したりと転職活動は一朝一夕ではできないものです。転職活動の時間を作ることが難しいワーママは、それだけ転職活動の進みが遅くなり、いつまで経っても転職ができないという状況に陥りがちなのです。

特に、小学校に上がる前の小さな子どもは頻繁に体調を崩します。通院や看病など、イレギュラーな育児のトラブルが頻発することも、転職活動に充てる時間を奪い、ワーママの転職を難しくしているのです。

時短勤務やリモート勤務などの条件にある求人が少ない

子どものお迎えや夕食、就寝の準備のために、ワーママはなるべく早く職場を出なければいけません。そうなると望ましいのは時短勤務や、通勤の必要がないリモート勤務です。

しかし、求人サイトに載っている求人のほとんどは、出社して9時〜18時まで働くものばかりで、時短勤務やリモート勤務の求人はあまりありません。

そのため、ワーママのライフスタイルに合わせた勤務体系を選ぼうとすると、求人の幅が極端に狭くなってしまうのです。

いくら優秀な人材であったとしても、求人の数が少なければ、それだけ転職できる可能性は低くなるでしょう。時短勤務やリモート勤務OK求人の少なさも、ワーママの転職を難しくしている要因なのです。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
求人数が多い転職エージェントかワーママ特化の転職エージェントを選ぶのは必須ですね!

出張や転勤のない求人を探す必要がある

ワーママに課せられる縛りは、勤務時間だけではありません。子どものお迎えやトラブルにすぐに対応できるよう、なるべく自宅や保育園などに近い場所への出社が求められます。

そのため、出張や転勤が多い求人は、転職先の選択肢から外されるでしょう。ビデオ会議など、リモートでの会議やコミュニケーションが浸透してきたとはいえ、出張や転勤がある会社がまだまだ多いのも現実です。

ワーママは、出張や転勤のない求人を探さなければならないため、ここでも求人の幅が狭くなってしまいます。

ワーママ転職で苦労してしまう人の特徴

ワーママ転職で苦労してしまう人の特徴

一般的に難しいと言われているワーママの転職ですが、状況によっては自らワーママの転職をさらに難しくしている人もいます。

そんな「ワーママ転職で苦労してしまう人」の特徴を2つご紹介します。

ワーママ転職で苦労してしまう人の特徴
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
現在ワーママで転職に苦労している人は、当てはまっていないか確認しながら読んでみてくださいね。

条件を絞りすぎている

勤務時間や給与、勤務場所、雇用形態など、条件を絞りすぎている場合、転職が難しくなってしまいます。

たたでさえ、ワーママは勤務時間や場所などで不利になりがちです。残業や出張、転勤などができない分、ほかの条件を緩めなければ、独身の求職者などワーママより時間や場所の融通が利く人に勝てません。

企業としても、同じ能力の人材が同じ条件を要求している場合、より融通の利く人材を選ぶというのは当然です。

詳しくは後述しますが、絶対に譲れない条件以外は条件をゆるく設定し、幅広い求人に触れるようにしておきましょう。

子育てと仕事が忙しいタイミングで転職活動を始めている

ワーママの転職は、タイミングもとても重要になってきます。

例えば、子どもの小学校入学前後は、幼稚園・保育園時代と生活リズムが大きく変わるため、親子共々慣れない生活で忙しくなり、転職活動にあまり時間を割けないかもしれません。

ほかにも、現職が忙しいタイミングでは、子育て・現職の仕事・転職活動という3つを同時並行しなければいけないことになり、物理的にも精神的にも厳しいものがあります。

また自分だけでなく、夫の仕事が忙しいタイミングでは、育児や家事を分担しづらく、転職活動に時間を割けないでしょう。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
心に余裕ができたときに転職活動をはじめましょう!

ワーママが転職後に後悔しないためには?

ワーママが転職後に後悔しないためには?

ワーママが転職後に「思っていたのと違った」「転職しなければ良かった」などと後悔しないためのポイントを4つご紹介します。

ワーママが転職後に後悔しないためにすべきこと
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職を検討しているワーママは要チェックです!

ワーママに強い転職エージェントを利用する

ワーママの転職を成功させるには、ワーママに理解があり、ワーママに強い転職エージェントを利用することをおすすめします。

ワーママに強い転職エージェントを利用するメリットは以下のとおりです。

  • ワーママの要望を汲んでくれる
  • ワーママに理解のある企業の求人が多い
  • LINEやオンラインでの面談・コミュニケーションなど、スキマ時間で利用できる

そもそも、転職エージェントは転職活動の時短や効率化を叶えてくれるサービスです。

さらに、ワーママに強い転職エージェントであれば、ワーママに理解のある企業の求人が豊富なことも多く、ワーママの転職成功率をグッと上げてくれます。

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
本記事後半では、ワーママにおすすめの転職エージェントをご紹介しています。

希望条件や転職の目的などを面接でしっかりと答えられるようにする

ワーママに限りませんが、転職活動では、自分の希望条件や転職の目的などをはっきりとさせておくことが大切です。

希望条件などがはっきりとしていれば、転職の軸がぶれないため、転職後に後悔する可能性も低くなります。

特に、ワーママは勤務時間や場所などの「働き方」に目が向いてしまい、転職の目的や志望動機がふわっとしてしまいがちです。

子どものために働き方を熟考することも大切ですが、「自分にとって転職の目的は何なのか」という面も考えてみましょう。

ワーママという属性にとらわれずに転職の目的を考えることで、子育てが落ち着いた後など、長期的なキャリアプランも視野に入れた求人の選択ができるようになります。

絶対に譲れない条件は妥協しない

勤務時間、勤務場所、雇用形態、給与、休日、残業時間、職種など、人によって譲れない条件はさまざまです。

転職後の後悔を避けるためにも、自分にとって絶対に譲れない条件は妥協しないようにしましょう。

逆に言えば、絶対に譲れない条件以外はゆるめに設定し、求人の幅を広く持っておくことが大切ということです。

例えば、勤務時間や場所が絶対に譲れないのであれば、正社員だけでなくパートの求人も見てみる、正社員の時短勤務にこだわるのであれば、現在の年収より低い求人も検討してみる、などです。

夫ともよく話し合い、自分や家族にとって譲れない条件を見つけてみましょう。

転職エージェントや面接官に不安・疑問に思っていることを質問する

「残業はほとんどないって聞いたけど本当かな?」「急な欠勤には対応できるのかな?」など、ワーママが働く上で疑問や不安はたくさん生まれてきますよね。

しかし「こんなことを聞いたら、転職に不利になるかも・・・」と質問しにくいというワーママも多いでしょう。

ですが、このような疑問を放置しておくと、のちのち後悔する原因になります。

転職エージェントを利用している人は担当エージェントに質問して、入社前に生じた疑問や不安はすべて解消しておきましょう。

転職エージェントを利用していない場合は、面接官に質問しましょう。ただし、やる気がないと思われないように、働き方の質問ばかりではなく、仕事内容の質問も織り交ぜることが大切です。

ワーママが転職難しいと感じてしまうタイミング

ワーママが転職難しいと感じてしまうタイミング

ワーママの転職が特に難しいと言われているタイミングを3つご紹介します。

可能であれば、なるべく下記の時期を避けて転職活動を始めましょう。

ワーママの転職が難しいタイミング

旦那さんが転職する時期

夫婦そろっての転職は極力避けたほうがよいでしょう。

転職後は、しばらく慣れない生活が続きます。夫婦そろって転職活動をした場合、育児や家事などの生活リズムが崩れ、子どもの体調が悪くなったり精神的な負担が大きくなったりする可能性があります。

また、転職したばかりの頃は有休日数が少ないことが多く、子どもの病気やイベントなどで休めなくなるかもしれません。

夫婦の片方が転職をするときは、もう片方がサポートをするという体制を取るほうがよいでしょう。

子供が小学校へ入学する時期

先ほどもご紹介したとおり、子どもが小学校へ入学する時期は転職を避けたほうがよいでしょう。

この時期は「小一の壁」といって、幼稚園・保育園時代と比べて仕事との両立が難しいと言われています。それは、親の出勤時間より登校時間が遅くなることや、子どもの帰宅時間が早くなるからです。

また、子どもにとっても生活リズムが大きく変わることから、保護者はサポートに徹する方がよいでしょう。

このような理由から、子供が小学校へ入学する時期の転職は避けるほうが無難なのです。

子供の預け先が決まっていない時期

保活中などで、子どもの預け先が決まっていない時期は、転職を避けるほうがよいでしょう。

保活中は、書類の提出や見学など、何かと忙しくなります。また、自治体によっては申請に際して細かいルールが決まっており、時間をかけて手続きをする必要があるでしょう。

そのため、この時期はなかなか転職活動に時間を割けないというのが実態です。

ほかにも、競争率の高い自治体では、第一希望の保育園に落ちてしまい、職場と保育園が遠くなってしまう可能性もあります。

子どもの預け先が決まってから転職活動を始めるほうが、時間的な余裕の観点からも送り迎えの観点からもよい結果になるでしょう。

ワーママにおすすめの転職エージェント

ワーママにぜひ使ってほしいおすすめの転職エージェントをご紹介します。

ワーママにおすすめの転職エージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を誇る最大手の転職エージェントで、ママリブラはワーママのための転職エージェントです。2つを併用することで、合う求人が見つかりやすくなりますよ。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
エージェント名 リクルートエージェント
求人数 約50万件(2022年7月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年齢 20代〜50代
対応エリア 全国
オンライン面談
得意分野 IT・通信業界/Web・インターネット業界/人材業界/不動産・建設業界/コンサルティング業界
公式HP https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1、非公開求人を含む求人数が約50万件(※1)と業界最大手の転職エージェントです。

業界を問わない総合型の転職エージェントなので、これまでのスキルや経験を活かしたいワーママにも、未経験業界で新しい働き方をしていきたいワーママにも、どちらにも合う求人が見つかります。

リクルートエージェントは何と言っても求人数が圧倒的です。求人検索で「時短勤務」をキーワードに調べた場合、約4,000件の求人がヒットしました。(※2)この求人数は、ほかの転職エージェントでは実現できないでしょう。

また、リクルートエージェントが独自に分析した企業情報を提供してくれるのもメリットです。転職で不利になりがちなワーママですが、リクルートエージェントのサポートによって、ほかの求職者に差を付けられます。

(※1、2)2022年7月14日時点

\転職支援実績No.1/
無料登録をする
(公式サイト)

ママリブラ

エージェント名 ママリブラ
求人数 約500件(2022年7月14日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年齢 20代〜40代におすすめ
対応エリア 東京、神奈川、千葉、広島、埼玉、大阪、北海道、宮城、新潟、福岡、愛知
※ただしほとんどの求人は東京
オンライン面談
得意分野 営業 / 企画・事務系 / クリエイティブ系
公式HP https://www.mamalibra.jp/

ママリブラは、勤務時間や場所に制限があってもキャリアアップしたいワーママ向けの転職エージェントです。

ワーママが子どもの成長や家庭環境に合わせてキャリアを設計できるようにサポートしてくれます。

具体的には、ワーママに理解のあるカウンセラーがワーママ独自の悩みやニーズに寄り添いながら、ワーママに合う求人を提案し、カウンセラーを通じて応募していくという流れです。

カウンセラーによる紹介のほかにも、自分自身で直接応募することもできます。

在宅やリモートワークの求人も取り扱っているため、さまざまな働き方を検討したいワーママにおすすめの転職エージェントです。

\ワーママの両立をサポート/
無料登録をする
(公式サイト)

ワーママにおすすめの転職エージェント・サイト7選|時短・フルリモートの求人が豊富なエージェントは? 仕事や子育てに追われるワーママが転職を目指すには、転職エージェントの利用が必須です。慌ただしく毎日が過ぎていく中での転職...

ワーママにおすすめの転職サイト

リクナビNEXTは、自分で求人を検索して応募していく転職サイトです。

「まだ転職の決意は固まっていないけれど、どんな求人があるのか見てみたい」というワーママにおすすめです。

2022年7月14日時点で、約3,700件の求人が掲載されています。

リクナビNEXTでは「土日祝休み」や「17時までに退社可」「時短勤務OK」など、働き方を基準に求人検索ができるため、働き方を重視したいワーママにはぴったりの転職サイトです。

また、2万社以上の企業や400社以上の転職エージェントから求人のオファーを受けることもできます。

自分の市場価値を確かめてみたいというワーママにもぜひ使ってほしいサービスです。

\働き方で求人検索できる!/
無料登録をする
(公式サイト)

ワーママにおすすめのサービス

転職エージェントや転職サイト以外で、ワーママにおすすめのサービスをご紹介します。

ワーママにおすすめのサービス

シーライクス|在宅ワークのスキルを身に付けよう!

シーライクス
運営会社 SHE株式会社
サービス名 シーライクス(SHElikes)
料金 ・月額:8,167円〜
・入会金:148,000円
対応地域 全国
特徴 ・29種類のコースあり
・定額で学び放題
・無料の体験レッスンあり
公式HP https://shelikes.jp/

シーライクスは、Web講義を通じて、WebデザインやWebライティング、Webマーケティングなど、需要が高まっているWeb関係のスキルを学べるサービスです。

インターネットがあれば、いつでもどこでも講義を受けられるため、スキマ時間を有効活用してスキルを身につけたいワーママに向いています。

ほかにも、将来的にフリーランスを目指している人や、未経験でWeb業界にチャレンジしたい人にもおすすめです。

Web業界は、リモート勤務が可能な企業も多く、子育てと仕事を両立したいワーママに向いている業界でもあります。

「転職したいけどスキルに自信がない」「手に職を付けて独立したい」という人は、ぜひシーライクスを利用しましょう。

\クリエイティブスキルが身に付く/
無料体験に申し込む
(公式サイト)

シーライクス(SHElikes)の評判・口コミを大公開|魅力やメリットについて分かりやすく解説 シーライクスは仕事で活躍したい女性に寄り添うキャリアスクールです。WebデザインやWebライティングなどを習得できるコー...

ポジウィル|今後のキャリアプランを立てよう!

ポジウィル
運営会社 ポジウィル株式会社
サービス名 ポジウィルキャリア
料金 ・コース料金:33万円〜(税込)
・入会金:5.5万円(税込)
対応地域 全国
特徴 ・生き方を含めて相談できる
・漠然とした不安も相談OK
・チャットでの相談も可能
公式HP https://posiwill.jp/career/

ポジウィルは、働き方や育児など、人生の歩み方をマンツーマンで相談できるキャリアのパーソナル・トレーニングです。

転職を前提にした相談でなくてもOKで「何となく将来が不安」「このままでいいのだろうか」といった漠然とした悩みにも、キャリアトレーナーが答えてくれます。

サポート期間中は、無制限でチャット相談ができるため、子どもが寝た後や通勤時間など、スキマ時間を有効活用したいワーママにもおすすめです。

仕事や育児、家庭のことで悩みがつきず、身動きが取れなくなっている人も、ポジウィルに相談することで、不安の原因が可視化され、次にどのような行動を取るべきかが明確になります。

\カウンセリング無料/
無料登録をする
(公式サイト)

ポジウィルキャリアが怪しいと言われている理由は?ポジウィルの口コミ・評判、利用するメリットなどを紹介 この記事では、ポジウィルキャリアの基本情報から怪しいと言われる理由、受講者の口コミ、メリット・デメリットまでを紹介します...

ワーママでも未経験の仕事への転職はできるのか?

ワーママでも未経験の仕事への転職はできるのか?
ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
ワーママでも未経験への転職はできる!

ワーママ転職では、働き方の条件から未経験業界へ挑戦したいと考える人も多いでしょう。

未経験業界への転職は一見難しく感じますが、よっぽど専門的な職種でない限り、これまでのスキルや経験から応用できる部分はあるはずです。

ワーママに限らず、未経験への転職を成功させるには、志望動機や転職の目的を明確化しておくことや、転職エージェントを活用し、在職中から効率よく転職活動を進めておくことが重要になります。

先ほどご紹介したリクルートエージェントは、業界最大級の求人数を保有しているため、未経験でも採用してくれる求人も見つかりやすいでしょう。

\未経験転職にもおすすめ/
リクルートエージェント
(公式サイト)

ワーママの転職はやり方を間違えなければ難しくない!

ベンチャー先輩
ベンチャー先輩
転職活動のタイミングや方法に注意して効率よく転職活動を進めよう!

ワーママの転職に関する現状や、ワーママにおすすめの転職活動の方法・タイミングなどをご紹介しました。

難しいと言われるワーママの転職も、方法やタイミングを間違えなければ転職ができることがお分かりいただけたと思います。

そして、転職エージェントを利用する際は、なるべく多くの求人を紹介してもらえるエージェントを選びましょう。

先ほどもご紹介したリクルートエージェントは、非公開求人を含めた求人数が約50万件(※)と、ほかの転職エージェントと比べても圧倒的です。

ぜひリクルートエージェントを活用し、仕事と子育てを両立できる求人を見つけましょう!

\ワーママに合う求人が見つかる/
リクルートエージェント
(公式サイト)

ママテラス(Mamateras)の口コミ・評判を公開|メリット・デメリット、利用がおすすめな人など詳しく解説 ママテラスは、子育てや家事をしながらでもコアメンバーとして働けるポジションを求める人にうってつけな転職サービスです。一方...
リアルミーキャリアの口コミ・評判を大公開|実際に利用した方の声をもとに利用するメリットやデメリットを紹介 転職を考えていて仕事と育児を両立したい方には、リアルミーキャリアの転職支援サービスを利用するのがおすすめです。 「リアルミ...
ABOUT ME
まちまる
国家公務員→フリーランスWebライターへの転職を経験しています。安定した公務員を辞めたのは「やりたいことを仕事にしたい」「自分の可能性を広げたい」と思ったからです。読者の皆さんが転職への不安や疑問を解消し、なりたい自分になるためのお手伝いができるような記事を執筆していきます!
編集者情報

この記事の編集者 杉田 陸

福岡県在住。福岡大学卒業後、ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒での転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

HPTwitterFacebookInstagram

キャリアクラスが信頼できる理由
キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。