ES

就活の軸を挑戦できる環境にした例文を紹介!23卒/24卒必見の軸作成のポイントや具体的な作り方を解説

後輩ちゃん
後輩ちゃん
就活の軸に「挑戦できる環境」を選んでも大丈夫ですか?
キャリア先輩
キャリア先輩
全く問題ないけど、説得力のある内容にすることが大切だよ

企業はミスマッチを防ぐために、選考であなたの就活の軸を聞くことが多いです。

就活の軸は人によってさまざまですが、中には「挑戦できる環境」を就活の軸とする方もいるのではないでしょうか?

しかし、ただ挑戦したいとアピールしても少し漠然としています。そのため、挑戦したいことや理由をはっきりと伝えることが大切です。

本記事では就活の軸を挑戦できる環境にした例文や、作るときのポイントなどを開設するので、参考にして自分らしい就活の軸を完成させましょう。

説得力のある就活の軸を完成させたいなら…
キャリアパーク就職エージェント

\ 最短1週間のスピード内定! /
キャリアパーク
就職エージェント

公式HPを見る

※30秒で登録完了

就活の軸とは?本当に必要なの?

就活の軸とは、業界・企業選びの際の譲れない条件のことです。

世の中に会社は大量に存在するので、就活の軸を決めていなければ自分の価値観に合った業界・企業を絞り込むのが難しくなります。

また、企業も選考時に、本当に自社で働く意思があるのかを確かめるために就活の軸を聞くことが多いです。

そのため、ブレない就活の軸を決める必要があります。

23卒の就活の軸に挑戦できる環境を選ぶ人は多いのか?

実はマイナビの調査によると、就活の軸(企業選びのポイント)として「安定している」を回答した方は43.9%と最多でした。

また、休日・休暇や福利厚生など働きやすさを重視する方が増えており、就活の軸に挑戦できる環境を選ぶ方は多くありません。

ただし、このような中でも挑戦できる環境を就活の軸としている方も一定数います。

どちらが良いというわけではありませんが、挑戦志向の方を求めている企業も多いです。

実際「挑戦できる環境 = ブラック」ではない?

挑戦できる環境だからといって、ブラック企業だとは限りません。

定時に退社できる会社に勤めていたとしても、成長や挑戦のために自分から終業後に勉強したり、仕事を進めたりする方もいます。

また、あえて激務といわれるような会社に入社して、目標や将来のために頑張っている方も少なくありません。

ブラック企業かどうかは個人の捉え方にもよるため、挑戦できる忙しい環境でも自分が納得できるのであれば問題ありません。

挑戦できる環境が多い業界・職種一覧

挑戦できる環境であることが多い業界や職種は以下のとおりです。

【業界】

  • コンサル
  • 不動産
  • 通信
  • ITベンチャー
  • 広告
  • ゼネコン

【職種】

  • 営業職
  • コンサルタント職
  • マーケティング職
  • エンジニア職

コンサルや不動産、通信などの業界は活躍するために高い能力・スキルが必要です。

中でも営業職やマーケティング職、エンジニア職などは多くの成果を求められるため、おのずと挑戦できる環境となります。

もちろん激務であることが多いので安定志向の方にとってはブラックと言われることもありますが、成長するために挑戦できる環境に身を置きたいならおすすめです。

就活の軸を挑戦できる環境にする場合のポイント

就活の軸を挑戦できる環境にする場合のポイントは以下のとおりです。

新卒から挑戦できる環境に身を置きたい理由を明確にする

キャリア先輩
キャリア先輩
就活生に限らず安定志向の方が増えているから、余計に疑われてしまうよ

就活の軸を挑戦できる環境にする場合は、なぜそのような環境に身を置きたいのか理由を明確にしましょう。

いくら挑戦志向だとアピールしても、根拠のある具体的なエピソードや将来の目標などがないと「評価されたいだけでは…?」と人事に思われかねません。

また、理由が明確でないと、いざ挑戦できる会社に入社したときにすぐに心が折れてしまう恐れがあります。

納得して会社を選ぶためにも、挑戦できる環境に身を置きたい理由を明確にしておきましょう。

入社後に挑戦したいことを具体的に述べる

後輩ちゃん
後輩ちゃん
なぜそのことに挑戦したいのかという理由までしっかりと答えられるようにしましょう!

ただ挑戦したいと伝えても、やりたいことが曖昧ではあまり意味がありません。

自分が入社後に挑戦したいことを、目標や応募先の事業内容に合わせて明確に答えましょう。

挑戦したいことをはっきりと答えることができると、評価のためではなく本当に挑戦志向であることが伝わりやすくなります。

そのためには事前の自己分析や企業研究を入念に行っておくことが大切です。

「挑戦」を別の表現に言い換える

キャリア先輩
キャリア先輩
挑戦したいとアピールする方も一定数いるから、ライバルとの差別化にもつながるよ!

「挑戦」という言葉は少し意味が漠然としているので、別の表現に言い換えることも効果的です。

たとえば「私は将来30歳までに年収1,000万円に到達したいので、社内営業売上No.1を目指しています」と伝えると、入社後に挑戦しているイメージが湧きます。

また、別の表現に言い換えて目標や達成したいことをアピールするときは、それまでにやらなければならないことや道筋も一緒に伝えましょう。

挑戦できる環境が志望した企業である必要性を伝える

後輩ちゃん
後輩ちゃん
「自社である必要はあるのか」と聞かれた際に説得力のある切り返しができるようにしておきましょう!

いくら就活の軸が挑戦できる環境だとアピールしても、その環境が志望企業である必要性がなければあまり評価されません。

「自社でなくてもいいのでは…」と捉えられてしまう可能性が高いです。

あなたが挑戦したいことにとって、志望企業の何が必要なのかや、挑戦の結果として企業にはどのようなメリットがあるのかを伝えましょう。

挑戦したいことと志望企業である必要性がマッチしていると、本当に自社で働く意思があると思ってもらいやすくなります。

【例文】挑戦できる環境をテーマにした就活の軸の作り方

ここからは、挑戦できる環境をテーマにした際の就活の軸の作り方を例文とともに解説します。

就活の軸が「新規事業に挑戦できること」の例文

私は「新規事業に挑戦できること」を就活の軸としています。
私は子供の頃に見た貧困に困っている方のドキュメンタリーに衝撃を受け、在学中はボランティア活動に励んでいました。しかし、ボランティアの現場で貧困に困っている方一人ひとりをサポートすることも重要ですが、貧困を生み出す根本的な原因をビジネスの面から解決することで、より多くの方を救えるのではないかと考えるようになりました。
御社では社会問題の解決に取り組んでおり、日頃から新規事業を提案できる制度を導入していることから、私の就活の軸にマッチしていると考えています。

この例文ではなぜ新規事業の挑戦したいのかを、エピソードを交えながら端的にアピールしています。

実際に在学中に挑戦したボランティア活動を経て、挑戦したいことが明確になったことがわかるので説得力が増している点がポイントです。

就活の軸が「挑戦することが評価される環境」の例文

私の就活の軸は「挑戦することが評価される環境」です。
学生時代に居酒屋のアルバイトで売り上げ向上のために、積極的なお声がけや新メニューの提案などを行ったことがありました。
その結果、目標としていた売り上げに到達したことに達成感を感じたのですが、それ以上に時給が上がったことで働くモチベーションがとても向上しました。
そのときに私が大切にしている価値観は挑戦することが評価されることなのだと気がつき、就活の軸としています。
御社では結果とともに挑戦する姿勢や過程も評価していると伺ったので、私の価値観に合っていると考えて志望しました。

この例文では、積極的に挑戦したいと考えている理由を明確に伝えられています。

原体験があることで挑戦するモチベーションがわかりやすく、評価されるためではなく本当に挑戦志向なのだと感じてもらいやすい例文です。

就活の軸の書き方・答え方が不安な場合の対処法

就活の軸の書き方・答え方がわからないときは、就活エージェントに相談するのがおすすめです。

専任のアドバイザーがあなたの就活の軸を添削してくれる上に、うまく伝えるための練習にも何度も付き合ってくれます。

中でも就活生から好評な就職エージェントを2つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

キャリアパーク就職エージェント|23卒限定

キャリアパーク就職エージェント【公式HP】https://careerpark-agent.jp/employ

キャリア先輩
キャリア先輩
ブラック企業を排除した企業紹介も好評です!

キャリアパーク就職エージェントは、豊富な実績を誇る就活エージェントです。

年間1,000名以上の就活生をサポートしてきたアドバイザーが在籍しており、面談を通してあなたらしい就活の軸を一緒に考えてくれます。

また、一部の選考をスキップできることがある非公開求人を多数抱えているのも魅力です。

最短7日以内のスピード内定も狙えるので、23卒の方は今すぐ相談してみましょう。

\ 最短1週間のスピード内定! /
キャリアパーク
就職エージェント

公式HPを見る

※30秒で登録完了

>>キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判を見る

JobSpring(ジョブスプリング)|23卒/24卒向け

就活エージェント JobSpring【公式HP】https://jobspring.jp/

後輩ちゃん
後輩ちゃん
利用者の3年以内退職率が0.1%と、正確なマッチング率を誇ります!

JobSpring(ジョブスプリング)は、就活を知り尽くしたプロが全面的にサポートしてくれる就活エージェントです。

就活生に真剣に向き合った上で1からサポートしており、徹底的なカウンセリングによって自己理解が深まります。

自分が本当に挑戦したいことや理由が明確となるので、説得力のある就活の軸を完成させやすいです。

また、カウンセリング内容をもとにあなたに本当にあった企業を厳選して3〜4社紹介してくれるため、ミスマッチを防ぎたい方はまず登録してみましょう。

\ 親身なサポートが話題! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了!

>>JobSpring(ジョブスプリング)の口コミ評判を見る

挑戦できる環境が自分に合っているか心配なら?

【公式HP】https://offerbox.jp/

挑戦したいと思う気持ちがあっても、そのような環境が自分に合っているのか心配ならOfferBox(オファーボックス)の適性診断を受けてみましょう。

100万人以上のデータをもとに、あなたに挑戦できる環境があっているのかを正確に診断してくれます。

また、プロフィールを登録するだけで大手からベンチャー企業までさまざまな企業からスカウトが届くのも利用するメリットです。

適性診断で自己分析を一気に深めて、就活を効率的に進めましょう。

\学生利用率No.1の逆求人サイト!/
OfferBox
公式HPを見る

※60秒で登録完了

>>OfferBox(オファーボックス)の口コミ評判を見る

まとめ:就活の軸を完成させて挑戦できる環境の内定を勝ち取ろう!

キャリアパーク就職エージェント【公式HP】https://careerpark-agent.jp/employ

就活の軸に挑戦できる環境を選ぶことは全く問題ありませんが、挑戦したいことや理由がはっきりとしていないと説得力がありません。

説得力のある就活の軸を作るのが難しいと感じたなら、キャリアパーク就職エージェントに相談しましょう。

実績豊富なプロがマンツーマンで、企業に評価される就活の軸を一緒に考えてくれます

また、24卒の方なら就活生からの信頼が厚いJobSpring(ジョブスプリング)がおすすめです。

就活のプロと二人三脚で、自分らしい就活の軸を完成させましょう。

23卒限定!
キャリアパーク
無料相談する
23卒・24卒対応!
ジョブスプリング
無料相談する

23卒/24卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
キャリアパーク
2位:
Jobspring
3位:
JOBRASS新卒紹介
イメージ キャリアパーク就職エージェント 就活エージェント JobSpring JOBRASS新卒紹介
ターゲット 23卒 23卒/24卒 23卒/24卒
特徴 最短1週間で内定 3年以内退職率0.1% 超大手求人も保有
内定までの
期間
1週間 2週間 1ヶ月
オンライン
対応
登録方法 Web Web・LINE Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】キャリアパーク就職エージェント
23卒限定!最短1週間のスピード内定可能!

【2位】JobSpring(ジョブスプリング)
23卒/24卒対応!あなたに最適な企業だけを厳選して紹介!

【3位】JOBRASS新卒紹介
23卒/24卒対応!登録者数8万人!超大手企業も紹介可能!

キャリアクラス新卒就活おすすめの就活サービス
ABOUT ME
村岡祐哉プロフ
村岡祐哉
キャリアクラス新卒就活の執筆を担当しています。Webライターは副業から始めて3年ほどになります。過去には逆求人サイトを運営するHR系ベンチャー企業にて、クライアント企業の新卒採用を支援を行っていました。またWebライティングのポートフォリを兼ねて、自分の好きなハリーポッターを紹介するブログをWordPressで運営しています。
編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。